手作りコウジ水はビタミン、ミネラルが豊富

コウジは日本の伝統のスーパー発酵食

日本食は、健康維持に役立つ食文化として世界にも知られています。2013年には日本食が無形文化遺産に登録されたことが証明しています。
日本食が健康にいいのは、さまざまな発酵食品を用いるからです。多くの家庭しょうゆやみそ、酢、みりんを常備しており、惣菜として納豆・ぬか漬け・塩辛などを食べます。

また、甘酒・日本酒・焼酎も材料を発酵させて作る伝統的な飲み物です。これだけ多くの発酵食品を常食している国は、ほかに見当たりません。

日本は、世界に冠たる発酵食品大国といっても過言でないでしょう。数ある日本の発酵食品の中でも、昔ながらの「コウジ」が今注目を集めています。

コウジは、蒸した米や麦、豆に、カビの一種であるコウジ菌をまぶして作る発酵食品です。完成したコウジは発酵菌の塊。これをほかの食品に加えると発酵が進むことから、日本では古しょうゆやみそ、お酒などを作るさいに利用してきました。しかも、コウジ菌は日本特有のもので、日本醸造学会から「国菌」にも認定されているのです。

健康増進に役立つ多彩な成分を誇る

コウジは、強力な発酵力を持っているだけではなく、私たちの健康増進に役立つ有効成分を豊富に含んでいます。

その第1は、ビタミンB1やゃB12などのビタミンB群です。ビタミンB群には、糖や脂質の代謝(体内で行われる化学反応)を促す働きがあり、疲労回復や精神の安定、貧血予防、健康な肌や髪を作る働きがあります。

第2は、カリウムやカルシウム、マグネシウム、亜鉛、セレンなどのミネラル(無機栄養素) です。これらミネラルは、それぞれが独自の健康効果を有しています。

例えば、マグネシウムは、ビタミンB6がともに働くことで血糖降下作用を発揮します。カルシウムとマグネシウムは骨粗鬆症の予防に有効で、セレンには抗炎症作用や抗ガン作用があると考えられています。

第3は、強力な抗酸化作用(酸化を防ぐ作用)を有するポリフェノール(植物の色素成分) です。このポリフェノールの抗酸化作用は、体内に増殖した活性酸素(攻撃力の強い悪玉の酸素) の害を打ち消し、脳卒中や心臓病の引き金となる動脈硬化の進行を抑えます。

さらに、コウジには、筋肉や血管の細胞を作るうえで欠かせない必須アミノ酸(アミノ酸はたんばく質の構成成分)が豊富であることも見逃せません。

老化防止には、抗酸化作用に優れるポリフェノールと必須アミノ酸を補うことが重要といわれています。

コウジの恩恵を手軽に受けられる

実は、発酵菌の塊であるコウジをとることで、腸の働きを整えることにも大いにプラスになります。まず、コウジをとると、腸内で善玉菌のビフィズス菌が増えます。そして、善玉菌が菌が劣勢になって腸内環境が改善するのです。

次に、コウジに含まれている多くの酵素(体内の化学反応を助ける物質) が食べ物の消化を促し、腸の負担を軽くします。また、酵素が作るオリゴ糖は善玉菌のエサになり、腸内環境を整えることにつながります。その結果、腸の働きが活発になると、便通がスムーズになったり、免疫力(病気から体を守る力)がアップしたり、肌がきれいにったりする効果を得られるのです。

中でも、、実感しやすいのは便秘改善の効果でしょう。コウジをとって腸が元気になると、数十年来の頑固な便秘が治ってしまうケースも少なくありません。実は、コウジは、そのままでも食べられ、健康ドリンクの材料としても最適です。

コウジ水の作り方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください