大豆効果「美肌」肌荒れの原因ビタミンB2不足を防ぐ

肌にビタミンB2が必要なのは

ビタミンは、どれが不足してもからだに問題を起こしますが、とくにビタミンB2不足の人は美しい肌を保つことができず、そのうえ、ぶくぷく太ってきたりします。

そのわけは、ビタミンB2の働きを考えてみると、十分納得のいく結論が得られます。すなわちビタミンB2の働きの大きなものは生体の成長促進に深くかかわっていることです。

人間は成長促進のために、たんばく質、脂肪、糖質といったさまざまな成分を必要とします。ビタミンB2はこの脂肪を燃焼しっくすのに欠かせないビタミンなのです。

ビタミンB2が足りないと当然脂肪を十分燃やしっくすことができませんから、燃やすことができなかった脂肪は体内に余分な脂肪として残り、脂肪太り、肥満というかたちとなってあらわれてきます。

また、脂肪の一部は皮膚の毛穴からでも体外に出ようとします。毛穴からの脂肪の体外排泄が正常にいっていさえいれば、独特の、あぶら分を分泌して、皮膚にツヤやかなやわらかさを与えてくれるのですが、脂肪を十分に燃やし切れなかったようなかたちで出くる場合には、そうはいきません。

過剰なかたちででてきた脂肪は、かえって毛穴中に潜んでいたバイ菌を刺激し、皮膚を化膿させ、ニキビや吹出物の原因をつくったりします。

脂肪の摂取が増えたことでビタミンB2が不足している

最近の日本人の脂肪摂取量は、50年程度前と比較すると、約3倍もの増えかたをしているといわれています。それに比例して取らなければいけないビタミンB2は、国民栄養調査によっても不足していると報告されています。

この脂肪の過剰摂取とともに食塩の過剰摂取もビタミンB2の不足につながります。塩を余計に取ると、肝臓に貯蔵されているビタミンBが急激に減ってしまうからです。

このビタミンB2を多く含む食品として知られているのが納豆、とうふといった大豆加工食品なのです。とくに納豆には、納豆菌の作用によってつくられたビタミンB2が豊富に含有されています。

ただの大豆にはビタミンB2が100グラム中0.3ミリグラム程度しか含まれていませんが、加工されて納豆になりますと、乾燥した大豆の状態に比較して、約4倍の0.56ミリグラムはあるということになってくるのです。
納豆が苦手な人はこちら

1日のビタミンB2必要量は1ミリグラム

人間が1日に必要とするビタミンB2の量は、ふつう1ミリグラム強とされています。これだけの必要量を納豆だけから補うとすれば、1日に納豆を200グラム摂取すれば十分ということになります。
納豆100グラムの量というと、大きな包みで1包み、ふつうの包みで3包み程度です。ですから、3度、3度の食事でふつうの包みの納豆を1つづつたべていれば、1日のビタミンB2の必要量は納豆だけで満たすことができるというわけです。
もちろん、他のタマゴ、牛乳、レバーといった食品にもビタミンB2は大量に含まれていますが、脂肪が少なくて、消化がよく、たんばく質に富んでいる食品となると納豆に勝る食品はほかにありません。
ビタミンB2についてはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です