生姜紅茶が最強メニュー 生姜紅茶の作り方

生姜健康法の基本

おいしいというのは続けるための重要な要素。そして生姜紅茶がどのようにすばらしいのかを6項目あげてみた。

  1. 生姜と紅茶と黒糖という、体を温める食材を3つも使っている

    冷えとり効果ナンバーワンの食材である「生姜」、お茶の中でも体を温める効果が高い「紅茶」、現代人に不足しているビタミンやミネラルをたっぷり含み、同じく体を温める「黒糖」を組み合わせている。しかも、3種を組み合わせることで、これらが単体で働くよりも、体を温め、冷えをとる作用をよりいっそう高めることができる

  2. とにかく簡単。誰でも手軽に作れる

    料理と違って、誰でも簡単に作れる。紅茶を入れて、すりおろした生姜と黒糖を入れて飲めばいいのだから、男性でも老人でもできる。紅茶はティーバッグになったものでもOK。

  3. おいしいから長く続けられる

    健康法は、「おいしい」「気持ちいい」など、「快」の要素がないと長続きしない。その点、生姜紅茶はとてもおいしい。紅茶の渋味、生姜の辛味、黒糖の甘味がいい具合にマッチしている。さらに飲み続けると、どんどん体調がよくなってくるという、さらなる「快」を感じるので、飽きずに長く続けられる

  4. 時間に関係なく、いつでもどこでも飲める

    不規則な生活を余儀なくされている現代人、3度の食事の時間を確保できない人でも、のどが渇いたら水は飲む。その「水」を「生姜紅茶」に替えるだけでOK。食事法などと違って、時間に関係なく、いつでも、どこでも飲めるので、実践しやすい

  5. 効果がすぐに実感できる

    どんな健康法でも、効果が出るまでに長い時間がかかるものは、なかなか続かない。生姜紅茶は、飲むとすぐに体がポカポカしてくるのを実感できる。風邪のひき始めなどは、生姜紅茶をたっぷり飲んで早く寝るだけで、翌朝にはケロッと治っていることも珍しくない。さらに続けていると、気になる症状や体調もどんどんよくなってくる

  6. お金がかからない

    どんなに効果が期待できる健康法でも、家計を逼迫するほどお金がかかるものなら、なかなか続けられない。しかし、生妾紅茶にかかるお金は、生妻と紅茶と黒糖の代金だけ。どれも安く手に入るものばかりだ。自分で作れば、1杯30円もしないだろう。それなのに、効果は驚くほど高く、安心で手軽。

冷えに効く「生姜紅茶」の作り方

熱い紅茶にすりおろした生姜と黒糖を入れるだけでOK。紅茶の種類も何でもかまわない。生姜を入れると風味が変わるので、高級な紅茶にしてもあまり意味がない。
スーパーで手に入るお得用紅茶のティーバッグを利用している。茶葉を使用する場合は「ティースプーン1杯の茶葉がティーカップ1 杯分」。ティーバッグを使用する場合は、ティーカップ1杯につきティーバッグ1 個。
生姜は、すりおろしたものをガーゼなどで絞り、その絞り汁を入れるか、絞らずにそのまま入れる。すりおろしには食物繊維が豊富なので、便秘がちな人などはそのまま入れるのがおすすめ。
乾燥パウダーを利用する場合は小さじ1程度、チューブ入りの生妻を利用する場合は2センチ分程度を目安にするといい。黒糖がない場合は、ハチミツで代用してもかまわない。黒糖やハチミツを入れると、紅茶の色が黒く変色する。これは、甘味の中の鉄分によるものだ。鉄分は、赤血球の原料になることからもわかるように、体を温める働きがある。つまり、紅茶の色が黒
くなるということは、体を温める作用が強くなることを意味する。

生姜紅茶を飲み続けるだけで、まず風邪をひきにくくなる。これは、生姜紅茶の温め作用や殺菌作用、免疫強化作用によるものと思われる。
そのほか、頭痛や腰痛、腹痛、膝痛などの痛み全般、気管支炎、高血圧、高脂血症、糖尿病、肝臓病、心筋梗塞や脳梗塞、冷え性、ぽうこう炎、肥満、疲労や肩こりなど、さまざまな不調や症状の予防や改善に大きな効果が期待できる。

16件のコメント

  1. ピンバック: ホットミルクはナイトミルクになるのか? | Sieep Power

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です