脳梗塞、心筋梗塞の後遺症の回復に役立つ「ミミズ食品」に注目が集まる

血栓を溶かして血液サラサラ! 副作用のリスクなしに血栓を溶かすミミズ食品

医療の発達に伴い、世界的に長寿をまっとうする人が増えました。元気なら1日でも長く生きたい!誰もがそう思うでしょう。日本は、男女合わせた平均寿命の長さが世界一ですが、その半面、生活習慣病の罹患率も比例して上昇しています。

甘いものや脂肪分を過剰摂取しやすく、運動不足に陥りやすい現代人には、脳梗塞や心筋梗塞などの血栓症を発症する人が急増しています。
血栓とは、血管内に生じた血液の塊のことです。これが血管に詰まると血栓症となり、詰まった部分から先に血液がいかなくなります。その結果、さまざまな障害が起きてしまうのです。血栓は加齢に伴ってできやすく、40代では20% 、50代で34% 60代で50%、70代ではほぼすべての人にできるといわれています。血栓を防ぐには脂肪や糖分、塩分を控えた食事を心がけ、適度な運動を習慣にすることが大切ですが、それと合わせて、血流アップのサプリメントとして「赤ミミズ食品」がおすすめです。

その効果はすばらしく、しかも薬とは違い、副作用がありません。しかし、ミミズと聞いただけで飲みたくなくなるという人もいるでしょう。ほとんどの人が「え! ミミズですか?」と驚くことと思います。ところが実際に飲んでみると、その効果を実感して赤ミミズ食品を継続して飲む人が多いのです。

人類が地球に出現するはるか昔、5億年も前からミミズは変わらぬ姿で生きてきました。しかも、1匹のミミズが1年で1,000匹にまで増える驚異的な繁殖力も確認されています。
ミミズには計り知れない生命力が秘められていて、他にも不思議な生態があります。死んだあと体が溶けて土に戻るのです。これはミミズが、死んだタンパク質を溶かす酵素を持っているためです。「ルンブロキナーゼ」というこの酵素にこそ、血栓を溶かす作用があるのです。

ルンブロキナーゼが生体に作用する仕組みを知る前に、血栓ができる過程を知っておきましょう。まず、血管壁が損傷すると、血小板が集まってきて傷口をふさぎます。その後、血液が固まってフィプリンという物質になり、傷口をさらにしっかりと覆います。傷口の修復後、フィプリンは通常プラスミンという物質によって溶解され流れ去っていきますが、なんらかの理由でプラスミンが作用しないと固まった血液が血栓として残ってしまうのです。

ミミズ食品にはプラスミンに似た作用があり、直接血栓を溶かす働きがあります。しかも生きたタンパク質は溶かさず、死んだタンパク質の細胞だけを溶かすため、血管や細胞を傷つけることがありません。すなわち、副作用がないのです。そのうえ、血管の綱目に詰まった血栓や老廃物もきれいに溶かしてくれるので、血管そのものが健康になります。

症状改善の事例が多数、血栓治療に効果的なミミズ

実際に赤ミミズ食品を飲んだ人たちの検査結果でも、赤ミミズ食品の摂取によって、脳梗塞や心筋梗塞の後遺症などが改善されたという事例が多々あります。本来なら手術が避けられなかった心臓冠動脈の巨大な血栓が、赤ミミズ食品の摂取によってすっかり消えたという人もいます。血栓に対しては、とにかく効果が早く出ます。血栓を溶解させる経口薬は今のところないので、赤ミミズ食品はこれからの血栓治療の中心的な食品になることに期待が集まります。

そのほかにも、血管の状態が改善されて、心臓疾患や静脈瘤がよくなったなど、医療現場でのプロも驚く報告があります。例えば、冠状動脈が1年間詰まってカテーテルも通らなかったのが、赤ミミズ食品の摂取で動脈の詰まりが解消された、また、糖尿病や高血圧、腎臓病、EDなどに効果があるという報告もあります。これは赤ミミズ食品がルンブロキナーゼだけを分離したものではなく、ミミズのタンパク質全体を使っているからでしょう。まだ解明はされていませんが、血栓を溶かすだけでなく、他にもいろいろな好作用がありそうです。

血栓や動脈硬化、ドロドロの血液などにより血流障害が起きると細胞代謝が低下し、十分な血液が届かない部位は、いわば「壊死」状態になります。壊死した部位は、加齢やストレスなどによって広がり、その結果、重度の生活習慣病に到達することがあります。

微小血管(毛細血管)の血流までもよくする赤ミミズ食品は、血栓症だけでなく、生活習慣病全般の予防に役立つでしょう。

ミミズ乾燥粉末(LR末3)含有食品

唯一、国の機関より特許として認められた製造法により粉末化されたミミズ乾燥粉末『lr末iii(エルアールまつ3)』を配合したサプリメントです。その他に、レスベラトロールや高山紅景天、ギャバ、イチョウ葉、植物発酵エキスなどが配合されています。ミミズと聞くと「えっ?!」と思う人も多いかもしれませんが、小さめの植物性カプセルが使用され、飲みやすくなっています。

ミミズ食品に副作用はありませんが、血小板凝集抑制剤を服用している人は併用を控えたほうが無難でしょう。そのほかの薬と併用する場合は、医師に相談することをお勧めします。また、妊娠中の方は服用を避けてください。

ルンブルクスルベルス末
『ルンブルルベルス プレミアム』は、赤ミミズ粉末(ルンブルクスルベルス成分)を含んだ健康食品です。養殖から、粉末・製品加工まで日本国内で一貫生産しています。LR末を主原料に、ブドウ糖果皮エキス末、高山紅景天、米胚芽粉末、イチョウ葉エキス、植物発酵エキスなど新配合の成分が加わりバージョンアップしました。

ミミズ「ルンブルクスルベルス」の粉末

古来より人々の健康維持に利用されてきたミミズ。世界中に約2700種以上が存在すると言われています。しかし、どんなミミズを用いてもよい訳ではなく、「ルンブルクスルベルス」という名のミミズが用いられます。

単なるルンブルクスルベルスとは違う“LR末”

「ルンブルクスルベルス」という名のミミズが用いられますので、略して“LR”と表示されたりします。ただ一口に「ルンブルクスルベルス」と言っても、長年の研究により養殖され、特許製法で粉末化された特別なものを“LR末”として表示、さらに最新の規格原料を第三世代のLR末として“LR末III”と表示されています。

国産“LR末III”は宮崎県の専用施設で製造

“LR末III”は、宮崎県の専用の施設で養殖され、特許技術で粉末化された特別なミミズ乾燥粉末です。ですから単なるルンブルクスルベルスを粉末化したものとは異なります。常に研究が続けられ、現在では最新特許技術を用いた第三世代のものが使用されています。

お召し上がり方(使用法等)
1日4錠を目安に、水またはぬるま湯などでお召し上がり下さい。
原材料名
ミミズ乾燥粉末、田七人参末 、 食用酵母(亜鉛、銅、セレン) ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、  ビタミンB12、ビタミンD、葉酸、  ブドウ果皮エキス末レスベラトロール含有) 高山紅景天(チベット人参) 米胚芽粉末(ギャバ含有) イチヨウ葉エキス、植物発酵エキス

目の血行不良や酸化を防ぐアサイーベリーについてはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください