大豆効果 女性に多い貧血の改善効果

日本人には多い(特に女性)鉄欠乏性貧血

朝の混雑時に、駅のホームなどで若い女性が駅員に腕を抱きかかえられて介抱を受けている場面をよく見かけます。

こういうのはたいてい、貧血からくるめまいで倒れたというケースが多いのです。

女性は貧血を改善する | 体温を上げる

駅のように介抱してくれるような人がいる場合ならまだいいのですが、なかには無人の踏み切りで貧血によるめまいのために倒れ、そこに特急列車が走ってきて、はねられ、命はとりとめたものの一生の障害者となってしまった人さえいます。

貧血は血液中のヘモグロビン色素量の量が減少してしまった状態をさし、ヘモグロビンの量が平均値の60%以下になるとはっきりした自覚症状となってあらわれます。めまい、立ちくらみ、頭痛、耳鳴り、息切れといった自覚症状がでたら、まず貧血ではないかと考えてみることです。

貧血には急性失血性貧血、鉄欠乏性貧血、悪性貧血、再生不良性貧血などさまざまな病名がありますが、もっとも日本人に多いのは鉄欠乏性貧血です。

この鉄欠乏性貧血は、鉄が足りないのだから鉄剤を飲んでおけばよくなるだろうぐらい考えて鉄剤のようなものをいくら飲んでもなかなかよくはなりません。逆に食欲不振に陥ってしまうことだってあります。

体たんぱくを蓄えることが重要

やはり、食べものによって総合的に栄養補給をし回復をはかるのがすじみちというものです。それには血のもとなる良質のたんばく質がなんといっても欠かせません。そして鉄、鋼、マンガンなどのミネラル類、ビタミンB12 、葉酸などの造血ビタミン群です。これらを含有した食品をたっぶり摂ることです。

貧血には鉄分というのは、一般にも常識化していることですが、たんばく質の摂取を怠っても貧血は起こるのです。

人間のからだの約65パーセントは水ですが、残りの固形部分の約60パーセントはたんばく質です。

人間は、たんばく質の摂取が不足してくると、まずからだに常時蓄えられている「体たんばく」が消費され、次には、血液のなかのたんばくが使われます。血液のなかのたんばくが費やされ柑ると、同時に血液も減少し、貧血がおこりやすくなるのです。

貧血と鉄は切っても切れない関係にあることは言うまでもありません。血液は鉄を含んだヘモグロビンからできています。鉄が足りなくなるとヘモグロビンも足りなくなり、生体内の必要な場所に酸素が運べなくなって、酸素不足におちいり、貧血の自覚症状である動悸、息切れとなってあらわれます。

鋼はヘモグロビンの生成に必要な酸素の活性を高める役目をします。不足すると貧血がおこり、からだの疲労もはげしくなります。

貧血にはビタミンB212も

また、「血を造るビタミン」のビタミンB12は鉄分をいくら補給しても根治できない悪性貧血には著しく効果を発拝します。

たんばく質、鉄、鋼、ビタミンB12、これらの栄養素をあわせもっている食品が、やはり大豆食品なのです。

大豆は良質のたんばく質に富んでいる(含有量35パーセント) とともに、鉄分も100グラム中94ミリグラムと多く、鉄分の吸収をよくする鋼やマンガンも豊かに含まれています。納豆には納豆菌の働きによってビタミンB群がほとんどそろって入っていますが、もちろん貧血に良いとされるビタミンB12 も十分含まれているわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です