イニシエーションとは遺伝子異常が積み重なる過程

仏教では、昔からの解脱を説きますが、ガンは予防に心がければ苦にはなりません。私たちが父親と母親から受け継いだ大切な遺伝情報を守るため、細胞内にはDNA修復酵素が待機しています。

ガン原遺伝子の点突然変異がたとえ起こっても、この酵素がせっせと修復してくれるのです。しかし、ガン原遺伝子に突然変異を引き起こすような原因が強く作用しつづけ、DNAの損傷が相次げば、酵素による修復が間に合わなくなり、ガン遺伝子に変わってしまうガン原遺伝子も出てきます。

イニシエーションとは、このようなガン遺伝子の活性化(ガン原遺伝子の突然変異)とガン抑制遺伝子の損傷が、ある1個の正常細胞のなかで積み重なる過程なのです。

では、ガン原遺伝子の塩基配列を乱し、突然変異を引き起こす原因とは何か、ということになります。

皆さんは「発ガン物質」、とお答えになるかもしれません。ひとまず、それは正解です。しかし、そうだとすると、焼き魚などに含まれる発ガン物質の「毒に対してエノキタケが「薬」として作用するという場合、これはどのような作用をさすのでしょうか?

実は、発ガン物質は体内に吸収されると、ある種の酸素によって細胞に「毒として作用しますが、エノキタケなどの食用きのこには、この悪玉酸素を消去する働きがあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください