米ヌカをヶ月とったら定時に排便があり硬い便が改善して痔の痛みも消失

1ヶ月で排便のリズムが正常化した

私は、高齢者の健康維持を考えたとき、さまざまな問題をどうやってクリアーして、何をすれば役立てるのかが日々考えています。私が、多くの高齢者の方を中心としたウォーキング教室をやっているからです。

そんなとき、3ヶ月前に知人のすすめでとってみた「米ヌカ」に、すばらしい健康効果があるのを発見しました。

米ヌカは、玄米を白米に精米するさいに出る茶色い粉末です。米ヌカは、玄米の胚芽とヌカ層が粉状になったもので、玄米の栄養そのものです。食物繊維のほか、さまざまな栄養成分が含まれています。

米ぬか
米ぬか

私は、食事に好き嫌いはなく、出されたものは何でも食べます。アルコールはいっさいとらず、家では野菜中心の和食を心がけています。このように食生活に気をつけてはいたのですが、決まった時問に便が出ないのが悩みでした。食習慣には自信があるのですが便秘がなかなか改善しなくて困っています。

例えば、仕事でレッスン中や講演中など、トイレに行けないときに限って催してきてしまい仕方なく我慢する、というケースがたびたびあったのです。

ところが、米ヌカをとってからは、ほぼ定時にトイレに行くようになりました。便の状態もよくなったのです。

以前は、便が硬く、トイレに行ったあとも残便感があり、おなかがスッキリしませんでした。硬い便が続いたとじきには、痔になってしまい、どうしたものかと困っていたのです。

でも、米ヌカをとってからは、便が適度に柔らかくなり、いきまなくてもスルッと気持ちよく出るようになりました。トイレの後は体が軽く、気分爽快です。

病院に行くべきかどうか迷っていた痔が自然に改善して、今では全然痛くありません。加えて、驚いたことに便が水に浮くようになりました。

私の推測ですが、米ヌカで腸内環境が整い、食べ物の栄養を腸で残さず吸収して、カスだけが便として抑鮮されるようになったからではないでしょうか。

そのほか、血圧が下がりました。以前は最大血圧が130だった血圧が、120台で安定するようになり、医師からも「理想的だ」とほめられています。

生徒さんも快便になった

私のウォーキング教室の生徒さんに話したら、みなさんとても興味を示して、早速、30人くらいの人が米ヌカをとりはじめました。その中で、まっ先に米ヌカの成果を報告してくれたのがAさん(60代後半・女性) です。

Aさんは、米ヌカを朝と晩の1 日2 回、ヨーグルトやみそ汁に混ぜてとっているそうです。どちらも米ヌカとの相性がよく、おいしいそうです。

Aさんは便秘でいつもおなかが張って苦しい思いをしていました。ところが、米ヌカを2ヶ月とったところで、定期的に便が出るようになりました。

便通がよくなったので、ウェストが3cm減、体重が3kg減、さらに体脂肪率が3%減と、ダイエットにも成功したのです。

年を取ると代謝が衰えるのでやせるのは難しいのですが、3キロも体重を落とせたのは大きな成果です。体重が減ったので足腰の負担が軽くなり、持病のひざ痛がらくになりました。

Aさんは、ひざ痛が和らいだため、ウォーキング教室へ来ることも、友人と外出することも楽しくなつたと喜んでいます。

そのほか、米ヌカをとっていたら、アトピーが改善したと報告してくれた生徒さんもいました。生徒さんが試している米ヌカは、農薬分析試験で安心が確かめられた玄米が原料になっており、1回分ずつ個包装されています。手軽に持ち歩けて、外食が続いてもその場でサッととれるのでとても便利です。

食べる米ヌカの粉末食品、健康フーズ株式会社の「ぬか玄粉末」

手作りコウジ水はビタミン、ミネラルが豊富

コウジは日本の伝統のスーパー発酵食

日本食は、健康維持に役立つ食文化として世界にも知られています。2013年には日本食が無形文化遺産に登録されたことが証明しています。
日本食が健康にいいのは、さまざまな発酵食品を用いるからです。多くの家庭しょうゆやみそ、酢、みりんを常備しており、惣菜として納豆・ぬか漬け・塩辛などを食べます。

また、甘酒・日本酒・焼酎も材料を発酵させて作る伝統的な飲み物です。これだけ多くの発酵食品を常食している国は、ほかに見当たりません。

日本は、世界に冠たる発酵食品大国といっても過言でないでしょう。数ある日本の発酵食品の中でも、昔ながらの「コウジ」が今注目を集めています。

コウジは、蒸した米や麦、豆に、カビの一種であるコウジ菌をまぶして作る発酵食品です。完成したコウジは発酵菌の塊。これをほかの食品に加えると発酵が進むことから、日本では古しょうゆやみそ、お酒などを作るさいに利用してきました。しかも、コウジ菌は日本特有のもので、日本醸造学会から「国菌」にも認定されているのです。

健康増進に役立つ多彩な成分を誇る

コウジは、強力な発酵力を持っているだけではなく、私たちの健康増進に役立つ有効成分を豊富に含んでいます。

その第1は、ビタミンB1やゃB12などのビタミンB群です。ビタミンB群には、糖や脂質の代謝(体内で行われる化学反応)を促す働きがあり、疲労回復や精神の安定、貧血予防、健康な肌や髪を作る働きがあります。

第2は、カリウムやカルシウム、マグネシウム、亜鉛、セレンなどのミネラル(無機栄養素) です。これらミネラルは、それぞれが独自の健康効果を有しています。

例えば、マグネシウムは、ビタミンB6がともに働くことで血糖降下作用を発揮します。カルシウムとマグネシウムは骨粗鬆症の予防に有効で、セレンには抗炎症作用や抗ガン作用があると考えられています。

第3は、強力な抗酸化作用(酸化を防ぐ作用)を有するポリフェノール(植物の色素成分) です。このポリフェノールの抗酸化作用は、体内に増殖した活性酸素(攻撃力の強い悪玉の酸素) の害を打ち消し、脳卒中や心臓病の引き金となる動脈硬化の進行を抑えます。

さらに、コウジには、筋肉や血管の細胞を作るうえで欠かせない必須アミノ酸(アミノ酸はたんばく質の構成成分)が豊富であることも見逃せません。

老化防止には、抗酸化作用に優れるポリフェノールと必須アミノ酸を補うことが重要といわれています。

コウジの恩恵を手軽に受けられる

実は、発酵菌の塊であるコウジをとることで、腸の働きを整えることにも大いにプラスになります。まず、コウジをとると、腸内で善玉菌のビフィズス菌が増えます。そして、善玉菌が菌が劣勢になって腸内環境が改善するのです。

次に、コウジに含まれている多くの酵素(体内の化学反応を助ける物質) が食べ物の消化を促し、腸の負担を軽くします。また、酵素が作るオリゴ糖は善玉菌のエサになり、腸内環境を整えることにつながります。その結果、腸の働きが活発になると、便通がスムーズになったり、免疫力(病気から体を守る力)がアップしたり、肌がきれいにったりする効果を得られるのです。

中でも、、実感しやすいのは便秘改善の効果でしょう。コウジをとって腸が元気になると、数十年来の頑固な便秘が治ってしまうケースも少なくありません。実は、コウジは、そのままでも食べられ、健康ドリンクの材料としても最適です。

コウジ水の作り方はこちら。

はちみつ(抗酸化作用が強力な天然甘味料)

はちみつ
はちみつ

健康&美肌の実力はピカイチ 1日スプーン3杯(10グラム)摂取が目安

現代人には、糖分が敬遠されがちですが、頭を使う仕事をしている人には脳の栄養としてブドウ糖は必須です。それにハチミツを食べると穏やかな気持ちになりますね。直感的にはちみつの糖分は体によいものと感じます。このとき、心も体もとっても元気になっています。

糖尿病、または予備軍の急増から糖質は悪者扱いされてしまっていますが、質のいい糖質もあります。これがまさにはちみつです。

最近では、同じ甘味料でもはちみつを砂糖の代わりとして用いる方が増えてきており、有名なレシピサイトや個人のブログでもはちみつを砂糖と置き換えて使用されているところをよく見かけます。体によりいいものを選ぶ時代にはちみつは欠かせません。

砂糖とはちみつの糖質の違い
砂糖とはちみつの糖質の違い

砂糖とはちみつの糖質の異なる点

砂糖は二糖類である「ショ糖」に対し、はちみつは単糖類の「果糖」と「ブドウ糖」が主成分です。

単糖類である「ブドウ糖」は体内に蓄積されずすぐエネルギーに利用されるため効率の良い糖質であるとされており、すばやい疲労回復につながるためスポーツをされる方、頭脳を酷使されるお仕事をしている方にお勧めです。

また、はちみつに含まれる「麦芽糖」や「オリゴ糖」は乳酸菌やビフィズス菌など腸内細菌のエサとなり善玉菌を増やすため腸内環境を整える働きもあります。さらに、砂糖は虫歯の元となる「ショ糖」から成りますが、はちみつの場合「ショ糖」は数%しか含まれないため虫歯になりにくい特徴があります。お子様に、砂糖の入ったものを控え、はちみつにかえるママ達も増えています。

医学界からも注目

ヨーロッパ、中国などでは古くからハチミツを利用した治療が行われています。こうした健康効果に注目した近代医学でも次々とはちみつの効能、効果が確認されています。
はちみつに含まれる有効成分は、190種類以上です。ぺろっとなめると腸が潤い、長い間、便秘でかたくなった便秘がするっと出たり、喉の痛み、や不快の解消、さらには肌に塗ることで皮膚に潤いが戻ったりと美容面での効果も期待されています。

体の内外から元気にしてくれる、そして健康にしてくれるはちみつパワーですが、なんとカロリーは砂糖の3分の1程度ですので甘いものがほしくなったときの糖分補給にも最適です。
はちみつのパワーには主に以下の4つの効能、効果があげられます。

抗酸化作用

ハチミツのポリフェノールは野菜よりも抗酸化力が強力です。血管を柔らかくし、血液を固まりにくくし心筋梗塞や脳梗塞などの予防にも。

美肌作用

肌を保護し、皮膚に働きかけるハチミツは肌荒れ予防にも効果的です。滅菌ガーゼにはちみつを塗って貼るのは、軽い切り傷や擦り傷の手当にも。

殺菌効果

ハチミツに含まれている殺菌効果、グルコン酸と過酸化水素には最近を壊す働きがあります。喉からくる風邪の予防にも効果大です。

整腸作用

ハチミツのグルコン酸には、胃酸を中和する働きがあります。胃の粘膜を丈夫にし、ビフィズス菌を増やす効果もあり、胃腸の不快症状には最適。

効能その1: 胃の粘膜を強化する

ヨーロッパや中国では胃潰瘍や十二指腸潰瘍の人にははちみつをすすめます。これははちみつに含まれるグルコン酸に胃酸を中和する働きがあるためです。

仕事がハードで体に疲労やストレスがたまるとほとんどの人が胃酸過多になるのですが、こういうときには必然的に糖分がほしくなりますが、このとき白砂糖よりもはちみつの方が効果的です。

体に吸収されやすく体内に入ると素早くコラーゲンの骨組みを修復し、繊維を強くします。胃腸のデリケートな粘膜を内側から修復してくれるということです。
疲れるといつも胃腸の調子が悪くなるという人は、はちみつに塩を加えると体への吸収スピードがアップし、コラーゲンの修復も同時にすすみます。
特に下痢の時などは、体内の塩分も不足しがちになるので塩ひとつまみと一緒にとるといいでしょう。
ハチミツのグルコン酸にはビフィズス菌を増やす働きもあるので腸内改善には言うこと無しです。

胃の粘膜を強化する食べ方

食事の30分前に「塩入りはちみつツヨーグルトドリンク」を飲みます。空腹時に飲むことで吸収がよくなりコラーゲンを効率的に修復できます。
「塩入りはちみつヨーグルトドリンク」の作り方は、簡単です。

はちみつ 10グラム、塩 小さじ半分(0.2グラム)、プレーンヨーグルト 100グラム、水 100CCを全部混ぜるだけです。

注意は、ヨーグルトはプレーンタイプを選びます。
はちみつとヨーグルトの相乗効果でビフィズス菌が増加し、胃酸を中和、胃の粘膜を強化します。

効能その2 :口や喉の不快症状を軽減

強力な殺菌効果

はちみつの歴史はかなり古く、古代エジプト時代のピラミッドからも見つかっています。そのはちみつが腐らずに今日でも食べられる状態だったというのです。何千年もの間、腐敗せずに残っていたことことからも強力な殺菌効果が証明されています。
殺菌効果があるのは、グルコン酸と過酸化水素には、細菌を壊す働きがあります。そのため、はちみつを口に入れると、口や喉の粘膜の不快と菌が抑えられます。さらに白血球活性化の効果もあるので、喉や風邪のときにはおすすめです。殺菌力の強力なショウガと一緒に食べるとより効果大です。はちみつはとろりとした粘りけがあるので、喉に有効成分を長時間とどめておくことができるのも効果を増大させます。

口や喉の炎症を抑える食べ方「はちみつ漬けにしたしょうが」をゆっくり食べます

はちみつのショウガ漬けのレシピは次のとおりです。
材料は、はちみつ50 グラム、しょうが50 グラムです。まずしょうがを適当なサイズにスライスしてはちみつが入った器に入れます。電子レンジで40~50秒加熱し、半日~1日おきます。慌てて食べるのではなく殺菌成分ができるだけ長くとどまるようにゆっくり食べるのがポイントです。

効能その3: 皮膚の保湿と再生

皮膚の保湿をして潤いを保持する

擦り傷や切り傷の最に滅菌ガーゼにはちみつを塗って貼っておくと早くに治ります。これははちみつの肌の再生促進機能によるものです。

傷だけでなく肌荒れにも効果があります。肌の免疫力をアップさせて、敏感肌も次第に強い肌づくりへのきっかけになります。肌の保湿には、はちみつと酒粕を混ぜ合わせて作る「はちみつ粕せっけん」が効果的です。

酒粕のアミノ酸とはちみつのグルコン酸が相互に保湿効果を高めます。
酒粕には、皮膚の温度を上げる効果もあり、肌の新陳代謝も活発化します。また、肌を白くする働きもあり、酒粕の酵母ははちみつを加えるとより活発化するので1回で使い切りましょう。

肌を保湿・再生するには「はちみつ酒粕石けん」

材料は、はちみつ5 グラム、酒粕50 グラムです。これをしっかり混ぜ合わせてストッキングに入れれば完成です。
ストッキングに入れたはちみつ酒粕石けんを水で濡らして軽くこすります。1~2分そのままにしてお湯で洗い流します。「はちみつ酒粕石けん」で肌荒れが起きないか心配な場合は、使う前にひじの内側に少しつけて異常がないか確かめてから使うといいでしょう。

効能その4: 血液、血管の老化防止

医学界でも注目の強力な抗酸化作用

ポリフェノールには、血管を柔らかくして血液を固まりにくくする働きがあり、心筋梗塞、動脈硬化、脳梗塞の予防になります。はちみつを食べると、血中ポリフェノールの値が上昇することが確認されました。

野菜のポリフェノールよりも抗酸化力が高いこともわかりました。同じはちみつでも色の濃いもののほうが抗酸化力は強力です。
心筋梗塞、動脈硬化、脳梗塞などの予防に取り入れる場合には、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル類もバランスよく摂ることが大切です。

ミネラルをバランスよく含むものにヒジキ、コンブなどがありますが、これらの海藻類に大さじ1~1.5ぐらいのはちみつを加えるとミネラルの吸収があがります。はちみつのポリフェノールと海藻のミネラルの相乗効果によるものです。
BeeMe
今注目のオーガニック食品マヌカハニー

品質のいいはちみつの選び方

水飴などの混ぜ物がないものを選びます。純粋なはちみつがおすすめです。そして色の濃いものを選びます。はちみつは熱を加えても影響はほとんどないので心配しなくて大丈夫です。


秋田県産100%、自家採蜜100%の国産はちみつです。
玄圃梨(けんぽなし)蜂蜜はフルーティーな花の香りと、味わいが特徴です。
ほかのハチミツと違い香りが強く、独特な深みがあります。
その深みを味わうため、お料理等にではなくそのままお召し上がりください。

  • 原材料: はちみつ(秋田県産)
  • 小松養蜂場(秋田県由利本荘市二十六木字岡本32-1)

関連ページ:
ローヤルゼリーはミツバチ由来の元気の源

絶妙名茶葉のバランスが血糖値を下げる「八酵麗茶」

テンペ菌発酵の薬草茶の特効茶葉がトリプルパワーで糖尿病を撃退

  1. ギムネマ・シルベスタギムネマ酸が糖の吸収を抑制
  2. ヤーコン葉インスリンと同様に働く物質が含まれる
  3. 青銭柳インスリン分泌する酵素を保護
  4. グアバ糖質へのブドウ糖への変化を抑制
  5. 桑の葉糖の分解を抑え、インスリン分泌を刺激
  6. クコの葉血管を強化して血圧を安定させる
  7. クマ笹血栓を防いで血液をさらさらに
  8. 柿の葉血管壁を保護して動脈硬化を防ぐ

テンペ菌発酵の薬草茶の使用感(糖尿病に効果)
https://1088note.com/tenpe/

亜鉛不足 活き活きと若々しい健やかな毎日に 「海乳EX」1日2粒で亜鉛12mg

こちらのとおり、現代人は亜鉛不足の方が増えています。新鮮な牡蠣をみんなが食べられる環境にはありませんが、健康サポートセンター(福岡市)の濃縮牡蠣エキス「海乳EX」でたっぷり品質のいい牡蠣の栄養が摂れます。

「海乳EX」は、販売開始から15年のロングセラーを誇る牡蠣のサプリメントです。広島県指定の“清浄海域”という厳しい水質条件を満たした海域で獲れる生牡蠣を1袋に凝縮しました。

海乳牡蠣の水揚げ量が日本一と言われる瀬戸内海で育った、大きくてぷりっぷりの牡蠣を1袋に約155個使用しています。
1日の目安量2粒で、生牡蠣約5個分相当の栄養成分(亜鉛)がとれます。

新鮮でたっぷりの牡蠣を使う

使っているのは全国屈指の水揚げ量を誇る広島の牡蠣。牡蠣の水揚げ量が国内で60%、世界でも15%をしめる広島。中でも牡蠣生産量日本一である江田島産の牡蠣を使用しています。
江田島の海は広島県の清浄海域に指定されています。この海域は瀬戸内海の中でも潮流が穏やかで、牡蠣の餌となる植物プランクトンが滞留しやすく、また牡蠣筏(いかだ)が壊れにくいので、養殖するには最適な場所なのです。

機械を使わず人の手で

水揚げされた牡蠣は「打ち子さん」と呼ばれる牡蠣を打つ人たちが「カキ打ち」と呼ばれるカキを剥く道具を使って、見事な手さばきで丁寧にひとつひとつむき身にしていきます。自然の恵みを機械ではなく人の手によって行う根気の要る作業です。この牡蠣が「海乳EX」の原材料となります。

厳重な品質管理の後に製品化れた「海乳EX」

打ち子さんによって剥かれた牡蠣は、医薬品なども手がけている指定工場に運ばれます。
そこで牡蠣エキスを抽出し、飲みやすいソフトカプセルに詰めます。基原材料、原材料入庫から、各製造工程、最終製品から梱包、出荷に至るまでの全ての工程において厳重な品質管理のもとに「海乳EX」が出来上がります。

牡蠣に含まれる栄養成分

アミノ酸19種以上
リジン、バリン、アスパラギン酸、アルギニン、ロイシン、メチオニン、スレオニン、チロシン、アラニン、トリプトファン、プロリン、イソロイシン、セリン、グリシン、シスチン、グルタミン酸、ヒスチジン、フェニルアラニン
ミネラル12種以上
亜鉛、マグネシウム、カルシウム、セレン、カリウム、総クロム、マンガン、鉄、ヨウ素、モリブデン、リン
ビタミン11種以上
ビタミンA、ビタミンE、ビタミンC、ビタミンB1、B2、B12、ナイアシン、パンテトテン酸、ビオチン、葉酸
その他
グリコーゲン、イノシトール、コリン

海乳EX
健康サポートセンターの海乳EX

牡蠣が体にいい理由

海のエキスがたっぷりな牡蠣は「海のミルク」と言われ、必須ミネラル(亜鉛)+活力となるアルギニンなどのアミノ酸+チカラの源グリコーゲンが複数とれる天然の栄養源です。

栄養の宝庫の牡蠣は体のさまざまな機能を改善する | 食材のプロフィール