ターメリックとマッシュルームの相乗効果が抜群のきのこカレー

みそ汁と並んで手軽な料理といえば、カレーライスでしょうか。

カレーが黄色いのはカレー粉に含まれるターメリックという香辛料のせいですが、このターメリックの主成分はクルクミンという抗酸化物質なのです。クルクミンそのものの抗酸化作用はさほど強くありませんが、クルクミンが腸管から吸収される際、粘膜細胞のなかでテトラヒドロクルクミンという強力なフリーラジカル消去物質に代謝(変換)されることが証明されています。

このため、カレーライスを食べて適量のクルクミンを摂取することが、日本人の間でも近年急増している大腸ガンの抑制につながるのではないかと、注目を集めているのです。

ツクリタケ(マッシュルーム)は先ほどのナメコとは逆に、ガンの増殖阻止作用は弱い反面、強力なスーパーオキシド消去作用を秘めています。このツクリタケに、やはりフリーラジカル消去にすぐれるヒラタケ、ブナシメジなどをとりあわせたきのこカレーなども、家庭でおすすめしたいメニューの1つです。

みそ汁、カレー、鍋物など、どんな料理に使う場合でも、きのこは火を止める直前に加え、さっと火を通す程度にとどめて、あまり長時間加熱しないことが、フリーラジカル消去活性をそっくりいただくためのコツです。食べる際は、唾液に含まれるα・アミラーゼがきのこの活性成分を引き出してくれるさまを頭に思い描きながら、ゆっくりときのこの味を噛みしめてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください