現代人にココアが必要な理由、ココアに含まれる栄養素

単独の栄養だけ「いい、悪い」は判断できない

ココアに成人病~ガンまで有効な成分が含まれることは最近になったわかったことです。なぜ、ココアが現代の日本人に有効であるか?を考えるにあたっては私たち日本人の生活と食事の歴史を振り返る必要があります。

日本人はもともとご飯、味噌汁、野菜の煮付け、そしえて時々魚を食べ、一方で農作業のような非常に過酷な労働をするという生活を続けてきました。百年と言わず50年ぐらい前までは現代の十倍以上、体を動かし、しかも低栄養の食事をするのが一般的でした。

こういうった環境の中では体力が消耗したときに特定の栄養素をとることで劇的な効果が期待できました。

  • うなぎを食べると精がつく
  • 朝鮮人参が効く
  • にんにくは元気がでる

などはこうした時代の体験であって必ずしも現代にそのまま通用するわけではないのです。

また、体を使って農作業などをしたため多くの塩分を必要としました。よく、塩分摂取と脳卒中の関係を指摘されますが、脳卒中は過剰な労働の結果おきたことで必ずしも「塩分だけが原因」ではないのです。
つまり栄養というのは単独で「善し悪し」が判断できるものではなく環境との関わりの中で考えていかなければならないといことです。

ストレスの多い現代社会でココアは最適のバランス食品

現代社会では肉体労働が減ったかわりに過剰な脳労働が求められるストレス社会となりました。また、加工食品が増えて清潔な食べ物が手軽に手に入るようになった一方で食品添加物も急増しました。

人間の体は長い時間をかけて低栄養、重労働に適応したきたわけですが、わずかの間に環境はまったく変わってしまいました。どういった食事が健康でよい老後を暮らせのか?」を模索しているのが現代なのです。
こうした理由から従来では栄養とみなされていなかった成分も生活の上では欠かせないものになってきています。その代表的なものにカフェインなどの神経に作用する成分やアロマなどの香り成分です。

仕事の前にコーヒーを飲まないと集中できない人や逆に仕事の後のバスタイムにはアロマなどの香りがないとリラックスできない人が増えているのはこういった理由からなのです。

精神を安定させリラックスさせるココア

ココアはかつて低栄養だった時代には即効性のある栄養価の高い食物とされていました。「神々の食べ物」として理解されていたカカオですが、もともとは「神々に捧げる穿刺の食べ物」に由来しています。
アステカ王国の時代に戦士たちの体力増強と疲労回復剤として用いられていたのです。

現代では、速効の疲労効果を期待することはできませんが、別の意味でココアは現代社会にマッチした成分を含んでいるといえるでしょう。古くから食用に利用されて害のある成分も含んでいないことを考えると添加物を含んでいる加工食品に比べてもココアのほうが安心できます。

ココアには、テオブロミンというカフェインと同じアルカロイド類が含まれています。しかし、目覚まし効果の高い化フェンと違ってテオブロミンはむしろ神経を安定させる方向に作用します。また、香りもほんとする神経の休まるにおいで落ち着きます。

バランスのとれたミネラル

ミネラルバランスがとれている点においても現代人には合っているといえます。なかでも鉄分とカリウム。この2つは日本人に不足しているミネラルです。幼児の10%、20~30代の主婦のおよそ30%が貧血だというデータがあります。
鉄分は、小魚や動物の内臓に多く含まれています。昔のように小魚をたくさん食べていた時代には自然と鉄分摂取もできていたいのですが、内臓をとりさってキレイになった魚を食べる現代では鉄分は不足してしまいます。
カリウムには過剰なナトリウムを排泄する作用があり、カリウムとナトリウムをバランスよく摂ることはとても大切なのです。しかし、こちらの摂取量も減っています。当然、野菜にも含まれる栄養素ですが、昔に比べて減少しています。

ガンや胃がんの予防、コレステロールを抑制する

ココアの注目すべき栄養素にリグニンがあります。リグニンは繊維のような役割を果たし、水によく溶け少量で効果を発揮します。リグニンは吸着性がよく細かい突起のすみずみなで洗浄するようにして腸壁に付着している老廃物を取り去ります。

また、ココアには多用なタンニンが含まれていますがそのひとつであるポリフェノールには潰瘍やがんを予防する作用が確認されています。ポリフェノールはワインがとても有名ですが、ココアのポリフェノールはマウスを使った実験ではワインのポリフェノールも効果的という報告もあります。
ワインにはアルコールが含まれ飲み過ぎは肝臓に負担になりますがココアなら心配ありません。

ココアは、現代人が不足しがちな成分を補い、安全性が確立されているのです。

額のひどい乾燥による吹き出物と目の下のクマがDHCの美肌Q10オールインワンジェルで改善

ストレスと睡眠不足が重なり額に吹き出物、目の下にくまができてしまった

私は、美容師の仕事をしています。現在、34歳です。20歳を過ぎたころから額の吹き出物に悩まされてきました。これまで肌トラブルはほとんど経験がなくとても不安になりました。

10代のときには、肌のトラブルはいっさいありませんでした。ところが、美容師として働きはじめた20歳ごろから、額に吹き出物ができるようになりました。

市販の塗り薬を何種類も試し、皮膚科でも薬を処方してもらいました。ところが、額の吹き出物はいっこうに治まらず、顔全体に肌荒れが現れるようになりました。

いまになって思えば、仕事を覚えるのに精一杯で、緊張した毎日を送っていました。それが、肌荒れの原因だったと思います。店内の掃除や備品の補充など、新人が開店前にやらなければいけない仕事もたくさんありました。

出勤のために家を出るのは朝8時。閉店後の夜8時以降も、店内の後片づけ、翌日の準備、さらにシャンプーやカットの練習をこなします。

帰宅は、ほとんど毎日午前0時を過ぎ、睡眠不足の毎日でした。

20代の半ばごろには、仕事にも慣れ、ストレスもあまり感じなくなりました。そのためか、吹き出物はほとんど出なくなりました。それが、30歳を過ぎたころから再び、額に赤い吹き出物が点々と7kら8個くらい出はじめたのです。

同時に、目の下にクマも出るようになりました。

1週間でクマが薄くなり2週間後には吹き出物も消えた

そんな悩みを抱えて悩んでいた頃に、DHCの美肌Q10オールインワンジェル(DHCの薬用Qクイックジェル モイスト&ホワイトニング)と出合ったのは今年に入ってからです
美容関係の仕事をしている、きれいな肌をしたお客さんが、紹介してくれたのです。

そのお客さんも私と同じように、吹き出物やクマで悩んでいたそうです。美肌Q10オールインワンジェルを使ったら、1ヶ月もたたないうちにきれいな肌になったというので、私も早速、使ってみることにしたのです。

美肌Q10オールインワンジェルは、肌の老化を防ぐコエンザイムQ10が配合されているのえ、肌が若返る働きがあることも魅力的でした。

朝と夜、洗顔後に化粧水をつけてから美肌Q10オールインワンジェルを顔全体に伸ばすように塗りました。私が特に効果を実感したのは、使いはじめて1週間後のこと。目の下のクマが薄くなって、ほとんど目立たなくなったのです。

そして2週間後には、額の吹き出物も消えました。「忙しいときには、休憩なしで夕方まで仕事をすることもあるので、化粧直しができませんでした。化粧が崩れたままで、仕事をしていたのです。

潤いと張りのある、きれいな素肌を取り戻すことができ、いまでは化粧はほとんどしていません。化粧直しの必要がないので、いつでもきれいな肌の状態で、仕事をすることができるようになったのはとても嬉しいです。

私はDHCの美肌Q10オールインワンジェルで血シミ・シワ対策した

確かに肝細胞を修復するしじみの力「フォアグラ状態の脂肪肝を改善」

だるさがとれて疲れもいつの間にか付かれも吹き飛ぶ

母が倒れて、介護のために東京、鹿児島間を往復する生活を送っていた当時、私自身も疲れきって、精神的にもまいっていました。やがて、右の脇腹のあたりの妙な重苦しさが抜けなくなりました。病院でエコー検査を受けたところ、肝臓に脂肪がたまって白っぽくなっていて、医師が「フォアグラ状態になっている」というのです。疑いもなく脂肪肝だと告げられました。

介護の疲れとともに、もともとの甘いもの好きもたたったのかと、私は野菜を多く食べる食生活に転換。同時に、何か肝臓によいものはないかと常に気にとめていました。シジミのことを知ったのはちょうどその頃でした。

シジミが肝臓にいいのは知っていました。きれいな水でしかシジミは育たないと聞きます。しかも原料は島根県の宍道湖の国産品です。それで安心して飲み始めることにしました。すると、さほど日にちを置くことなく、体が軽くなってきたことをまず実感。

慢性的な疲れもやわらいで、精神的にも落ち着いてきた自分に気づきました。そして、シジミを飲んでから2ヶ月後の検査では、医師からうれしい言葉を聞くことができたのです。フォアグラ状態だった脂肪肝が驚くほど改善している、とのことでした。

これはシジミを頼りにしたからこその朗報と感謝し、自分の体調にいよいよ自信が戻った私は、新たな趣味としてちぎり絵を開始。今も夢中で創作に励んでいます。私の経験から、心と体に余裕を持つには肝臓が本当に大事で、だからこそシジミは手放せません。夫ともなるべく薬に頼らない生活をしようと話し合って、シジミは、そのためのいわば大黒柱です。

フォアグラ状態の脂肪肝を改善してくれたしじみエキスはこちら。

目の血流をさらさらに活性化し、網膜、視神経の機能回復に役立つアサイーベリー

目の血行不良と酸化の防止が大事なポイント

血液がよどんで流れがとどこおると、頭痛、冷え、内臓の機能低下など、さまざまな体調不良の原因になります。

目にとっても同様に、その影響は深刻です。加齢とともに眼球組織の血行が悪くなると、酸素不足・栄養不足におちいって、新陳代謝が衰えてしまうのです。その結果、ピント調節をする筋肉が硬くなると、近くが見えづらくなります(老眼)。

老廃物もたまりやすくなって、目のレンズ役である水晶体が白く濁ったり(白内障)、眼球内にゴミが残って視界を妨げるのです(飛蚊症)。

さらに中高年期以降、注意が必要となるのが、失明原因の上位である緑内障、黄斑変性、糖尿病性網膜症です。これら三大眼病の誘因としては、血行不良に加えて、目の酸化現象を無視することができません。

酸化とはすなわち、目で発生する活性酸素(毒性の強い酸素) が眼球組織をさびつかせて、劣化させること。網膜や視神経の細胞が酸化すると、日本人に多い正常眼圧緑内障(眼圧が正常でも視野が失われる) が進行しやすくなります。黄斑変性の場合も、その発端は網膜の中心部である黄斑部で細胞が酸化したり、出血したりすること。

糖尿病性網膜症は、高血糖でドロドロになった血液が詰まって、網膜で出血を起こすことがその引き金です。すなわち、中高年以降、良好な視力を守るためキーワードは、「目の血流の活性化」と「酸化の防止」になります。このふたつの効用を同時にもたらす、貴重な食材として、現在世界的に注目されている果実があります。南米の熱帯雨林原産の天然果実・アサイベリーです。

アントシアニン含有量で注目度上昇

アサイベリーはヤシ科の植物で、小さく丸い果実は濃い紫色をしています。この紫色をかもし出す独特の色素が、視力向上の有用成分・アントシアニンなのです。

アントシアニンを多く含む食品としては、一般にブルーベリーがよく知られています。しかし、アメリカにおける詳細な比較研究では、ブルーベリー100 g中のアントシア:ン量は89 mgなのに対し、アサイベリーはその約4.6倍の414 mgを含有。

さらに、その豊富なアントシアニンが実際に機能するかを調べた研究でも、優秀な結果が報告されました。アメリカ農務省が食品分析の評価とするORAC値(活性酸素吸収能力)の比較で、アサイベリーの数値はその他の食品を10倍以上も上回っていたのです。さらに別の指標である、SOD値のテスト(活性酸素鼻消去する酵素の力を調べる)でも、アサイベリーは突出して高い数値を示しました。こうした二重三重の研究成果から、アサイベリーの効能は裏づけられているわけですあらためて、

アントシアニンが視力回復に役立つ理由をまとめると、以下のとおりになります。

  1. 目の血管や血液中で発生する活性酸素を消去して、目の血行をサラサラに保つ
  2. 網膜や視神経で発生する活性酸素を消去して、正常な機能を保つ
  3. ロドプシンという網膜の色素体の再合成を促して、視神経の情報を脳に伝える
すばやく吸収されて眼精疲労を軽減する

アサイベリーのアントシアニンは、目の毛細血管、水晶体、網膜となじみやすく、吸収されやすいことも特徴です。事実、アメリカの3つの大学の共同研究によれば、アサイベリーの果実やジュースの摂取後、アントシアニンの血中濃度はほんの数時間で上昇することがわかりました。

一方で、尿中に排出されるアントシアニンの量は変わらなかったことも、あわせて報告されています。すなわち、アサイベリーのアントシアニンを摂取すると、「すばやく血液に含まれて、長く作用する」ということ。

それによって、かすみやぼやけが速く回復し、目の新陳代謝が持続して活性化することから、老眼や白内障が抑えられると考えられます。最新の研究では、アントシアニンが3大眼病の防止に直接的に働く可能性が報告されています。新発見の視力アップ果実として、アサイベリーの評価は今後いっそう高まっていくことでしょう。

コンタクトレンズトラブルや目のトラブルを未然に防ぐ知識と方法

ハトムギで肌細胞を元気にしてイボを一掃する

代謝アップは、覿面に皮膚に効果があらわれる

江戸時代の医師・貝原益軒がやまとほんぞう編纂した「大和本草」に、「ひどいニキビにはハトムギを煎じて飲むと効果がある」と書かれています。

このことからもわかるように、ハトムギは健康効果もさることながら、肌への美容効果があることも古くから知られています。実際、ハトムギで顔や背中のニキビが消えた人や、ニキビ跡がキレイになったという人は少なくありません。ニキビが改善するのは、ハトムギの抗菌・抗炎症・免疫賦活作用が関与していると考えています。

また、ハトムギには細胞の代謝をよくして、新しい肌細胞の再生を促す作用もあります。肌の表皮は多層細胞構造になっていて、いちばん内側で生まれた基底細胞が徐々に押し上げられ、表面まできたらアカとなってはがれ落ちるというサイクルをくり返しています。

このサイクルを皮膚のターンオーバーといいます。そして、なんらかの原因でターンオーバーが正常に機能しなくなると、さまざまな肌トラブルが起こってくるのです。

ハトムギは眠っている細胞を起こし、ターンオーバーを促進することで、肌を新しい細胞へと生まれ変わらせるという実験データがあります。ターンオーバーが促進されると、古くなった肌表面の細胞ははがれ落ちるため、そこにあるイボやシミを消すのに役立ちます。

日本では明治時代から、イボ取りの民問薬としてハトムギが使われてきました。その原理は、ハトムギの皮膚の新陳代謝促進作用にもあったと考えられます。

私たちは、ハトムギの殻、皮、子実を丸ごと抽出したハトムギエキスを使って、さまざまな臨床研究を行いました。その結果、どんな治療をしても治らなかった女性(48歳)の足の裏のイボが、ハトムギエキスを服用して4ヶ月で完治しました。

同じく服用して、1ヶ月で手のひらのイボが跡形もなく消えた女性(67歳)の例もあります。そして、2人とも特に喜ばれたのが、イボが治ったことより、顔の肌が白くキレイになったことでした。

ハトムギは体の中から皮膚の代謝を活発にして、健康な状態に戻すので、美白効果があるという報告もあります。マウスの実験では、ハトムギを摂取するこつがことで、骨をつくる骨芽細胞が増えることが示唆されています。

こうして見ると、ハトムギはまさしく「若返り食」。ぜひ日々の食生活に、積極的にとり入れていただきたいものです。では、日常生活において、ハトムギをどのようにとればいいのでしょうか。

殻や皮の有用成分まで摂取するのであれば、殻ごと妙って煮出した、ハトムギ茶がお勧めです。もちろん、子実にも有用成分は豊富に含まれているので、精白されたハトムギを炊いて食べるのもよいでしょう。

ハトムギの詳しい効能、効果はこちらです。

ハトムギの精白粒はよく洗ってから、3~4時問水に浸したあと、圧力鍋や炊飯器の玄米モードで炊くと、簡単に炊けます。炊き上がったら冷まし、50~60gずつ(2人分)をラップに包んで、冷凍保存しておくと便利です。

これを解凍して、ご飯に混ぜたり、サラダにトッピングしたり、スープやみそ汁の具にしたりして食べます。リゾットやおかゆにすると、やわらかくなって、病気の人やお年寄りも食べやすいでしょう。お米と違ってハトムギは粒がくずれにくいので、肉がわりにそぼろ風にして野菜と煮たり、ぜんざいやヨーグルトに入れたりしてもよいでしょう。

プチプチとした歯ごたえが楽しめます。料理に幅広く応用できるので、ぜひ活用してみてください。なお、ハトムギの精白粒は米の約l・0倍の価格なので、高価に思いがちです。しかし、食べる量は米の10分の1で十分です。それなら、あまり負担にならないのではないでしょうか。栄養面で見ると、ハトムギは米とほぼ同カロリーで、たんばく質は米の約2倍。

つまり「高たんばく米」ということができます。筋骨を保持したい高齢者には適した穀物といえるでしょう。安全性が高い食物で、アレルギー性症状も非常に少ないといわれています。ただし、伝統的に、妊娠中はハトムギの摂取は控えたほうがいいといわれてきました。妊娠中の使用については、医師と相談してください。