フリーラジカルの「毒」を消す細胞の仕組み

そのようなことになっては困りますから、私たちの細胞はSOD(スーパーオキシドジスムターゼ) などの酵素を備えていて、フリーラジカルの攻撃から身を守っているのです。

ヒドロキシルラジカルの発生源となるスーパーオキシドが、エネルギー代謝の過程で発生するたびに、このSODがせっせと働き、スーパーオキシドを端から消去しています。

また、細胞膜の油には抗酸化作用のあるビタミンE やβ-カロチン(プロビタミンA )が補われ、細胞の内外を満たしている水にはビタミンC が溶けこみ、これらもスーパーオキシドやヒドロキシルラジカルの消去に働いているものと考えられています。

ネズミから象まで、酸素呼吸をするあらゆる動物は等しくSODを備えています。植物のように体内でビタミンを合成できない動物たちは、華や木の実を食べてビタミンをとり入れます。シマウマなどの草食動物を倒したライオンは、まっさきに腸を食べるそうですが、これなども抗酸化ビタミンを体に補給する知恵ではないかと想像されます。

こうした事実は、酸素呼吸から不可避に発生する活性酸素の「毒を打ち消す仕組みと知恵を備えた生物だけが、酸素の多い地球環境で生き長らえることができたことを意味しているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.