大豆効果「コレステロール」大豆油の植物ステロールが効く

コレステロールには善玉、悪玉がある

コレステロールが動脈硬化を始めとする成人病の最大の悪役として認識されて以来、コレステロールは、すっかり中高年者の敵役となってしまい、忌みきらわれていますが、そのわけもよくわかります。しかし、実際には、コレステロールも、人間の生体内ではさまざまな働きをしており、いろいろな機関にとって重要な役目を果たしているのです。
動脈硬化は高コレステロールが原因

コレステロールは、細胞膜や細胞組織の構成源となったり、性ホルモン、副腎皮質ホルモン、ビタミンD、胆汁酸などの原材料成分となったりしています。つまり、人間の脳組織や、神経組織にとって必要不可欠な重要構成物質なのです。

必要なコレステロールの8割は生体内で

コレステロールは人間の体内では、糖質と脂質を原料にして肝臓で合成されています。コレステロールが生体内で合成されている量は、毎日1~2グラムで、人間が食物から摂取する量の3~4倍に当たります。コレステロール、コレステロールといってさわぎますが、人間が生体内で合成している量の方がこんなに多いのです。

ふつう、人間が必要とするコレステロールの8割は生体内で合成したものでまかなわれています。しかも、食品の中から摂取したコレステロールのうち、人体内に吸収されるのは食品のコレステロール含有量のうち2分の1か3分の1程度です。そのうえ、コレステロールを合成する機能をもつ肝臓も、絶えず諷整作用を行っていますから、実際はもっと少ないかも知れません。

コレステロールをきらうあまりに、コレステロール含有食品を遠ざけていますと、美味、美食とされているものにはほとんどコレステロールがありますから、グルメといったものから、ほとんど縁を切らなければいけません。コレステロールを気にし過ぎて、コレステロール含有食品を口にしないでいますと、たんばく質不足をきたすことがあります。

それはコレステロール含有食品( 卵、肉類、魚介類) は、同時に高たんばく食品であるからです。コレステロール食品かならずしも悪者ならずといったことを述べてきたわけですが、コレステロールが動脈硬化症の原因となることも、またまぎれもない事実なのです。

日本人が1日に食品から摂取するコレステロールの量は、多い人で500ミリグラム以下です。激しいスポーツをする人や過激な肉体労働に従事する人なら900ミリグラムぐらいまで取っても問題ないとされています。

しかし、動脈硬化のおそれのある人や動脈硬化症の人の場合は別です。1日300ミリグラム程度までのコレステロールでしたら、コレステロール値もそんなに変化はありませんのでそれほど気にする必要はありませんが、300ミリグラム以上のコレステロールを取るとコレステロール値が上がってしまうことがあります。やはり気をつけなければいけません。

たんぱく質を取りコレステロールを下げる

たんばく質は取っておきたい、コレステロール値は下げたいというような人はどうしたらよいのでしょうか。それには大豆食品がもっとも適しているというのが、最近の定説になっています。動脈硬化にかかっている人、とくにコレステロールが血管に沈着し内腔をせばめてしまったような場合の人は、血管に滞留してしまったコレステロールについては除去することができないのではないかと考えがちです。そんな絶望的な事態にも、大豆の植物性たんばく質をたえず摂取していればそれほど心配する必要がありません。

大豆たんばくが血管の内壁のコレステロールを洗い流し、血管の洗浄剤的役割を果たしてくれるのです。また、大豆油に含まれている植物ステロールは、コレステロールが腸から吸収される働きを妨げる作用をもっているのです。そのうえ、都合のよいことに植物ステロールは血管内に滞って溜っているということはないのですから、血管の内腔に付着して、血液を滞留させるようなこともないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です