中高年女性の女性特有の肌の悩みの数十項目新型エラスチンで改善→キメが整い老けて見えるしわが激減

コラーゲンとエラスチンの比率に若い肌をつくるポイントが隠されていた

ある年齢の域に入ると、シワ・タルミ・キメの粗さなど、肌トラブルで頭をかかえる女性はみな同じストレスに頭を悩ませます。この肌症状を劇的に改善する美肌成分として、今、にわかに脚光を浴びているのがエラスチンです。

エラスチンは肌の真皮(皮膚の表皮と皮下組織の間にある組織)に多く含まれる成分ですが、10~20代をピークにどんどん減少し、40代前半で生成が完全に停止してしまいます。
シワ・タルミ・キメの粗さなどに悩むのはだいたい40代からです。

高齢者だけでなく若い人もエラスチンを積極的に補う必要があります。それも、ブタの大動脈や魚の動脈球(大動脈の一部が発達したもの) から抽出された、高純度で質の高い「新型エラスチン」をとることが大切なポイントです。

また、新型エラスチンをとるさいは、人間の真皮皮組織のコラーゲンとエラスチンの構成比に合わせて、コラーゲン50に対してエラスチン1の割合でとれば効果的です。全体的にはごくごく少量のイメージですが、この少量のエラスチンがないばかりに肌がどんどん老化してしまうのです。

肌のキメが整いしわも急減すると肌は蘇る

肌トラブルを抱える40~60歳代の女性による実験です(16人)。

参加者を2つのグループに分類し、新型エラスチン群の女性8人には1日に新型エラステン100mgとコラーゲン5000mgを含む粉末食品を、コラーゲン群の女性(8人)には1日にコラーゲン5000mgを含む粉末食品を、それぞれ8週間摂っていただきました。

8週間後、2項目の肌の状態を、最高点を10点として評価してもらいました。その結果、新型エラスチン群の女性はすべての項目で、試験前より肌の状態が大幅に改善したと回答しました。項目は以下のとおりです。

  • 肌のハリ・弾力
  • 肌のツヤ
  • 肌の潤い
  • 肌のかさつき
  • 化粧ののり
  • かかとのざらつき
  • ひじのざらつき
  • 毛穴の目立ち
  • 吹き出物・ニキビ
  • 髪の毛のツヤ
  • 頭皮のうるおい
  • 爪の状態

さらに、新型エラスチンによる効果は、キメやシワを調べる最新の解析法(3Dレプリカ解析)でも確認されました。

キメがどれだけ細かく存在するかを示すキメ体積率とキメの個数(どちらも数値が増加するほど改善)を調べたところ、キメの体積率では、コラーゲン群が約6%減少したのに対して、新型エラスチン群ではなんと約36% も増加したのです。
キメの個数も、コラーゲン群ではほとんど増えていないのに対して、新型エラスチン群では約25%も増加していました。

シワの探さや密度を示すシワ体積率とシワの個数(どちらも数値が減少するほど改善)の測定でも、新型エラスチン群はシワ体積率が約20% も減少し、シワの個数は約10% 減少しました(コラーゲン群はほとんど変化なし)。これらの結果から、肌の若返りには新型エラステンの摂取が撮めて有効であることがわかりました。

コラーゲンよりさらに美肌になる「新型エラスチン」はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です