黒にんにくの効能 冷えの改善でさまざまな病気を防ぐ

熟成させたにんにくは優れた健康食品

にんにくといえば元気が出る食べものの代表ですが、民間薬としても古くから活用されてきたといいます。その生のにんにくを長い時間をかけて熟成させ、黒く変化した「黒にんにく」というものがあります。

にんにくを何日もかけて熟成させると発酵が進んで、黒っぽく変化していきます。この変化が健康に良いとされ、黒くなればなるほど、にんにくが持つ抗酸化力が増加すると考えられているのです。そして、その抗酸化力は、ポリフェノールを豊富に含む緑茶やビタミンCを豊富に含むキウイフルーツなどと比較しても、引けをとらないほどだということがわかっています。

さまざまな病気の発症には、たいてい、老化の原因となる物質の活性酸素が関係しています。抗酸化物質は活性酸素を除去する力を持っているので、抗酸化力が高い黒にんにくを摂取することで、ガンをはじめとした、さまざまな病気を予防し、健康な生活を送るのに役立つといえるでしょう。

血行を良くして冷えを改善

「冷えは万病のもと」といいますが、冷え症だと、肩こりや頭痛、神経痛などのトラブルを引き起こし、女性なら、さらに生理不順や肌あれ、肥満といった気になる症状もあらわれます。冷えによる不調で苦しんでいる人はたくさんいると思いますが、医学的には病気とされない冷えは、日頃の生活習慣や食事で改善していかなくてはなりません。

生のにんにくにはアリシンという成分が含まれていて、これが強烈なにおいの原因です。ところが、にんにくを長期熟成させると、アリシンは「S-アリルシステイン」に分解されて、独特な刺激臭はほとんど消えます。アミノ酸の一種であるS-アリルシステインは、血行の促進にはたらきます。ですから、黒にんにくを摂取すると新陳代謝が活発になり、末端の神経まで拡張させて、血行が良くなるはたらきにも期待できます。冷え症の人がにんにくを食べると、体がぽかぽかと温まってきて、眠りにもつきやすくなるのです。

にんにくを食べたくても、においが気になってなかなか食べられない、という人には、熟成黒にんにくのサプリメントがおすすめです。熟成によって、においが無くなっても、にんにくの健康成分は損なわれていません。

熟成させた黒にんにくのサプリメントはこちら

にんにくの血小板抑制効果が脳梗塞、心筋梗塞を予防

動脈硬化が進行しますと血管が狭くなり、血管内外の壁に傷ができます。その傷を治そぅとする血液の止血作用によって、血管内で血液の凝固(かさぶた)ができます。それが血栓です。血栓が生成されると、血液の流れを妨害して動脈硬化をおこします。
脳の血管内、脳動脈に血栓ができると脳棟塞、また心臓を取り巻く冠動脈に血栓ができると心筋梗塞がおこります。

原因

不規則・不摂生な食生活、喫煙、心労とストレス、肥満、運動不足など。

対策

これらの病気を改善するためには、血栓を作る小さな粒子・血小板の凝集機能を阻止することが必要です。現在はさまぎまな抗血小板薬が開発されたおかげで、血栓症の予防に役立っています。また血小板の凝固を防ぐ物質は、いわしやさばなどの食品中にも発見されています。その物質とは、いわしやさばなどの油脂に多くこれらの病気を改善するためには、血栓を作る小さな粒子・血小板の凝集機能を阻止することが必要です。

現在はさまぎまな抗血小板薬が開発されたおかげで、血栓症の予防に役立っています。また血小板の凝固を防ぐ物質は、いわしやさばなどの食品中にも発見されています。その物質とは、いわしやさばなどの油脂に多く含まれているEPA(エイコサペンタエン酸)です。さらに血小板を凝固させない強力な作用がニンニクにもあり、脳棟塞や心筋棟塞の改善に大きく役立っています。

血栓の予防にEPA・DHA

にんにく効果

脳梗塞・心筋梗塞の改善に、ニンニクの有効成分は次のはたらきをします。

  1. メチルアリルトリスフィド(MATS)ニンニクの精油成分は、食用とする鱗茎部分に約0.1% 含まれています。さらにその0.1% の中に血小板の凝固を防ぐ精油成分であるMATSは5% しか含まれていません。にもかかわらず、抗血小板作用はかなり強い効力をもっています。英国の研究では、血小板の凝固はニンニクで抑制されることが立証されています。元来、人間の体には「線溶」という血栓を溶かす機能が備わっています。ニンニクはこの機能をより活性化する働きをするわけです。

ニンニクの精油成分MATSは、効力がかなり強いので、毎日食べる必要はありません。2~3日に1回、1~2片食べる程度で効果はあります。

食あたり・O157をにんにくで予防

ニンニクは、古くからペストやチフス、コレラなど疫病の厄よけとして活躍してきました。このことは近年になり、ニンニクのもつ強力な殺菌・抗菌作用は、ペスト菌・コレラ菌・赤痢菌に対しても効果を発揮すると確認されました。
あらためてニンニクのもつ非常に高いパワーが再認識されたわけです。

主な原因

人間に有害な細菌や物質を含んだ飲食物の甜摂取などです。さらに、細菌性食中毒はサルモネラ菌、大腸菌、ボツリヌス菌など、自然性食中毒はキノコやフグなど、化学性食中毒は食品添加物や農薬などが原因となり発生します。

対策

食品に雑菌がつかないよう清潔にし、保存方法や賞味期限に気を配り、殺菌効果の高い食品を食事に取り入れていくことです。

にんにくの効果

1996年夏に日本中を騒がせた病原性大腸菌O157は、死者を含めて12000人以上の被害者数となり、いまもなお解決策を模索しています。

現在、病原性大腸菌O157の予防策が注目されるなかで、弘前大学医学部の研究室ではO157の研究実験が開始され、同大学において次のようなことを発表しています。
特徴は、強力な攻撃力としたたかさがあること。サルモネラ菌やブドウ球菌などの食中毒菌は、約10万~100万個が体内に侵入しないと発病しないのに対し、O157は100個以下とわずかな菌が入っただけでも発病します。たとえ菌を抹殺しても、死ぬときにべロ毒素という強力な毒素を体内に放出します。

この毒素がさまぎまな病状を引きおこす、実に困難な病原菌なのです。さて同大学の実験は、1mlの滅菌蒸留水にニンニク粉末1%を混ぜたものとそうでないものに、それぞれ5500万個のO157を入れます。そして37度で24時間培養したところ、ニンニク粉末が入っていないほうは3億4000万個に増殖し、ニンニク粉末を入れたほうはすべて死滅しました。またニンニク水は加熱してもしなくても効果は同じという結果もでました。

まさにニンニクの殺菌力の成果です。ニンニクの有効成分アリシン以外にもまだまだ未知数の可能性があるといえるでしょう。

にんにくで腰痛・神経痛を改善する

腰痛や神経痛は、交感神経が抑圧され、副交感神経が停滞する自律神経の変調や循環障害が原因となって起こります。

神経痛には、座骨神経痛、三叉神経痛、肋間神経痛、上腕神経痛などがあり、どの神経痛も激しい痛みを伴います。時には体を動かすことが苦痛に感じられるほどひどくて、その痛みは本人でなければわからないでしょう。

腰痛、神経痛、それに関節炎やリウマチは、季節の変わり目や雨の日になると痛みがでます。リウマチが重症になると、手足が硬直や変形し、筋肉が麻痺したり、歩行困難や寝たきりになってしまう可能性もあります。

腰痛や神経痛、リウマチは、生命の危機に直結するような病気とは違うために軽く考えられることが多いのですが、こういった病気は比較的、西洋医学よりも東洋医学の治療法が多く取り入れられています。

対策としては、まず原因となっている元を治療します。一時的に痛みを抑えるため、アスピリンや副腎皮質ホルモンを投与する治療などが行われるのですが、長期的に考えると副作用がでる心配もあるのです。

腰痛・神経痛に対するにんにく効果

にんにくに多く含まれるビタミンB1が薬理的に筋肉痛に効力があることが知られていて、神経痛やリウマチにはにんにく治療の効果が期待されています。にんにくの有効成分は、腰痛・神経痛の改善に次のように働きます。

  • アリシンは、ビタミンB1と結合してアリチアミンという物質になり、ビタミンB1以上の効力を発揮します。新陳代謝を促進して自然治癒力の増強にもつながって、疲労を回復します。
  • にんにく特有の辛み成分は、アリル化合物のひとつで、硫黄を含むアリインです。このアリインが神経痛の痛みを和らげます。

自律神経に効くといわれているもののひとつに、にんにく風呂があります。ぬるめのお風呂に加熱したにんにくを入れるというもので、副交感神経を優位にし、血行を良くして、心身を鎮静させる効果があります。特に、肩こりや腰痛、神経痛に効果を発揮します。

にんにくで更年期障害・冷え性を改善する

更年期障害とは、男性女性ともに、ある年齢に達した時に起こる体の不調のことをいいます。近年になって、男性にも更年期障害があることがわかり話題になりましたが、特に女性に顕著です。

女性は、卵巣機能や卵巣ホルモンの分泌が低下して、閉経を迎える時期になると自律神経が変調します。すると、憂鬱になったり、虚脱を起こしたり、不安や焦燥感があらわれて、精神的にも不安定な状態に陥ってしまいます。

手足が冷たい、立ちくらみやめまいがする、頭痛がする、耳鳴りがする、動悸が激しい、汗をたくさんかく、顔がほてる、貧血が起こる、など、女性によくみられる症状が、更年期障害、冷え性、低血圧から起こるのです。

また、特に若い女性には冷え性や低血圧の人が多く、これは、薄着や肌を露出した服装による冷え、無理なダイエットによる偏食や拒食といった要因から起こることもあります。これらは肩こりや腰痛、生理痛、不眠などを引き起こすので、体をあたため、栄養バランスの良い食事をしっかり摂ることが大切です。

更年期障害の場合、その時期や症状、それぞれの受け止め方に個人差があります。いずれにせよ、対策としては、女性特有の病気には体をあたためることが必要です。

にんにくには優れた保温効果があるので、食事には積極的ににんにくを取り入れましょう。このほか、ビタミンB1やカルシウム、鉄分、タンパク質を豊富に含む緑黄色野菜、肉類、魚類を一緒に摂ると、バランスの良い食事ができます。

更年期障害・冷え性に対するにんにく効果

にんにくの有効成分は、更年期障害、冷え性、低血圧の改善に、次のように働きます。

  • ホルモンの分泌を促す
  • 更年期障害は、卵巣ホルモンの分泌の低下と、性腺ホルモンの分泌過多というホルモンバランスの乱れによって、体に変調が起こります。アリシンは、卵巣ホルモンを刺激して分泌を促します。

  • スコルジニンが冷え性を改善
  • スコルジニンは、自律神経の機能を高め血圧を正常化します。また保温作用で毛細血管を拡張し血行を促進して、冷え性を改善します。血液中の赤血球やヘモグロビンを増やし貧血も改善します。

さらに、自律神経の変調を無くして神経組織を鎮静・安定化させ、自然治癒力を高めます。