大豆効果 快食、快便なら納豆が一番

「快食」「快便」「快眠」ということがよくいわれます。愉快に食事して、快適に排泄し、その後ぐっすり眠るというわけです。しかし、この3拍子がそろえば最大の健康法と言えるかもしれません。

人間を始めとした動物は、この繰り返しなのです。口から入った栄養分は胃でも、少しは吸収されますが、その栄養のほとんどは小腸から吸収されていきます。大腸では主として水分が吸収されます。

そして排泄となるわけですが、この大腸の働きがうまくいかなくなると、便秘になったり下痢になったりします。どっちにしても、ストレスになります。

納豆には、この大腸での働きを調整する整腸作用があります。

人間の腸の内部には約100種類、100兆個という膨大な数の細菌が存在します。大腸内は酸素が少ないので人間に害を及す細菌が暗躍しやすいのですが、それら細菌に対抗して活動する細菌もあります。最近、有名になってきたビフィズス菌がそれです。

納豆菌は、腹の中で害をなす悪い細菌が異常に増えるのを抑えるとともに、腸の働きを正常化するビフィズス菌など、有用な菌が活動しやすいように増殖に力を借し、腸内の正常化にも協力する細菌なのです。

納豆菌はまた、腸内での滞在時間が非常に長く1週間程度は活躍してくれています。納豆は日本の伝統食ですから遺伝子にも合っていますので毎日食べるのがおすすめです。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です