目の血流をさらさらに活性化し、網膜、視神経の機能回復に役立つアサイーベリー

目の血行不良と酸化の防止が大事なポイント

血液がよどんで流れがとどこおると、頭痛、冷え、内臓の機能低下など、さまざまな体調不良の原因になります。

目にとっても同様に、その影響は深刻です。加齢とともに眼球組織の血行が悪くなると、酸素不足・栄養不足におちいって、新陳代謝が衰えてしまうのです。その結果、ピント調節をする筋肉が硬くなると、近くが見えづらくなります(老眼)。

老廃物もたまりやすくなって、目のレンズ役である水晶体が白く濁ったり(白内障)、眼球内にゴミが残って視界を妨げるのです(飛蚊症)。

さらに中高年期以降、注意が必要となるのが、失明原因の上位である緑内障、黄斑変性、糖尿病性網膜症です。これら三大眼病の誘因としては、血行不良に加えて、目の酸化現象を無視することができません。

酸化とはすなわち、目で発生する活性酸素(毒性の強い酸素) が眼球組織をさびつかせて、劣化させること。網膜や視神経の細胞が酸化すると、日本人に多い正常眼圧緑内障(眼圧が正常でも視野が失われる) が進行しやすくなります。黄斑変性の場合も、その発端は網膜の中心部である黄斑部で細胞が酸化したり、出血したりすること。

糖尿病性網膜症は、高血糖でドロドロになった血液が詰まって、網膜で出血を起こすことがその引き金です。すなわち、中高年以降、良好な視力を守るためキーワードは、「目の血流の活性化」と「酸化の防止」になります。このふたつの効用を同時にもたらす、貴重な食材として、現在世界的に注目されている果実があります。南米の熱帯雨林原産の天然果実・アサイベリーです。

アントシアニン含有量で注目度上昇

アサイベリーはヤシ科の植物で、小さく丸い果実は濃い紫色をしています。この紫色をかもし出す独特の色素が、視力向上の有用成分・アントシアニンなのです。

アントシアニンを多く含む食品としては、一般にブルーベリーがよく知られています。しかし、アメリカにおける詳細な比較研究では、ブルーベリー100 g中のアントシア:ン量は89 mgなのに対し、アサイベリーはその約4.6倍の414 mgを含有。

さらに、その豊富なアントシアニンが実際に機能するかを調べた研究でも、優秀な結果が報告されました。アメリカ農務省が食品分析の評価とするORAC値(活性酸素吸収能力)の比較で、アサイベリーの数値はその他の食品を10倍以上も上回っていたのです。さらに別の指標である、SOD値のテスト(活性酸素鼻消去する酵素の力を調べる)でも、アサイベリーは突出して高い数値を示しました。こうした二重三重の研究成果から、アサイベリーの効能は裏づけられているわけですあらためて、

アントシアニンが視力回復に役立つ理由をまとめると、以下のとおりになります。

  1. 目の血管や血液中で発生する活性酸素を消去して、目の血行をサラサラに保つ
  2. 網膜や視神経で発生する活性酸素を消去して、正常な機能を保つ
  3. ロドプシンという網膜の色素体の再合成を促して、視神経の情報を脳に伝える
すばやく吸収されて眼精疲労を軽減する

アサイベリーのアントシアニンは、目の毛細血管、水晶体、網膜となじみやすく、吸収されやすいことも特徴です。事実、アメリカの3つの大学の共同研究によれば、アサイベリーの果実やジュースの摂取後、アントシアニンの血中濃度はほんの数時間で上昇することがわかりました。

一方で、尿中に排出されるアントシアニンの量は変わらなかったことも、あわせて報告されています。すなわち、アサイベリーのアントシアニンを摂取すると、「すばやく血液に含まれて、長く作用する」ということ。

それによって、かすみやぼやけが速く回復し、目の新陳代謝が持続して活性化することから、老眼や白内障が抑えられると考えられます。最新の研究では、アントシアニンが3大眼病の防止に直接的に働く可能性が報告されています。新発見の視力アップ果実として、アサイベリーの評価は今後いっそう高まっていくことでしょう。

コンタクトレンズトラブルや目のトラブルを未然に防ぐ知識と方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください