にきび、風邪、糖尿病、老化防止まで、現代人が必要とするミネラル「亜鉛」

現代人に足りないミネラル

現代人はいつも健康に注意をはらいいつも意識しているのに昔のもっともっと原始的な時代の人たちのがほうがエネルギッシュで、パワーがたくさんあったのでは?と感じている人が増えています。どこかで「昔の人のがほうが免疫力が強かった」「現代人は神経質すぎる」「「ストレスが多いから」「複雑な社会構造だから」…何かに責任をなすりつけようとすればいくらでも理由がでてきてしまいます。

たとえば、こんなケースがあります。風邪をひいたらその後、味覚障害が起きて、味を感じなくなってしまったという人がいます。結論から言うと、亜鉛を含む「牡蠣」料理をたくさん食べることで改善したのですが、こんなことがずっと続けば不安になるでしょうし、また「現代人は病んでいる」なんていう情報を耳にしたり目にすれば「やっぱり現代人は不健康」と結びつけてしまうでしょう。
この方は、サプリをいまいち信用していなかったので牡蠣料理で改善できましたが、サプリでも同様の結果になったと思います。

微量栄養素であるミネラルは炭水化物、糖質、たんぱく質、ビタミンと並ぶ5大栄養素のひとつです。日本人は、3大栄養素である炭水化物、脂質、たんぱく質は十分に摂取できていますが、ミネラルやビタミンは不足しがちです。これは、現代人特有の栄養失調という表現が適切かもしれません。

これは、未精製のデンプン質(玄米や全粒粉)や新鮮な野菜や海藻類を食べる機会が少なく、加工されている添加物の多い食品、スナック菓子、清涼飲料水を多く食べる食習慣が原因とされています。ミネラルそのものにカロリーはありませんが、たんぱく質やビタミンとともに体の組織を作ったり、生理作用を調整する重要な役割を果たしています。

人体は主に酸素、炭素、水素、窒素で構成され、全体のおよそ96%を占め、残りの4%がミネラルです。ミネラルと聞いてまずイメージするのは、カルシウムや鉄です。亜鉛と聞いてもピン!と来ない人もいるかもしれません。亜鉛は体重が60kgの成人で2gほどです。この2gが生命活動そのものに深く関係しているのです。ほとんどの亜鉛は、体の中で酸素と結合しており、酸素、体内で化学反応をスムーズにする働きを担っています。

亜鉛が不足した際にあらわれる症状

皮膚炎

  • 荒れ肌
  • にきび
  • 口、肛門、まぶたの湿疹
  • つめや毛の発育不全
  • ふけ、脱毛
  • 陽性肢端皮膚炎

免疫機能低下

  • 胸腺萎縮
  • T細胞減少
  • 風邪などの感染症にかかりやすくなる

傷の治りが遅い

  • 外傷
  • 床ずれ
  • かいよう

性機能不全

  • 性の成熟の遅れ
  • インポテンツ
  • 不妊
  • 早産

精神障害

  • 疲れやすい
  • 不眠
  • ゆううつ
  • 記憶力低下

ビタミンA機能の低下

  • 夜盲症
  • 腺の衰え
  • 催奇性

ホルモン生成低下

  • 男性ホルモン
  • 女性ホルモン
  • インスリン

味覚、きゅう覚が衰える

  • 味覚の衰え
  • 味覚の異常

胎児・小児の成長の遅れ

現在の科学では、亜鉛が不足しているかどうかの判別は難しく困難ですが亜鉛不足が気になる人は亜鉛を多く含む食品やサプリで摂るべきです。
亜鉛は、細胞分裂を促したり、DNAを修復するなど非常に重要な働きを担っています。亜鉛が不足することで老化がすすんだり、ガンになったりするのです。

ストレスが過剰にかかっている場合、亜鉛が不足がちになる

何を食べても味を感じることが出来ずに、口の中に何もないのに苦みを渋みを感じる人は毎年、14万人以上になると言われています。その原因の多くが亜鉛不足です。亜鉛不足の理由はいくつかありますが、やはり食事からの亜鉛不足です。
麺類、パン類などの主食は比較的たくさん食べる傾向にありますが、亜鉛を含む動物性たんぱく質をほとんど食べない食生活(特にダイエット中の若い女性)が亜鉛不足を招き、加工食品に多く含まれる食品添加物(かんすい、膨張剤、ポリリン酸ナトリウム)などが体内に取り込んだミネラルの吸収を抑制してしまうのです。

キレる子供が増加しているのも

昨今、青少年の非行や犯罪が増加し、社会問題となっていますが、子供キレる原因の大きな要因は「カルシウム不足」と言われています。実際、カルシウムが不足すると、神経や脳の正常な機能が維持できなくなり、精神的に落ち着きがなくなる、苛立つ、さらに被害妄想に陥るこもあるのです。

イライラを防止するには、カルシウム補給と同時にカルシウムを体内の必要な場所に運搬する、カルシウム結合たんぱく質合成に必要な亜鉛も十分に摂取する必要があるのです。

亜鉛の過剰摂取

亜鉛の不足ばかりの情報が目につきますが、摂りすぎに悪影響はないのでしょうか?

亜鉛は、ミネラルのうちで最も毒性が低く、1日50 mgの亜鉛をとり続けると胴の吸収を妨げ、胴欠乏性の貧血を招く可能性があります。
1日50mgの亜鉛というのは、牡蠣でいうと6個分です。牡蠣を毎日6個食べ続けるというのはかなりの量です。現実的にはあり得ません。

効率よく摂取するには

亜鉛は、しっかり過不足なく摂るにはどうしたらいいでしょうか?
やはり普段の食事の中で多く含む食品を意識して摂ることです。

具体的には、牡蠣のような貝類、魚、肉がおすすめですが、ナッツもおすすめです。植物性のものよりは動物性のもののほうが吸収がいいので効率がいいのは、動物性です。
白米のご飯1杯150 gで亜鉛が 0.9mg、食パン1枚90 gで0.7 mg、うどん1玉250 gに0.1 mgとご飯党の人のほうが亜鉛をしっかり摂ることが出来ます。また、ご飯も白米よりも胚芽米、分つき米、玄米のほうが亜鉛が多く含まれます。

亜鉛不足 「海乳EX」1日2粒で亜鉛12mg

日本人に不足しているマグネシウムを補う赤穂化成のにがり水「天海のにがり」

現代人は、食生活の変化により現代人の多くはミネラル不足を招き、それは慢性症状の原因になっています。。

コンビニ弁当や加工食品、ファストフードや外食の多くは野菜が極端に少ない食事が多く、たんぱく質の摂取量も減っているのに対し、糖質や脂質の摂取量は増加しており、食生活の乱れや偏りは、ミネラルバランスを崩し、体にさまざまな不調を引き起こしています。食の欧米化もこれに拍車をかける形です。

厚生労働省による調査では女性で1日約80mg、男性で約120mg程度のマグネシウムが不足していることが分かっています。

天海のにがり」はクリーンな室戸海洋深層水を100%使用したにがりです。をたとえば、みそ汁の場合、水2カップに「天海のにがり」15mlを目安に使用すると簡単にマグネシウムが摂取できます。

にがりは、海水を煮詰めて塩を採った後に残る透明の液体で、昔から豆腐を固める凝固剤として使われてきました。その液体の主成分はマグネシウムで、食材のもつ旨味や甘味を引き立てる働きがあります。

また、マグネシウムは現代人に不足しがちなミネラルです。

「天海のにがり」は、毎日の食事で簡単にマグネシウム補給ができる栄養機能食品です。

ご飯、味噌汁、漬物、煮物などに数滴加えると、ひと味違うコクとまろやかさが出ます。「砂糖・塩・酢・しょう油・味噌」に続く第6のミネラル調味料としてお使いください。便利な計量キャップ付き。

「天海のにがり」は栄養機能食品

マグネシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素です。マグネシウムは、多くの体内酵素の正常な働きとエネルギー産生を助けるとともに、血液循環を正常に保つのに必要な栄養素です。食生活は、主食、主菜、副菜を基本に食事のバランスを整えることが重要です。

天海のにがりの使い方  (とても簡単です)

天海のにがりの活用方法です。

にがり水
水200mlに「天海のにがり」5ml(小さじ1杯)程度を目安に薄めてください。
お酒
焼酎の水割りに「天海のにがり」を数滴入れるとマグネシウムの働きで二日酔いしにくくなる人もいます。
ごはん
お米3号に「天海のにがり」10~30mlを加えて炊くとごはんがふっくら。
みそ汁
水2カップに「天海のにがり」15mlを目安に使用すると簡単にマグネシウム補給できます。
煮物・たき物
水2カップに「天海のにがり」15mlを目安に使用すると簡単にマグネシウム補給できます。




天海のにがり

現代人が必要とするミネラル「マグネシウム」はにがりで補える 赤穂化成のにがり水「天海のにがり」

不規則なワークスタイルから安定した生活習慣を送ることができずに体調不良に悩まされている現代人は年々増えています。大きな病気をしているわけではないのに、よく眠れなかったり、頑固な便秘や下痢を繰り返す、また、繰り返す頭皮や顔の吹き出物に悩まされていませんか?
現代人は多くの人がミネラル不足による様々な症状を抱えています。

マグネシウム

マグネシウムが不足すると骨は強くならない

骨粗鬆症などのメディアからの情報はもっぱら「丈夫な骨づくりのための必須栄養素はカルシウム」と言われることが多く、「骨作りにはカルシウム」が定着し、カルシウム摂取に注意して生活している人が増加しています。最近の人はカルシウム不足と言われることも多いと思います。カルシウムが不足しないように意識している人は以前に比べてだいぶ増えました。

ところが、マグネシウム不足は、あまり意識していない人が多く健康を害しています。
骨の形成にはカルシウムだけでなくマグネシウムやビタミンD、ビタミンB6が必要でビタミンB12、ビタミンK、ビタミンC、ホウ酸、ケイ素も同時に摂取することにより吸収力がアップします。ちなみにビタミンDは、カルシウムの吸収を促進し、ビタミンB6は、マグネシウムの細胞への取り込みを促進するなどの役割を果たします。

マグネシウムが不足すると、カルシウムは骨になりません。骨粗鬆症予防や骨折を早く治す際には、カルシウムだけをたくさん摂っても意味がなく、さらにはマグネシウムに比べてカルシウムばかりを多くとると、様々な弊害が起きやすくなります。筋肉の痙攣やぴくつきはこれらの代表的症状です。

筋肉のけいれんや突然死

筋肉の収縮は筋肉にカルシウムが結合することで起こります。チカラこぶをつくろうと腕の筋肉にチカラを入れると、筋肉のそばにあるカルシウムを貯蔵している袋からからカルシウムが放出されます。そのカルシウムが筋肉と結合することで収縮のスイッチが入り、同時にエネルギーが生産されて筋肉が縮み結果、かたく盛り上がります。

逆に腕を伸ばして筋肉を縮めると、カルシウムはスピーディーに袋に取り込まれ、筋肉は伸びます。カルシウムをためる袋には強力なカルシウム回収ポンプが備わっています。このポンプはマグネシウムが動かします。つまり、カルシウムの働きをマグネシウムが支えているのです。

マグネシウムがカルシウムに比べて相対的に不足すると、細胞にカルシウムが流れ込みすぎてしまいます。このため筋肉の収縮などが正常に機能せずにけいれんや震えなどが生じます。疲労がたまったとき、アルコールを飲み過ぎたときなどにまぶたやほおの筋肉がピクピクとひきつるチックという症状が出ることがあります。

これは、疲労やアルコール摂取でマグネシウムが使われ、体内にマグネシウムが不足した際に起こります。マグネシウム不足によってさらに血管筋けいれんが起こると、狭心症や心筋梗塞を引き起こすこともあります。実際、マグネシウムに比べてカルシウムの摂取量が多いほど、虚血性心疾患による死亡率が高いことも報告されています。

慢性的なマグネシウム不足が続き、さらにストレス、運動不足、睡眠不足でマグネシウムが消耗されると動脈硬化や心臓に異常がなくても心臓発作が起こりやすくなります。

糖尿病には欠かせない

マグネシウムはビタミンB群と一緒に糖分や脂質の代謝やたんぱく質、DNA的にストレス太りしやすいお合成に重要な役割を担っています。

マグネシウムは、インスリンの分泌を促し、血糖の運搬を助けるので、糖尿病の人には欠かせません。糖尿病の人がマグネシウム不足だと、症状が悪化する可能性大です。マグネシウム不足→インスリンの分泌低下→インスリンに対する感受性が低下→高脂血症、高血圧、動脈硬化になりやすくなります。完全に悪循環のスパイラルにはまってしまいます。
これは、何も糖尿病を抱えている方だけでなく健康な人にもマイナスです。

カルシウム不足の症状

  • うつ
  • イライラ、怒りっぽくなる
  • 緊張
  • 興奮しやすい
  • 不眠
  • 記憶障害
  • こむらがえり

マグネシウム不足の症状

  • 疲労
  • 短気
  • 食欲不振
  • 吐き気・嘔吐
  • めまい
  • 神経質
  • 筋肉や舌のけいれんや震え
  • 不整脈
  • 動悸

また、マグネシウムは、一部の片頭痛にも有効です。マグネシウムが欠乏すると、首の自律神経伝達物質と血管、筋肉に影響すると考えられています。マグネシウムを摂ると血小板の結合傾向が解消され、片頭痛が緩和する可能性もあります。
片頭痛の原因はこちらです

ストレスで失われるマグネシウム

ストレスで最も失われやすいミネラルがマグネシウムです。ストレスが強いと声が震えたり、筋肉がひきつってしまったりします。これは、マグネシウムを急速に消耗している証拠です。
体は、ストレスに対する防御反応としてノルアドレナリンというホルモンを分泌して、血管を拡張し、全身に血液を運搬します。ストレスや緊張で心臓がどきどきするのはノルアドレナリンが分泌されているのが原因ですが、このときはかなりの量のマグネシウムが消耗されます。

また、ストレスが蓄積されると、副腎がダメージを受けます。副腎機能を助ける大切な栄養素は、ビタミンC、ビタミンB6、亜鉛、パントテン酸、マグネシウムですが、ストレスを感じているときにこれらの栄養素が不足していることが確認されています。意外に盲点なのが亜鉛とマグネシウムです。
特に女性などは、PMSにもマグネシウムが有効です。

不足しているミネラルはどうやって補えばいいか?赤穂化成のにがり水「天海のにがり」は簡単にミネラル補給できる

マグネシウムの摂取におすすめなのが「にがり」です。豆腐をつくるときに固めるために入れるのがにがりです。
にがりは日本人が昔から口にしてきたものなので吸収もいいのでおすすめです。
そんなにがりを摂取するのにおすすめなのが「天海のにがり」です。手軽にマグネシウムの補給ができます。
クリーンな海洋深層水から作ったにがりです。

赤穂化成のにがり水「天海のにがり」はこちら。

水を飲んでダイエットをするならシリカが含まれている水のパワーで

現代人は、日頃の運動不足や食生活の欧米化などの原因によって、肥満の人が増えています。肥満は糖尿病や高血圧、高脂血症といった生活習慣病の原因になるので、ぜひ解消したいものです。昨今は世間でさまざまなダイエット法が流行していますが、無理なダイエットをおこなうと、かえって健康を損なう可能性があります。肥満を解消するなら、健康的にやせる方法でおこないましょう。
そこでおすすめなのが、水飲み療法を利用したダイエットです。

水を飲んでダイエットする方法の優れているところは、次の2つです。

  • 水にはカロリーがないこと
  • 水を飲むことで暴飲暴食を防ぎ、正しい食生活を送れるようになること

水を飲むと水太りになってしまうという人がいますが、本来、体が健康であれば、水を飲んだだけで体がむくんだり太ったりすることはないのです。
過剰な水分は、腎臓の働きにより体外に排出されます。摂取した水はむしろ便通を整えて新陳代謝を良くし、体内に余分なエネルギーが蓄積するのを防いでくれます。

天然の健康飲料である「水」の正しい飲み方

まず、自分の1日の摂取カロリーを決めます。ダイエットのためですから、摂取カロリーは当然に通常よりも少なく設定します。目標とするカロリー摂取量は、女性なら1,100キロカロリー、男性ならば1,300キロカロリーです。
そして、いちばん大切なことは余分なものは食べないこと。特に、間食と夜食には注意が必要です。

朝・昼・晩の3食とおやつ、そして水とで規則正しい食生活を取り戻しましょう。まず、朝起きたら、コップ1杯の水を静かにゆっくり飲みます。朝食は、野菜や海草類を中心としたメニューにします。洋食の場合ならベーコンやソーセージといった動物性の食品は多く摂らないでおきましょう。
昼食までの間に空腹を感じたときには、コップ1杯~2杯の水をゆっくりと飲みます。午前中の空腹感は、これくらいでしっかり抑えられるでしょう。昼食の30分くらい前にもコップ1杯の水をゆっくり飲みます。食前に飲む水は胃腸の働きを活発にしてくれます。昼食が済み、午後3時にはお茶と果物ぐらいが理想です。夕食までに空腹を感じたらコップ1杯、夕食の30分前にもコップ1杯の水をゆっくり飲みます。食事中にはあまり水分を摂らないようにします。そして、寝る時間の30分から1時間前に、コップ1杯の水を飲むようにします。

摂取カロリーが少なめなので空腹感はけっこうあると思いますが、それを水を飲むことで無理なく耐えるのがポイントになります。

シリカ水のパワーで健康的にダイエットする

私たちの体を構成している成分のひとつにシリカ(ケイ素)があります。シリカは体内に存在していますが日々消費されていて、加齢によって減少し、体内で新たにつくり出すことはできないので外側から補給することが必要です。
細胞壁、血管や骨、肌、髪など、私たちの体の重要な部分を強く丈夫にして、健康をサポートしてくれる栄養素です。体内の老廃物を排出させる働きや脂肪分を分解する働きもあるといわれています。

食事制限だけで無理にダイエットした場合、栄養が偏り、骨がもろくなったり、肌や髪が荒れてしまうこともあります。
どうせダイエットでやせるなら、健康的に美しくやせるのがおすすめです。
欧米から広まったといわれているシリカ水ダイエットがありますが、著名人もシリカが含まれる水のパワーを実感しているようです。

シリカが含まれる水についてはこちら

現代人にココアが必要な理由、ココアに含まれる栄養素

単独の栄養だけ「いい、悪い」は判断できない

ココアに成人病~ガンまで有効な成分が含まれることは最近になったわかったことです。なぜ、ココアが現代の日本人に有効であるか?を考えるにあたっては私たち日本人の生活と食事の歴史を振り返る必要があります。

日本人はもともとご飯、味噌汁、野菜の煮付け、そしえて時々魚を食べ、一方で農作業のような非常に過酷な労働をするという生活を続けてきました。百年と言わず50年ぐらい前までは現代の十倍以上、体を動かし、しかも低栄養の食事をするのが一般的でした。

こういうった環境の中では体力が消耗したときに特定の栄養素をとることで劇的な効果が期待できました。

  • うなぎを食べると精がつく
  • 朝鮮人参が効く
  • にんにくは元気がでる

などはこうした時代の体験であって必ずしも現代にそのまま通用するわけではないのです。

また、体を使って農作業などをしたため多くの塩分を必要としました。よく、塩分摂取と脳卒中の関係を指摘されますが、脳卒中は過剰な労働の結果おきたことで必ずしも「塩分だけが原因」ではないのです。
つまり栄養というのは単独で「善し悪し」が判断できるものではなく環境との関わりの中で考えていかなければならないといことです。

ストレスの多い現代社会でココアは最適のバランス食品

現代社会では肉体労働が減ったかわりに過剰な脳労働が求められるストレス社会となりました。また、加工食品が増えて清潔な食べ物が手軽に手に入るようになった一方で食品添加物も急増しました。

人間の体は長い時間をかけて低栄養、重労働に適応したきたわけですが、わずかの間に環境はまったく変わってしまいました。どういった食事が健康でよい老後を暮らせのか?」を模索しているのが現代なのです。
こうした理由から従来では栄養とみなされていなかった成分も生活の上では欠かせないものになってきています。その代表的なものにカフェインなどの神経に作用する成分やアロマなどの香り成分です。

仕事の前にコーヒーを飲まないと集中できない人や逆に仕事の後のバスタイムにはアロマなどの香りがないとリラックスできない人が増えているのはこういった理由からなのです。

精神を安定させリラックスさせるココア

ココアはかつて低栄養だった時代には即効性のある栄養価の高い食物とされていました。「神々の食べ物」として理解されていたカカオですが、もともとは「神々に捧げる穿刺の食べ物」に由来しています。
アステカ王国の時代に戦士たちの体力増強と疲労回復剤として用いられていたのです。

現代では、速効の疲労効果を期待することはできませんが、別の意味でココアは現代社会にマッチした成分を含んでいるといえるでしょう。古くから食用に利用されて害のある成分も含んでいないことを考えると添加物を含んでいる加工食品に比べてもココアのほうが安心できます。

ココアには、テオブロミンというカフェインと同じアルカロイド類が含まれています。しかし、目覚まし効果の高い化フェンと違ってテオブロミンはむしろ神経を安定させる方向に作用します。また、香りもほんとする神経の休まるにおいで落ち着きます。

バランスのとれたミネラル

ミネラルバランスがとれている点においても現代人には合っているといえます。なかでも鉄分とカリウム。この2つは日本人に不足しているミネラルです。幼児の10%、20~30代の主婦のおよそ30%が貧血だというデータがあります。
鉄分は、小魚や動物の内臓に多く含まれています。昔のように小魚をたくさん食べていた時代には自然と鉄分摂取もできていたいのですが、内臓をとりさってキレイになった魚を食べる現代では鉄分は不足してしまいます。
カリウムには過剰なナトリウムを排泄する作用があり、カリウムとナトリウムをバランスよく摂ることはとても大切なのです。しかし、こちらの摂取量も減っています。当然、野菜にも含まれる栄養素ですが、昔に比べて減少しています。

ガンや胃がんの予防、コレステロールを抑制する

ココアの注目すべき栄養素にリグニンがあります。リグニンは繊維のような役割を果たし、水によく溶け少量で効果を発揮します。リグニンは吸着性がよく細かい突起のすみずみなで洗浄するようにして腸壁に付着している老廃物を取り去ります。

また、ココアには多用なタンニンが含まれていますがそのひとつであるポリフェノールには潰瘍やがんを予防する作用が確認されています。ポリフェノールはワインがとても有名ですが、ココアのポリフェノールはマウスを使った実験ではワインのポリフェノールも効果的という報告もあります。
ワインにはアルコールが含まれ飲み過ぎは肝臓に負担になりますがココアなら心配ありません。

ココアは、現代人が不足しがちな成分を補い、安全性が確立されているのです。