暑い夏にエノキタケを食べない家庭にはガン死亡者が多い

四季のうつろいに敏感な私たち日本人は、秋の味覚と聞けばすぐに、きのこを思い浮かべます。年に1度の贅沢とばかり、マツタケの網焼き、土瓶蒸し、炊きこみごはんに舌鼓を打つご家庭もあるでしょう。

アウトドア・ブームできのこ狩りに出かける家族連れも多いとみえて、最近ではガイドブックの類もたくさん出ています。

秋が過ぎ、冬を迎えれば、鍋物にもきのこが欠かせません。実際、きのこの消費量は秋冬に伸びる傾向が顕著ですが、免疫システムを高めてガンを防ぐには、春夏もきのこの存在を忘れずに常食を続けることが大切です。

周年栽培で1年じゅういつでも食べられるきのこがふえたのは、旬の感覚が薄れることにもなりますが、この意味ではありがたいことといわねばなりません。

エノキタケ栽培家庭を対象とした例の調査では、夏場にエノキタケをあまり食べない家庭にガン死亡者が多く出る傾向が認められました。

さらに、これは調査に当たった長野県農村工業研究所の研究員によると、ガンによる死亡時期の季節分布を調べたところ、暑い夏の盛りを過ぎて迎えた秋に、死亡者数の1つのピークがあるということです。夏を乗り切るために体力を使い果たし、おそらくは体内の免疫システムの衰えに拍車がかかり、一気にガンを進行させる結果になったのでしょう。

むしろ夏こそ、きのこの常食を忘れてはならないことを証明しているのです。

ガンを撃退する「ハナビラタケ増強食」の使用感、口コミ、効能、効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください