スキンケアの基本中の基本「洗顔」

新陳代謝による老廃物や大気の汚れ、メイクを落とした後のクレンジング剤の残留物を取り除き、肌を清潔にするのが洗顔ぞす。汚れを落とすということはすなわち汚れをつきにくくする効果がありますから最低でも朝晩の2回、専用の洗顔料で顔を洗います。洗顔回数(水やお湯のみの洗顔)が多すぎて肌が荒れるということはありません。洗顔料を使うのは朝晩2回でいいでしょう。

普段の洗顔手順間違えていませんか?

いくら洗いすぎはないといっても洗い方を間違えてしまったら逆効果です。洗い方のポイントは3つ。

  1. 洗顔料はたっぶりと泡立てて使うこと
  2. 汚れを落とそうと無理に肌をこすらないこと
  3. すすぎ残しがないように注意する

毎日の習慣で無意識のうちにすませているい洗顔プロセスを思い出してください。顔の上で洗顔料を泡立てていませんか?指先に力を入れていませんか?
髪の生えぎわやあごの下まできちんとすすいでいますか? 同じ洗顔料を使っても洗い方のテクニックで仕上がりは見違えるほどになります。

  • 洗顔料はどのタイプも手のひらでよく泡立てるのがポイント。包立ちは細かいほど肌への刺激がソフトになる泡立て用のネットなどが100円ショップで購入できるので利用するとよい。
  • 汚れは手でこすり落とすのではなく、たっぷりの泡を肌にころがすように、汚れを泡に誘いこむつもりで行う。
  • 皮脂分泌の多いT ソーンから洗い始めるのが基本。特に額の中心は皮脂腺が多いのできっちり洗う。指の力を抜きソフトに内から外へ円を描きながら。
  • 皮脂腺が多く分泌が盛んな鼻すじや小鼻のまわりは指先でていねいに。ゴシゴシと力を入れて洗うのではなく、指先の力を抜いてやさしく。この部分に洗い残しがあると肌にテカリが生じたり、化粧くずれの原因にもなる。
  • 鼻の下はニキピや吹き出もののできやすい部分なので、余分な皮脂をしっかりと落としておくことが肝心。余計な力が入らない薬指で、輪郭をなでるように洗えば、肌に刺激をあたえず、完璧な汚れ落としができる。
  • 口のまわりも洗い残しがないように注意して。ていねいに洗顔しているかどうかは、細かいパーツに気を配っているか否かがポイント。マッサージの要領で内から外へやさしく円を描いて。
  • Tゾーン同様、あこもニキピや吹き出ものができやすいところ。そのわりに、洗顔で手抜きをしてしまいがち。内から外ヘクルクルと円を描き、汚れを浮き上がらせるつもりで。

ほお骨周辺やデリケートな目もとはやさしくさっと洗う程度に

  • 髪の生えぎわも念入りに洗うことが、完壁洗顔をするポイント。トラブルを未然に防ぐためにも、手抜きは絶対に許されない。中指と薬指を使い、やさしく泡をなじませる。
  • 面積の広いほおは細かいパーツをきっちりと洗い落としたあとで。指先ではなく、手のひらの中心で洗うのがコツ。余分な力が入らず、肌に負担をかけずに洗顔するための重要なテクニック。
  • ときどき見かけるフェイスラインの黒ずみは、手抜き洗顔によるものがほとんど。洗顔の基本は首まで洗うことと心得て、特にあご下、耳下もていねいに。ファンデーションが残っているとトラブルの原因になり吹き出物ができる。

「すすぎ」は細かい部分も含めてそれぞれ最低10回以上。すすぎは時間をかけてゆっくり丁寧にが基本

  • すすぎは流水を使って、たっぶりと水をあびせるつもりで。すすぎはていねいすぎることはないので、最低10回は行うこと。毛穴を閉じてしまわないよう、ぬるま湯で洗うのが基本。
  • すすぎのときも髪の生えぎわまでよく洗うことが大切。洗顔料が落としきれていないと、せっかくの汚れ落としも台なし。皮膚がカサついたり炎症を起こしたりするので注意。
  • フェイスラインのすすぎも重要なポイント。右手で左あこの下を、左手で右あこの下に残った洗顔料を洗い流す。とにかく洗顔不足になりがちな部分なので、ていねいすぎるくらい洗うつもりで。
  • 洗顔後にタオルで水けをふきとるときは、絶対にゴシゴシこすらないのが肌を傷めないコツ。タオルに水分を吸いとらせる要領で、肌にボンボンとおしあてながら。タオルドライも重要な洗顔プロセス。

肌の質に合わせた洗顔フォームを使っているか?

形状はフォーム、リキッド、固形、パウダー。効果は保湿、オイルコントロール、殺菌、脱脂、タンパク質の分解。洗顔料は、この形状と効果を組み合わせた数だけ種類があります。この中から、肌質や健康状態に合ったものを効果と仕上がり感で選びます。乾燥が気になるなら保湿効果の高いタイプを選びます。ただ、肌の状態は部位や季節で変わります。これ1本と決めないで、何種類かを使い分けるテクニックが必要です。

健康肌

洗顔料は自分の肌の状態に合わせて轍い分けます。肌のつっぱりやかさつきが気になるときは保湿効果の高いしっとりタイプ、てかりやべとつき気になるときはオイルコントロール効果のあるさっぱりタイプ。リキッド、固形、パウダーといった形状の違いは自分の好みで選べばいいでしょう。

スピーディーなリキッドタイプ

水やぬるま湯とよくなじみ、素早くたっぷり泡が立ち、しかも汚れ落ちがよいことが特徴です。朝の洗顔やオフィスでのメイク直しタイムにおすすめです。
使用量の目安はティースプーン2半分 程度。最初は原液のまま泡立て始め、白く乳化してきたら水を加えてさらに泡立てます。泡立ちがよい分、すすぎを念入りにして肌に石けん成分を残さないように気をつけます。

オーソドックスな固形タイプ

リキッドやフォームタイプと違い水分をほとんど含みません。そのため純度が高く、洗浄力にすぐれ、すすぎのときに泡ぎれのよいのが特徴です。
水かぬるま湯でぬらした両手のひらの中でソープを2~3 回こすり合わせます。ソープをとり除き手のひらをこすり合わせて細かい泡が立ち始めたらさらに水を加えて空気を巻きこむようにしながら泡立てます。

クリーミーな泡立ちが肌にやさしいフォーム

肌タイプや効果、仕上がり感の差で様々のタイプがそろっているフォーム。肌状態に応じてぴったりのものを見つけることができます。適度な水分と粘りによるクリーミーな泡立ちが特徴です。
1 回の使用量の目安はl~1.5cm。ただし、メイク落としのあとのダブル洗顔用には心持ち多めに使います。手のひらに適量をとったら少量のぬるま湯でたっぷりと泡立ててから顔へもっていきます。

トラブル肌

肌のくすみやカサつきの太きな原因は、紫外線などの外からの刺激や新陳代謝の衰えなどで表皮の角質が残りかたくなってしまったため余分な角質ばタンパク質を分解する成分の入った洗顔料や即効性のあるスクラブでとりのぞくようにします。過剰な皮脂分泌や手抜きの洗顔で残った汚れは毛穴をふさぎ、推滞が繁雑するとニキビや吹き出もののトラブルがおきます。雑菌の繁雑や患部の広がりを防ぐためや消炎効果のあるアクネ用の洗顔料を使用します。

おだやかな作用でくすみやザラつきをとる酵素洗顔料

酵素洗顔料ははがれかかった角質をとり除く効果がありますが、作用がおだやかで効果が現れるまでに時間がかかります。肌細胞が生まれ変わる28日間を目安に続けてください。

二キピ肌には殺菌・消炎効果の高いアクネ用を

アクネ用洗顔料はニキビの原因となる皮脂分泌を調整し、厚くなった角質を除きます。医薬部外品と記されたものは患部の殺菌、消炎などの効果がプラス。症状に合わせて。
化膿や炎症をおこしている場合は別として、ニキビができたときは肌がつつぱるくらいに十分な洗顔をすることが大切です。特に白ニキビや黒ニキピなどの軽いものなら洗顔だけでなおすこともできるのです。フォームタイプなら1 回の適量は1~1.5cm。水かぬるま湯でたっぷり泡立てて。指先に力を入れず、泡を患部になじませるようにして、汚れを包みこんで。すすぎは十分すぎるほどに。

くすんだ肌にはスクラブ。週に1~2回の使用が目安

微粒子が汚れを落とすスクラブは短期間で効果の現れやすいことが特徴。ただし、粒子で物理的に肌の汚れをこすり落とすので吹き出ものなどの炎症トラブルがある人は使用を控える。
スクラブを直接顔にのばすと均一にならず、効果を弱めたりこすりすぎの原因にも。あらかじめ手のひらでクリーム状にのばす。洗う部分はT ソーンを中心に。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です