ガン細胞を体内から速やかに排除する治安維持システム

リンパ球は、白血球の約30%を占めているいば特殊部隊です。この大隊は、B細胞、T細胞、NK細胞の3中隊から成っています。

B細胞は、抗体という弾丸を放つ、射撃の名手です。たとえばインフルエンザ・ウィルスという外敵が侵入すると、敵の特徴(抗原)をよく見定め、この特徴にぴつたりはまる弾丸(抗体)を大量に産生して、リンパ管内に放出します。

この弾丸が当たったウィルスは悪さを働けなくなり、「オプソニン効果」といってマクロファージがそのまわりをとり囲みます。

オプソニンの語源は「おいしくする」という意味のギリシャ語で、抗体の刺さった外敵は、マクロファージが旺盛な食作用を発揮する格好のえじきとなるのです。

インフルエンザに感染すると、リンパ節にこのB細胞をはじめ、ふだん以上に多くのリンパ球が結集するため、腫れてぐりぐりしたものができますが、あのぐりぐりによって、ウィルスが全身に広がるのをくい止めているわけです。

こうしてウイルスが退治されたあとも、血管やリンパ管の道路網には、その年に流行したインフルエンザ・ウィルスを標的とする抗体がまだ残って流れています。カゼを一度ひくと、そ年はもうひかないことが多いのはこのためです。

もしまたカゼをひいたとすれば、それは別の型の抗原を持つインフルエンザ・ウィルスに感染した証拠で、その場合にはB細胞によって再びその型に合う抗体が産生されます。

私たちの体に備わる免疫システムは、このようにたえず侵入して来る外敵を迎え撃つ安全保障システムではないかと、従来は考えられてきました。たしかに安全保障は不可欠ですが、リンパ球のT細胞やNK細胞の働きが明らかになるにつれ、免疫システムは別の役割も持っていることが知られるようになったのです。

一国の社会秩序がつつがなく維持されるには、外敵に対する安全保障システムだけでは十分ではありません。もしその国の内部に秩序を撹乱する者があらわれ、最初はたった1人であったのが仲間をつくり、その仲間が仲間を呼ぶ形で一味の数が際限もなく倍加しっづけたら、どうなるでしょうか?

社会秩序は混乱をきわめ、一味がなおも勢力を拡大しっづければ、やがてその国は滅びてしまうかもしれません。そんなことにならないためには、治安維持システムが必要です。ガン細胞はまさに、正常細胞のなかから生まれた秩序の撹乱者です。リンパ球のT細胞やNK細胞は、この撹乱著すなわちガン細胞を、体内から速やかに排除する治安維持システムという重要な役割を担っていることがわかってきたのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください