亜鉛不足 活き活きと若々しい健やかな毎日に 「海乳EX」1日2粒で亜鉛12mg

こちらのとおり、現代人は亜鉛不足の方が増えています。新鮮な牡蠣をみんなが食べられる環境にはありませんが、健康サポートセンター(福岡市)の濃縮牡蠣エキス「海乳EX」でたっぷり品質のいい牡蠣の栄養が摂れます。

「海乳EX」は、販売開始から15年のロングセラーを誇る牡蠣のサプリメントです。広島県指定の“清浄海域”という厳しい水質条件を満たした海域で獲れる生牡蠣を1袋に凝縮しました。

海乳牡蠣の水揚げ量が日本一と言われる瀬戸内海で育った、大きくてぷりっぷりの牡蠣を1袋に約155個使用しています。
1日の目安量2粒で、生牡蠣約5個分相当の栄養成分(亜鉛)がとれます。

新鮮でたっぷりの牡蠣を使う

使っているのは全国屈指の水揚げ量を誇る広島の牡蠣。牡蠣の水揚げ量が国内で60%、世界でも15%をしめる広島。中でも牡蠣生産量日本一である江田島産の牡蠣を使用しています。
江田島の海は広島県の清浄海域に指定されています。この海域は瀬戸内海の中でも潮流が穏やかで、牡蠣の餌となる植物プランクトンが滞留しやすく、また牡蠣筏(いかだ)が壊れにくいので、養殖するには最適な場所なのです。

機械を使わず人の手で

水揚げされた牡蠣は「打ち子さん」と呼ばれる牡蠣を打つ人たちが「カキ打ち」と呼ばれるカキを剥く道具を使って、見事な手さばきで丁寧にひとつひとつむき身にしていきます。自然の恵みを機械ではなく人の手によって行う根気の要る作業です。この牡蠣が「海乳EX」の原材料となります。

厳重な品質管理の後に製品化れた「海乳EX」

打ち子さんによって剥かれた牡蠣は、医薬品なども手がけている指定工場に運ばれます。
そこで牡蠣エキスを抽出し、飲みやすいソフトカプセルに詰めます。基原材料、原材料入庫から、各製造工程、最終製品から梱包、出荷に至るまでの全ての工程において厳重な品質管理のもとに「海乳EX」が出来上がります。

牡蠣に含まれる栄養成分

アミノ酸19種以上
リジン、バリン、アスパラギン酸、アルギニン、ロイシン、メチオニン、スレオニン、チロシン、アラニン、トリプトファン、プロリン、イソロイシン、セリン、グリシン、シスチン、グルタミン酸、ヒスチジン、フェニルアラニン
ミネラル12種以上
亜鉛、マグネシウム、カルシウム、セレン、カリウム、総クロム、マンガン、鉄、ヨウ素、モリブデン、リン
ビタミン11種以上
ビタミンA、ビタミンE、ビタミンC、ビタミンB1、B2、B12、ナイアシン、パンテトテン酸、ビオチン、葉酸
その他
グリコーゲン、イノシトール、コリン

海乳EX
健康サポートセンターの海乳EX

牡蠣が体にいい理由

海のエキスがたっぷりな牡蠣は「海のミルク」と言われ、必須ミネラル(亜鉛)+活力となるアルギニンなどのアミノ酸+チカラの源グリコーゲンが複数とれる天然の栄養源です。

栄養の宝庫の牡蠣は体のさまざまな機能を改善する | 食材のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください