大豆効果「美容」のビタミンEは女性の内面を美しく

みずみずしさはビタミンE

顔は整っているし、プロポーションはどこから見てもいいのに、どこか人をひきつける魅力に欠けているという女の人がいます。そんな女性は、よく見るとたいてい皮膚にツヤがなく、みずみずしい生気に欠けていたりします。

美しさは、からだの内面からにじみ出てくる部分がないと、いくら化粧術で補ってもカバーできません。美しい容姿の大前提にあるものは、まず健康的で生き生きとした皮膚です。ヴィヴィッドできれいな皮膚を保持したり、つくったりしていくためのいちばん大事なポイントは、食事の取り方に気をつけ十分な栄養に絶えず気を配ることです。

とくに若い女性は、やせてスタイルを良くしようとするあまり、食事を極度に制限し、たんばく質の不足をきたして、かえって皮膚の障害に苦しみ、肌がきたなくなってしまったという結果におちいることがあります。
魅力的なメリハリのある女性のボディーをつくるにはたんぱく質

人間の皮膚はたんばく質で成り立っています。肉眼では見えなくても、皮膚の新陳代謝は絶えず行われており、古い皮膚は新しい皮膚にいつも入れ代わる操作がなされているのです。
皮膚の新陳代謝がスムーズにできるように、良質たんばく質を十分に摂取しておくことが美しい肌を維持していく絶対の条件なのです。そしてたんばく質とともにビタミン、ミネラルもからだに十分に供給していくことが大事です。

たんぱく、ミネラル、ビタミンのバランス

たんばく質、ビタミン、ミネラルがバランスよく盛り込まれた食事内容を取っていれば、いつもツヤがあってみずみずしい張りのある皮膚でいられるはずです。
たんばく質で皮膚を合成し、ビタミン類で新陳代謝を高め、ミネラルで体液を調節しているというのが皮膚にとってのそれぞれの栄養素の役割りです。

このたんばく質、ビタミン、ミネラルいずれにわたっても大量供給源として大いに期待できるのが大豆食品なのです。大豆は「畑の肉」といわれるほどたんばく質が豊富なことでは広く知れ渡っています。カルシウム、マグネシウム、カリウムといったミネラル類も、大豆には多く含まれています。
肉よりたんぱく質たっぷりの凍り豆腐がおすすめ
ちなみに凍り豆腐は大豆が原料です。

ビタミンもB1、B2、E という、皮膚にとって大切なかかわりをもつビタミンも大豆にはあります。とくにビタミンEは、若返りビタミンと呼ばれ、最近、注目を集めているビタミンです。ビタミンEは、皮膚に栄養を与えるのを手助けするとともに、「老化防止」のビタミンとも呼ばれるように細胞の老化を防ぎ、老人性のしみ帥(色素沈着)を防ぐという効用もあわせもっています。
この皮膚にとってきわめて有効な働きをするビタミンEが大豆には100グラム中200ミリグラム含有されているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です