脳梗塞、心筋梗塞の後遺症の回復に役立つ「ミミズ食品」に注目が集まる

血栓を溶かして血液サラサラ! 副作用のリスクなしに血栓を溶かすミミズ食品

医療の発達に伴い、世界的に長寿をまっとうする人が増えました。元気なら1日でも長く生きたい!誰もがそう思うでしょう。日本は、男女合わせた平均寿命の長さが世界一ですが、その半面、生活習慣病の罹患率も比例して上昇しています。

甘いものや脂肪分を過剰摂取しやすく、運動不足に陥りやすい現代人には、脳梗塞や心筋梗塞などの血栓症を発症する人が急増しています。
血栓とは、血管内に生じた血液の塊のことです。これが血管に詰まると血栓症となり、詰まった部分から先に血液がいかなくなります。その結果、さまざまな障害が起きてしまうのです。血栓は加齢に伴ってできやすく、40代では20% 、50代で34% 60代で50%、70代ではほぼすべての人にできるといわれています。血栓を防ぐには脂肪や糖分、塩分を控えた食事を心がけ、適度な運動を習慣にすることが大切ですが、それと合わせて、血流アップのサプリメントとして「赤ミミズ食品」がおすすめです。

その効果はすばらしく、しかも薬とは違い、副作用がありません。しかし、ミミズと聞いただけで飲みたくなくなるという人もいるでしょう。ほとんどの人が「え! ミミズですか?」と驚くことと思います。ところが実際に飲んでみると、その効果を実感して赤ミミズ食品を継続して飲む人が多いのです。

人類が地球に出現するはるか昔、5億年も前からミミズは変わらぬ姿で生きてきました。しかも、1匹のミミズが1年で1,000匹にまで増える驚異的な繁殖力も確認されています。
ミミズには計り知れない生命力が秘められていて、他にも不思議な生態があります。死んだあと体が溶けて土に戻るのです。これはミミズが、死んだタンパク質を溶かす酵素を持っているためです。「ルンブロキナーゼ」というこの酵素にこそ、血栓を溶かす作用があるのです。

ルンブロキナーゼが生体に作用する仕組みを知る前に、血栓ができる過程を知っておきましょう。まず、血管壁が損傷すると、血小板が集まってきて傷口をふさぎます。その後、血液が固まってフィプリンという物質になり、傷口をさらにしっかりと覆います。傷口の修復後、フィプリンは通常プラスミンという物質によって溶解され流れ去っていきますが、なんらかの理由でプラスミンが作用しないと固まった血液が血栓として残ってしまうのです。

ミミズ食品にはプラスミンに似た作用があり、直接血栓を溶かす働きがあります。しかも生きたタンパク質は溶かさず、死んだタンパク質の細胞だけを溶かすため、血管や細胞を傷つけることがありません。すなわち、副作用がないのです。そのうえ、血管の綱目に詰まった血栓や老廃物もきれいに溶かしてくれるので、血管そのものが健康になります。

症状改善の事例が多数、血栓治療に効果的なミミズ

実際に赤ミミズ食品を飲んだ人たちの検査結果でも、赤ミミズ食品の摂取によって、脳梗塞や心筋梗塞の後遺症などが改善されたという事例が多々あります。本来なら手術が避けられなかった心臓冠動脈の巨大な血栓が、赤ミミズ食品の摂取によってすっかり消えたという人もいます。血栓に対しては、とにかく効果が早く出ます。血栓を溶解させる経口薬は今のところないので、赤ミミズ食品はこれからの血栓治療の中心的な食品になることに期待が集まります。

そのほかにも、血管の状態が改善されて、心臓疾患や静脈瘤がよくなったなど、医療現場でのプロも驚く報告があります。例えば、冠状動脈が1年間詰まってカテーテルも通らなかったのが、赤ミミズ食品の摂取で動脈の詰まりが解消された、また、糖尿病や高血圧、腎臓病、EDなどに効果があるという報告もあります。これは赤ミミズ食品がルンブロキナーゼだけを分離したものではなく、ミミズのタンパク質全体を使っているからでしょう。まだ解明はされていませんが、血栓を溶かすだけでなく、他にもいろいろな好作用がありそうです。

血栓や動脈硬化、ドロドロの血液などにより血流障害が起きると細胞代謝が低下し、十分な血液が届かない部位は、いわば「壊死」状態になります。壊死した部位は、加齢やストレスなどによって広がり、その結果、重度の生活習慣病に到達することがあります。

微小血管(毛細血管)の血流までもよくする赤ミミズ食品は、血栓症だけでなく、生活習慣病全般の予防に役立つでしょう。

ミミズ乾燥粉末(LR末3)含有食品

唯一、国の機関より特許として認められた製造法により粉末化されたミミズ乾燥粉末『lr末iii(エルアールまつ3)』を配合したサプリメントです。その他に、レスベラトロールや高山紅景天、ギャバ、イチョウ葉、植物発酵エキスなどが配合されています。ミミズと聞くと「えっ?!」と思う人も多いかもしれませんが、小さめの植物性カプセルが使用され、飲みやすくなっています。

ミミズ食品に副作用はありませんが、血小板凝集抑制剤を服用している人は併用を控えたほうが無難でしょう。そのほかの薬と併用する場合は、医師に相談することをお勧めします。また、妊娠中の方は服用を避けてください。

ルンブルクスルベルス末
『ルンブルルベルス プレミアム』は、赤ミミズ粉末(ルンブルクスルベルス成分)を含んだ健康食品です。養殖から、粉末・製品加工まで日本国内で一貫生産しています。LR末を主原料に、ブドウ糖果皮エキス末、高山紅景天、米胚芽粉末、イチョウ葉エキス、植物発酵エキスなど新配合の成分が加わりバージョンアップしました。

ミミズ「ルンブルクスルベルス」の粉末

古来より人々の健康維持に利用されてきたミミズ。世界中に約2700種以上が存在すると言われています。しかし、どんなミミズを用いてもよい訳ではなく、「ルンブルクスルベルス」という名のミミズが用いられます。

単なるルンブルクスルベルスとは違う“LR末”

「ルンブルクスルベルス」という名のミミズが用いられますので、略して“LR”と表示されたりします。ただ一口に「ルンブルクスルベルス」と言っても、長年の研究により養殖され、特許製法で粉末化された特別なものを“LR末”として表示、さらに最新の規格原料を第三世代のLR末として“LR末III”と表示されています。

国産“LR末III”は宮崎県の専用施設で製造

“LR末III”は、宮崎県の専用の施設で養殖され、特許技術で粉末化された特別なミミズ乾燥粉末です。ですから単なるルンブルクスルベルスを粉末化したものとは異なります。常に研究が続けられ、現在では最新特許技術を用いた第三世代のものが使用されています。

お召し上がり方(使用法等)
1日4錠を目安に、水またはぬるま湯などでお召し上がり下さい。
原材料名
ミミズ乾燥粉末、田七人参末 、 食用酵母(亜鉛、銅、セレン) ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、  ビタミンB12、ビタミンD、葉酸、  ブドウ果皮エキス末レスベラトロール含有) 高山紅景天(チベット人参) 米胚芽粉末(ギャバ含有) イチヨウ葉エキス、植物発酵エキス

目の血行不良や酸化を防ぐアサイーベリーについてはこちら

亜鉛不足 活き活きと若々しい健やかな毎日に 「海乳EX」1日2粒で亜鉛12mg

こちらのとおり、現代人には亜鉛不足の方が増えています。新鮮な牡蠣をみんなが食べられる環境にはありませんが、健康サポートセンター(福岡市)の濃縮牡蠣エキス「海乳EX」で、品質のいい牡蠣の栄養がたっぷり摂れます。

濃縮牡蠣エキスの「海乳EX」は、販売開始から15年のロングセラーを誇る牡蠣のサプリメント。広島県指定の“清浄海域”という厳しい水質条件を満たした海域で獲れる生牡蠣の栄養がソフトカプセルに凝縮されています。
牡蠣の水揚げ量が日本一と言われる瀬戸内海で育った、大きくてぷりっぷりの牡蠣。これが1袋に約155個使用されているのです。
1日の摂取目安量2粒で、生牡蠣約5個分相当の栄養(亜鉛)がとれます。

新鮮でたっぷりの牡蠣を使う

使われているのは全国屈指の水揚げ量を誇る広島の牡蠣。牡蠣の水揚げ量が国内で60%、世界でも15%をしめる広島。中でも牡蠣生産量日本一である江田島産の牡蠣が使用されています。
江田島の海は、広島県の清浄海域に指定されています。この海域は瀬戸内海の中でも潮流が穏やかで、牡蠣の餌となる植物プランクトンが滞留しやすく、また牡蠣筏(いかだ)が壊れにくいので、養殖するには最適な場所なのです。

機械を使わず人の手での作業

水揚げされた牡蠣は「打ち子さん」と呼ばれる牡蠣を打つ人たちが「カキ打ち」と呼ばれるカキを剥く道具を使って、見事な手さばきで丁寧にひとつひとつむき身にしていきます。自然の恵みを機械ではなく人の手によって行う根気の要る作業です。この牡蠣が「海乳EX」の原材料となります。

厳重な品質管理の後に製品化れた「海乳EX」

打ち子さんによって剥かれた牡蠣は、医薬品なども手がけている指定工場に運ばれます。
そこで牡蠣エキスを抽出し、飲みやすいソフトカプセルに詰められます。原材料の入庫から、各製造工程、最終製品から梱包、出荷に至るまでの全ての工程において厳重な品質管理のもとに「海乳EX」ができあがるのです。

牡蠣に含まれる栄養成分

アミノ酸19種以上
リジン、バリン、アスパラギン酸、アルギニン、ロイシン、メチオニン、スレオニン、チロシン、アラニン、トリプトファン、プロリン、イソロイシン、セリン、グリシン、シスチン、グルタミン酸、ヒスチジン、フェニルアラニン
ミネラル12種以上
亜鉛、マグネシウム、カルシウム、セレン、カリウム、総クロム、マンガン、鉄、ヨウ素、モリブデン、リン
ビタミン11種以上
ビタミンA、ビタミンE、ビタミンC、ビタミンB1、B2、B12、ナイアシン、パンテトテン酸、ビオチン、葉酸
その他
グリコーゲン、イノシトール、コリン

海乳EX
健康サポートセンターの海乳EX

牡蠣が体にいい理由

海のエキスがたっぷりな牡蠣は「海のミルク」と言われ、必須ミネラル(亜鉛)+活力となるアルギニンなどのアミノ酸+チカラの源グリコーゲンが複数とれる天然の栄養源です。

栄養の宝庫の牡蠣は体のさまざまな機能を改善する | 食材のプロフィール

日本人に不足しているマグネシウムを補う赤穂化成のにがり水「天海のにがり」

現代人は、食生活の変化により現代人の多くはミネラル不足を招き、それは慢性症状の原因になっています。

コンビニ弁当や加工食品、ファストフードや外食の多くは野菜が極端に少ない食事が多く、たんぱく質の摂取量も減っているのに対し、糖質や脂質の摂取量は増加しており、食生活の乱れや偏りは、ミネラルバランスを崩し、体にさまざまな不調を引き起こしています。食の欧米化もこれに拍車をかける形です。

厚生労働省による調査では女性で1日約80mg、男性で約120mg程度のマグネシウムが不足していることが分かっています。
マグネシウム不足で起こる症状などについてはこちら

天海のにがり」はクリーンな室戸海洋深層水を100%使用したにがりです。たとえば、みそ汁の場合、水2カップに「天海のにがり」15mlを目安に使用すると簡単にマグネシウムが摂取できます。

にがりは、海水を煮詰めて塩を採った後に残る透明の液体で、昔から豆腐を固める凝固剤として使われてきました。その液体の主成分はマグネシウムで、食材のもつ旨味や甘味を引き立てる働きがあります。

また、マグネシウムは現代人に不足しがちなミネラルです。

「天海のにがり」は、毎日の食事で簡単にマグネシウム補給ができる栄養機能食品です。

ご飯、味噌汁、漬物、煮物などに数滴加えると、ひと味違うコクとまろやかさが出ます。「砂糖・塩・酢・しょう油・味噌」に続く第6のミネラル調味料としてお使いください。便利な計量キャップ付き。

「天海のにがり」は栄養機能食品

マグネシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素です。マグネシウムは、多くの体内酵素の正常な働きとエネルギー産生を助けるとともに、血液循環を正常に保つのに必要な栄養素です。食生活は、主食、主菜、副菜を基本に食事のバランスを整えることが重要です。

天海のにがりの使い方  (とても簡単です)

天海のにがりの活用方法です。

にがり水
水200mlに「天海のにがり」5ml(小さじ1杯)程度を目安に薄めてください。
お酒
焼酎の水割りに「天海のにがり」を数滴入れるとマグネシウムの働きで二日酔いしにくくなる人もいます。
ごはん
お米3号に「天海のにがり」10~30mlを加えて炊くとごはんがふっくら。
みそ汁
水2カップに「天海のにがり」15mlを目安に使用すると簡単にマグネシウム補給できます。
煮物・たき物
水2カップに「天海のにがり」15mlを目安に使用すると簡単にマグネシウム補給できます。




天海のにがり

株式会社宇治田原製茶場 水に混ぜるだけで簡単にできる粉末煎茶「さらっと」

宇治田原町は、京都府の南部に位置し、綴喜郡に属する町です。昭和のはじめから100年近くお茶を営んできました。健康を維持するためにお茶の風味を落とさずにより手軽に楽しんでいただきたいと開発した粉末煎茶「さらっと」の紹介です。

粉末煎茶が健康に良いとされている理由

茶葉にお湯を注ぎ、急須で淹れたお茶の液体には茶葉の栄養成分が約3割は抽出されるのですが、残りの約7割は、急須の中の茶殻に残ってしまっています。

また、不溶性成分である、ビタミンEや、βーカロテン、ミネラル類(カルシウム、マグネシウム等)、食物繊維などはほとんど抽出されず茶殻にそのまま残ってしまいます。

さらっと粉末
茶葉をまるごと取れる粉末煎茶「さらっと」

茶場の工夫

そこで、茶葉自体をそのまま粉砕して粉末にすれば、栄養成分を余すことなく摂取する事ができるのです。

さらに粉末茶の粒度のバランスを崩す事により粉の分散がよくなり、溶けやすくした工夫。

細かく粉砕した茶場の分子表面に無数の穴をあける「特殊粉砕加工」により、湯水がスポンジのように浸透し、ダマになりにくくなります。

また粉砕する時に緑の色や味を熱で損なわないように、なるべく熱を加えないように工夫しています。水にもお湯にも溶けます。

国産茶葉100%だから安心

粉末煎茶は、茶葉の栄養を丸ごと摂れるからこそ茶葉そのものの品質に重きを置いています。毎日飲むものだから100%国産にこだわりました。

さらっと粉末
茶葉をまるごと取れる粉末煎茶「さらっと」

一般の市販品の粉末煎茶と溶けやすさを比較すると差は歴然!口当たりも良く飲みやすくおいしくなりました。

ストレスの多い現代人は、抗ストレス作用にビタミンCを1日1000mg必要ですが、煎茶には、ビタミンCが100g当り320mg含んでおり、レモンの約3.2倍です。
豊富な健康成分がとれて、「ダマになりにくく溶けやすい」粉末煎茶の
常識を覆した「さらっと」を召し上がってください。

ペットボトル茶の置き換えにも最適です。1杯アタリのコストもお得なので
毎日の水分補給にもおすすめします。
茶葉を入れて振るだけなので簡単に本格煎茶が楽しめます。

 




茶葉をまるごと取れる粉末煎茶「さらっと」

米ヌカを1ヶ月とったら定時に排便があり硬い便が改善して痔の痛みも消失

1ヶ月で排便のリズムが正常化した

私は、高齢者の健康維持を考えたとき、さまざまな問題をどうやってクリアーして、何をすれば役立てるのかが日々考えています。私が、多くの高齢者の方を中心としたウォーキング教室をやっているからです。

そんなとき、3ヶ月前に知人のすすめでとってみた「米ヌカ」に、すばらしい健康効果があるのを発見しました。

米ヌカは、玄米を白米に精米するさいに出る茶色い粉末です。米ヌカは、玄米の胚芽とヌカ層が粉状になったもので、玄米の栄養そのものです。食物繊維のほか、さまざまな栄養成分が含まれています。

米ぬか
米ぬか

私は、食事に好き嫌いはなく、出されたものは何でも食べます。アルコールはいっさいとらず、家では野菜中心の和食を心がけています。このように食生活に気をつけてはいたのですが、決まった時問に便が出ないのが悩みでした。食習慣には注意しているし、自分なりに調整しているつもりですので、自信があるのですが便秘がなかなか改善しなくて困っています。

例えば、仕事でレッスン中や講演中など、トイレに行けないときに限って催してきてしまい仕方なく我慢する、というケースがたびたびあったのです。

ところが、米ヌカをとってからは、ほぼ定時にトイレに行くようになりました。便の状態もよくなったのです。

以前は、便が硬く、トイレに行ったあとも残便感があり、おなかがスッキリしませんでした。硬い便が続いたとじきには、痔になってしまい、どうしたものかと困っていたのです。

でも、米ヌカをとってからは、便が適度に柔らかくなり、いきまなくてもスルッと気持ちよく出るようになりました。トイレの後は体が軽く、気分爽快です。

病院に行くべきかどうか迷っていた痔が自然に改善して、今では全然痛くありません。加えて、驚いたことに便が水に浮くようになりました。

私の推測ですが、米ヌカで腸内環境が整い、食べ物の栄養を腸で残さず吸収して、カスだけが便として抑鮮されるようになったからではないでしょうか。

そのほか、血圧が下がりました。以前は最大血圧が130だった血圧が、120台で安定するようになり、医師からも「理想的だ」とほめられています。

生徒さんも快便になった

私のウォーキング教室の生徒さんに話したら、みなさんとても興味を示して、早速、30人くらいの人が米ヌカをとりはじめました。その中で、まっ先に米ヌカの成果を報告してくれたのがAさん(60代後半・女性) です。

Aさんは、米ヌカを朝と晩の1 日2 回、ヨーグルトやみそ汁に混ぜてとっているそうです。どちらも米ヌカとの相性がよく、おいしいそうです。

Aさんは便秘でいつもおなかが張って苦しい思いをしていました。ところが、米ヌカを2ヶ月とったところで、定期的に便が出るようになりました。

便通がよくなったので、ウェストが3cm減、体重が3kg減、さらに体脂肪率が3%減と、ダイエットにも成功したのです。

年を取ると代謝が衰えるのでやせるのは難しいのですが、3キロも体重を落とせたのは大きな成果です。体重が減ったので足腰の負担が軽くなり、持病のひざ痛がらくになりました。

Aさんは、ひざ痛が和らいだため、ウォーキング教室へ来ることも、友人と外出することも楽しくなつたと喜んでいます。

そのほか、米ヌカをとっていたら、アトピーが改善したと報告してくれた生徒さんもいました。
生徒さんが試している米ヌカは、農薬分析試験で安心が確かめられた玄米が原料になっており、1回分ずつ個包装されています。手軽に持ち歩けて、外食が続いてもその場でサッととれるのでとても便利です。

食べる米ヌカの粉末食品、健康フーズ株式会社の「ぬか玄粉末」