エネルギーを高め、よい気持ちにするオーツ

英語の表現に「野生のオーッの種をまけ」という一文があります。これ自体は直訳で、意味は「若気の放蕩をする(とくに無軌道な婚前交渉のことで、あとで悔い改めるという意味)」です。

が最初にいったか知りませんが、おそらく彼(彼女)の頭のなかには、オーつのことがあったに違いありません。野生オーツ麦から得られるオーツは、男女の性的エネルギーを高めるとされているからです。

サンフランシスコにある「アドバンスト・ヒューマン・セクシャリティー研究所」で男女の少数グループを対象に行われた予備研究では、このハーブがフリーテストステロン(化学的結合にょって結びつけられていない、有効状態のテストステロン) を増加させることがわかりました。

男性は加齢とともにフリーテストステロンが減少して性的衝動や性的能力が低下するので、この事実は非常に重要です。オーツについての臨床試験はほとんど行われていませんが、実際に効果のあることを示す報告がいくつもあります。

また、このハーブは性的関心を高めるだけでなく、オーガズムを得やすくするそうです。効くかどうか、試してみてください。摂取量は1日に3カプセルまでです。

オーツ

男性の持続力を高めるL-アルギニン

このアミノ酸は、勃起に必要な一酸化窒素の生成に関与しています。L-アルギニンを使用している男性は勃起力が強く、長時間持続するということです。
効果を最大にするために、性交を行う45分前に、空腹の状態で3~6グラムL-アルギニンを摂取してください。

エネルギー アップのサプリ

サプリで夜の生活を今よりもっと豊にする

遥か昔から、自然療法士は性的衝動を高めるだけでなく、素晴らしい性的能力を約束してくれる究極の催淫薬を求めてきました。

どの文化にも性的衝動を高め、性的機能を強化するとぎれている療法があります。以前、現代医学はこの主張を相手にしませんでした。性に関する悩みは主に精神学の領域とされていたのですが、実は肉体の健康に原因がある場合が多いことがわかってきました。

古代の療法士は、いわゆる催淫薬が性機能障害の原因であるからだの不調を治療するためのものであることをよく理解していました。疲労が原因でセックスに興味がなくなった場合、ジンセン(エゾウコギ)やアシュワガンダのような強壮剤が、、スタミナと活力のために処方されました。

また、性的エネルギーが喪失したことで夫婦間に摩擦が起きた場合は、お互いのホルモン量を増加させるためにハマビシやムイラバウマ、サルサパリラなどのハーブがすすめられ、さらに、アテローム性動脈硬化症(動脈が遮断される)が原因で勃起不全になった場合には、ペニスへの血流を増加させるためにギンコウやヨヒンビンなどのハーブが処方されました。

しかし、古代療法士が直感的に感じていたこと、「健康こそが一番の薬」だとわかるまでには何世紀もかかりました。サプリメントによって性交がどう変わるかについて述べる前に、明らかにさせておきたいことがあります。それは、からだを健康に保ち、正しく機能させることが、満足のいく性交生活を送る最善策だということです

。正しい食生活と健康的なライフスタイルを実行することで、心身ともに健康でいられるのです。喫煙、アルコールの摂りすぎ、糖分と「悪玉」脂肪ばかりの食事など、破壊的な習癖が性交生活を狂わせる肉体的不調の原因です。

驚くかもしれませんが、男性の性に関する問題の半数以上は、アテローム性動脈硬化症による血行不良が原因です。アテローム性動脈硬化症と直接的な因果関係があるのは、生殖機能ではなく心臓病ですが、この病気はペニスへの血流を阻害するため、勃起不能や、勃起状態の持続が困難になります。

また、糖尿病の発症率を上げるので、神経にダメージを受け、感覚が鈍ります。女性にもっとも多い性の悩みは月経閉止に伴う不快感が原因ですが、女性にもアテローム性動脈硬化症は多く、直接性的機能を損なうことはないのですが、満足のいく性交に必要な活力やエネルギーは失われます。

このような問題を解決するために、多くの処方薬に糖尿病やアテローム性動脈硬化症に効く薬が配合されています。また、高血圧が原因で性欲を失ったり、インポテンツになることがあります(制酸剤や抗うつ剤などの一般的な薬でも、性反応は低下します)。

性交生活を狂わせる問題点のほとんどは、食事と運動、サプリメントで予防でき、改善することも可能です。これもまた驚くでしょうが、ライフスタイルが活動的であればあるほど、性交生活も充実します。

40歳から80歳までの、水泳が得意な180人を対象に研究を行ったところ、運動量がもっとも多かった男性は20歳から30歳並みの性交生活を送っていることがわかりました。とはいうものの、よりよい性交生活のために、プロの運動選手になる必要があるというわけではありません。

別の研究で、以前は運動不足の男性78人に、1日おきに1時間の、ジョギングまたは自転車による軽い運動プログラムを実行してもらいました。
対象グループの17人は運動を行いませんでした。9ヶ月後、運動を行っていたグループは、性交の回数が3割増え、オーガズムを感じる頻度が2割増加したと報告されました。

正しいサプリメントを摂ることは、性交生活を充実させるひとつの方法です。サプリメントは、正常な性機能をさまたげる数々の問題点を予防するだけでなく、性的衝動を刺激し、性的能力を高めてくれます。さあ、ランニングシューズを引っ張り出してジョギングで自然食品店まで行き、次のサプリメントを探しましょう。