生活習慣病の原因になる欧米型の食習慣は日本人には合わない

世界で和食に注目が集まる

日本の古来からの伝統食品である大豆食品が、再認識され、世界中から注目されています。高栄養、高カロリーの食事を取り続けてきた先進諸国の人々が、日本の低栄養、低カロリーの食事に深い関心を寄せているのです。

栄養量嘗な欧米型の肉食中心の食事があらゆる生活習慣病の原因になっていると気づいたのです。欧米に追いつけ追いこせと、一生懸命欧米型の食事をまねしてきた日本人は、今や欧米人と同じような生活習慣病に悩んでいます。

皮肉なことに、欧米人の方が日本的低カロリー食を絶賛し、人間のからだにとって理想の食事だと言い出す始末です。フランスの最高級のレストランでパリにある「ラルケストラート」の経営者サンドランスさんは、先頃来日した際に、「日本の伝統の料理は世界のあらゆる料理の200年先を行っています」と最大級の言葉で評価していました。

「いつまでも若々しくありたい」、「美しさを一年でも長く保っていたい」、「長寿をまっとうしたい」。こういう願いは、人間であれば誰しもが持っていることで、よほど破滅型の人生を送っている人でないかぎり、ごく常識的、一般的な考えといって差し支えないでしょう。

とくに中高年になると、ある程度の先もみえてきて、体のことを真剣に考えるようになります、また、からだそのものにも、いろいろな障害がでてきて、からだからもいつも警告を発せられるようになります。
そうするうちに、いやでも健康に気遣うようになってくるものです。そこで、いいといわれているさまざまなクスリを飲んでみたり、いろいろな健康法を試してみたり、スポーツに励んでみたりするわけですが、これといった決定的なものがあるわけではありませんので、また、もとの生活に戻ってしまったりします。

大事なのはやっぱり口にするもの

健康法や薬剤も、そのケースによっては決して否定するものではありませんが、私たちはまず、毎日摂取している食物の栄養のことを第一に考えなくてはいけません。カロリーを計算したり、栄養を分析しながら毎日の食事をするなんてことは、たいていの人はしていませんが、そこまで考え込まなくても、身近なところにはけっこう栄養豊富な食物があるものです。

日本人は「栄養をつけようい「スタミナをつけよう」などということを思いつくとすぐ、肉やタマゴを口にします。たしかに肉やタマゴは大変な栄養源です。

しかし、日本人の食生活の中で欧米型の肉食中心の食事が増えてくるとともに、むかしの日本人ならそれほどかからなかった病気に今の日本人はかかるようになってきたのです。

動物性たんばく質中心の欧米型の食生活を取り入れることによって、欧米人に多かった病気もついでに輸入させてしまっているのです。とくにそれは生活習慣病の関係に多く、肥満、脳卒中、動脈硬化、心筋梗塞、糖尿病、痛風などという病気は、戦後、急速に増えてきたものなのです。

大豆=医食同源の原点

「医食同源」という言葉があります。中国で言われていることのようですが、日本人はこの医食同源という言葉を知っていながら、今までほとんどかえりみず、即効性のあるクスリにばかり頼り、自分のからだを自分の力で維持するという点に欠けていたようです。

「医食同源」ということは、ここにきて幾分認識され、少しは、毎日摂取している食べものについて考えている向きもあると思われるのですが、まだ、食物から栄養をとり、その栄養からいろいろな病気を予防したり、治療したりしているという事実について、深く知ろうとしてはいません。

欧米型の食事に慣れた今の日本人は私たちの先祖伝来の食物であり、食品学・栄養学の面からも、すばらしい食物、大豆食品のことを忘れすぎていたようです。

大豆食品こそは、日本人にとって「医食同源」の原点ともいうべき食物だったのです。大豆は、中国が原産地といわれています。わが国では、秋田、静岡、山口など各地の弥生後期の遺跡から、大豆が出土していることからみて、日本の歴史がはっきりしないその遠い以前から、食物として利用されてきたようです。

アトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎用のロングセラースキンケア用品「美肌精油ジェル」は3点セットで使う

アトピー、敏感肌、乾燥肌の人のためのスキンケア用品

肌に特にトラブルや症状をかかえていなくてもストレスがかかったり、寝不足が続いたりすりすれば吹き出物ができたり、肌の調子が悪くなったりします。女性であれば「肌の不調=ストレス」になります。
今回、紹介したいのは、医師が考案したアトピー専用のスキンケア用品で3点セットで販売している「美肌精油ジェル」。

美肌精油ジェルは、林医師が考案したアトピー患者さんのためのスキンケア商品。1997年にボディーソープ、整皮ジェル、保湿クリームの3点セットになった商品として販売。


19年もの間、アトピー性皮膚炎患者さんに支持を集めているロングセラーのスキンケア商品です。世の中にアトピーや敏感肌用のスキンケア製品は多くりますが、ほとんどは発売から数年で消えてしまいます。

最近、増えている脂漏性皮膚炎などもこの美肌精油ジェルで効果があるようです。脂漏性皮膚炎の人もアトピーと同じように皮膚トラブルがストレスとなります。最初は、ふけだと思っていたものがかゆみと乾燥でストレスフルになり、ステロイドで一時的に軽減されますが、症状の悪化を繰り返します。

  • 洗浄皮脂膜を落としすぎずにダニや細菌、ダニのエサになるアカを洗い落とす
  • 水分補給と抗菌水分が蒸発して乾燥が加速するアトピーの肌に水分を補給し、抗菌をしてダニやカビから肌を守る
  • 保湿クリームの膜で補給した水分を守り、乾燥を防ぎます。

この3段階のケアによってアトピーや、脂漏性皮膚炎などの肌トラブルなどを改善、ケアします。
肌の調子がスキンケアだけで改善するかどうかは実際に使ってみないとわからないのですが、かなり信頼できるようです。
肌のケアも毎日のことになるので、肌のためによくないケアを行ってしまうと逆効果にもなります。

美肌精油ジェルの3点セットを使うことで、肌のかゆみ・炎症・乾燥が抑えられ、アトピーを改善する効果が期待できるのです(単品での使用も可能)。

アトピーには紅斑(赤みのある湿疹) や鱗屑(肌が乾燥し、魚のウロコのようにはがれた状態)など、さまざまな症状がありますが、美肌精油ジェルは、どんなアトピーにも有効です。

現在、ステロイド外用薬をはじめとする薬を使って治療している患者さんが、美肌精油ジェルを使っても問題はありません。その場合は、ボディソープで洗浄して整皮ジェルを塗った後に処方されている薬を塗り、その上から保湿クリームを塗るようにします。

保湿クリームで「ふた」をすることで、整皮ジェルと薬の有効成分が浸透しやすくなります。治療と併用しながら美肌精油ジェルを使うことで皮膚のバリア機能が回復し、ステロイド外用薬による治療を早く終えられた、という人も多数いらっしゃいます。

アトピーや脂漏性皮膚炎などは治療にステロイドが使用されるのが一般的ですが、ステロイドを使った時には一時的に症状が軽減されたり、改善されてもまた、同じような症状がでてしまうのが大きなストレスになります。美肌精油ジェルが肌トラブルを防ぐきっかけになるよう強く願っています。

沖縄に伝わる「島こしょう」の辛みで抹消の血流が改善

生活習慣に加えて過度なダイエットも冷え症の原因

寒い季節に限らず、手足や腰の冷え・しびれなど、冷え症に悩む女性が最近ふえているようです。これはミニスカートやハイヒールなど体を冷やしたり、血流を悪くしやすい生活習慣に加え、意外なようですが、食生活にも原因があります。

ダイエットを意識するあまり食事の量が減ると、噛むことによる脳への刺激が少なくなるため、食欲や体温を調節する視床下部からのホルモン分泌のバランスが崩れてしまうのです。

過剰なダイエットで内臓機能が停止しまう

ところが、現代医学では冷え症を改善する特効薬がありません。そこで私たちが興味をもったのは、古くから食生活にとり入れられてきたスパイスの効用でした。漢方には冷えを治す処方が多くあります。そうした処方に多く含まれているのが、こしょうなど、スパイスとして用いられる植物系の生薬だったのです。

私たちが注目したヒハツという物は、こしょうの仲間です。沖縄では島こしょうと呼ばれて豚肉のくさみ消しや、そばの風味づけなどに用いられるポピュラーな香草科です。
東南アジア原産、独特の甘い香りが特徴で、インドなどでは健胃や冷え改善の目的で薬用ともされてきたようです。また、ヒハツには動物実験で血管拡張作用を示したデータがあったことからも、冷え症を改善する効果が期待できたのです。

血管拡張因子の合成を活発化血管を拡張し血流を改善する

20代から50代の冷え症に悩む女性20人を対象に行いました。ヒハツのエキスをまぜたお茶を飲んでから15度の冷水に1分間手を浸してもらい、皮膚の温度の変化を調べてみたのです。すると、飲まなかったときにくらべ、ヒハツエキス入りのお茶を飲んだときのほうが温度の回復が早い傾向があり、飲んだ人の75 に手先の温度回復効果を実感する効果がありました。

では、なぜヒハツが冷えを改善したのでしょうか? 体内の一酸化窒素(NO)には血管を拡張させる作用がありますが、研究の結果、ヒハツに含まれるピペリンという成分には、この一酸化窒素を合成する酵素を活性化させる働きがあることがわかってきました。
ピペリンの働きによって血管が拡張し、血流量がふえたことで皮膚の温度が上昇したと考えられます。ピペリンはその名のとおりペッパー(こしょ、ユの仲間に含まれる辛味成分)です。

ですので、ヒハツに限らず、いわゆる黒こしょうや自こしょうなどのこしょうを同様に摂取しても冷え症の改善は期待できると考えられます。ちなみにこのときに用いたヒハツのエキス粉末の量は150mg。スパイスのかたちで出回っている島こしょうなら、「辛味」を少し感じる量です。冷えに悩んでおられるかたは意識的に1日1回、辛味を楽しみながら食生活にとり入れるようにすると、よい効果が期待できるのではないでしょうか。

島こしょうはこちら。