現代人にココアが必要な理由、ココアに含まれる栄養素

単独の栄養だけ「いい、悪い」は判断できない

ココアに成人病~ガンまで有効な成分が含まれることは最近になったわかったことです。なぜ、ココアが現代の日本人に有効であるか?を考えるにあたっては私たち日本人の生活と食事の歴史を振り返る必要があります。

日本人はもともとご飯、味噌汁、野菜の煮付け、そしえて時々魚を食べ、一方で農作業のような非常に過酷な労働をするという生活を続けてきました。百年と言わず50年ぐらい前までは現代の十倍以上、体を動かし、しかも低栄養の食事をするのが一般的でした。

こういうった環境の中では体力が消耗したときに特定の栄養素をとることで劇的な効果が期待できました。

  • うなぎを食べると精がつく
  • 朝鮮人参が効く
  • にんにくは元気がでる

などはこうした時代の体験であって必ずしも現代にそのまま通用するわけではないのです。

また、体を使って農作業などをしたため多くの塩分を必要としました。よく、塩分摂取と脳卒中の関係を指摘されますが、脳卒中は過剰な労働の結果おきたことで必ずしも「塩分だけが原因」ではないのです。
つまり栄養というのは単独で「善し悪し」が判断できるものではなく環境との関わりの中で考えていかなければならないといことです。

ストレスの多い現代社会でココアは最適のバランス食品

現代社会では肉体労働が減ったかわりに過剰な脳労働が求められるストレス社会となりました。また、加工食品が増えて清潔な食べ物が手軽に手に入るようになった一方で食品添加物も急増しました。

人間の体は長い時間をかけて低栄養、重労働に適応したきたわけですが、わずかの間に環境はまったく変わってしまいました。どういった食事が健康でよい老後を暮らせのか?」を模索しているのが現代なのです。
こうした理由から従来では栄養とみなされていなかった成分も生活の上では欠かせないものになってきています。その代表的なものにカフェインなどの神経に作用する成分やアロマなどの香り成分です。

仕事の前にコーヒーを飲まないと集中できない人や逆に仕事の後のバスタイムにはアロマなどの香りがないとリラックスできない人が増えているのはこういった理由からなのです。

精神を安定させリラックスさせるココア

ココアはかつて低栄養だった時代には即効性のある栄養価の高い食物とされていました。「神々の食べ物」として理解されていたカカオですが、もともとは「神々に捧げる穿刺の食べ物」に由来しています。
アステカ王国の時代に戦士たちの体力増強と疲労回復剤として用いられていたのです。

現代では、速効の疲労効果を期待することはできませんが、別の意味でココアは現代社会にマッチした成分を含んでいるといえるでしょう。古くから食用に利用されて害のある成分も含んでいないことを考えると添加物を含んでいる加工食品に比べてもココアのほうが安心できます。

ココアには、テオブロミンというカフェインと同じアルカロイド類が含まれています。しかし、目覚まし効果の高い化フェンと違ってテオブロミンはむしろ神経を安定させる方向に作用します。また、香りもほんとする神経の休まるにおいで落ち着きます。

バランスのとれたミネラル

ミネラルバランスがとれている点においても現代人には合っているといえます。なかでも鉄分とカリウム。この2つは日本人に不足しているミネラルです。幼児の10%、20~30代の主婦のおよそ30%が貧血だというデータがあります。
鉄分は、小魚や動物の内臓に多く含まれています。昔のように小魚をたくさん食べていた時代には自然と鉄分摂取もできていたいのですが、内臓をとりさってキレイになった魚を食べる現代では鉄分は不足してしまいます。
カリウムには過剰なナトリウムを排泄する作用があり、カリウムとナトリウムをバランスよく摂ることはとても大切なのです。しかし、こちらの摂取量も減っています。当然、野菜にも含まれる栄養素ですが、昔に比べて減少しています。

ガンや胃がんの予防、コレステロールを抑制する

ココアの注目すべき栄養素にリグニンがあります。リグニンは繊維のような役割を果たし、水によく溶け少量で効果を発揮します。リグニンは吸着性がよく細かい突起のすみずみなで洗浄するようにして腸壁に付着している老廃物を取り去ります。

また、ココアには多用なタンニンが含まれていますがそのひとつであるポリフェノールには潰瘍やがんを予防する作用が確認されています。ポリフェノールはワインがとても有名ですが、ココアのポリフェノールはマウスを使った実験ではワインのポリフェノールも効果的という報告もあります。
ワインにはアルコールが含まれ飲み過ぎは肝臓に負担になりますがココアなら心配ありません。

ココアは、現代人が不足しがちな成分を補い、安全性が確立されているのです。

ココアは精神安定剤

集中力が必須の受験勉強中のリラックスにココア

高校生の頃、受験勉強をしている合間によくココアで一息ついた思い出があります。ひたすら勉強だけするより、適度に休憩を入れた方が能率がいいんです。体を動かしていなくても、頭脳労働をしていると疲れを感じて、甘いものがほしくなります。

ココアには集中力を高めるという効果もあるんですよね。子どもの頃は、珠算の最年少チャンピオンになったこともあります。その当時は珍しくもあったのか、テレビ出演を依頼されて、あるテレビ番組に出演しました。緊張のためか、番組の中で出題された暗算問題を間違えてしまったんです。その時のアナウンサーの方が親切に私を慰めてくださったのが、今でも忘れられません。私がいろいろと悩んだすえに、アナウンサーという職業を選んだのも、あの時のアナウンサーの方の優しさが忘れられないからかもしれません。

疲れと緊張の体を癒やす

私の仕事は、中継やロケが主なので、暑い夏も寒い冬も外に飛び出していって、さまざまな情報を視聴者の方々にお届けします。現在はフジテレビ系列の「目覚ましテレビ」という番組で、北海道から全国に生中継を行っています。週に1度、列島村決というコーナーで北海道からのナマの情報を届けているのですが、冬は氷点下まで気温が下がり、体が冷えきって立っているだけで疲れてしまいます。生放送ということもあり、緊張感も一層高まる瞬間でもあります。
朝の5時5分と7時頃の2回、生中継に出演しますが、1回目と2回目の間にココアを飲むようにしています。ココアを飲むと、体が温まり、不思議と精神的にも落ちついてきます。また、深夜番組のロケで一日中外を飛び回って、会社に戻った後ココアを飲むと、ホッと一息つくことができます。ココアを小さい頃から飲んできましたが、精神的にも肉体的にもハードな現在の仕事の合間にココアを飲む機会がかえって多くなっているような気がします。
甘い物に目がない私は、油断をするとすぐ太ってしまうので、食べ物には気を付けています。体力が必要な仕事なので、食べないわけにはいかないし、食べ過ぎるわけにもいかないというジレンマに悩むこともあります。

しかし、ココアを飲むと、忙しい時はおなかの足しになり、甘い物を食べたいと思った時はお菓子の代用品になります。ココアは、コレステロールを下げる効果もあると聞いたので、これからも安心して健康と美容のために飲み続けていくと思います。

カカオの様々な効能

社内でもチョコレート担当は元気いっぱい

チョコレートとの出会いは、学生時代。私は陸上の400メートルの選手だったのですが、試合前日に、当時はまだ高価だったチョコレートをよく食べていました。そういうときは、成績がよかったですね。その後、明治製菓に入社して約40年、チョコレートやココアの生産、研究、商品企画に携わってきました。プロとしてチョコレートを食べ、ココアを飲んだりしてきたわけです。平均すると、普通の板チョコ1枚ぐらいに相当するカカオを、毎日食べ続けてきているのではないでしようか。

25年ほど前から出張で原産国に足を運ぶようになってから、今度は、カカオの歴史に強く引かれるようになりました。もともとマヤ文明に興味を持っていたことや学生時代にスペイン語を勉強していたことも影響したのでしょう。出張のたびに仕事の合間をぬって、カカオの歴史を訪ね歩きました。紀元前1100年ごろの地層から、すでにカカオの殻(カカオポット) の繊維が見つかっています。カカオはそれぐらい古い歴史を持っているのです。

リラックスタイムに欠かせないカカオ

カカオには、晴好品としては珍しく食物繊椎が豊富に含まれていることは、実は、20年ほど前から指摘されていたことです。4年ほど前、明治製菓の食料総合研究所の所長に就任してから、本格的にカカオの成分についての研究を始めました。きっかけになったのが、ココアバター。人間の体温に近い温度でさっと溶け、まるで、人間のためにつくられたかのような組成を持っていること、また酸化しにくい安定した油脂であることは、経験的に知っていました。

これらが研究の鍵になると考えたのです。大学の研究所の協力も得て、半年後ぐらいからさまざまなデータが出てきました。
この結果、ココアバターがコレステロールを下げる効果があることや、カカオにはアルコール性の潰瘍を防止する成分が含まれていること、ミネラルのバランスが非常にいいことなどがわかってきました。
古代メキシコでは、不老長寿の薬として珍重されたり、「神々の食べ物」と呼ばれたりしていたカカオですが、歴史が古く、それだけ長く食べ続けられている食物は人間に合うようにできているのだということを実感します。オフィスではコーヒーを飲みますが、自宅ではココア。冬は電子レンジで温めた牛乳でココアをつくります。夏は、冷たい牛乳でも溶ける冷用ココアをお勧めします。私が開発担当の責任者だったときに開発した製品ですから(笑)。とくに、仕事を終えて帰宅して、ほっと一息、というときには、やはりココアがピッタリだと思います。

ココア独特の甘い香りで心身の緊張が和らぐ

アロマ効果もあるココアの甘い香り

小さい頃から大のココア好きで、コーヒーや紅茶より、ココアを飲む機会が多かった私ですが、毎日のバスタイムで「ココア風呂」を楽しむようになったのは、半年前からです。ココアの魅力は、なんといってもその香り。
ココア独特の甘い香りを嘆いでいると、なんとなくホッとして、リラックスした気分になりますよね。「ココアをお風呂のお湯に入れて、この香りを楽しんでみたらどうかしら?」ココア風呂を始めたきっかけは、そんな単純な思いつきなんです。
もともと私は、アロマテラピー(芳香療法) に関心があり、ストレス解消にいろいろな香りを利用しているのですが、ココアの香りには、アロマテラピーとしての効果が十分にあると思います。
翌日、仕事で大きな仕事を抱えたりしていて寝付けないときにはアロマオイルを入浴の時に使ったりして体の緊張をときほぐし、就寝前にココアを飲むとぐっすり眠れます。

眠れない | アロマテラピーの効能・効果

ココア風呂につかりながら1日のストレスを解消

声優という仕事柄、精神的な緊張を強いられることが多く、ストレスが溜まりやすいんです。そんなとき、湯船の中に少量のココアパウダーを垂らし、お風呂につかりながら、甘くて優しいココアの香りを喚いでいると、心も体もリラックスして、1日の疲れが癒されていくのがわかります。飲むだけでなくバスタイムにココアの香りをかぐととてもいい安らぎます。ココア風呂に入るようになってからは、寝付きもよくなり、しっかりと熟睡できるようになりました。
今では、ココア風呂に入らないと一日が終わらない、そんな感じです。

アトピーにも効果抜群スベスベの肌を実感

最近、ココアのさまざまな効用が話題になっています。ココア愛飲歴の長い私の体験からいわせてもらうと、ココアには香りによるリラクゼーションのほかに、肌の調子を整える効果があると思います。私は軽いアトピー性皮膚炎で、以前は肌のかさつきやかゆみなどの症状に悩まされていました。でも3年前、帰宅後に1杯のココアを飲むことを習慣にしてからは、症状がグンと軽くなりました。

効果が実感できたのは、ひと月ほど経った頃から。カサカサしていた肌は潤いを増してスベスベになり、かゆみもしだいに気にならなくなりました。
最近では、心なしか皮膚が強くなってきたような気がします。

連日、深夜までの収録で寝不足が続いても、ココアを飲んでいれば、肌が荒れることもありません。心身ともにリラックスさせて、安らぎを与えてくれると同時に、肌の調子も整えてくれるココア。改めて、ココアの意外な効用に驚くと同時に、大満足している私です。これからもずっと、ココアとの素敵なつきあいを続けていこうと思っています。

イギリスでも人気のココア

虫歯予防にココア

イギリスといえばすぐに紅茶をイメージされるかもしれませんが、12歳以下の子どもたちは、ほとんど紅茶もコーヒーも飲ませてもらえません。赤ちゃんや幼児はミルクを、それ以上の子どもにはココアか麦芽飲料の場合がほとんどです。

紅茶は、子どもたちにとって、少し刺激が強すぎますし、香りを楽しむにはまだ早いからです。ココアには、日本と同様にまったく甘味料の入っていないものと、甘味料のたっぷり入ったココアの2種類があります。今年4歳になる長女には、甘味料の全く入っていないココアを熱湯で溶き、そこに温めたミルクを加えて飲ませています。けれども、2歳になる長男は、甘味料入りの甘いココアでなければ飲まないので、これからは、お姉ちゃんを見習って慣れさせていくつもりです。

虫歯のない強い歯

日本でもイギリスでも、甘いお菓子が大好きな子どもたちの天敵は虫歯です。我が家ではいつもおやつにチョコレートやケーキを食べさせているわけではありませんが、子供たちはやはり甘いものが大好き。「OK」といえば、いつまでも食べていたいようです。

虫歯はなってからでは遅いので、その予防にも、私は子どもたちにココアを飲ませるようにしています。ココアが虫歯予防の効果をもっていると教えてくれたのは、近所に住んでいたイギリス人の友人です。

最近の研究で虫歯の原因となる成分をココアが阻止するということがわかったというのです。もちろん、甘いココアではダメとのことです。子どもたちには、虫歯にならないよう歯磨きのブラッシングも教えていますが、歯磨きの途中で遊びだしたり、なかなか歯の間や奥歯までをきれいにすることは難しいのです。幸い朝食やおやつのときに、いつもココアだった子どもたちは、虫歯が1本もなく、これまで歯科医院には検診でしか行ったことがありません。

成長期にかかせない

それにココアは食欲を増進させ、成長を促すともいわれています。12歳の息子がいる友人の家では、「身長を伸ばすために、毎日ココアに1リットルのミルクを入れたココアミルクが彼の胃袋に消えてゆくんだ」と、苦笑いしていますⅦ成長する子供たちにとって、これからもココアは欠かすことのできないパートナーになってくれそうです。