抗ガン剤と医療の歴史

抗ガン剤でガンは治らない

西洋医学においては最近、より強力な作用を持つ薬こそが良薬であるという認識が高く、副作用があったとしてもやむをえない、あるいはその副作用の大小で薬の投与が中止されるという、はなはだ恐ろしい傾向が強まっています。

そしてその最たる薬が抗ガン剤です。抗ガン剤の歴史をさかのぼると、1943年の第2次世界大戦のさなか、びらん性有毒ガスの製造技術を応用してアメリカで作られた「ナイトロジエン・マスタード」という薬が、その第1号です。

この薬は非常に副作用が強く、実際に西洋医学の現場においても使用されることはありませんでしたが、その後も抗癌剤の研究は続けられ、つねに効果と副作用のシーソーゲームが続けられてきました。
抗ガン剤は、人間の身体に入ると、細胞分裂をしている細胞を破壊してしまう極めて強力な薬です。そしてこの薬の最大のウィークポイントは、ガン細胞だけを死滅させるのではなく、まったく関係のない正常細胞にも作用を及ぼしてしまうところにあります。

抗ガン剤で死滅させることができる細胞の80% はガン細胞だといわれていますが、実に残りの20 %は、死滅させてはならない正常細胞なのです。こうしたことから、抗ガン剤治療を受けた人は、重い副作用に見舞われることとなるのです。

抗ガン剤のもたらす副作用は、食欲不振、嘔吐、粘膜炎、脱毛、骨髄抑制、色素過剰、めまい、言語障害、扁桃腺など、実にさまざまです。

そもそもの使い始めは「身体には悪いが、なんとか試してみよう」というところから、抗ガン剤治療は始まりました。ところが現在は、それが当たり前の治療になってしまっているのです。

また、抗ガン剤には、たしかにガンを縮める効果はありますが「治す力」はありません。にもかかわらず「なんとかなるだろう」という感性でこの薬を使い続けるうちに、「ガン治療にはこの薬」と、一人歩きを始めてしまったわけです。

しかも、抗ガン剤の研究開発は「なるべく強い物質を」という方針で開発が進められているため、利用する人の副作用は年々強いものになっているのが事実です。

くり返すようですが、現在の抗ガン剤ではガンは治りません。抗ガン剤がこの世に初めて誕生してから数十年というもの、人間は効果のない薬を投与し、使い続けてきたということができます。

すると人間はマイナス思考になり「抗ガン剤でも治らないのだから、癌は治らない病気なのだ」と思い込んでしまうのです。

ガンは不治の病ではない

少なくとも、30年前は、ガンは治らない病気ではありませんでした。身体が発熱を起こせばガンは消えるといわれていたのです。今もって私は、この学説を支持しています。

また「ガンは早期発見、早期治療」、「進行してしまってからでは手の施しようがない」などと言われますが、そうではありません。これはもう医者の怠慢であり、責任の放棄にすぎません。
医者というのは、病気を治すだけでなく、患者を励まし、生きる力を再生させることも大きな仕事なのです。にもかかわらず、抗ガン剤治療をして効果が見られ爛なければ「治りません」と言う。

もちろんこれは医者個人の責任ではなく、西洋医療の現場にそうした流れができあがっていることに問題があるのです。話を抗ガン剤に戻せば、この数十年の間に抗ガン剤はいかなる進歩を遂げたのか

この質問に答えるならば「まったく進歩していない」というのが私の見解です。たしかに痛をガン小させる力は向上しましたが、根本的にいまもって「治す」ことができないからです。そもそもガンの発症は、身体の無理によって引き起こされるわけですから、薬が強くなれば、むしろ強い副作用で悩む人が増えているはずです。

以前に増して、抗ガン剤のリスクは高なっているというのが正直なところです。今から27年前の統計によると、ガンで亡くなる人は約16万人でした。ところが現在は32万人と2倍以上に増えているのです。

年月とともに薬の効き目が向上して、ガンから解放される人が増えているのならまだしも、強い薬が生まれているにもかかわらず、その病で亡くなる人が増加しているわけで、私たちはこのことをよく考えるべきだと思います。

ガン患者の評判の健康食品免疫をあげる健康食品が紹介されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です