緑茶を飲み始めて体調が良好

胃潰瘍と十二指潰瘍を併発したストレス地獄

もともと胃腸が丈夫なほうではないんですが、今年の正月過ぎてから、めっきり調子を落としまして。仕事はますますハードになるうえ、高齢の母親も体調を悪くしたり、娘の就職が重なったりと、心労の続くことが次々に起こったんです。
それに合わせるように不眠がひどくなったかと思えば、嘔吐や便秘と下痢を繰り返したり。
あまりにひどい症状が続くので病院に行ったところ、胃にびらんと大腸にポリープがあるという診断。
十二指腸にも潰瘍があると言われました。まあ入院するまでには至らずにすんだのですが、ポリープは内視鏡で切ることになりましてね。薬も20日分、たっぷりもらいました。
緑茶をすすめてくれたのは、私のそんな状態を知った友人です。「これを飲めば一発だ」と言って友人が持ってきたのは、「常葉緑」という緑茶でした。ただ、これは普通の煎茶のように葉から抽出するのではなく、菓も茎もすべて粉末状になっていて、溶かして飲むタイプのお茶なんです。つまり緑茶の成分を、茶がらにして捨てることなく吸収できるというものなんですね。その時は、医者のクスリも飲んでいましたが、副作用の心配もありましたし、1箱も持ってきてくれた友人の好意を無にするのもはばかられたので、半信半疑ながらも試すことにしたんです。

緑茶を毎日続けているうちに体調が改善

だいたい私も緑茶好きでしたが、それからは「常葉緑」を会社に置き、朝昼晩と一日最低でも3回は飲むようにしました。医者のクスリも併用してですが。
飲みはじめて1ヶ月から1ヶ月半くらいたつた頃でしょうか、いつのまにか、胃の痛みや吐き気といった不快感を感じなくなっているのです。それだけでなく便通もとてもよくなり、下痢もしなくなりました。医者のクスリがなくなって緑茶だけを飲むようになっても自覚症状はほとんどゼロ。本当はもう一度検査を受けに病院へ行かなくてはいけないんですが、その必要性も感じないほど、今は快調ですⅧ胃腸だけでなく、これは不眠にも効くみたいですね。
今までは睡眠導入剤を飲まないと眠れないことも多かったのですが、緑茶を毎日飲みはじめてからは、30分くらいで眠りにつけるようになりました。
私は若い頃から自律神経失調症ぎみで、仕事中、動悸や冷汗に襲われることもありまして。過度のストレスも原因なんでしょうね。
今は会社でもキツイと思ったら、自分で暖かいお茶を入れて飲むようにしています。不思議と、気分が落ち着いてくるんですよ。毎日クスリ替わりに飲んでいるうち、どんどん調子がよくなるんですから驚きです。すすめてくれた友人には本当に感謝したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です