やわたの熟成にんにく卵黄

最近、ホントに調子がよくない

  • 朝がツラくてベッドからなかなか抜け出せない。
  • 何をするにも重い気分でやる気が出ない。
  • サプリでは効かない!
  • 最近、特に元気が出ない!
  • 集中力が続かない

なんていう人はまず、にんにくのアリシンの力で元気を出すのはどうでしょうか?

やわたの熟成にんにく卵黄
やわたの熟成にんにく卵黄

昔からにんにくは滋養強壮に最適な食材ですが、それもちゃんと理にかなっていました。

  1. アリシンとタンパク質→消化吸収を促進
    アリシンとタンパク質が結合すると、消化吸収が促進されます。消化に時間がかかる肉とにんにくを一緒に食べると、消化吸収力が高まります。
  2. アリシンと脂質→血液の浄化、老化防止
    アリシンと脂質が結合すると、ビタミンEと似た働きの脂質アリシンが生成されます。抗酸化作用によって、血液がきれいになり血行が良くなります。また、抗血栓作用によって動脈硬化などを予防します。
  3. アリシンとビタミンB6→糖尿病を予防
    アリシンと体内のビタミンB6とが結合すると膵臓の細胞の働きが活発になり、インシュリンの分泌を促進します。これにより糖尿病の予防や治療に効果的です。
  4. アリシンとビタミンB1→細胞の活性化、代謝の促進
    アリシンとビタミンB1の結合ではアリチアミンが生成され、ビタミンB1と同様の働き、またはそれ以上の働きで効果を発揮します。中枢神経、末梢神経、腸に作用し、不眠症、冷え性、便秘症などに有効です。

南九州に伝わる伝統食、にんにく卵黄。やわたのにんにく卵黄 60粒入 国産 発酵 熟成 お馴染みのサプリメントに納豆酵素配合!毎日のヘトヘトにギュッと凝縮した栄養素!健康元気をサポート!が特にこだわっているのは、素材選びです。

まずにんにくは、厳寒の青森県に育つ福地ホワイト六片を、職人がひとつひとつ30日間熟成させます。卵は、平飼いの有精卵のみを使用しています。素材へのこだわりが高い栄養素と安全性を実現させた一例です。
冬の間、雪の下で大地の養分をたっぷり吸収して、雪解けと共に大きく育ったブランドにんにく「福地ホワイト六片」。
採れたての「福地ホワイト六片」を切ると刺激が強すぎて、素手で触れないほど、とてつもないパワーを持っています。
安心の国産品(青森産)です。スーパーに並ぶ中国産に比べると3倍ぐらいの価格差がありますが、品質の差です。

空気に触れたときに出る強い匂いと辛みのもと、アリシンこそが、健康や美容に良い成分です。胃にも優しく匂いもマイルドになる熟成したにんにくを「やわたの熟成にんにく卵黄」に使用しました。職人が季節、天候、気温、湿度に気をつけながら、丹念に1個1個熟成。熟成の過程の中で、にんにくのパワーをぎゅっと閉じこめ、栄養価が高くなっているのが特長です。

忙しくて体がだるいあなたにも強い味方となってくれるでしょう。

飲み方

1日2粒を目安に飲みましょう。

成分一覧(1粒 455mg当たり)

エネルギー
2.7 kcal
脂質
0.19 g
ナトリウム
0.18 mg
たんぱく質
0.16 g
炭水化物
0.079 g
ナトリウム
0.18 mg

にんにくはこんなに効果があります(効能、効果)

黒にんにくの効能 冷えの改善でさまざまな病気を防ぐ

熟成させたにんにくは優れた健康食品

にんにくといえば元気が出る食べものの代表ですが、民間薬としても古くから活用されてきたといいます。その生のにんにくを長い時間をかけて熟成させ、黒く変化した「黒にんにく」というものがあります。

にんにくを何日もかけて熟成させると発酵が進んで、黒っぽく変化していきます。この変化が健康に良いとされ、黒くなればなるほど、にんにくが持つ抗酸化力が増加すると考えられているのです。そして、その抗酸化力は、ポリフェノールを豊富に含む緑茶やビタミンCを豊富に含むキウイフルーツなどと比較しても、引けをとらないほどだということがわかっています。

さまざまな病気の発症には、たいてい、老化の原因となる物質の活性酸素が関係しています。抗酸化物質は活性酸素を除去する力を持っているので、抗酸化力が高い黒にんにくを摂取することで、ガンをはじめとした、さまざまな病気を予防し、健康な生活を送るのに役立つといえるでしょう。

血行を良くして冷えを改善

「冷えは万病のもと」といいますが、冷え症だと、肩こりや頭痛、神経痛などのトラブルを引き起こし、女性なら、さらに生理不順や肌あれ、肥満といった気になる症状もあらわれます。冷えによる不調で苦しんでいる人はたくさんいると思いますが、医学的には病気とされない冷えは、日頃の生活習慣や食事で改善していかなくてはなりません。

生のにんにくにはアリシンという成分が含まれていて、これが強烈なにおいの原因です。ところが、にんにくを長期熟成させると、アリシンは「S-アリルシステイン」に分解されて、独特な刺激臭はほとんど消えます。アミノ酸の一種であるS-アリルシステインは、血行の促進にはたらきます。ですから、黒にんにくを摂取すると新陳代謝が活発になり、末端の神経まで拡張させて、血行が良くなるはたらきにも期待できます。冷え症の人がにんにくを食べると、体がぽかぽかと温まってきて、眠りにもつきやすくなるのです。

にんにくを食べたくても、においが気になってなかなか食べられない、という人には、熟成黒にんにくのサプリメントがおすすめです。熟成によって、においが無くなっても、にんにくの健康成分は損なわれていません。

熟成させた黒にんにくのサプリメントはこちら

にんにくの血小板抑制効果が脳梗塞、心筋梗塞を予防

動脈硬化が進行しますと血管が狭くなり、血管内外の壁に傷ができます。その傷を治そぅとする血液の止血作用によって、血管内で血液の凝固(かさぶた)ができます。それが血栓です。血栓が生成されると、血液の流れを妨害して動脈硬化をおこします。
脳の血管内、脳動脈に血栓ができると脳棟塞、また心臓を取り巻く冠動脈に血栓ができると心筋梗塞がおこります。

原因

不規則・不摂生な食生活、喫煙、心労とストレス、肥満、運動不足など。

対策

これらの病気を改善するためには、血栓を作る小さな粒子・血小板の凝集機能を阻止することが必要です。現在はさまぎまな抗血小板薬が開発されたおかげで、血栓症の予防に役立っています。また血小板の凝固を防ぐ物質は、いわしやさばなどの食品中にも発見されています。その物質とは、いわしやさばなどの油脂に多くこれらの病気を改善するためには、血栓を作る小さな粒子・血小板の凝集機能を阻止することが必要です。

現在はさまぎまな抗血小板薬が開発されたおかげで、血栓症の予防に役立っています。また血小板の凝固を防ぐ物質は、いわしやさばなどの食品中にも発見されています。その物質とは、いわしやさばなどの油脂に多く含まれているEPA(エイコサペンタエン酸)です。さらに血小板を凝固させない強力な作用がニンニクにもあり、脳棟塞や心筋棟塞の改善に大きく役立っています。

血栓の予防にEPA・DHA

にんにく効果

脳梗塞・心筋梗塞の改善に、ニンニクの有効成分は次のはたらきをします。

  1. メチルアリルトリスフィド(MATS)ニンニクの精油成分は、食用とする鱗茎部分に約0.1% 含まれています。さらにその0.1% の中に血小板の凝固を防ぐ精油成分であるMATSは5% しか含まれていません。にもかかわらず、抗血小板作用はかなり強い効力をもっています。英国の研究では、血小板の凝固はニンニクで抑制されることが立証されています。元来、人間の体には「線溶」という血栓を溶かす機能が備わっています。ニンニクはこの機能をより活性化する働きをするわけです。

ニンニクの精油成分MATSは、効力がかなり強いので、毎日食べる必要はありません。2~3日に1回、1~2片食べる程度で効果はあります。