フリーラジカル消去作用を高める味噌汁の作り方

体内でたえず発生するフリーラジカルをきれいに掃除して、細胞の発ガンを防ぐためにも、年間を通じてきのこをとることがすすめられます。

きのこだけでなく、緑黄色野菜などのフリーラジカル消去食品を同時にとれるように献立を工夫すれば、発ガン予防に相乗効果が期待されます。きのこを毎日とるための一番手軽な方法は、みそ汁かもしれません。

ブナシメジやエノキタケをみそ汁の具に用いる際、ほうれんそうや小松菜などの緑の濃い葉物をちょっととりあわせるだけでも、フリーラジカル消去作用を高めることになるのです。

ナメコはガン増殖阻止作用が非常に強い反面、フリーラジカル消去活性は弱いといわれますが、最近の研究ではみそにもフリーラジカル消去作用が確認されていますので、ナメコをみそ汁にすれば、フリーラジカル消去活性も期待できるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください