「肥満」を生姜の効果、効能で解消する

西洋医学ではこれまで「摂取カロリーが消費カロリーを上回ると太る」と考えられている。消費しきれなかった分の余剰なカロリーが、体内で中性脂肪として蓄えられるため。

しかし、実際には、同じ量を食べて、同じように連動しても、太りやすい人とそうでない人がいるし、水やお茶を飲んだだけでも太ってしまうという人もいる。

漢方医学では、肥満を「固太り」と「水太り」に分類して考える。「固太り」は筋肉質で便秘がち、腹部に脂肪がつくタイプで、「水太り」は色白で筋肉が少なく、むくみがち、下半身太りのタイプ。

実は、日本人女性の肥満のはとんどが、この「水太り」といえる。「水太り」は、体内に余分な水分がたまったことが原因で体が冷えている。冷えているから新陳代謝が悪くなり、基礎代謝(生きていくために最低限必要なエネルギー) や、労働や運動で使われるエネルギーが少なくなるので、余剰なカロリーを体内に蓄えやすくなるし、蓄えられた脂肪も燃焼しにくくなる。それで、少ししか食べなくても太りやすい体になってしまう。
つまり、体を温めて体温を上げ、新陳代謝を高めていくことこそが、ダイエット成功の鍵だといえる。体温が1度上がれば、基礎代謝量は12~13% 上がることがわかっており、同じカロリーを摂取してもぐっとヤセやすくなる。

水太りの人は、生妻紅茶で体を温め、体内にたまっている余分な水分や老廃物をどんどん排出して、産熱を高めていけばいい。このサイクルがうまくいくようになると、水分過多の状態が解消され、過激な食事制限やハードな運動をしなくても、自然にヤセられるだろう。
代謝がよくなれば、一生太らない体をつくることもできるる。

  • 生姜紅茶に塩をひとつまみ加えて、1日3〜6杯飲む。塩は「陽性食品」で、体を温める効果がとても高い。ただし、化学塩ではなく、必ず粗塩などの自然塩を使うこと。また、黒糖も入れたほうがいい。
  • 朝食を「生妻紅茶+塩」に替える「朝だけプチ断食」

    食べすぎや水分の摂りすぎを防ぐ。「生姜紅茶+塩」1杯をニンジン・リンゴジュース2.5杯に替えてもいい。ニンジン2本、リンゴ1個を皮つきのまま適当な大きさに切って、ジューサーにかけ、コップ2.5杯分(約480cc)にしたもの。昼食は薬味をたっぷり入れたとろろそばや、わかめそばなどを。夕食は基本的に好きなものを食べていいが、体を温める「陽性食品」を意識してほしい。

  • 下半身の筋肉を使うウォーキングやスクワット運動をする。基礎代謝も上がる。
  • 生姜風呂

    生姜風呂に入って体を温め、発汗すると、水分の排出と同時に、気化熱で体内のカロリーが使われるので、ヤセやすくなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です