体内のフリーラジカル発生量をやす発ガン物質

ある試算によると、ヒトの成人は1分間に500mlの酸素を消費し、1日では約773L、80年生きたとすると酸素消費量は約30tにのぼるとされています。

少なく見積もって、その酸素消費量の1%がスーパーオキシドに化けたと仮定しても、私たちの体の細胞は、一生の間に300kgものスーパーオキシドにさらされる計算になるのです。

別の試算によれば、細胞の1つ1つが1日に1000回もスーパーオキシドやヒドロキシルラジカルの強力な酸化作用の攻撃にさらされているそうです。SODなどの酵素や抗酸化ビタミンがせっせとフリーラジカルの消去に働いているので、たいがいは事なきを得ていますが、もし体内のフリーラジカル発生量がSODなどによる消去能をはるかに超えてふえたら、どうなるでしょうか?

たとえば喫煙です。タバコの煙の一服は多量のスーパーオキシドを含んでいますので、タバコを吸うのはフリーラジカルを吸っているようなものです。

それだけでなく、タバコのタールに含まれる発ガン物質は、肺に達すると、その刺激で、さらに多量のフリーラジカルを発生させます。喫煙の「毒というと、タールばかりが強調され、ニコチンは単なる中毒物質として見られがちですが、実はこのニコチンも加熱によって酸化されると、その過程でスーパーオキシドやヒドロキシルラジカルを容易に発生するのです。

タバコを吸わなくても、車の排気ガスで汚染された空気を吸い、水道水を飲み、焼き魚や焼き肉、目玉焼きなどの焦げた部分を食べることで、私たちの体には毎日、微量ながら発ガン物質が確実にとりこまれています。

発ガン物質がその刺激で、体内のフリーラジカル発生量をふやしています。発ガン物質がなぜ「毒」として作用するかといえば、このように、体内にフリーラジカルをふやす発生源となるからなのです。こうして、SODなどの手から漏れたフリーラジカルは、細胞の内外で暴れまわり、細胞を死に追いやるか、さもなければ手ひどく傷めつけます。DNAを構成している塩基などの物質を、ヒドロキシルラジカルなどの活性酸素が酸化すれば、遺伝子の突然変異が起こり、イニシエーションが引き起こされます。

また、ヒドロキシルラジカルが細胞膜などで酸化の連鎖反応を引き起こせば、プロモーショーンにまで拍車がかかることになりかねませんこのように、正常細胞が発ガンを引き起こす2段階の過程には、発ガン物質の刺激で体内に102発生したフリーラジカルが深く関わっているのです。酸素がなくては一日たりとも生きていけない私たち生物が、体内に発生するスーパーオキシドやヒドロキシルラジカルのような活性酸素によって傷つけられるー酸素はまさに両刃の剣といわねばなりません。

この世に生を受けた私たちの、その実存と切っても切り離せない形で苦がある、という仏教の言葉がここでも思い出されます。仏教では苦からの解脱を説くわけですが、現代科学は活性酸素を速やかに消去する方法を説きます。

ガン原遺伝子が酸化されるイニシエーションも、その異常が細胞全体の構造に及ぶプロモーションも、活性酸素による酸化が原因でした。発ガン物質の「主空とは、活性酸素から連鎖反応的に生成するフリーラジカルのことでした。したがって、この「毒」を消し去ることが、発ガンの予防になるわけです。そのためには抗酸化物質、つまり酸化を抑制する物質を食品から摂取することがすすめられるのです。
抗酸化ビタミンはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください