目の血流をさらさらに活性化し、網膜、視神経の機能回復に役立つ アサイーベリー

目の血行不良と酸化の防止が大事なポイント

血液がよどんで流れがとどこおると、頭痛、冷え、内臓の機能低下など、さまざまな体調不良の原因になります。

目にとっても同様に、その影響は深刻です。加齢とともに眼球組織の血行が悪くなると、酸素不足・栄養不足におちいって、新陳代謝が衰えてしまうのです。その結果、ピント調節をする筋肉が硬くなると、近くが見えづらくなります(老眼)。

老廃物もたまりやすくなって、目のレンズ役である水晶体が白く濁ったり(白内障)、眼球内にゴミが残って視界を妨げるのです(飛蚊症)。

さらに中高年期以降、注意が必要となるのが、失明原因の上位である緑内障、黄斑変性、糖尿病性網膜症です。これら三大眼病の誘因としては、血行不良に加えて、目の酸化現象を無視することができません。

酸化とはすなわち、目で発生する活性酸素(毒性の強い酸素) が眼球組織をさびつかせて、劣化させること。網膜や視神経の細胞が酸化すると、日本人に多い正常眼圧緑内障(眼圧が正常でも視野が失われる) が進行しやすくなります。黄斑変性の場合も、その発端は網膜の中心部である黄斑部で細胞が酸化したり、出血したりすること。

糖尿病性網膜症は、高血糖でドロドロになった血液が詰まって、網膜で出血を起こすことがその引き金です。すなわち、中高年以降、良好な視力を守るためキーワードは、「目の血流の活性化」と「酸化の防止」になります。このふたつの効用を同時にもたらす、貴重な食材として、現在世界的に注目されている果実があります。南米の熱帯雨林原産の天然果実 アサイベリー です。

アサイーベリー
アサイーベリー

アントシアニン含有量で注目度上昇

アサイベリー はヤシ科の植物で、小さく丸い果実は濃い紫色をしています。この紫色をかもし出す独特の色素が、視力向上の有用成分・アントシアニンなのです。

アントシアニン を多く含む食品としては、一般に ブルーベリー がよく知られています。しかし、アメリカにおける詳細な比較研究では、ブルーベリー 100 g 中の アントシアニン 量は89 mg なのに対し、アサイベリー はその約 4.6 倍の 414  mg を含有。

さらに、その豊富なアントシアニンが実際に機能するかを調べた研究でも、優秀な結果が報告されました。アメリカ農務省が食品分析の評価とするORAC値(活性酸素吸収能力)の比較で、 アサイベリー の数値はその他の食品を10倍以上も上回っていたのです。

さらに別の指標である、SOD値のテスト(活性酸素鼻消去する酵素の力を調べる)でも、アサイベリーは突出して高い数値を示しました。こうした二重三重の研究成果から、 アサイベリー の効能は裏づけられているわけですあらためて、

アントシアニン が視力回復に役立つ理由をまとめると、以下のとおりになります。

  1. 目の血管や血液中で発生する活性酸素を消去して、目の血行をサラサラに保つ
  2. 網膜や視神経で発生する活性酸素を消去して、正常な機能を保つ
  3. ロドプシンという網膜の色素体の再合成を促して、視神経の情報を脳に伝える
すばやく吸収されて眼精疲労を軽減する

アサイベリー の アントシアニン は、目の毛細血管、水晶体、網膜となじみやすく、吸収されやすいことも特徴です。事実、アメリカの3つの大学の共同研究によれば、アサイベリーの果実やジュースの摂取後、アントシアニンの血中濃度はほんの数時間で上昇することがわかりました。

一方で、尿中に排出されるアントシアニンの量は変わらなかったことも、あわせて報告されています。

すなわち、 アサイベリー の アントシアニン を摂取すると、「すばやく血液に含まれて、長く作用する」ということ。

それによって、かすみやぼやけが速く回復し、目の新陳代謝が持続して活性化することから、老眼や白内障が抑えられると考えられます。最新の研究では、アントシアニンが3大眼病の防止に直接的に働く可能性が報告されています。新発見の視力アップ果実として、アサイベリーの評価は今後いっそう高まっていくことでしょう。

“アサイベリープラチナアイ”でくっきり、すっきり レビュー&口コミ

洗顔で失われた水分 化粧水 乳液 クリーム で調整

クレンジンク洗顔による「汚れ落とし」が終了したら、次のステップが、洗顔で失われた水分 化粧水 乳液 クリーム で調整します。洗浄によって汚れといっしょに洗い流され、奪われてしまった水分や脂分、角質層内のNMF(天然保湿因子)などを補って、飢をもとの状態に戻してあげることかポイント。そのためのアイテムが、化粧水、それに続く乳液です。

洗顔で失われた水分 化粧水 乳液 クリーム で調整
洗顔で失われた水分 化粧水 乳液 クリーム で調整

化粧水 洗顔で失われた水分 化粧水 乳液 クリーム で調整

目的は肌PH調整と、水分の補給

化粧水の役割は、なんといっても水分補給。洗顔で失われた水分を補うのが第一です。肌のみずみずしさや透明感は真皮に含まれる水分量で決まるため、あたえる水分は多ければ多いほどよいと思って間違いありません。真皮まで浸みこませる気持ちで、洗顔後、肌が冷たくなるまでパッティングすることが大切。十分な水分で肌をひきしめ、さらに柔軟にすることで、次にくる乳液を、なじみやすくするのです。

  1. コットンを2枚重ねた上から、ヒタヒタになるくらいたっぷりと、化粧水を含ませてから行うこと。
  2. 重ねたコットンを1枚ずつ両手の指ではさみ、肌が冷たくなるまで蹟全体に。1枚で顔半分が目安。
  3. まず、顔の中央から外側ヘパッティング。次に汗をかきやすいTゾーン、小鼻まわり。さらに顔全体を下から上へと、肌がひんやりするまでたたき上げる。
  4. 水分不足で乾燥しがちな目のまわりを集中的にパッティンク。さらに、唇にも水分補給を。目のまわりと唇は、日中でもこまめに化粧水で水分補給が必要。

肌質と目的で化粧水を選ぶ

化粧水を選ぶときは、第一に弱酸性タイプを選ぶこと。洗顔によってアルカリに傾いた肌のpHバランスを整えるのに欠かせない条件です。また肌の「復元」が目的の化粧水は、ノーマル用、オイリー用、ドライ用と、自分の肌質により近いものを選ぶことが大切です。
最近主流のノンアルコールタイプは、肌に刺激を与えることなく、やさしく作用するタイプ。アルコール成分に弱い人は、ノンアルコールタイプを。ただ、アルコールには殺菌や肌に必要な美容剤を浸透しやすくし、肌をいたわる効果もあることを忘れずに。過度に気にする必要はないのです。さらに忙しい朝などは、乳液効果のある化粧水もおすすめ。水分補給に保湿効果がプラスされ、メイクアップのベースとしても使える便利なアイテムです。
風呂あがりにすぐに肌をうるおす化粧水としてミネラルウォーターベースの化粧水もおすすめです。無添加ですので安心して使うことができます。

乳液 洗顔で失われた水分 化粧水 乳液 クリーム で調整

メイクのノリを乳液が左右する

洗顔で失われた水分を化粧水でたっぶり補ったあとは、乳液でさらに水分、油分をプラスして、肌を完全にもとの状態に戻すことが大切。

乳液には、水分、油分、保湿成分といった肌に必要な3つの成分がバランスよく配合されているため、毎日のスキンケアには絶対欠かせないアイテムです。

肌に柔軟性をとり戻して、次にくるメイクアップのベースづくりを完成させるのが主目的ですが、ほかにもメイクの下地やクレンジングクリームとして使うこともできるうえ、パックの前に肌を整える効果もあります。

  • さっぱりタイプ…さっぱりタイプ適量はティースプーン約1杯分。多めに使ってもべ夕つきなし。
  • しっとりタイプ…ティースプーン約1杯が目安。肌の乾燥が気にななりだしたら少し多めに。

手順

  1. 手のひらで温めることで毛穴を開きやすくし、乳液が肌に浸透しやすくなり、なめらかさも増す。
  2. 顔の5ヶ所につけ、中央部分から外へ、下から上への要領で丸く円を描きながら、まんべんなくのばす。
  3. 目のまわりの敏感な部分はやさしくゆっくりと。顔全体になじませたら、手のひらで顔を包み、乳液をより浸透させ、べ夕つきをとる。
  4. 使い終わった容器の口は汚れやすく、液ダレしたままにしておくと雑菌の繁殖のもとに。1回使うことにコットンでサッとふいて清潔に。

肌へのフィット感と使い心地が、乳液の選択基準

オイリー肌などで、クリームのベタつきがどうしても気になる人は、乳液一本で肌に必要な油分を補うことも可能です。

乳液は、その使い手の多さ、手軽さの点で、ほかのアイテムにはない万能性を発揮してくれるのです。毎日フル活用するためにも、肌へのフィット感、使い心地のよさで選ぶのが乳液選びのポイント。

乳液は油分や保湿剤の配合の違いで感触がさまざまなため、自分の肌に合うタイプを実際につけてみて選ぶことをおすすめします。乳液を大きく分けると、水に近いさっぱりタイプとリッチな感触のしっとりタイプの2種類がありますが、さっぱりタイプは、油分が比較的少なくサラッとした使い心地。
オイリー肌の人やコンビネーション肌の人に向きます。もっとさっぱりとしたライトな感触が好みなら、オイルインタイブがおすすめ。

一方、ドライ肌の人や冬の外気の刺激、乾燥が気になる人は、しっとりタイプの乳液を使うとよいでしょう。肌に必要な油分はもちろんのこと、保湿成分が多いため、肌の乾燥を防ぎ、リッチな感触で肌をいたわります。

クリーム 洗顔で失われた水分 化粧水 乳液 クリーム で調整

油分で人工の皮脂膜をつくり、肌に潤いを与える

「ベタベタするからクリームは嫌い」あるいは「オイリースキンにクリームは不要」などの先入観をもってはいませんか?
もし、そうなら完璧にクリームに対する認識不足です。本来、クリームは水分ベースの保湿剤をつけたあと、潤いを逃がさないために油分の保護膜をつくるのが目的でそのため皮脂分泌が少ないドライスキン用に人工の皮脂膜を補う役割とされていました。

その基本姿勢はもちろんいまも変わることはありませんが、だからといって天然の皮脂膜が十分あるオイリースキンには、無用の長物とはいいきれないのが実情なのです。
注意点は、細菌の繁殖を防ぐため、クリームはスパチュラで。顔だけでなく、首までつけることを考慮に。パール粒1個半の量でが基本です。

  1. 手にとったクリームは、まず手のひらでよく温めてから顔へ。皮膚への浸透力も高まるし、毛穴を縮ませることがないので効率もよい。
  2. 指の腹で軽くマッサージしながらのばすのが、クリームをつけるときのコツ。両ほおから額、Tゾーン、あごへ。皮膚温が上がることで、効率よく浸透する
  3. 顔にのばしたクリームの残りで首をマッサージ。首の横しわをのばすつもりで、下から上へ。ただし力の入れすぎは禁物。肩の力を抜いてソフトなタッチで。

朝は防御、夜は活性と目的を使い分ける

クリームには有効成分を徐々に浸透させる働きがあるため、持続効果が高いという利点があります。また、水分補給を目的としたタイプもいくつかあり、皮脂は多いけれど水分不足が日立つというオイリースキンには、決して見逃せません。

それぞれのクリームの役割や特徴をよく見きわめたうえで、サンプルで使用感を確かめてから使い始めれば、失敗する心配もありません。

また、ディクリームとナイトクリームには単に「さっぱり」と「しっとり」といった使用感の差だけでなく、きちんと理にかなった役割の違いがあるのです。デイクリームは日中の肌を紫外線や外界の刺激から守るプロテクト効果、ナイトクリームは日中に失った潤いを補給し、積極的に肌に働きかけて疲労を回復させる効果です。

に冬場は、暖房と外気の温度差による刺激や、乾燥が気になります。ドライスキンなら徹底的に、オイリースキンなら、あなどらず適切なケアをクリームで行いましょう。

DHC 薬用Qクイックジェル モイスト&ホワイトニングの使用感レビュー はこちら。

亜鉛不足 活き活きと若々しい健やかな毎日に 「 海乳EX 」 1 日 2 粒で亜鉛 12 mg

こちらのとおり、現代人には亜鉛不足の方が増えています。新鮮な牡蠣をみんなが食べられる環境にはありませんが、 健康サポートセンター (福岡市)の濃縮牡蠣エキス「 海乳EX 」で、品質のいい牡蠣の栄養がたっぷり摂れます。

海乳EX は広島 江田島産の新鮮な牡蠣をたっぷり使用

濃縮牡蠣エキスの「 海乳EX 」は、販売開始から 15 年のロングセラーを誇る牡蠣のサプリメント。広島県指定の“清浄海域”という厳しい水質条件を満たした海域で獲れる生牡蠣の栄養がソフトカプセルに凝縮されています。
牡蠣の水揚げ量が日本一と言われる瀬戸内海で育った、大きくてぷりっぷりの牡蠣。これが 1 袋に約 155 個使用されているのです。 1 日の摂取目安量 2 粒で、生牡蠣約 5 個分相当の栄養(亜鉛)がとれます。

使われているのは全国屈指の水揚げ量を誇る広島の牡蠣。牡蠣の水揚げ量が国内で 60 % で、世界でも 15 % をしめる広島。中でも牡蠣生産量日本一である江田島産の牡蠣が使用されています。
江田島の海は、広島県の清浄海域に指定されています。この海域は瀬戸内海の中でも潮流が穏やかで、牡蠣の餌となる植物プランクトンが滞留しやすく、また牡蠣筏(いかだ)が壊れにくいので、養殖するには最適な場所なのです。

牡蠣の栄養たっぷり 海乳EX
牡蠣の栄養たっぷり 海乳EX

機械を使わず人の手での作業

水揚げされた牡蠣は「打ち子さん」と呼ばれる牡蠣を打つ人たちが「カキ打ち」と呼ばれるカキを剥く道具を使って、見事な手さばきで丁寧にひとつひとつむき身にしていきます。自然の恵みを機械ではなく人の手によって行う根気の要る作業です。この牡蠣が「 海乳EX 」の原材料となります。

厳重な品質管理の後に製品化された「 海乳EX 」

打ち子さんによって剥かれた牡蠣は、医薬品なども手がけている指定工場に運ばれます。
そこで牡蠣エキスを抽出し、飲みやすいソフトカプセルに詰められます。原材料の入庫から、各製造工程、最終製品から梱包、出荷に至るまでの全ての工程において厳重な品質管理のもとに「 海乳EX 」ができあがるのです。

牡蠣に含まれる栄養成分

アミノ酸 19 種以上
リジン、バリン、アスパラギン酸、アルギニン、ロイシン、メチオニン、スレオニン、チロシン、アラニン、トリプトファン、プロリン、イソロイシン、セリン、グリシン、シスチン、グルタミン酸、ヒスチジン、フェニルアラニン
ミネラル 12 種以上
亜鉛、マグネシウム、カルシウム、セレン、カリウム、総クロム、マンガン、鉄、ヨウ素、モリブデン、リン
ビタミン 11 種以上
ビタミンA、ビタミンE、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB12、ナイアシン、パンテトテン酸、ビオチン、葉酸
その他
グリコーゲン、イノシトール、コリン

海乳EX
健康サポートセンター の 海乳EX

牡蠣が体にいい理由

海のエキスがたっぷりな牡蠣は「海のミルク」と言われ、必須ミネラル(亜鉛)+活力となるアルギニンなどのアミノ酸+チカラの源グリコーゲンが複数とれる天然の栄養源です。

栄養の宝庫の牡蠣は体のさまざまな機能を改善する | 食材のプロフィール

天海のにがり 日本人に不足しているマグネシウムを補う赤穂化成のにがり水

不足しているマグネシウムを 天海のにがり で補う方法を紹介しています。食生活の変化により現代人の多くはミネラル不足を招き、それは慢性症状の原因になっています。では、不足しているマグネシウムを補うためにはどうしたらいいでしょうか?

にがり 天海のにがり
にがり 天海のにがり

コンビニ弁当や加工食品、ファストフードや外食の多くは野菜が極端に少ない食事が多く、たんぱく質の摂取量も減っているのに対し、糖質や脂質の摂取量は増加しており、食生活の乱れや偏りは、ミネラルバランスを崩し、体にさまざまな不調を引き起こしています。食の欧米化もこれに拍車をかける形です。

厚生労働省による調査では女性で1日約80 mg 、男性で約120 mg 程度のマグネシウムが不足していることが分かっています。
マグネシウム不足で起こる症状などについてはこちら

天海のにがり はクリーンな室戸海洋深層水を100 % 使用した「にがり」です。たとえば、みそ汁の場合、水 2 カップに 天海のにがり 15 ml を目安に使用すると簡単にマグネシウムが摂取できます。

にがりは、海水を煮詰めて塩を採った後に残る透明の液体で、昔から豆腐を固める凝固剤として使われてきました。その液体の主成分はマグネシウムで、食材のもつ旨味や甘味を引き立てる働きがあります。

また、マグネシウムは現代人に不足しがちなミネラルです。

天海のにがり は、毎日の食事で簡単にマグネシウム補給ができる栄養機能食品です。

ご飯、味噌汁、漬物、煮物などに数滴加えると、ひと味違うコクとまろやかさが出ます。「砂糖・塩・酢・しょう油・味噌」に続く第6のミネラル調味料としてお使いください。専用の計量キャップ付きで便利です。

 天海のにがり は栄養機能食品

マグネシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素です。マグネシウムは、多くの体内酵素の正常な働きとエネルギー産生を助けるとともに、血液循環を正常に保つのに必要な栄養素です。食生活は、主食、主菜、副菜を基本に食事のバランスを整えることが重要です。

天海のにがり の使い方  (とても簡単です)

天海のにがり の活用方法です。

にがり水
水200 ml に 天海のにがり 5 ml (小さじ1杯)程度を目安に薄めてください。
お酒
焼酎の水割りに 天海のにがり を数滴入れるとマグネシウムの働きで二日酔いしにくくなる人もいます。
ごはん
お米 3 号に 天海のにがり 10~30 ml を加えて炊くとごはんがふっくら。
みそ汁
水 2 カップに 天海のにがり 15 ml を目安に使用すると簡単にマグネシウム補給できます。
煮物・たき物
水 2 カップに 天海のにがり 15 ml を目安に使用すると簡単にマグネシウム補給できます。

天海のにがりはこちら



天海のにがり

脳梗塞 心筋梗塞 後遺症の回復 に役立つ ミミズ食品 ルンブルルベルス プレミアム に注目が集まる

『  ルンブルルベルス プレミアム  』は、赤ミミズ粉末(ルンブルクスルベルス成分)を含んだ健康食品です。

心筋梗塞、脳梗塞を起こしてしまった多くの方は、麻痺などの症状を諦めないといけないのでしょうか?リハビリをしてもうごかくなった運動機能は諦めるしかないのでしょうか?

医療の発達に伴い、世界的に長寿をまっとうする人が増えました。元気なら 1 日でも長く生きたい!誰もがそう思うでしょう。日本は、男女合わせた平均寿命の長さが世界一ですが、その半面、生活習慣病の罹患率も比例して上昇しています。

血栓を溶かして血液サラサラ! 副作用のリスクなしに血栓を溶かすミミズ食品 『  ルンブルルベルス プレミアム  』

甘いものや脂肪分を過剰摂取しやすく、運動不足に陥りやすい現代人には、脳梗塞や心筋梗塞などの血栓症を発症する人が急増しています。

血栓とは、血管内に生じた血液の塊のことです。これが血管に詰まると血栓症となり、詰まった部分から先に血液がいかなくなります。その結果、さまざまな障害が起きてしまうのです。血栓は加齢に伴ってできやすく、 40 代では 20 %  、 50 代で 34 % 、 60 代で 50 % 、 70 代ではほぼすべての人にできるといわれています。
血栓を防ぐには脂肪や糖分、塩分を控えた食事を心がけ、適度な運動を習慣にすることが大切ですが、それと合わせて、血流アップのサプリメントとして「赤ミミズ食品」がおすすめです。

その効果はすばらしく、しかも薬とは違い、副作用がありません。しかし、ミミズと聞いただけで飲みたくなくなるという人もいるでしょう。ほとんどの人が「え! ミミズですか?」と驚くことと思います。ところが実際に飲んでみると、その効果を実感して赤ミミズ食品を継続して飲む人が多いのです。

人類が地球に出現するはるか昔、 5 億年も前から、ミミズは現在と変わらぬ姿で生きてきました。しかも、 1 匹のミミズが 1 年で 1,000 匹にまで増える驚異的な繁殖力も確認されています。
ミミズには計り知れない生命力が秘められていて、他にも不思議な生態があります。死んだあと体が溶けて土に戻るのです。これはミミズが、死んだタンパク質を溶かす酵素を持っているためです。そして、「ルンブロキナーゼ」というこの酵素にこそ、血栓を溶かす作用があるのです。

ルンブロキナーゼが生体に作用する仕組みを知る前に、血栓ができる過程を知っておきましょう。まず、血管壁が損傷すると、血小板が集まってきて傷口をふさぎます。その後、血液が固まってフィプリンという物質になり、傷口をさらにしっかりと覆います。傷口の修復後、フィプリンは通常プラスミンという物質によって溶解され流れ去っていきますが、なんらかの理由でプラスミンが作用しないと固まった血液が血栓として残ってしまうのです。

ミミズ食品にはプラスミンに似た作用があり、直接血栓を溶かす働きがあります。しかも生きたタンパク質は溶かさず、死んだタンパク質の細胞だけを溶かすため、血管や細胞を傷つけることがありません。すなわち、副作用がないのです。そのうえ、血管の綱目に詰まった血栓や老廃物もきれいに溶かしてくれるので、血管そのものが健康になります。

ミミズ食品 ルンブルルベルス プレミアム
ミミズ食品 ルンブルルベルス プレミアム

症状改善の事例が多数、血栓治療に効果的なミミズ

実際に赤ミミズ食品を飲んだ人たちの検査結果でも、赤ミミズ食品の摂取によって、脳梗塞や心筋梗塞の後遺症などが改善されたという事例が多々あります。

本来なら手術が避けられなかった心臓冠動脈の巨大な血栓が、赤ミミズ食品の摂取によってすっかり消えたという人もいます。血栓に対しては、とにかく効果が早く出ます。血栓を溶解させる経口薬は今のところないので、赤ミミズ食品はこれからの血栓治療の中心的な食品になることに期待が集まります。

そのほかにも、血管の状態が改善されて、心臓疾患や静脈瘤がよくなったなど、医療現場でのプロも驚く報告があります。例えば、冠状動脈が1年間詰まってカテーテルも通らなかったのが、 赤ミミズ食品 の摂取で動脈の詰まりが解消された、また 糖尿病 高血圧 腎臓病 ED などに効果があるという報告もあります。

これは赤ミミズ食品がルンブロキナーゼだけを分離したものではなく、ミミズのタンパク質全体を使っているからでしょう。まだ解明はされていませんが、血栓を溶かすだけでなく、他にもいろいろな好作用がありそうです。

血栓や動脈硬化、ドロドロの血液などにより血流障害が起きると細胞代謝が低下し、十分な血液が届かない部位は、いわば「壊死」状態になります。壊死した部位は、加齢やストレスなどによって広がり、その結果、重度の生活習慣病に到達することがあります。

微小血管(毛細血管)の血流までもよくする赤ミミズ食品は、血栓症だけでなく、生活習慣病全般の予防に役立つでしょう。

ミミズ乾燥粉末 含有食品『 ルンブルルベルス プレミアム 』

唯一、国の機関より特許として認められた製造法により粉末化されたミミズ乾燥粉末『 LR 末 Ⅲ 』を配合したサプリメントです。その他に、レスベラトロールや高山紅景天、ギャバ、イチョウ葉、植物発酵エキスなどが配合されています。ミミズと聞くと「えっ?!」と思う人も多いかもしれませんが、小さめの植物性カプセルが使用され、飲みやすくなっています。

ミミズ食品 に副作用はありませんが、血小板凝集抑制剤を服用している人は併用を控えたほうが無難でしょう。そのほかの薬と併用する場合は、医師に相談することをお勧めします。また、妊娠中の人は服用を避けてください。

ルンブルクスルベルス末
『 ルンブルルベルス プレミアム 』は、赤ミミズ粉末( ルンブルクスルベルス 成分)を含んだ健康食品です。養殖から、粉末・製品加工まで日本国内で一貫生産しています。 LR 末を主原料に、ブドウ糖果皮エキス末、高山紅景天、米胚芽粉末、イチョウ葉エキス、植物発酵エキスなど新配合の成分が加わりバージョンアップしています。

ミミズ「ルンブルクスルベルス」の粉末

古来より人々の健康維持に利用されてきたミミズ。世界中に約 2700 種以上が存在すると言われています。しかし、どんなミミズを用いてもよい訳ではなく、「ルンブルクスルベルス」という名のミミズが用いられます。

単なるルンブルクスルベルスとは違う“ LR 末”

「ルンブルクスルベルス」という名のミミズが用いられますので、略して“ LR ”と表示されたりします。ただ一口に「ルンブルクスルベルス」と言っても、長年の研究により養殖され、特許製法で粉末化された特別なものが“ LR 末”として表示されています。さらに、最新の規格原料を第三世代の LR 末として“ LR 末 Ⅲ ”と表示されています。

国産“ LR 末 Ⅲ ”は宮崎県の専用施設で製造

“ LR 末 Ⅲ ”は、宮崎県の専用の施設で養殖され、特許技術で粉末化された特別なミミズ乾燥粉末です。ですから単なるルンブルクスルベルスを粉末化したものとは異なります。常に研究が続けられ、現在では最新特許技術を用いた第三世代のものが使用されています。

お召し上がり方(使用法等)
1 日 4 錠を目安に、水またはぬるま湯などでお召し上がり下さい。
原材料名
ミミズ乾燥粉末、田七人参末、 食用酵母(亜鉛、銅、セレン) ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンD、葉酸、ブドウ果皮エキス末レスベラトロール含有) 高山紅景天(チベット人参) 米胚芽粉末(ギャバ含有) イチヨウ葉エキス、植物発酵エキス

目の血行不良や酸化を防ぐアサイーベリーについてはこちら