どくだみで体の中から老化を防止する

この地球上のほとんどの生物は、時間の経過とともに老化し、やがては死滅する運命にあります。

人間の一生は、成長期、成熟期、退行期の3つに大きく分けられます。私たちの体は、生まれたときから既に老化が始まっているともいわれていますが、3つめの退行期が老年期にあたり、一般的には、成熟期以降に老化が始まります。

寿命に個人差があるように、一人の人間でも体内の各臓器の老化には個人差があります。呼吸器の老化にしても、心臓の老化にしても、その進行のしかたの速度は違います。

老化を防ぐ方法としては、現在までに老化防止のためのさまざまな健康食品などが開発されていますが、今後の研究にもさらに期待が寄せられているところです。

血管を丈夫にして老化を防止

ルチンという成分は植物に含まれるもので、自然界に広く存在しています。ルチンは、血管をもろくしてしまう酵素のはたらきを抑制して血管を強化するので、動脈硬化や高血圧にとても有効に作用することが以前から知られていました。

どくだみには、クエルシトリン、イソクエルシトリンなどのフラボノイド成分(植物色素の基本物質)が含まれているのですが、これらには、血管を強くするルチンと同じような作用があります。つまり、どくだみは、老化を防止するためのキーポイントである動脈硬化に対してとても効果的であるということになります。

若さというのは、皮膚にあらわれます。皮膚の色をはじめ、ツヤ、弾力などは若さの尺度としてよく用いられますが、どくだみの利尿作用、緩下作用、そして毛細血管の強化作用などによって、体内をきれいに掃除することにより、若々しい皮膚を保つことができます。肌がきれいな人は、腸がきれいな証拠です。

どくだみを乾燥させ煎じた、どくだみ茶を飲むとよいでしょう。若さを保つのに必要なビタミンCやビタミンEが豊富に含まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です