どくだみで冷え症を改善する

多くの女性が悩んでいる症状のひとつに「冷え」があります。冷え症の人は、足があたたかくならないので、ふとんに入ってもなかなか眠りにつけません。湯たんぽや電気毛布を用いる人もいるでしょうが、習慣になって、症状が重い人になると、夏先くらいまで手放せないこともあります。

冷え症の人が体のどの部分が冷えると感じるかというと、腰、足先、下肢、手、お腹、背中などがあげられます。そして、一カ所だけでなく、ほかの部分も同時に冷たく感じる人が多いようです。風邪をひいた時などは、日頃冷たく感じている部分が特に冷たく感じるという人もいます。

冷え症は、完全に治すのにかなりの時間がかかるものだし根気が必要です。冷え症といっても、タイプがいくつかあるので少し紹介します。

  1. 秋から冬にかけて体が冷え、特に足先が冷たい人
    この症状は、やせ型で、低血圧、胃下垂で、運動不足の人に多くみられます。
  2. 足先だけ特に冷え、痛く感じる人
    血管神経に異常がある人、またはその病気にかかったことがある人にみられます。
  3. 爪や頰の色が紫っぽくて、足のむくみがある人
    先天性な遺伝や体質から起こるものと、後天性の心臓病が原因となって起こるものと、二通りが考えられます。
  4. 動悸やむくみがある人
    腎臓病や心臓病にかかった人、または現在患っている人にみられます。
  5. 35歳以上の女性の人
    排卵機能が不全で、月経不順を伴い、特に腰から下が冷える人にみられます。めまい、息切れ、のぼせを訴える人も多く、自律神経の障害などが考えられます。

例えばOLさんなど外へ出て働く人の場合には、職場での冷えが問題となります。体をあたためるのに、家ではどんな格好をしていても平気ですが、職場ではなかなかそうはいきません。さらに、職場では周りに気をつかわなくてはならないので、肩がこるしストレスもたまります。手足はいつも冷たくて、頭や顔はのぼせぎみ、そんな症状が出てきます。

ですが、職場を離れると急に症状が軽くなる人もいて、自律神経失調症も考えられます。こういったような人には精神的な影響が大きく、心の持ち方次第で、けっこう冷え症が良くなることもあります。

冷えに悩む人は、どくだみのお風呂を試してみてはどうでしょうか。どくだみに含まれている香りや精油成分が皮膚に刺激を与え、血液の循環が良くなり、鎮静作用がはたらいて精神的にリラックスします。乾燥させたどくだみを煎じてお茶として飲むのも、手軽な方法でおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です