どんな治療法でも進行を止められなかった末期の股関節症がジグリングで改善された

変形性股関節症という病気は、股関節の関節軟骨がすり減ることが原因となって起こります。股関節の形状に異常が起きたり老化することによって関節軟骨がすり減り、炎症や痛みが生じるのです。

この変形性股関節症は、まず、前股関節症(股関節症の前期)があり、その後、初期、進行期、末期と分けられていて、症状は少しずつ悪化をたどります。

通常、股関節には、寛骨臼(かんこつきゅう)と大腿骨頭(だいたいこっとう)の間にある軟骨によって関節裂隙(かんせつれつげき)という隙間が存在しています。しかし、関節軟骨の破壊が進行すると、骨と骨が直接ぶつかってしまい、股関節が変形していきます。治療をせずにこの状態のまま放っておくと、痛みが慢性化して歩行が困難になります。また、股関節の可動域が制限されて、生活の質が著しく低下する恐れもあるのです。

変形性股関節症の治療には運動療法が重要となる

治療法には、大きく分けて、手術と保存療法があります。保存療法は、さらに薬物療法と理学療法に分けられます。理学療法というのは、運動や温熱、電気などの物理的な手段を利用し、運動機能の改善、回復を目指す治療法です。

変形性股関節症では、病期にかかわらず運動療法をおこなう必要があります。日常生活を送るうえでの注意事項を守り、股関節を保護しながら、適度な運動を続けて筋力と関節の可動域を保っていくことが大切になります。そこで有効だと考えられているのが「ジグリング」です。ジグリングは、貧乏ゆすりのように脚をゆする、関節に負荷をかけないための小刻みな摩擦運動なのです。

関節軟骨には血管や神経が無く、栄養補給は関節液によっておこなわれているのですが、ジグリングをおこなうことで関節液が絶えず循環して、栄養が行き渡るというわけです。そして、股関節の関節軟骨の再生が促され、痛みが改善すると考えられます。

62歳男性、Aさんの症例です。Aさんは、15年前から左股関節の変形性股関節症です。保存療法をおこない進行を抑制していましたが、末期の状態にまで悪化してしまいました。激痛に悩まされ、人工関節に置き換える手術も考えなければなりませんでしたが、仕事を長期間休むことができないということで、なんとか手術以外の治療法を、と強く望んでいました。そこで、Aさんは1日に1時間ほどジグリングを始めました。すると、5か月を過ぎる頃には股関節の痛みが軽快になってきて、鎮痛剤を服用する回数が減り、その後も順調に痛みが緩和していったのです。現在は、問題なく仕事ができています。

一度発症すると進行を止めるのは難しい変形性股関節症ですが、このようにAさんの場合には、保存療法をどんなにおこなっても進行を止めることができなかった末期の変形性股関節症を、ジグリングをおこなうことで改善できました。

副作用の心配がないジグリングは画期的な保存療法

変形性股関節症の末期であっても、ジグリングをおこなうことで、人工関節置換術を回避できる可能性はあります。置換術を受ける前であれば、老若男女を問わず、すべての人がジグリングによる保存療法の対象者です。日常生活を送るのに支障のない範囲くらいにまで、改善できるケースも多くあるのです。

ジグリングをおこなうときに重要なのは、リラックスして継続的におこなうことです。変形性股関節症の症状の改善がみられるかどうか、まず6か月を目安にしてみましょう。速さや回数については、無理をぜず、心地よいと思うくらいにしておきましょう。痛みが悪化してしまった場合には、中止して安静にします。

ジグリングは、副作用の心配がなく、股関節の隙間を広げ、長期的に変形性股関節症のつらい症状を改善するのに期待ができます。

ジグリングで実際に痛み、症状が改善した体験談
https://1088note.com/kenkoyusuri/

ターメリックとマッシュルームの相乗効果が抜群のきのこカレー

みそ汁と並んで手軽な料理といえば、カレーライスでしょうか。

カレーが黄色いのはカレー粉に含まれるターメリックという香辛料のせいですが、このターメリックの主成分はクルクミンという抗酸化物質なのです。クルクミンそのものの抗酸化作用はさほど強くありませんが、クルクミンが腸管から吸収される際、粘膜細胞のなかでテトラヒドロクルクミンという強力なフリーラジカル消去物質に代謝(変換)されることが証明されています。

このため、カレーライスを食べて適量のクルクミンを摂取することが、日本人の間でも近年急増している大腸ガンの抑制につながるのではないかと、注目を集めているのです。

ツクリタケ(マッシュルーム)は先ほどのナメコとは逆に、ガンの増殖阻止作用は弱い反面、強力なスーパーオキシド消去作用を秘めています。このツクリタケに、やはりフリーラジカル消去にすぐれるヒラタケ、ブナシメジなどをとりあわせたきのこカレーなども、家庭でおすすめしたいメニューの1つです。

みそ汁、カレー、鍋物など、どんな料理に使う場合でも、きのこは火を止める直前に加え、さっと火を通す程度にとどめて、あまり長時間加熱しないことが、フリーラジカル消去活性をそっくりいただくためのコツです。食べる際は、唾液に含まれるα・アミラーゼがきのこの活性成分を引き出してくれるさまを頭に思い描きながら、ゆっくりときのこの味を噛みしめてください。

フリーラジカル消去作用を高める味噌汁の作り方

体内でたえず発生するフリーラジカルをきれいに掃除して、細胞の発ガンを防ぐためにも、年間を通じてきのこをとることがすすめられます。

きのこだけでなく、緑黄色野菜などのフリーラジカル消去食品を同時にとれるように献立を工夫すれば、発ガン予防に相乗効果が期待されます。きのこを毎日とるための一番手軽な方法は、みそ汁かもしれません。

ブナシメジやエノキタケをみそ汁の具に用いる際、ほうれんそうや小松菜などの緑の濃い葉物をちょっととりあわせるだけでも、フリーラジカル消去作用を高めることになるのです。

ナメコはガン増殖阻止作用が非常に強い反面、フリーラジカル消去活性は弱いといわれますが、最近の研究ではみそにもフリーラジカル消去作用が確認されていますので、ナメコをみそ汁にすれば、フリーラジカル消去活性も期待できるわけです。

暑い夏にエノキタケを食べない家庭にはガン死亡者が多い

四季のうつろいに敏感な私たち日本人は、秋の味覚と聞けばすぐに、きのこを思い浮かべます。年に1度の贅沢とばかり、マツタケの網焼き、土瓶蒸し、炊きこみごはんに舌鼓を打つご家庭もあるでしょう。

アウトドア・ブームできのこ狩りに出かける家族連れも多いとみえて、最近ではガイドブックの類もたくさん出ています。

秋が過ぎ、冬を迎えれば、鍋物にもきのこが欠かせません。実際、きのこの消費量は秋冬に伸びる傾向が顕著ですが、免疫システムを高めてガンを防ぐには、春夏もきのこの存在を忘れずに常食を続けることが大切です。

周年栽培で1年じゅういつでも食べられるきのこがふえたのは、旬の感覚が薄れることにもなりますが、この意味ではありがたいことといわねばなりません。

エノキタケ栽培家庭を対象とした例の調査では、夏場にエノキタケをあまり食べない家庭にガン死亡者が多く出る傾向が認められました。

さらに、これは調査に当たった長野県農村工業研究所の研究員によると、ガンによる死亡時期の季節分布を調べたところ、暑い夏の盛りを過ぎて迎えた秋に、死亡者数の1つのピークがあるということです。夏を乗り切るために体力を使い果たし、おそらくは体内の免疫システムの衰えに拍車がかかり、一気にガンを進行させる結果になったのでしょう。

むしろ夏こそ、きのこの常食を忘れてはならないことを証明しているのです。

ガンを撃退する「ハナビラタケ増強食」の使用感、口コミ、効能、効果

新顔のハタケシメジに証明された強力なガン増殖抑制効果

30匹のマウスを10 匹ずつの3群に分け、すべてのマウスの皮下にサルコマ180を移植した翌日から異なるエサを与えます。

第1群(対照群)には普通のエサを、第2群にはハタケシメジの粉末を0.37 g 含むエサを、そして第3群には、第2群と同じ量のハタケシメジをα・アミラーゼで処理したものを含むエサを与えました。

こうしてサルコマ180 の移植後18 日間異なるエサを与え、増殖して大きくなるガンの容積を5週間にわたって測定しました。

結果は、加速度的にガンが大きくなる対照群にくらべ、ハタケシメジ群ではガンの増殖が大きく阻止されたのです。ハタケシメジ+ α・アミラーゼ群では、さらに強く阻止される傾向が4週後に示されました。

5週後に摘出したガンの重さの平均の比較では、対照群が平均2.O gだったのに対して、ハタケシメジ群では12.7 g に抑制されました。

ハタケシメジ+ α・アミラーゼ群ではブナシメジの場合と同様でさらによく、10.5 g にまで抑えられました。

増殖阻止率は、ハタケシメジ群が42% 、ハタケシメジ+ α・アミラーゼ群は52 %にのぼっていたのです。

しかも、移植したガンが根づかずに治癒した例は、対照群では当然のことながら10匹中0匹でしたが、この2群では、どちらも10 匹中2匹が治癒しました。

ハタケシメジの強力なガン抑制効果が示されたわけです。動物にきのこ自体を食べさせることで、ガンの増殖抑制効果がはっきりと証明されたきのこは、現時点ではブナシメジとハタケシメジの2種類だけです。

紹介してきたように、私は30年以上もきのこについて研究してきましたが、残念ながらわからないことがまだたくさんあります。

しかし、食用きのこのガン予防効果は今後ますます多彩な広がりを見せることになると信じています。

ガンを防ぐには、何はともあれ、きのこを食べていただかねばなりません。

その前に、抗ガン作用が証明された身近な食用きのこは以下のとおりです。
10種類のきのこのうちマイタケを除く9種類については、本ブログでも紹介されています。

エノキタケ
キシメジ科エノキタケ属。国内生産量は年間10万トンを超え、シイタケを抜いて第1位。最もポピュラーな食用きのこに成長した。エノキタケ栽培家庭のガン死亡率は一般家庭より全ガンで39%低く、胃ガンで5%、食道ガンで62%低い。エノキタケをほとんど食べない人がガンで死亡する危険度を100とするとエノキタケを週3日以上食べる人の危険度は47で、半分以下。フリーラジカル消去作用にすぐれ、スーパーオキシド消去活性はレモン汁の9倍、シルラジカル消去活性はレモン汁の4.4倍。熱水抽出物の注射によるガン増殖阻止率81.1%。糖タンパクEA6の経口投与(内服)によるガン増殖阻止率は最大59%。
キクラゲ
キクラゲ科。中国の現代医学では、シロキクラゲ科のシロキクラゲ(銀耳)が珍重され、肺ガンに効くとされる。熱水抽出物の注射によるガン増殖阻止率42.6%。
シイタケ
ヒラタケ科マツオウジ属。世界生産量はマッシュルームに次ぎ、第2位。国内でも生シイタケ年間7万4000トン、乾シイタケ8000トンが生産、出荷されるが、近年は国内生産量トップの座をエノキタケにゆずっている。スーパーオキシド消去活性はレモン汁の3.5倍。熱水抽出物の注射によるガン増殖阻止率80.7%。
ツクリタケ(マッシュルーム)
ハラタケ科。別名セイヨウマツタケ。世界生産量は年間100万トン近く、食用きのこのなかで第1位。スーパーオキシド消去作用にすぐれ、レモン汁の14,7倍。熱水抽出物の注射によるガン増殖阻止率は低く12,7% 。
ナメコ
モエギタケ科。国内生産量は年間2 万3000トンで、エノキタケ、シイタケ、ブナシメジに次ぎ、第4位のポピュラーなきのこ。柄の長い長野県産が2割を占める。フリーラジカル消去活性はレモン汁より弱いというデータが出ている。熱水抽出物の注射によるガン増殖阻止試験では86,5% と、マツタケに次いで高い阻止率を示した。
ヒラタケ
ヒラタケ科ヒラタケ属。ブナシメジに似ており、以前は「シメジ」として市販されていたが、むしろシイタケの近縁種。国内生産量年間1万6000トン。フリーラジカル消去作用にすぐれる。スーパーオキシド消去作用はレモン汁の10.7倍、ヒドロキシルラジカル消去作用はレモン汁の4.4倍。熱水抽出物の注射によるガン増殖阻止率75.3%。
ビナシメジ
キシメジ科シロタモギタケ属。国内生産量年間6万トンはエノキタケ、シイタケに次ぎ第3位。その7割近くを長野県産(商品名やまびこほんしめじ)が占める。子実体(柄と傘)粉末のマウスヘの経口投与で、発ガン率は1ニ7に抑えられた。ガンの増殖抑制試験でも、同じ経口投与で阻止率48 %、α・アミラーゼ処理すると60% と、著しい抑制効果を発揮した。
マイタケ
サルノコシカケ科マイタケ属。この科のきのこは一般に傘が硬質で食用にできないため、煎じ汁が民間薬として用いられてきたが、マイタケはこの科ではめずらしく食用になる。国内生産量は年間2万3000トンで、第4位のナメコと肩を並べる。
静岡大学農学部の水野卓名誉教授らの研究によると、多糖体のβ・(11 3) グルカンがタンパク質と結合して水に溶けない形になった糖タンパクを10〜30 %と多量に含むのが特徴。この糖タンパクを分子の大きさによって5つに分画し、サルコマ180を移植したマウスに注射したところ、各分画とも二疋の増殖阻止率を示し、特に分子量2万~5万の低分子画分が高い阻止率を示した。このガン増殖抑制作用は、経口投与でも得られることが確認されている。
マツタケ
キシメジ科キシメジ属。昔から秋の味覚として珍重されるが、菌根菌で人工栽培がいまだ可能でないため、子実体の抗ガン作用はくわしく調べられていない。熱水抽出物の注射によるガン増殖阻止率は91,8% と、実験の対象となった7種類の食用きのこで最も高い阻止率を示した。