「メタボには運動を」は間違い!

ストレスによる過食が原因

現在、あなたのウェストサイズはどのくらいありますか? 男性なら85センチ以上、女性ならば90センチ以上ある方、これはもう立派なメタポリック症候群予備軍と考えていいでしょう。

さて、このメタポリック症候群。最近よく耳にする言葉ですが、それがはたしてどのようなものかをご存知でしょうか。まずはそこから説明しましょう。

中高年の方がかかりやすい生活習慣病に糖尿病、高血圧、高脂血症があります。これらは、それぞれが独立した別々の病気ではなく、肥満していること、特に内臓に脂肪が蓄積した肥満(内臓脂肪型肥満)が一連の原因であるといわれています。このように内臓脂肪型肥満によって、さまざまな病気を引き起こしやすくなった状態をメタポリック症候群といいます。

この肥満には、女性に多く見られる皮→ 脂肪型と、中年男性に多く見られる内臓脂肪型の2つのタイプがあります。近年、後者の内臓脂肪の肥満について、脂肪細胞が分裂を行なわず、インスリンの働きを悪くする悪玉アディポサイトカインという内分泌物質を分泌してお腹まわりに脂肪を蓄積することがわかってきました。

そしてこの延長線上にあるものが動脈硬化による心筋梗塞や狭心症、脳梗塞といった循環器系の病気です。この動脈硬化という病気は、ある程度症状が進行しないと自覚できません。しかもタチの悪いことに、動脈硬化による循環器系の病気は働き盛りの人に発症するケースが多く、命に係わる場合も少なくありません。

では、このメタポリック症候群を引き起こす原因は何かというと、ひとえにストレスにともなう食事の摂りすぎです。働き盛りのビジネスマンは、夜遅くまで働いて、気持ちの上では「明日にまわせる仕事は明日にしよう」と分かっていながらも、それができない。ようやく仕事を終えて深夜の食事を摂るとなると、これがもう止まらない。ストレスが脳を刺激しているから、食べても食べても満足できないということになるわけです。

こうした現象を見て多くの医者は何と言うかというと、「食事を減らしてダイエットしなさい」なのです。私は、こうしたアドバイスはまったく見当違いだと思うのです。

なぜなら、食べてしまう原因はストレスなのだから、そこを解決できるようなアドバイスをしなくては意味がありません。ハードな仕事をしている人が猛烈な勢いで食べるというのは、食べることで我が身を守っているということなのです。食べることでしか、気持ちと身体のバランスを保てなくなっているのです。そういう人に、いくら「食事を控えろ」と言っても、その効果のほどは、はなはだ疑問です。

「仕事を早く切り上げる」一番の解決策

だからこそ私は、「毎日9時、10時までやる仕事を、1時間、できれば2時間短かくして早く家に帰りなさい」というアドバイスをしています。

忙しさに原因があって太っているのなら、時間にゆとりが持てれば必ずやせることができます。ストレスが軽くなるわけだから、必要以上に「食べたい」と思わなくなるからです。もっとも肝心なことは、生き方と働き方のバランスなのです。そのバランスがくずれているのに、いくら「減量しろ、運動をしろ」と言われても、できるはずがありません。メタポリック症候群の人はまず、抱えている仕事を減らすことを最初にしなくてはなりません。

そうすれば、おのずとダイエットは成功します。では一方で、本来的な体型がやせていればいいのかというと、それも違います。とても忙しいのに非常にやせている人がたまにいますが、むしろそういう人の方が危険であると考えた方がいいでしょう。

やせていようが、太っていようが、忙しく働いているときにストレスを感じて小ることに変わりはありません。そうした中で太っている人というのは、偏りはあるものの、食べることでバランスを取ろうという自律神経が働いているわけです。

また心臓にも余力があり、肉体的にも耐える力を持っています。ところがストレスを抱えることで、かえって食欲が減退し、今まで以上にやせていく人というのは、そのストレスのやり場がなく、ただひたすらに神経細胞と肉体が蝕まれていくため、非常に危険です。

だからこそ、多忙を極める人は、太っている、やせているにかかわらず、仕事の量を減らし、諸悪の根源であるストレスからの解放を手に入れることが一番大切なのです。

ダイエットには全敗中という人にははまるかもしれない「糖質制限食」ダイエットなら食欲抑制ホルモンも増えて減量しやすい

冷え症は立派な病気

交感神経価値を招く「冷え」の恐ろしさ

「身体の冷え」はさまざまな悪影響を与えますが、その原因の最たるものがエアコンでしょう。もちろんそのすべてを否定するわけではありませんが、使い方次第でエアコンは取り返しのつかない害をもたらします。

夏になればどこに行っても「寒い」と感じるくらいの温度設定で室内を冷やしています。そのいい例が電車です。真夏の暑い盛りに、汗をかきながら電車に乗り込むとヒンヤリとして、その瞬間は気持ちのいいものです。ところがそれもつかの間、5分とたたずに、かいた汗は冷たくなってきます。そんな状態で30分も乗っていば、身体全体が悲鳴を上げるほどの寒さとなっているのです。その結果、真夏にもかかわらず常に上着を手放せないという人が少なくありません。

さて、こうした環境が生み出す「冷え」による血流障害が全身の病気の原因となって、いまや老いも若きも「冷え症」がいわれる時代となっています。

身体が温まると血管が拡張して、副交感神経が優位になります。冷え症はこれとまったく逆の状態です。冷えることによって血管が収縮して交感神経が優位になり、血行不良を起こすのです。

この冷え症が慢性化すると、いたって深刻な病気へと発展していく場合も少なあなどくありません。単なる冷え症と侮れないのが、この「病気」の恐いところです。

ところが冷え症は、西洋医学の見地からは「病気」として扱われていません。それは単なる体質であり「仕方のないこと」という見方をされてしまうわけです。

たしかに早急に命に係わる問題でもありません。とはいえ、女性の半数以上は手足や腰が冷えてつらい思いをしたことがあるといわれ、これはもうれっきとした病であるというのが、東洋医学の見解です。

そして、エアコンのような環境的要因に加えてもう1つ、冷え症を招くものに、衣類のスリム化があります。最近では、若い女性は身体の線を美しく見せたいがために必要以上に身体にフィットした服を着ていますがこれもも血行障害、冷え症の立派な原因となります。

冷え症を医学的に正しく呼ぶと「末梢血管血行障害」といいます。そもそも人間の身体は、寒さを感じると血管を収縮させて体温を外部に逃がさないようなしくみになっています。そしてある程度の時間とともに少しずつ血液を送り込み、身体の温度が下がりすぎないように調節されるのです。

ところがこの作用が正しく働かず、いつまでたっても身体が温かくならないのが冷え症の特徴です。一度冷えてしまったら、まわりが温かくなっても、いくら洋服を着込んでみても、なかなか血管が広がらず回復しないのです。この血管の収縮運動をつかさどっているのが自律神経であり、自律神経がうまく働いていないことが、冷え症の大きな要因となっているのです。

冷えとガンの関係性

さて、こうした身体の冷えは、ときとしてガンを招く原因にもなりかねません。事実、戦後間もないころの過酷な時代は、日本人の発ガン理由は、過度の肉体労働と冷えによるものでした。あまりの寒さに当時の人々は洋服を着込んだり、火を起こしたりしたわけですが、それではとても間に合いません。

なにしろ隙間風は多いし、暖をとるといっても薪ストーブが部屋の隅においてある程度です。ここまで過酷な寒さに人間が耐えられるはずがありません。

結局は他の過酷な環境因子が重なって、ガンを発症してしまう。こうしたことは日常茶飯事だったといいます。話を冷え症に戻せば、西洋医学では「病気」として認知されない症状ではありますが、この冷え症を甘く見ていると、大きな被害をこうむることはご理解頂けたかと思います。

エアコンへの依存、さらには見栄えのいい、身体にフィットした服、いずれも理解できないものではありませんが、いつまでも元気に人生を送りたい、健康な身体でいたいと望むならば、どちらも控えめがよろしいかと思います。

デスクワークの人は必見、腸のためにストレスがかからない姿勢を意識する

免疫力をアップするための体温+4度の入浴

シャワーのみは交感神経優位になっている

ほとんどの病気の原因は、交感神経が優位になり血流障害を起こしたことによるものです。つまり、体温を上げて血流改善をする入浴は、もっとも簡単な免疫力向上の手段ということができます。

にもかかわらず、最近の若い人や働き盛りの世代の人たちには、シャワーですませてしまう人が増えています。夏場はもとより、身体が芯まで冷えきる冬でもシャワーだけという人が少なくないのです。身体の汚れを落とすだけならシャワーで充分でしょうが、健やかな毎日を送る、若々しい身体を保つなら、これではだめです。きちんとお風呂にお湯を張って、心身をリラックスさせストレスを解消する必要があります。

ある会社で、入浴をする社員と、シャワーしか使わない社員のリンパ球を比較したところ、日々入浴をする社員のリンパ球が、血液1立方ミリメートル中、平均で2248個という結果が出ました。

人間のリンパ球の理想的な数値は2200から2800個ですので、入浴をしている人のほとんどは理想的なリンパ球の数値であるといえるでしょう。いっぼう、日ごろからシャワーしか使わない人のリンパ球数値は平均で19 00個前後。反対に顆粒球はシャワー派の方が増えているという結果が出たのです。

これは、シャワーしか使っていない人は交感神経優位の緊張状態が続いており、それに反して入浴派の人は副交感神経優位のリラックス状態にあることを示してしずいます。

当然ながら、副交感神経が優位になれば交感神経が鎮められ、リンパ球過剰がもたらすアレルギー疾患などにも免疫力が正常に作用します。

ひいては血流効果が高まり、炎症治癒も早まることが期待できるのです。さて、単に入浴が身体にいいといっても、どの程度の温度のお湯に、どのくらいの時間浸かるのがいいのかが問題です。「カラスの行水」という言葉がありますが、これでは身体は温まりません。基本的には、だいたい自分の体温にプラス4度のお湯に、約10分ほどじっくり軽かればじわじわと体温が上昇していくはずです。

「私はカラスの行水」という人は、お湯の温度が高すぎるのではないでしょうか。「熱いな」と感じるお湯には長く入っていられませんし、かえって交感神経を刺激して、身体が緊張状態になってしまいます。

疲れをとるのが目的ではなく、これから仕事があってシャキッとしたいという場合は比較的高めの温度のお湯に入るのも悪くはありませんが、ストレスから解放されるための入浴には不向きといえます。

入浴とはいっても、肩まで浸からなければいけないというわけではありません。いわゆる半身浴も体温を上げる効果は充分あります。入浴で芯からじっくり温める方法(半身浴)

むしろ全身を肩まで沈める入浴の場合、水の圧力で心臓が圧迫されるため、息苦しさを覚える人も中にはいます。こうした方の場合は半身浴の方がいいでしょう。

ただし半身浴の場合の注意点は、浸かっている間に湯の温度が下がらないようにすることです。また、冬場の入浴では、身体全体が温まる前に上半身だけが冷えてしまわないよう、乾いたタオルなどを肩からかけておくようにしてください。

体調が安定する入浴法

また、季節の変わり目によく体調をくずす人や、更年期障害に悩む女性の場は、入浴後に水をかけることをおすすめします。もちろん、身体全体にいきなり水をかけるようなことをしてはいけません。
足首周辺にだけ水をかけてお風呂を上がるように習慣づけると、自律神経の切り替えがスムーズになり、年齢を重ねても体調をくずしにくい身体になつていきます。

そしてときには気分を換えて、温泉や銭湯などに出向くのも大いにリラックス効果が得られます。体温を上げて血流を良くするだけでなく、自宅のお風呂とは違い、広くて開放感にあふれた場所で、手足を思いっきり伸ばして湯に浸かれば、身も心も癒されることは間違いありません。

ただし、温泉や銭湯の場合、お湯の温度が著しく高いところもあるため、自宅と同じ感覚で同じだけの時間お湯に浸かることは控えた方がいいでしょう。

「せっかくだから…」という気持ちは分かりますが、普段以上に熱いお湯に浸かりすぎれば、交感神経優位の状態になり、肝心のリラックスが得られないということになりかねません。この場合も自分の体調と相談しながら、無理のないところで切り上げるのが賢い入浴方法です。

自律神経のリズムに合った睡眠のとり方

睡眠不足も免疫力低下の原因

みなさんは、1日にどのくらいの睡眠時間をとっているでしょう?睡眠時間については、実にさまざまな説があります。1日5時間くらいの短時間睡眠がいいという人もいれば、いや8時間は必要だという人もいる。

実際のところ、厳密に「何時間が正解」という言い方はあえてしませんが、睡眠不足が身体に悪影響を及ぼすことは事実として、睡眠が不足すると免疫力も低下するという事実を説明したいと思います。

まず、夜はきちんと寝て、昼間はすっきり起きて働く、という人間としての正しい生活リズムを確保することが大切です。前項でも記したように、深夜のコンビニュンスストアのアルバイトなどは、もっとも身体を壊しやすい原因となるわけです。

そもそも人間は夜行性の動物ではないので、夜に起きていること自体、不自然なのです。もちろん夜起きていても日中しっかりと睡眠をとっていれば多少は害が軽減するものの、理想的な状態とはとてもいえません。

人間の身体や脳は、光の中で興奮するようにできているわけで、いかに睡眠をとろうとも健康を維持する、ましてや老けない身体をつくるということでは非常に不利なわけです。

たとえば、同じ芸術家でも、画家と作家ではやはり画家の方が長生きをしている傾向があります。なぜなら作家の場合、夜苦しみながら文章を書くという場合が多く、いっぼうで画家の場合は日中スケッチをしたりして、明るさを表現する場合が多いからです。

さて、こうした昼夜逆転が原因となって睡眠が不足した人は、自律神経の日内リズムである、昼間の交感神経から夜の副交感神経への移行がうまくできず、交感神経優位のままとなり、脳細胞が休息できない状態になります。

さらに、寝ないということは重力から解放されないということでもあり、夜遅くまで働いていたり、パソコンでインターネットなどをしていれば血圧が上がり、免疫力が著しく低下しているのです。

自律神経の昼夜のリズム

人間の身体は、日中は交感神経を活発にし、体温を上げて脳と身体を活動させ、夜は副交感神経を働かせて体温を下げ、脳と身体に休息を与えて疲れた細胞を修復し、内臓機能を高めて消化活動をするように作られていることを知らなくてはなりません。

副交感神経を働かせる睡眠をきちんととらないと、脳も身体も休まることがなく、いずれはオーバーヒートを起こしてしまうのです。

立ちくらみや熱っぼさとふっとういうのは脳が沸騰して悲鳴を上げている状態と考えていいでしょう。このように、人間は正しく昼と夜の訪れを交互に迎え、それをくり返すことによって自律神経をコントロールしています。睡眠が不足すると、自律神経を乱して体調不良を誘発し、その結果、免疫力が正しく機能せずに、さまざまな病気を引き起こすことになるのです。

昭和40年代の日本では、国民の平均就寝時間が10時でした。今の世の中ではちょっとイメージしづらいのではないでしょうか。それは働く大人たちに限ったことでなく、子供たちにしてもしかりです。勉強や、パソコン、テレビやゲームと、さまざまな悪影響を及ぼす現代的なツールとともに、夜更かしするのが当たり前になっています。これは子供たちの健全な発育にとって大きな危険信号と考えて間違いありません。

今の中学生などは、10時に寝る子は珍しいのではないでしょうか。むしろ12時くらいでも早いという風潮があるようです。こんなことは人類の歴史の中でもありえなかったことなのです。それが日中のだるさにつながって、昼間はボーッとして夕方ころからようやくエンジンがかかってくるような子が増えて、全体的にはき「子供たちに覇気が感じられない」ということになるわけです。

こうしたことは、思春期になって突然訪れる現象ではありません。ある意味でしつけは親のしつけの問題でもあるのです。

幼いころからきちんとした睡眠リズムを作るよう、子供を眠らせるのも親の責任の1つです。小学生ならば、遅くとも9時には床につかせたいものです。テレビを見るのもゲームをやるのもきちんと時間を決めて、ダラダラさせない。そして決められた時間になつたら、子供が何を言おうが強制的に寝かしっけることが肝心です。

テンピュール オリジナルネックピローは、独特な形状で世界にテンピュールの名を広めたスタンダードなデザイン。ボリュームのある波形が絶妙のバランスで、理想的な安眠スタイルを生み出します。

便利になったものに苦しめられる現代人

手間のかかる「和食」の利点

ここ数年、和食回帰の兆候が顕著になりつつあるといわれています。それは非常に歓迎すべき兆しであろうと思いますが、その背景を知れば、個人的には少しやるせない思いにもかられることは事実です。

というのも、戦後日本は、欧米先進国の生活習慣を見習って、食生活ばかりでなくさまざまな生活スタイルを真似してきました。ところが今ここにきて、今度は逆に欧米人の方が和食の健康性に着目するようになり、それに追従するべく我が国も和食のブームで賑わうという、なんとも妙な関係ができているからです。とはいえ、いまだ和食回帰できない人も数多くおり、彼らの健康被害は深刻なものとなりつつあります。

そもそも和食は、主食、主菜、副菜からなっており、手間のかかる食事です。いうなれば「手軽さ」という観点からすれば縁遠い食事ということができるでしょう。

とはいえ、縄文食しかり、健康を維持するためには非常に効率的に栄養素を摂ることができる食事であることも事実です。にもかかわらず、いまだに安さと利便性から、ファストフードやコンビ: エンスストアのお弁当といった外食依存症から脱却できないでいる日本人が数多くいるというのは、食のトレンドという観点から見ても、あまりにもお粗末としか言いようがありません。

こうした食品の数々は、たしかに便利であるには違いありません。温めるだけ、お湯をかけるだけ、3分待つだけと、手っ取り早く、あわただしい今の日本社会をまさに象徴しているような気がします。

しかしこの「便利」であるということにどれだけの落とし穴があるかが問題です。さまざまな「食害」を覚悟しなくてはなりません。

笑顔効果

ひと組の親子がの話です。その子供はまだ20歳で咽頭ガンを患っており、手術を受け、放射線治療をやって抗ガン剤を飲み、もうすっかり身体がやつれ果てていたのです。

医者から「もう身体がもたない」と言われ治療はやめていましたが、身体中真っ黒でひどい状態でした。いろいろな治療で身体中を痛めつけられていたので、すっかりやせて深刻な状態だったのです。

さすがに、彼をどのように励ましたらいいか迷いましたが「ちょっと笑ってみて」と言ったのです。すると笑ったとたんに、黒かった顔にすっと赤みがさしてきた。「今の調子で笑いなさい。お父さんやお母さんの顔を見たら笑いなさい」とアドバイスしました。

彼は「分かりました」と言って帰っていきましたが、もしそれを実践できたら、彼はきっとよくなるだろうなと確信しました。事実、笑いというのは喜びの感情とつながっているため、副交感神経を刺激し、血行を促進させてくれるのです。つまり笑うことは、免疫力を正しく作用させるという機能を持っているのです。
また笑うと、身体がそれについていき、元気に、若々しくなるのです。よく「役回りと同じ顔になる」と言いますが、笑っている人の人生は、明るく楽しくなるわけです。

無理矢理でもいいから笑いましょう。「笑う門には福来る」と言いますが、ほんとうに福が訪れるものなのです。さて、そんな彼が日ごろ何をやっていたかというと、コンビニエンスストアの深夜のアルバイトだったのです。相当無理をしていたようで、病気に気づくまではかなり身体が参っていたということでした。私は、なぜ24時間営業していなくてはならないのかとつくづく思うのです。もちろん一部の人にとっては深夜開いている店があれば便利なこともあるでしょうが、なぜそこまでして「便利」を追求する必要があるのでしょうか。

食にしても、パソコンにしても、コンビニエンスストアにしても、もう「便利」は充分ではないかと思うのです。現代人は、便利になったことで、逆にその便利に苦しめられています。これでは本末転倒です。