マッシュルームのスーパーオキシド消去作用はレモン汁の10倍

さて、そのESR法によって、食用きのこの抽出液がスーパーオキシドやヒドロキシルラジカルをはたして消去するかどうかを調べる実験が岡山大学医学部で行われました。

エノキタケ、シイタケ、ヒラタケ、ナメコ、マッシュルームなどにそれぞれ5倍量の水を加えて十分にすりつぶし、遠心分離器にかけて得た液体が、抽出液として実験に用いられました。

同時に、ビタミンCを多く含むレモン汁でも実験を行い、フリーラジカル消去作用が比較されました。きのこ抽出液を加えない場合のスーパーオキシド発生量を100として、それがきのこ抽出液を加えることでどのくらい消去されたかを実験しています。

どのきのこも、抽出液の量をふやすのに伴ってスーパーオキシドに対してより高い消去率を示しています。これだけでも、きのこにスーパーオキシド消去作用があることが証明されたわけですが、問題はその作用の強さです。各きのこの作用の強さを比較する目安として、スーパーオキシド発生量の帥%を消去するのに必要なきのこ抽出液の量を算出した実験もあります。

実験的に発生させたスーパーオキシドの翌ルを消去するのに、レモン汁なら6.3 mgが必要ですが、ナメコを除くきのこはどれも、レモン汁よりはるかに少ない量で消去していることがわかります。

特にマッシュルーム、ヒラタケ、エノキタケは、レモン汁の土10倍程度の量で、同じ量のスーパーオキシドを消去しています。
このことは、逆にいえば、マッシュルーム抽出液とレモン汁の効果を同じ量で比較すれば、マッシュルームはレモン汁の川倍量のスーパーオキシドを消去できることを示しているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください