大豆効果「美容」のビタミンEは女性の内面を美しく

みずみずしさはビタミンE

顔は整っているし、プロポーションはどこから見てもいいのに、どこか人をひきつける魅力に欠けているという女の人がいます。そんな女性は、よく見るとたいてい皮膚にツヤがなく、みずみずしい生気に欠けていたりします。

美しさは、からだの内面からにじみ出てくる部分がないと、いくら化粧術で補ってもカバーできません。美しい容姿の大前提にあるものは、まず健康的で生き生きとした皮膚です。ヴィヴィッドできれいな皮膚を保持したり、つくったりしていくためのいちばん大事なポイントは、食事の取り方に気をつけ十分な栄養に絶えず気を配ることです。

とくに若い女性は、やせてスタイルを良くしようとするあまり、食事を極度に制限し、たんばく質の不足をきたして、かえって皮膚の障害に苦しみ、肌がきたなくなってしまったという結果におちいることがあります。
魅力的なメリハリのある女性のボディーをつくるにはたんぱく質

人間の皮膚はたんばく質で成り立っています。肉眼では見えなくても、皮膚の新陳代謝は絶えず行われており、古い皮膚は新しい皮膚にいつも入れ代わる操作がなされているのです。
皮膚の新陳代謝がスムーズにできるように、良質たんばく質を十分に摂取しておくことが美しい肌を維持していく絶対の条件なのです。そしてたんばく質とともにビタミン、ミネラルもからだに十分に供給していくことが大事です。

たんぱく、ミネラル、ビタミンのバランス

たんばく質、ビタミン、ミネラルがバランスよく盛り込まれた食事内容を取っていれば、いつもツヤがあってみずみずしい張りのある皮膚でいられるはずです。
たんばく質で皮膚を合成し、ビタミン類で新陳代謝を高め、ミネラルで体液を調節しているというのが皮膚にとってのそれぞれの栄養素の役割りです。

このたんばく質、ビタミン、ミネラルいずれにわたっても大量供給源として大いに期待できるのが大豆食品なのです。大豆は「畑の肉」といわれるほどたんばく質が豊富なことでは広く知れ渡っています。カルシウム、マグネシウム、カリウムといったミネラル類も、大豆には多く含まれています。
肉よりたんぱく質たっぷりの凍り豆腐がおすすめ
ちなみに凍り豆腐は大豆が原料です。

ビタミンもB1、B2、E という、皮膚にとって大切なかかわりをもつビタミンも大豆にはあります。とくにビタミンEは、若返りビタミンと呼ばれ、最近、注目を集めているビタミンです。ビタミンEは、皮膚に栄養を与えるのを手助けするとともに、「老化防止」のビタミンとも呼ばれるように細胞の老化を防ぎ、老人性のしみ帥(色素沈着)を防ぐという効用もあわせもっています。
この皮膚にとってきわめて有効な働きをするビタミンEが大豆には100グラム中200ミリグラム含有されているのです。

大豆効果「美肌」肌荒れの原因ビタミンB2不足を防ぐ

肌にビタミンB2が必要なのは

ビタミンは、どれが不足してもからだに問題を起こしますが、とくにビタミンB2不足の人は美しい肌を保つことができず、そのうえ、ぶくぷく太ってきたりします。

そのわけは、ビタミンB2の働きを考えてみると、十分納得のいく結論が得られます。すなわちビタミンB2の働きの大きなものは生体の成長促進に深くかかわっていることです。

人間は成長促進のために、たんばく質、脂肪、糖質といったさまざまな成分を必要とします。ビタミンB2はこの脂肪を燃焼しっくすのに欠かせないビタミンなのです。

ビタミンB2が足りないと当然脂肪を十分燃やしっくすことができませんから、燃やすことができなかった脂肪は体内に余分な脂肪として残り、脂肪太り、肥満というかたちとなってあらわれてきます。

また、脂肪の一部は皮膚の毛穴からでも体外に出ようとします。毛穴からの脂肪の体外排泄が正常にいっていさえいれば、独特の、あぶら分を分泌して、皮膚にツヤやかなやわらかさを与えてくれるのですが、脂肪を十分に燃やし切れなかったようなかたちで出くる場合には、そうはいきません。

過剰なかたちででてきた脂肪は、かえって毛穴中に潜んでいたバイ菌を刺激し、皮膚を化膿させ、ニキビや吹出物の原因をつくったりします。

脂肪の摂取が増えたことでビタミンB2が不足している

最近の日本人の脂肪摂取量は、50年程度前と比較すると、約3倍もの増えかたをしているといわれています。それに比例して取らなければいけないビタミンB2は、国民栄養調査によっても不足していると報告されています。

この脂肪の過剰摂取とともに食塩の過剰摂取もビタミンB2の不足につながります。塩を余計に取ると、肝臓に貯蔵されているビタミンBが急激に減ってしまうからです。

このビタミンB2を多く含む食品として知られているのが納豆、とうふといった大豆加工食品なのです。とくに納豆には、納豆菌の作用によってつくられたビタミンB2が豊富に含有されています。

ただの大豆にはビタミンB2が100グラム中0.3ミリグラム程度しか含まれていませんが、加工されて納豆になりますと、乾燥した大豆の状態に比較して、約4倍の0.56ミリグラムはあるということになってくるのです。
納豆が苦手な人はこちら

1日のビタミンB2必要量は1ミリグラム

人間が1日に必要とするビタミンB2の量は、ふつう1ミリグラム強とされています。これだけの必要量を納豆だけから補うとすれば、1日に納豆を200グラム摂取すれば十分ということになります。
納豆100グラムの量というと、大きな包みで1包み、ふつうの包みで3包み程度です。ですから、3度、3度の食事でふつうの包みの納豆を1つづつたべていれば、1日のビタミンB2の必要量は納豆だけで満たすことができるというわけです。
もちろん、他のタマゴ、牛乳、レバーといった食品にもビタミンB2は大量に含まれていますが、脂肪が少なくて、消化がよく、たんばく質に富んでいる食品となると納豆に勝る食品はほかにありません。
ビタミンB2についてはこちら。

大豆効果「高脂血症」動脈硬化の引き金、高脂血症にも大豆が効く

高脂血症とは血液中の脂肪の量がふつう以上に多い人のことで、動脈硬化の重大な発症因子となります。高脂血症の人にはふつうの人の倍以上血液の中に脂肪があるような人が多いわけですが、このような人は中性脂肪の増加の原因となるジュース、菓子、くだものなどの糖分のたくさん入った食物は、制限して食べるようにしなければなりません。

高脂血症の原因となるもの

また、ご版の食べ過ぎもよくないのです。こうして、1日に食品からとる総エネルギー量の中の糖質を40グラム(ふつうは60グラム) 以下になるようにして、肥満を抑制、防止し、適正体重を保つようにします。

こうした厳しい食事制限に打ちかってなおかつ、栄養バランスを保っていくためには、大豆油、とうふ、納豆、湯葉、きな粉、といった大豆製品は非常に効果的なのです。

とくに、大豆油に含まれている不飽和脂肪酸のリノール酸にはコレステロール値を下げる働きがあります。

大豆効果「コレステロール除去」レシチンがコレステロールを除去する

レシチンはビタミンとしてのコリン、ミネラルとしてのリン、脂質としての不胞和脂肪酸、が結びついたもので、生命をつかさどる基礎物質の1つです。

栄養成分としては脂質の中に分類されます。レシチンは大豆に大量に含まれていますが、水とも油とも結合しやすい性質をもっています。この水と油という本来、離反しやすいものを結合させる性質が私たちのからだで良好に働いています。

細胞が細胞膜を通じて栄養を取り入れたり、排泄したりできるのもレシチンの働きによるのです。親水性・親油性というレシチンの乳化剤的役割は、中性脂肪やコレステロールを微粒子化し、脂肪が動脈内腔を通っていく際などに滞留しないという役割を果たします。

このことは、余計なコレステロールや脂肪が動脈に留って、血液の流通を妨げて起こす病気(動脈硬化など)を防ぐということになるのです。

コレステロールとひとロにいっても、低比重リボたんばく質(LDL)と高比重リボたんばく質(HDL)とがあります。動脈硬化の原因などになるのはこのうちLDLの方です。

LDLはコレステロールの粒子が大粒のため血管内で滞って固まり血栓のもととなるのです。一方、HDLは粒子が小粒であるうえ、血管内にたまりかけているコレステロール(LDL)を引き出す役割をしますので、HDLのコレステロールが多くても心配することはありません。

大豆のレシチンには、この良い方のHDLコレステロールを増やす働きがあり、HDL自体には悪い方のLDLを分析排除する働きがあるわけです。こういった2つの意味でもレシチンは大きな働きをしているわけです。

レシチンにはこのコレステロールを減らす働きのほかに、脳神経の機能を改善したり、肥満防止、美肌保持などさまざ甥な効用が期待できるようです。レシチンは大豆のほかに小魚、たまごなどにも多い物質です。

関連情報:LDLコレステロールが血管をダメにする

大豆効果「コレステロール」大豆油の植物ステロールが効く

コレステロールには善玉、悪玉がある

コレステロールが動脈硬化を始めとする成人病の最大の悪役として認識されて以来、コレステロールは、すっかり中高年者の敵役となってしまい、忌みきらわれていますが、そのわけもよくわかります。しかし、実際には、コレステロールも、人間の生体内ではさまざまな働きをしており、いろいろな機関にとって重要な役目を果たしているのです。
動脈硬化は高コレステロールが原因

コレステロールは、細胞膜や細胞組織の構成源となったり、性ホルモン、副腎皮質ホルモン、ビタミンD、胆汁酸などの原材料成分となったりしています。つまり、人間の脳組織や、神経組織にとって必要不可欠な重要構成物質なのです。

必要なコレステロールの8割は生体内で

コレステロールは人間の体内では、糖質と脂質を原料にして肝臓で合成されています。コレステロールが生体内で合成されている量は、毎日1~2グラムで、人間が食物から摂取する量の3~4倍に当たります。コレステロール、コレステロールといってさわぎますが、人間が生体内で合成している量の方がこんなに多いのです。

ふつう、人間が必要とするコレステロールの8割は生体内で合成したものでまかなわれています。しかも、食品の中から摂取したコレステロールのうち、人体内に吸収されるのは食品のコレステロール含有量のうち2分の1か3分の1程度です。そのうえ、コレステロールを合成する機能をもつ肝臓も、絶えず諷整作用を行っていますから、実際はもっと少ないかも知れません。

コレステロールをきらうあまりに、コレステロール含有食品を遠ざけていますと、美味、美食とされているものにはほとんどコレステロールがありますから、グルメといったものから、ほとんど縁を切らなければいけません。コレステロールを気にし過ぎて、コレステロール含有食品を口にしないでいますと、たんばく質不足をきたすことがあります。

それはコレステロール含有食品( 卵、肉類、魚介類) は、同時に高たんばく食品であるからです。コレステロール食品かならずしも悪者ならずといったことを述べてきたわけですが、コレステロールが動脈硬化症の原因となることも、またまぎれもない事実なのです。

日本人が1日に食品から摂取するコレステロールの量は、多い人で500ミリグラム以下です。激しいスポーツをする人や過激な肉体労働に従事する人なら900ミリグラムぐらいまで取っても問題ないとされています。

しかし、動脈硬化のおそれのある人や動脈硬化症の人の場合は別です。1日300ミリグラム程度までのコレステロールでしたら、コレステロール値もそんなに変化はありませんのでそれほど気にする必要はありませんが、300ミリグラム以上のコレステロールを取るとコレステロール値が上がってしまうことがあります。やはり気をつけなければいけません。

たんぱく質を取りコレステロールを下げる

たんばく質は取っておきたい、コレステロール値は下げたいというような人はどうしたらよいのでしょうか。それには大豆食品がもっとも適しているというのが、最近の定説になっています。動脈硬化にかかっている人、とくにコレステロールが血管に沈着し内腔をせばめてしまったような場合の人は、血管に滞留してしまったコレステロールについては除去することができないのではないかと考えがちです。そんな絶望的な事態にも、大豆の植物性たんばく質をたえず摂取していればそれほど心配する必要がありません。

大豆たんばくが血管の内壁のコレステロールを洗い流し、血管の洗浄剤的役割を果たしてくれるのです。また、大豆油に含まれている植物ステロールは、コレステロールが腸から吸収される働きを妨げる作用をもっているのです。そのうえ、都合のよいことに植物ステロールは血管内に滞って溜っているということはないのですから、血管の内腔に付着して、血液を滞留させるようなこともないのです。