大豆効果 快食、快便なら納豆が一番、納豆菌効果で健康維持に役立てる

健康維持に日本人のDNAは納豆が合う

「快食」「快便」「快眠」ということがよくいわれます。愉快に食事して、快適に排泄し、その後ぐっすり眠るというわけです。しかし、この3拍子がそろえば最大の健康法と言えるかもしれません。

人間を始めとした動物は、この繰り返しなのです。口から入った栄養分は胃でも、少しは吸収されますが、その栄養のほとんどは小腸から吸収されていきます。大腸では主として水分が吸収されます。

そして排泄となるわけですが、この大腸の働きがうまくいかなくなると、便秘になったり下痢になったりします。どっちにしても、ストレスになります。

納豆には、この大腸での働きを調整する整腸作用があります。

人間の腸の内部には約100種類、100兆個という膨大な数の細菌が存在します。大腸内は酸素が少ないので人間に害を及す細菌が暗躍しやすいのですが、それら細菌に対抗して活動する細菌もあります。最近、有名になってきたビフィズス菌がそれです。

納豆菌は、腹の中で害をなす悪い細菌が異常に増えるのを抑えるとともに、腸の働きを正常化するビフィズス菌など、有用な菌が活動しやすいように増殖に力を借し、腸内の正常化にも協力する細菌なのです。

納豆菌はまた、腸内での滞在時間が非常に長く1週間程度は活躍してくれています。納豆は日本の伝統食ですから遺伝子にも合っていますので毎日食べるのがおすすめです。



自律神経に効く

自律神経は、内臓や血管を支配してその働きを調節する神経です。

この自律神経の働きのバランスがくずれるといわゆる自律神経失調症となるのです。自律神経失調症はこちら

自律神経失調症といわれている人は、からだがだるい、頭が重い、よく眠れない、めまいがする、動悸や息切れがするといった症状に苦しみ、いつもさえない顔をしています。とにかく不調なのです。

自律神経には交感神経と副交感神経の2つの神経があります。交感神経はアドレナリンという神経伝達物質によって、副交感神経はアセチルコリンというやはり神経伝達物質によって、刺激を受け作動します。

アドレナリンとアセチルコリンという神経伝達物質は正常なときには状況に応じてバランスよく分泌され、からだの内部の働きをコントロールしているのですが、パントテン酸というビタミンが不足すると分泌活動が正しく機能されなくなり、自律神経失調症を来します。

パントテン酸は副交感神経の神経伝達物質アセチルコリンと大きなかかわりがあります。パントテン酸というビタミンはからだの中でコリンと酢酸基を結合させるのにどうしても必要なものですが、アセチルコリンの正体はコリンと酢酸基が合体したものなのです。

自律神経失調症という病いは副交感神経のアセチルコリンの分泌がうまくいかなくなってしまう場合をさして言っていることが多いのです。
簡単なインスタントもので食事をすませたり、片寄った栄養のとり方をしていればかならず栄養バランスがくずれてきます。

こういった人は当然パントテン酸の摂取も少ないはずですから自律神経失調症になるのです。大豆加工食品の納豆には納豆菌の働きによってパントテン酸がたっぶり含まれています。

納豆を食べていれば自律神経の調節活動も円滑にできるというわけです。納豆を常日頃から積極的に食べて、いつもうっとうしい顔をしていなければいけないような自律神経失調症などには絶対にかからないようにしたいものです。

納豆の粘りは活力源

「納豆は、大嫌いで食べられない」という人がいます。聞いてみるとたいてい、あの納豆独特の糸を引くネバネバした状態をいやがっているのです。

しかし、納豆のネバネバ、ヌルヌルしたもの町中にこそ納豆の秘密がかくされているのです。それが分かってもらえさえすれば、納豆のネバネバをいやがっていた人も、また違った目で納豆を見ることができるようになることでしょう。

納豆は、かつて合戦に明け暮れた武士たちにとっても貴重な野戦食だったのです。

平家が源氏に負けたのも、今ではたんばく質を始めとする栄養の差ではなかったかという説を立てている人すらいます。おそらく、納豆もそんな時代にあって何やら力のつくありがたい食べものとして珍重されていたに違いありません。

ところで納豆のネバネバの話ですが、あのネバネバ部分は、ペプタイドとよばれるタンパク質の一種と、フラクタンといわれる多糖類から成っています。

ペブタイドは、アミノ酸の一種のグルタミン酸でアミの目のようにおたがいがつながったかたちをしています。このペプタイドに水あめのようなフラクタンが合体して、納豆独特のネバネバ、ヌルヌルができ上がるのです。

納豆を食べると、ペプタイドは消化酵素によってアミノ酸になり、人間の血や肉と化していきます。フラクタンはブドウ糖になってカロリーとなります。

このように、納豆のネバネバ部分は人間にとっての活力源となっていくわけです。さらに、納豆のネバネバ部分は、酵素の働きを活性化するのにも役立っているといわれています。

酵素は、人間の体内にあって生命活動と深い関係をもつ不可欠の物質です。酵素があるからこそ生物は活発な生命活動を続けていられるのです。納豆のネバネバは、この酵素の働きを長引かせるにも大きな役割りを果たしています。