水を飲んでダイエットをするならシリカが含まれている水のパワーで

現代人は、日頃の運動不足や食生活の欧米化などの原因によって、肥満の人が増えています。肥満は糖尿病や高血圧、高脂血症といった生活習慣病の原因になるので、ぜひ解消したいものです。昨今は世間でさまざまなダイエット法が流行していますが、無理なダイエットをおこなうと、かえって健康を損なう可能性があります。肥満を解消するなら、健康的にやせる方法でおこないましょう。
そこでおすすめなのが、水飲み療法を利用したダイエットです。

水を飲んでダイエットする方法の優れているところは、次の2つです。

  • 水にはカロリーがないこと
  • 水を飲むことで暴飲暴食を防ぎ、正しい食生活を送れるようになること

水を飲むと水太りになってしまうという人がいますが、本来、体が健康であれば、水を飲んだだけで体がむくんだり太ったりすることはないのです。
過剰な水分は、腎臓の働きにより体外に排出されます。摂取した水はむしろ便通を整えて新陳代謝を良くし、体内に余分なエネルギーが蓄積するのを防いでくれます。

天然の健康飲料である「水」の正しい飲み方

まず、自分の1日の摂取カロリーを決めます。ダイエットのためですから、摂取カロリーは当然に通常よりも少なく設定します。目標とするカロリー摂取量は、女性なら1,100キロカロリー、男性ならば1,300キロカロリーです。
そして、いちばん大切なことは余分なものは食べないこと。特に、間食と夜食には注意が必要です。

朝・昼・晩の3食とおやつ、そして水とで規則正しい食生活を取り戻しましょう。まず、朝起きたら、コップ1杯の水を静かにゆっくり飲みます。朝食は、野菜や海草類を中心としたメニューにします。洋食の場合ならベーコンやソーセージといった動物性の食品は多く摂らないでおきましょう。
昼食までの間に空腹を感じたときには、コップ1杯~2杯の水をゆっくりと飲みます。午前中の空腹感は、これくらいでしっかり抑えられるでしょう。昼食の30分くらい前にもコップ1杯の水をゆっくり飲みます。食前に飲む水は胃腸の働きを活発にしてくれます。昼食が済み、午後3時にはお茶と果物ぐらいが理想です。夕食までに空腹を感じたらコップ1杯、夕食の30分前にもコップ1杯の水をゆっくり飲みます。食事中にはあまり水分を摂らないようにします。そして、寝る時間の30分から1時間前に、コップ1杯の水を飲むようにします。

摂取カロリーが少なめなので空腹感はけっこうあると思いますが、それを水を飲むことで無理なく耐えるのがポイントになります。

シリカ水のパワーで健康的にダイエットする

私たちの体を構成している成分のひとつにシリカ(ケイ素)があります。シリカは体内に存在していますが日々消費されていて、加齢によって減少し、体内で新たにつくり出すことはできないので外側から補給することが必要です。
細胞壁、血管や骨、肌、髪など、私たちの体の重要な部分を強く丈夫にして、健康をサポートしてくれる栄養素です。体内の老廃物を排出させる働きや脂肪分を分解する働きもあるといわれています。

食事制限だけで無理にダイエットした場合、栄養が偏り、骨がもろくなったり、肌や髪が荒れてしまうこともあります。
どうせダイエットでやせるなら、健康的に美しくやせるのがおすすめです。
欧米から広まったといわれているシリカ水ダイエットがありますが、著名人もシリカが含まれる水のパワーを実感しているようです。

シリカが含まれる水についてはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください