脳梗塞 心筋梗塞 後遺症の回復 に役立つ ミミズ食品 ルンブルルベルス プレミアム に注目が集まる

『  ルンブルルベルス プレミアム  』は、赤ミミズ粉末(ルンブルクスルベルス成分)を含んだ健康食品です。

心筋梗塞、脳梗塞を起こしてしまった多くの方は、麻痺などの症状を諦めないといけないのでしょうか?リハビリをしてもうごかくなった運動機能は諦めるしかないのでしょうか?

医療の発達に伴い、世界的に長寿をまっとうする人が増えました。元気なら 1 日でも長く生きたい!誰もがそう思うでしょう。日本は、男女合わせた平均寿命の長さが世界一ですが、その半面、生活習慣病の罹患率も比例して上昇しています。

血栓を溶かして血液サラサラ! 副作用のリスクなしに血栓を溶かすミミズ食品 『  ルンブルルベルス プレミアム  』

甘いものや脂肪分を過剰摂取しやすく、運動不足に陥りやすい現代人には、脳梗塞や心筋梗塞などの血栓症を発症する人が急増しています。

血栓とは、血管内に生じた血液の塊のことです。これが血管に詰まると血栓症となり、詰まった部分から先に血液がいかなくなります。その結果、さまざまな障害が起きてしまうのです。血栓は加齢に伴ってできやすく、 40 代では 20 %  、 50 代で 34 % 、 60 代で 50 % 、 70 代ではほぼすべての人にできるといわれています。
血栓を防ぐには脂肪や糖分、塩分を控えた食事を心がけ、適度な運動を習慣にすることが大切ですが、それと合わせて、血流アップのサプリメントとして「赤ミミズ食品」がおすすめです。

その効果はすばらしく、しかも薬とは違い、副作用がありません。しかし、ミミズと聞いただけで飲みたくなくなるという人もいるでしょう。ほとんどの人が「え! ミミズですか?」と驚くことと思います。ところが実際に飲んでみると、その効果を実感して赤ミミズ食品を継続して飲む人が多いのです。

人類が地球に出現するはるか昔、 5 億年も前から、ミミズは現在と変わらぬ姿で生きてきました。しかも、 1 匹のミミズが 1 年で 1,000 匹にまで増える驚異的な繁殖力も確認されています。
ミミズには計り知れない生命力が秘められていて、他にも不思議な生態があります。死んだあと体が溶けて土に戻るのです。これはミミズが、死んだタンパク質を溶かす酵素を持っているためです。そして、「ルンブロキナーゼ」というこの酵素にこそ、血栓を溶かす作用があるのです。

ルンブロキナーゼが生体に作用する仕組みを知る前に、血栓ができる過程を知っておきましょう。まず、血管壁が損傷すると、血小板が集まってきて傷口をふさぎます。その後、血液が固まってフィプリンという物質になり、傷口をさらにしっかりと覆います。傷口の修復後、フィプリンは通常プラスミンという物質によって溶解され流れ去っていきますが、なんらかの理由でプラスミンが作用しないと固まった血液が血栓として残ってしまうのです。

ミミズ食品にはプラスミンに似た作用があり、直接血栓を溶かす働きがあります。しかも生きたタンパク質は溶かさず、死んだタンパク質の細胞だけを溶かすため、血管や細胞を傷つけることがありません。すなわち、副作用がないのです。そのうえ、血管の綱目に詰まった血栓や老廃物もきれいに溶かしてくれるので、血管そのものが健康になります。

ミミズ食品 ルンブルルベルス プレミアム
ミミズ食品 ルンブルルベルス プレミアム

症状改善の事例が多数、血栓治療に効果的なミミズ

実際に赤ミミズ食品を飲んだ人たちの検査結果でも、赤ミミズ食品の摂取によって、脳梗塞や心筋梗塞の後遺症などが改善されたという事例が多々あります。

本来なら手術が避けられなかった心臓冠動脈の巨大な血栓が、赤ミミズ食品の摂取によってすっかり消えたという人もいます。血栓に対しては、とにかく効果が早く出ます。血栓を溶解させる経口薬は今のところないので、赤ミミズ食品はこれからの血栓治療の中心的な食品になることに期待が集まります。

そのほかにも、血管の状態が改善されて、心臓疾患や静脈瘤がよくなったなど、医療現場でのプロも驚く報告があります。例えば、冠状動脈が1年間詰まってカテーテルも通らなかったのが、 赤ミミズ食品 の摂取で動脈の詰まりが解消された、また 糖尿病 高血圧 腎臓病 ED などに効果があるという報告もあります。

これは赤ミミズ食品がルンブロキナーゼだけを分離したものではなく、ミミズのタンパク質全体を使っているからでしょう。まだ解明はされていませんが、血栓を溶かすだけでなく、他にもいろいろな好作用がありそうです。

血栓や動脈硬化、ドロドロの血液などにより血流障害が起きると細胞代謝が低下し、十分な血液が届かない部位は、いわば「壊死」状態になります。壊死した部位は、加齢やストレスなどによって広がり、その結果、重度の生活習慣病に到達することがあります。

微小血管(毛細血管)の血流までもよくする赤ミミズ食品は、血栓症だけでなく、生活習慣病全般の予防に役立つでしょう。

ミミズ乾燥粉末 含有食品『 ルンブルルベルス プレミアム 』

唯一、国の機関より特許として認められた製造法により粉末化されたミミズ乾燥粉末『 LR 末 Ⅲ 』を配合したサプリメントです。その他に、レスベラトロールや高山紅景天、ギャバ、イチョウ葉、植物発酵エキスなどが配合されています。ミミズと聞くと「えっ?!」と思う人も多いかもしれませんが、小さめの植物性カプセルが使用され、飲みやすくなっています。

ミミズ食品 に副作用はありませんが、血小板凝集抑制剤を服用している人は併用を控えたほうが無難でしょう。そのほかの薬と併用する場合は、医師に相談することをお勧めします。また、妊娠中の人は服用を避けてください。

ルンブルクスルベルス末
『 ルンブルルベルス プレミアム 』は、赤ミミズ粉末( ルンブルクスルベルス 成分)を含んだ健康食品です。養殖から、粉末・製品加工まで日本国内で一貫生産しています。 LR 末を主原料に、ブドウ糖果皮エキス末、高山紅景天、米胚芽粉末、イチョウ葉エキス、植物発酵エキスなど新配合の成分が加わりバージョンアップしています。

ミミズ「ルンブルクスルベルス」の粉末

古来より人々の健康維持に利用されてきたミミズ。世界中に約 2700 種以上が存在すると言われています。しかし、どんなミミズを用いてもよい訳ではなく、「ルンブルクスルベルス」という名のミミズが用いられます。

単なるルンブルクスルベルスとは違う“ LR 末”

「ルンブルクスルベルス」という名のミミズが用いられますので、略して“ LR ”と表示されたりします。ただ一口に「ルンブルクスルベルス」と言っても、長年の研究により養殖され、特許製法で粉末化された特別なものが“ LR 末”として表示されています。さらに、最新の規格原料を第三世代の LR 末として“ LR 末 Ⅲ ”と表示されています。

国産“ LR 末 Ⅲ ”は宮崎県の専用施設で製造

“ LR 末 Ⅲ ”は、宮崎県の専用の施設で養殖され、特許技術で粉末化された特別なミミズ乾燥粉末です。ですから単なるルンブルクスルベルスを粉末化したものとは異なります。常に研究が続けられ、現在では最新特許技術を用いた第三世代のものが使用されています。

お召し上がり方(使用法等)
1 日 4 錠を目安に、水またはぬるま湯などでお召し上がり下さい。
原材料名
ミミズ乾燥粉末、田七人参末、 食用酵母(亜鉛、銅、セレン) ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンD、葉酸、ブドウ果皮エキス末レスベラトロール含有) 高山紅景天(チベット人参) 米胚芽粉末(ギャバ含有) イチヨウ葉エキス、植物発酵エキス

目の血行不良や酸化を防ぐアサイーベリーについてはこちら

株式会社宇治田原製茶場 水に混ぜるだけで簡単にできる粉末煎茶 さらっと

株式会社 宇治田原製茶場 の 粉末煎茶 さらっと の紹介です。宇治田原町は、京都府の南部に位置し、綴喜郡に属する町です。

昭和のはじめから100年近くお茶を営んできました。健康を維持するためにお茶の風味を落とさずにより手軽に楽しんでいただきたいと開発した粉末煎茶「さらっと」の紹介です。

株式会社 宇治田原製茶場 の 粉末煎茶 さらっと が体に良いとされている理由

茶葉にお湯を注ぎ、急須で淹れたお茶の液体には茶葉の栄養成分が約3割は抽出されるのですが、残りの約7割は、急須の中の茶殻に残ってしまっています。

また、不溶性成分である、ビタミンEや、βーカロテン、ミネラル類(カルシウム、マグネシウム等)、食物繊維などはほとんど抽出されず茶殻にそのまま残ってしまいます。お茶は、古くから日本人の生活に欠かせないものとなっていますが、せっかくの栄養は吸収されていないのが現実です。

さらっと粉末
茶葉をまるごと取れる粉末煎茶「さらっと」

茶場の工夫

そこで、茶葉自体をそのまま粉砕して粉末にすれば、栄養成分を余すことなく摂取する事ができるのです。

さらに粉末茶の粒度のバランスを崩す事により粉の分散がよくなり、溶けやすくした工夫。

細かく粉砕した茶場の分子表面に無数の穴をあける「特殊粉砕加工」により、湯水がスポンジのように浸透し、ダマになりにくくなります。

また粉砕する時に緑の色や味を熱で損なわないように、なるべく熱を加えないように工夫しています。水にもお湯にも溶けます。

国産茶葉100%だから安心

粉末煎茶は、茶葉の栄養を丸ごと摂れるからこそ茶葉そのものの品質に重きを置いています。毎日飲むものだから100%国産にこだわりました。

株式会社 宇治田原製茶場 の 粉末煎茶 さらっと
株式会社 宇治田原製茶場 の 粉末煎茶 さらっと

一般の市販品の粉末煎茶と溶けやすさを比較すると差は歴然!口当たりも良く飲みやすくおいしくなりました。

ストレスの多い現代人は、抗ストレス作用にビタミンCを1日1000mg必要ですが、煎茶には、ビタミンCが100g当り320mg含んでおり、レモンの約3.2倍です。
豊富な健康成分がとれて、「ダマになりにくく溶けやすい」粉末煎茶の
常識を覆した「さらっと」を召し上がってください。

ペットボトル茶の置き換えにも最適です。1杯アタリのコストもお得なので
毎日の水分補給にもおすすめします。
茶葉 を入れて振るだけなので簡単に 本格煎茶 が楽しめます。


【ふるさと納税】さらっと粉末煎茶6本組 

血糖値で悩んでいる方ははつらつ堂の「八酵麗茶」

手作り コウジ水 ビタミン ミネラル たっぷり

手作り コウジ水 ビタミン ミネラル たっぷり という情報です。コウジは日本の伝統のスーパー発酵食です。

コウジは日本の伝統のスーパー発酵食

手作り コウジ水 ビタミン ミネラル たっぷり
手作り コウジ水 ビタミン ミネラル たっぷり

日本食は、健康維持に役立つ食文化として世界にも知られています。2013 年には日本食が無形文化遺産に登録されたことが証明しています。

日本食が健康にいいのは、さまざまな発酵食品を用いるからです。多くの家庭でしょうゆやみそ、酢、みりんを常備しており、惣菜として納豆・ぬか漬け・塩辛などを食べます。

また、甘酒・日本酒・焼酎も材料を発酵させて作る伝統的な飲み物です。これだけ多くの発酵食品を常食している国は、ほかに見当たりません。

日本は、世界に冠たる発酵食品大国といっても過言でないでしょう。数ある日本の発酵食品の中でも、昔ながらの「コウジ」が今注目を集めています。

コウジは、蒸した米や麦、豆に、カビの一種であるコウジ菌をまぶして作る発酵食品です。完成したコウジは発酵菌の塊。これをほかの食品に加えると発酵が進むことから、日本では古しょうゆやみそ、お酒などを作るさいに利用してきました。しかも、コウジ菌は日本特有のもので、日本醸造学会から「国菌」にも認定されているのです。

健康増進に役立つ多彩な成分を誇る

コウジは、強力な発酵力を持っているだけではなく、私たちの健康増進に役立つ有効成分を豊富に含んでいます。

その第1は、ビタミンB1やゃB12などのビタミンB群です。ビタミンB群には、糖や脂質の代謝(体内で行われる化学反応)を促す働きがあり、疲労回復や精神の安定、貧血予防、健康な肌や髪を作る働きがあります。

第2は、カリウムやカルシウム、マグネシウム、亜鉛、セレンなどのミネラル(無機栄養素) です。これらミネラルは、それぞれが独自の健康効果を有しています。

例えば、マグネシウムは、ビタミンB6がともに働くことで血糖降下作用を発揮します。カルシウムとマグネシウムは骨粗鬆症の予防に有効で、セレンには抗炎症作用や抗ガン作用があると考えられています。

第3は、強力な抗酸化作用(酸化を防ぐ作用)を有するポリフェノール(植物の色素成分) です。このポリフェノールの抗酸化作用は、体内に増殖した活性酸素(攻撃力の強い悪玉の酸素) の害を打ち消し、脳卒中や心臓病の引き金となる動脈硬化の進行を抑えます。

さらに、コウジには、筋肉や血管の細胞を作るうえで欠かせない必須アミノ酸(アミノ酸はたんばく質の構成成分)が豊富であることも見逃せません。

老化防止には、抗酸化作用に優れるポリフェノールと必須アミノ酸を補うことが重要といわれています。

コウジの恩恵を手軽に受けられる コウジ水

実は、発酵菌の塊であるコウジをとることで、腸の働きを整えることにも大いにプラスになります。まず、コウジをとると、腸内で善玉菌のビフィズス菌が増えます。そして、善玉菌が菌が劣勢になって腸内環境が改善するのです。

次に、コウジに含まれている多くの酵素(体内の化学反応を助ける物質) が食べ物の消化を促し、腸の負担を軽くします。また、酵素が作るオリゴ糖は善玉菌のエサになり、腸内環境を整えることにつながります。その結果、腸の働きが活発になると、便通がスムーズになったり、免疫力(病気から体を守る力)がアップしたり、肌がきれいにったりする効果を得られるのです。

中でも、、実感しやすいのは便秘改善の効果でしょう。コウジをとって腸が元気になると、数十年来の頑固な便秘が治ってしまうケースも少なくありません。実は、コウジは、そのままでも食べられ、健康ドリンクの材料としても最適です。

コウジ水の作り方はこちら。

はちみつ(抗酸化作用が強力な天然甘味料)

はちみつ
はちみつ

健康&美肌の実力はピカイチ 1日スプーン3杯(10グラム)摂取が目安

現代人には、糖分が敬遠されがちですが、頭を使う仕事をしている人には脳の栄養としてブドウ糖は必須です。それにハチミツを食べると穏やかな気持ちになりますね。直感的にはちみつの糖分は体によいものと感じます。このとき、心も体もとっても元気になっています。

糖尿病、または予備軍の急増から糖質は悪者扱いされてしまっていますが、質のいい糖質もあります。これがまさにはちみつです。

最近では、同じ甘味料でもはちみつを砂糖の代わりとして用いる方が増えてきており、有名なレシピサイトや個人のブログでもはちみつを砂糖と置き換えて使用されているところをよく見かけます。体によりいいものを選ぶ時代にはちみつは欠かせません。

砂糖とはちみつの糖質の違い
砂糖とはちみつの糖質の違い

砂糖とはちみつの糖質の異なる点

砂糖は二糖類である「ショ糖」に対し、はちみつは単糖類の「果糖」と「ブドウ糖」が主成分です。

単糖類である「ブドウ糖」は体内に蓄積されずすぐエネルギーに利用されるため効率の良い糖質であるとされており、すばやい疲労回復につながるためスポーツをされる方、頭脳を酷使されるお仕事をしている方にお勧めです。

また、はちみつに含まれる「麦芽糖」や「オリゴ糖」は乳酸菌やビフィズス菌など腸内細菌のエサとなり善玉菌を増やすため腸内環境を整える働きもあります。さらに、砂糖は虫歯の元となる「ショ糖」から成りますが、はちみつの場合「ショ糖」は数%しか含まれないため虫歯になりにくい特徴があります。お子様に、砂糖の入ったものを控え、はちみつにかえるママ達も増えています。

医学界からも注目

ヨーロッパ、中国などでは古くからハチミツを利用した治療が行われています。こうした健康効果に注目した近代医学でも次々とはちみつの効能、効果が確認されています。
はちみつに含まれる有効成分は、190種類以上です。ぺろっとなめると腸が潤い、長い間、便秘でかたくなった便秘がするっと出たり、喉の痛み、や不快の解消、さらには肌に塗ることで皮膚に潤いが戻ったりと美容面での効果も期待されています。

体の内外から元気にしてくれる、そして健康にしてくれるはちみつパワーですが、なんとカロリーは砂糖の3分の1程度ですので甘いものがほしくなったときの糖分補給にも最適です。
はちみつのパワーには主に以下の4つの効能、効果があげられます。

抗酸化作用

ハチミツのポリフェノールは野菜よりも抗酸化力が強力です。血管を柔らかくし、血液を固まりにくくし心筋梗塞や脳梗塞などの予防にも。

美肌作用

肌を保護し、皮膚に働きかけるハチミツは肌荒れ予防にも効果的です。滅菌ガーゼにはちみつを塗って貼るのは、軽い切り傷や擦り傷の手当にも。

殺菌効果

ハチミツに含まれている殺菌効果、グルコン酸と過酸化水素には最近を壊す働きがあります。喉からくる風邪の予防にも効果大です。

整腸作用

ハチミツのグルコン酸には、胃酸を中和する働きがあります。胃の粘膜を丈夫にし、ビフィズス菌を増やす効果もあり、胃腸の不快症状には最適。

効能その1: 胃の粘膜を強化する

ヨーロッパや中国では胃潰瘍や十二指腸潰瘍の人にははちみつをすすめます。これははちみつに含まれるグルコン酸に胃酸を中和する働きがあるためです。

仕事がハードで体に疲労やストレスがたまるとほとんどの人が胃酸過多になるのですが、こういうときには必然的に糖分がほしくなりますが、このとき白砂糖よりもはちみつの方が効果的です。

体に吸収されやすく体内に入ると素早くコラーゲンの骨組みを修復し、繊維を強くします。胃腸のデリケートな粘膜を内側から修復してくれるということです。
疲れるといつも胃腸の調子が悪くなるという人は、はちみつに塩を加えると体への吸収スピードがアップし、コラーゲンの修復も同時にすすみます。
特に下痢の時などは、体内の塩分も不足しがちになるので塩ひとつまみと一緒にとるといいでしょう。
ハチミツのグルコン酸にはビフィズス菌を増やす働きもあるので腸内改善には言うこと無しです。

胃の粘膜を強化する食べ方

食事の30分前に「塩入りはちみつツヨーグルトドリンク」を飲みます。空腹時に飲むことで吸収がよくなりコラーゲンを効率的に修復できます。
「塩入りはちみつヨーグルトドリンク」の作り方は、簡単です。

はちみつ 10グラム、塩 小さじ半分(0.2グラム)、プレーンヨーグルト 100グラム、水 100CCを全部混ぜるだけです。

注意は、ヨーグルトはプレーンタイプを選びます。
はちみつとヨーグルトの相乗効果でビフィズス菌が増加し、胃酸を中和、胃の粘膜を強化します。

効能その2 :口や喉の不快症状を軽減

強力な殺菌効果

はちみつの歴史はかなり古く、古代エジプト時代のピラミッドからも見つかっています。そのはちみつが腐らずに今日でも食べられる状態だったというのです。何千年もの間、腐敗せずに残っていたことことからも強力な殺菌効果が証明されています。
殺菌効果があるのは、グルコン酸と過酸化水素には、細菌を壊す働きがあります。そのため、はちみつを口に入れると、口や喉の粘膜の不快と菌が抑えられます。さらに白血球活性化の効果もあるので、喉や風邪のときにはおすすめです。殺菌力の強力なショウガと一緒に食べるとより効果大です。はちみつはとろりとした粘りけがあるので、喉に有効成分を長時間とどめておくことができるのも効果を増大させます。

口や喉の炎症を抑える食べ方「はちみつ漬けにしたしょうが」をゆっくり食べます

はちみつのショウガ漬けのレシピは次のとおりです。
材料は、はちみつ50 グラム、しょうが50 グラムです。まずしょうがを適当なサイズにスライスしてはちみつが入った器に入れます。電子レンジで40~50秒加熱し、半日~1日おきます。慌てて食べるのではなく殺菌成分ができるだけ長くとどまるようにゆっくり食べるのがポイントです。

効能その3: 皮膚の保湿と再生

皮膚の保湿をして潤いを保持する

擦り傷や切り傷の最に滅菌ガーゼにはちみつを塗って貼っておくと早くに治ります。これははちみつの肌の再生促進機能によるものです。

傷だけでなく肌荒れにも効果があります。肌の免疫力をアップさせて、敏感肌も次第に強い肌づくりへのきっかけになります。肌の保湿には、はちみつと酒粕を混ぜ合わせて作る「はちみつ粕せっけん」が効果的です。

酒粕のアミノ酸とはちみつのグルコン酸が相互に保湿効果を高めます。
酒粕には、皮膚の温度を上げる効果もあり、肌の新陳代謝も活発化します。また、肌を白くする働きもあり、酒粕の酵母ははちみつを加えるとより活発化するので1回で使い切りましょう。

肌を保湿・再生するには「はちみつ酒粕石けん」

材料は、はちみつ5 グラム、酒粕50 グラムです。これをしっかり混ぜ合わせてストッキングに入れれば完成です。
ストッキングに入れたはちみつ酒粕石けんを水で濡らして軽くこすります。1~2分そのままにしてお湯で洗い流します。「はちみつ酒粕石けん」で肌荒れが起きないか心配な場合は、使う前にひじの内側に少しつけて異常がないか確かめてから使うといいでしょう。

効能その4: 血液、血管の老化防止

医学界でも注目の強力な抗酸化作用

ポリフェノールには、血管を柔らかくして血液を固まりにくくする働きがあり、心筋梗塞、動脈硬化、脳梗塞の予防になります。はちみつを食べると、血中ポリフェノールの値が上昇することが確認されました。

野菜のポリフェノールよりも抗酸化力が高いこともわかりました。同じはちみつでも色の濃いもののほうが抗酸化力は強力です。
心筋梗塞、動脈硬化、脳梗塞などの予防に取り入れる場合には、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル類もバランスよく摂ることが大切です。

ミネラルをバランスよく含むものにヒジキ、コンブなどがありますが、これらの海藻類に大さじ1~1.5ぐらいのはちみつを加えるとミネラルの吸収があがります。はちみつのポリフェノールと海藻のミネラルの相乗効果によるものです。
BeeMe
今注目のオーガニック食品マヌカハニー

品質のいいはちみつの選び方

水飴などの混ぜ物がないものを選びます。純粋なはちみつがおすすめです。そして色の濃いものを選びます。はちみつは熱を加えても影響はほとんどないので心配しなくて大丈夫です。


秋田県産100%、自家採蜜100%の国産はちみつです。
玄圃梨(けんぽなし)蜂蜜はフルーティーな花の香りと、味わいが特徴です。
ほかのハチミツと違い香りが強く、独特な深みがあります。
その深みを味わうため、お料理等にではなくそのままお召し上がりください。

  • 原材料: はちみつ(秋田県産)
  • 小松養蜂場(秋田県由利本荘市二十六木字岡本32-1)

関連ページ:
ローヤルゼリーはミツバチ由来の元気の源

絶妙名茶葉のバランスが血糖値を下げる「八酵麗茶」

テンペ菌発酵の薬草茶の特効茶葉がトリプルパワーで糖尿病を撃退

  1. ギムネマ・シルベスタギムネマ酸が糖の吸収を抑制
  2. ヤーコン葉インスリンと同様に働く物質が含まれる
  3. 青銭柳インスリン分泌する酵素を保護
  4. グアバ糖質へのブドウ糖への変化を抑制
  5. 桑の葉糖の分解を抑え、インスリン分泌を刺激
  6. クコの葉血管を強化して血圧を安定させる
  7. クマ笹血栓を防いで血液をさらさらに
  8. 柿の葉血管壁を保護して動脈硬化を防ぐ

テンペ菌発酵の薬草茶の使用感(糖尿病に効果)
https://1088note.com/tenpe/