株式会社宇治田原製茶場 水に混ぜるだけで簡単にできる粉末煎茶 さらっと

株式会社 宇治田原製茶場 の 粉末煎茶 さらっと の紹介です。宇治田原町は、京都府の南部に位置し、綴喜郡に属する町です。

昭和のはじめから100年近くお茶を営んできました。健康を維持するためにお茶の風味を落とさずにより手軽に楽しんでいただきたいと開発した粉末煎茶「さらっと」の紹介です。

株式会社 宇治田原製茶場 の 粉末煎茶 さらっと が体に良いとされている理由

茶葉にお湯を注ぎ、急須で淹れたお茶の液体には茶葉の栄養成分が約3割は抽出されるのですが、残りの約7割は、急須の中の茶殻に残ってしまっています。

また、不溶性成分である、ビタミンEや、βーカロテン、ミネラル類(カルシウム、マグネシウム等)、食物繊維などはほとんど抽出されず茶殻にそのまま残ってしまいます。お茶は、古くから日本人の生活に欠かせないものとなっていますが、せっかくの栄養は吸収されていないのが現実です。

さらっと粉末
茶葉をまるごと取れる粉末煎茶「さらっと」

茶場の工夫

そこで、茶葉自体をそのまま粉砕して粉末にすれば、栄養成分を余すことなく摂取する事ができるのです。

さらに粉末茶の粒度のバランスを崩す事により粉の分散がよくなり、溶けやすくした工夫。

細かく粉砕した茶場の分子表面に無数の穴をあける「特殊粉砕加工」により、湯水がスポンジのように浸透し、ダマになりにくくなります。

また粉砕する時に緑の色や味を熱で損なわないように、なるべく熱を加えないように工夫しています。水にもお湯にも溶けます。

国産茶葉100%だから安心

粉末煎茶は、茶葉の栄養を丸ごと摂れるからこそ茶葉そのものの品質に重きを置いています。毎日飲むものだから100%国産にこだわりました。

株式会社 宇治田原製茶場 の 粉末煎茶 さらっと
株式会社 宇治田原製茶場 の 粉末煎茶 さらっと

一般の市販品の粉末煎茶と溶けやすさを比較すると差は歴然!口当たりも良く飲みやすくおいしくなりました。

ストレスの多い現代人は、抗ストレス作用にビタミンCを1日1000mg必要ですが、煎茶には、ビタミンCが100g当り320mg含んでおり、レモンの約3.2倍です。
豊富な健康成分がとれて、「ダマになりにくく溶けやすい」粉末煎茶の
常識を覆した「さらっと」を召し上がってください。

ペットボトル茶の置き換えにも最適です。1杯アタリのコストもお得なので
毎日の水分補給にもおすすめします。
茶葉 を入れて振るだけなので簡単に 本格煎茶 が楽しめます。


【ふるさと納税】さらっと粉末煎茶6本組 

血糖値で悩んでいる方ははつらつ堂の「八酵麗茶」

ホルモンバランスを調整する働きがあるダミアナ

中央アメリカで催淫薬として重宝されているダミアナは、男女の性的な健康を維持するのに用いられます。ホルモンバランスを調整する働きがあるため、PMSや閉経期の症状の治療薬として処方されます。

長年、このハーブは男性の早発射精や尿路感染症の治療薬として使われています。穏やかな刺激効果によって敏捷性とエネルギーを高めることから、性交強化サプリメントとされています。ダミアナが男性の尿道を刺激し、ペニスを敏感にすることで、刺激に対するあなたに必要なサプリメントの効果と使用法反応を高めると考えるハーバリストもいます。
また、便秘や消化不良にも効果的です。
摂取量は60mgのカプセルを1錠1日に3回までです。

エネルギーアップのサプリへ

エネルギーと持久力を回復・強化するアルギニン

アストラガルスは、男女の性的エネルギーと持久力を回復・強化する強壮剤として、中国で使れているハーブです。免疫機能やからだ全体の機能を高め、また精子の運動力の弱いことが原因となる男性の不妊(受胎しにくくなる)の治療にも使われます。

ある試験管内テストでは、アストラガルスが精子の運動力を高めることがわかり、人体にも同様の効果が得られると期待されています。摂取量は400mgのカプセルを1日に3錠までです。
アルギニン

エネルギーアップのサプリへ

ブナシメジを食べたマウスの発がん率はわずか7分の1程度

まず、発ガン抑制試験です。

72 匹のマウスを36匹ずつの2群に分け、一方には普通のエサを、他方には普通のエサにブナシメジの粉末を5%まぜたエサを与えて飼育します。

1週間後に強力な発ガン物質を72匹すべてのマウスに皮下注射し、その後もそれぞれのマウスに普通のエサ(対照群)とブナシメジを5%まぜたエサ(ブナシメジ群) を毎日与えつづけます。こうして1年半(76週) にわたる観察を続けながら、マウスの皮下に発生したガンが平均直径約5mmに達し、手でさわってわかるようになったとき、「発ガン」したと判定したのです。

これはヒトでいえば「臨床ガン」になった状態を意味します。ブナシメジを食べたマウスの発ガン率が低く抑えられているのが一目でわかる臨床試験でした。

対照群では、16週後に最初の1匹にガンができたのを皮切りに、相次いで発ガンが起こり、76週で36匹中21 匹に発ガンが確認されました。

ところが、ブナシメジ群では76 週を通じてガンができたのはわずか3匹でした。発ガン率が対照群の7分の1に抑えられたのです。

特に観察期間のなかばを過ぎた4週以降は、対照群とブナシメジ群の間に統計学的な有意差が認められました。有意差とは誤差でない明らかな差のことだと前に説明しましたが、より正確にいえば、両群の間にみられる差が誤差である危険率が5%以下あるいは1%以下であることを意味します。

実験では、最後の10週になると、対照群とブナシメジ群の間に開いた発ガン率の差が誤差である危険率は、0.1%以下に減少しました。このことは、同じ実験を1000回繰り返したとしても999回は対照群に比してブナシメジ群の発ガン率が明らかに低いという同じ結果が得られるにちがいない、という意味です。

きのこから得た抽出物でなく、きのこ自体を動物に食べさせてしんぼう強く観察を続け、その発ガン抑制効果を証明した研究は、世界でもこれが初めてでした。

それほど、たいへん労力の要る研究でした。マウスの体と私たちヒトの体はむろん仕組みが異なりますが、この実験から、ブナシメジを常食すれば発ガン抑制効果を期待できることはほぼ確実と思われます。そして、ブナシメジがどのようにして発ガンを抑制するかといえば、主として血漿のフリーラジカル消去活性を高める作用に加え、免疫賦括作用にもよるものと推測されるのです。
血液のフリーラジカル消去活性を高めるブナシメジ

体内のフリーラジカル発生量をやす発ガン物質

ある試算によると、ヒトの成人は1分間に500mlの酸素を消費し、1日では約773L、80年生きたとすると酸素消費量は約30tにのぼるとされています。

少なく見積もって、その酸素消費量の1%がスーパーオキシドに化けたと仮定しても、私たちの体の細胞は、一生の間に300kgものスーパーオキシドにさらされる計算になるのです。

別の試算によれば、細胞の1つ1つが1日に1000回もスーパーオキシドやヒドロキシルラジカルの強力な酸化作用の攻撃にさらされているそうです。SODなどの酵素や抗酸化ビタミンがせっせとフリーラジカルの消去に働いているので、たいがいは事なきを得ていますが、もし体内のフリーラジカル発生量がSODなどによる消去能をはるかに超えてふえたら、どうなるでしょうか?

たとえば喫煙です。タバコの煙の一服は多量のスーパーオキシドを含んでいますので、タバコを吸うのはフリーラジカルを吸っているようなものです。

それだけでなく、タバコのタールに含まれる発ガン物質は、肺に達すると、その刺激で、さらに多量のフリーラジカルを発生させます。喫煙の「毒というと、タールばかりが強調され、ニコチンは単なる中毒物質として見られがちですが、実はこのニコチンも加熱によって酸化されると、その過程でスーパーオキシドやヒドロキシルラジカルを容易に発生するのです。

タバコを吸わなくても、車の排気ガスで汚染された空気を吸い、水道水を飲み、焼き魚や焼き肉、目玉焼きなどの焦げた部分を食べることで、私たちの体には毎日、微量ながら発ガン物質が確実にとりこまれています。

発ガン物質がその刺激で、体内のフリーラジカル発生量をふやしています。発ガン物質がなぜ「毒」として作用するかといえば、このように、体内にフリーラジカルをふやす発生源となるからなのです。こうして、SODなどの手から漏れたフリーラジカルは、細胞の内外で暴れまわり、細胞を死に追いやるか、さもなければ手ひどく傷めつけます。DNAを構成している塩基などの物質を、ヒドロキシルラジカルなどの活性酸素が酸化すれば、遺伝子の突然変異が起こり、イニシエーションが引き起こされます。

また、ヒドロキシルラジカルが細胞膜などで酸化の連鎖反応を引き起こせば、プロモーショーンにまで拍車がかかることになりかねませんこのように、正常細胞が発ガンを引き起こす2段階の過程には、発ガン物質の刺激で体内に102発生したフリーラジカルが深く関わっているのです。酸素がなくては一日たりとも生きていけない私たち生物が、体内に発生するスーパーオキシドやヒドロキシルラジカルのような活性酸素によって傷つけられるー酸素はまさに両刃の剣といわねばなりません。

この世に生を受けた私たちの、その実存と切っても切り離せない形で苦がある、という仏教の言葉がここでも思い出されます。仏教では苦からの解脱を説くわけですが、現代科学は活性酸素を速やかに消去する方法を説きます。

ガン原遺伝子が酸化されるイニシエーションも、その異常が細胞全体の構造に及ぶプロモーションも、活性酸素による酸化が原因でした。発ガン物質の「主空とは、活性酸素から連鎖反応的に生成するフリーラジカルのことでした。したがって、この「毒」を消し去ることが、発ガンの予防になるわけです。そのためには抗酸化物質、つまり酸化を抑制する物質を食品から摂取することがすすめられるのです。
抗酸化ビタミンはこちら。