ビタミンCをはるかにしのぐエノキタケとヒラタケの成分

同様に、各きのこのヒドロキシルラジカル消去作用を示したものがあります。ヒドロキシルラジカルに対しても、各きのことも抽出液の量をふやすのに伴ってより高い消去率を示していますが、50%消去量で比較すると、シイタケ、マッシュルーム、ナメコなどはレモン汁よりも多くの量が必要とされ、つまりレモン汁よりヒドロキシルラジカル消去作用が低いことがわかりました。

スーパーオキシドに対してはレモン汁の10倍の消去作用を発揮したマッシュルームが、不思議なもので、ヒドロキシルラジカルに村しては逆にレモン汁の10倍ほどの消去作用しか発揮していません。

また、ナメコはスーパーオキシド、ヒドロキシルラジカルいずれに村してもレモン汁よりも消去作用が劣っていましたが、これは抽出液のつくり方がナメコの活性成分を十分に引き出すのに適さなかったためかもしれません。ところで、この実験でも、エノキタケとヒラタケは、レモン汁をはるかにしのぐ消去作用を示していたのです。

2つの実験と考えあわせると、エノキタケとヒラタケはスーパーオキシド、ヒドロキシルラジカルをともに消去するすぐれた抗酸化食品といえそうです。消去作用の強さからみて、これらのきのこはビタミンCをはるかにしのぐ何か強力な抗酸化物質を含んでいることが想像されるのです。

マッシュルームのスーパーオキシド消去作用はレモン汁の10倍

さて、そのESR法によって、食用きのこの抽出液がスーパーオキシドやヒドロキシルラジカルをはたして消去するかどうかを調べる実験が岡山大学医学部で行われました。

エノキタケ、シイタケ、ヒラタケ、ナメコ、マッシュルームなどにそれぞれ5倍量の水を加えて十分にすりつぶし、遠心分離器にかけて得た液体が、抽出液として実験に用いられました。

同時に、ビタミンCを多く含むレモン汁でも実験を行い、フリーラジカル消去作用が比較されました。きのこ抽出液を加えない場合のスーパーオキシド発生量を100として、それがきのこ抽出液を加えることでどのくらい消去されたかを実験しています。

どのきのこも、抽出液の量をふやすのに伴ってスーパーオキシドに対してより高い消去率を示しています。これだけでも、きのこにスーパーオキシド消去作用があることが証明されたわけですが、問題はその作用の強さです。各きのこの作用の強さを比較する目安として、スーパーオキシド発生量の帥%を消去するのに必要なきのこ抽出液の量を算出した実験もあります。

実験的に発生させたスーパーオキシドの翌ルを消去するのに、レモン汁なら6.3 mgが必要ですが、ナメコを除くきのこはどれも、レモン汁よりはるかに少ない量で消去していることがわかります。

特にマッシュルーム、ヒラタケ、エノキタケは、レモン汁の土10倍程度の量で、同じ量のスーパーオキシドを消去しています。
このことは、逆にいえば、マッシュルーム抽出液とレモン汁の効果を同じ量で比較すれば、マッシュルームはレモン汁の川倍量のスーパーオキシドを消去できることを示しているのです。

フリーラジカルが消去される

発ガン物質などの刺激で、細胞の周辺にフリーラジカルが発生して遺伝子や細胞膜を傷つけているといわれても、あまりピンとこないかもしれません。
細胞を構成している物質に分子レベルで起こる化学反応の話なので、無理もありません。

専門の研究者でさえ、このフリーラジカルを捉える実験方法の確立には苦労しているのです。そうして確立されたフリーラジカルの測定法の1つに、ESR法(電子スピン共鳴法)があります。

フリーラジカルが不対電子を持つためにわずかながら磁気を帯びている性質に着目して、この磁気をESR装置で捉えることにより、フリーラジカルの発生量を心電図や脳波のような波形の高低として知ることができます。ESR装置のなかで実験的にフリーラジカルを発生させたときにできる波形の高さが、ビタミンCを加えると低くなったとすれば、発生したフリーラジカルがそのぶんだけ消去されたことを意味します。

波形がまったくの平らになれば、ビタミンCによってフリーラジカルが完全に消去されたことを示します。ちなみに、フリーラジカルが「消去される」という耳慣れない表現は、このESR法に由来するのです。

皆さんには、細胞の内外に発生したフリーラジカルという有害物質がビタミンCによって「除去される」とか「とり除かれる」というほうがわかりやすいかもしれませんが、

こうした表現はやや正確さに欠けます。ESRの捉えたフリーラジカルの波形がビタミンCによって平らになったとき、そこで起きたことは、フリーラジカルの性質を帯びた物質そのものがどこかに消えてなくなった、ということではありません。

それは、フリーラジカルがビタミンCから電子を1個もらうことによって安定した物質に変化し、フリーラジカルとしての性質を失ったことを意味するのです。波形の高さによって示されたその性質が、消しゴムで消したかのように消え失せる様子をさして「消去される」といっているわけです。

緑黄色野菜を常食するとガンを防げる理由

食品から補給できる抗酸化物質として現在知られているものは以下のとおりです。
ビタミン類、カロチノイド類、フラボノイド類、カテキン類、テアフラビン類、リグナン類、βジケトン類、含硫化化合物、フィチン酸。

ビタミンC、ビタミンE、β-カロチンはその代表格で、緑黄色野菜を毎日食ベる人にガンが少ない、という疫学調査の結果は、緑黄色野菜に豊富に含まれ1るこれらの抗酸化ビタミンのフリーラジカル消去作用によるところが大きいと考えられています。

たとえばビタミンC は水溶性のビタミンで、細胞の内外の水に溶けこみ、スーパーオキシドを見つけると1億分の1秒以下という目にもとまらぬ早業で反応し、消去してしまう早撃ち名人です。

こうしたビタミン類の陰に隠れて、これまで地味な存在だったフラボノイドやカテキンなどの化合物も、近ごろは一躍脚光を浴びています。

また、ガンを防ぐ野菜といえば緑黄色野菜ばかりにスポットライトが当たってきましたが、最近の研究ではカリフラワー、キャベツ、白菜、大根など、アブラナ科の色白の野菜に含まれるMMTS(メチルメサネサイオスルホネート) と呼ばれる物質にもすぐれた抗酸化作用があることがわかってきました。

では、長野県全体にまたがる疫学調査によってガン予防効果が示されたエノキタケにも、このビタミンCのようなフリーラジカル消去作用があるのでしょうか? 他のきのこはどうなのでしょうか?
ガン予防のための習慣

体内のフリーラジカル発生量をやす発ガン物質

ある試算によると、ヒトの成人は1分間に500mlの酸素を消費し、1日では約773L、80年生きたとすると酸素消費量は約30tにのぼるとされています。

少なく見積もって、その酸素消費量の1%がスーパーオキシドに化けたと仮定しても、私たちの体の細胞は、一生の間に300kgものスーパーオキシドにさらされる計算になるのです。

別の試算によれば、細胞の1つ1つが1日に1000回もスーパーオキシドやヒドロキシルラジカルの強力な酸化作用の攻撃にさらされているそうです。SODなどの酵素や抗酸化ビタミンがせっせとフリーラジカルの消去に働いているので、たいがいは事なきを得ていますが、もし体内のフリーラジカル発生量がSODなどによる消去能をはるかに超えてふえたら、どうなるでしょうか?

たとえば喫煙です。タバコの煙の一服は多量のスーパーオキシドを含んでいますので、タバコを吸うのはフリーラジカルを吸っているようなものです。

それだけでなく、タバコのタールに含まれる発ガン物質は、肺に達すると、その刺激で、さらに多量のフリーラジカルを発生させます。喫煙の「毒というと、タールばかりが強調され、ニコチンは単なる中毒物質として見られがちですが、実はこのニコチンも加熱によって酸化されると、その過程でスーパーオキシドやヒドロキシルラジカルを容易に発生するのです。

タバコを吸わなくても、車の排気ガスで汚染された空気を吸い、水道水を飲み、焼き魚や焼き肉、目玉焼きなどの焦げた部分を食べることで、私たちの体には毎日、微量ながら発ガン物質が確実にとりこまれています。

発ガン物質がその刺激で、体内のフリーラジカル発生量をふやしています。発ガン物質がなぜ「毒」として作用するかといえば、このように、体内にフリーラジカルをふやす発生源となるからなのです。こうして、SODなどの手から漏れたフリーラジカルは、細胞の内外で暴れまわり、細胞を死に追いやるか、さもなければ手ひどく傷めつけます。DNAを構成している塩基などの物質を、ヒドロキシルラジカルなどの活性酸素が酸化すれば、遺伝子の突然変異が起こり、イニシエーションが引き起こされます。

また、ヒドロキシルラジカルが細胞膜などで酸化の連鎖反応を引き起こせば、プロモーショーンにまで拍車がかかることになりかねませんこのように、正常細胞が発ガンを引き起こす2段階の過程には、発ガン物質の刺激で体内に102発生したフリーラジカルが深く関わっているのです。酸素がなくては一日たりとも生きていけない私たち生物が、体内に発生するスーパーオキシドやヒドロキシルラジカルのような活性酸素によって傷つけられるー酸素はまさに両刃の剣といわねばなりません。

この世に生を受けた私たちの、その実存と切っても切り離せない形で苦がある、という仏教の言葉がここでも思い出されます。仏教では苦からの解脱を説くわけですが、現代科学は活性酸素を速やかに消去する方法を説きます。

ガン原遺伝子が酸化されるイニシエーションも、その異常が細胞全体の構造に及ぶプロモーションも、活性酸素による酸化が原因でした。発ガン物質の「主空とは、活性酸素から連鎖反応的に生成するフリーラジカルのことでした。したがって、この「毒」を消し去ることが、発ガンの予防になるわけです。そのためには抗酸化物質、つまり酸化を抑制する物質を食品から摂取することがすすめられるのです。
抗酸化ビタミンはこちら。