ココアで集中力が増して受験に成功。夫は中性脂肪とコレステロールが下がりました

子供の中学受験を支えたココア

我が家とココアの付き合いは、いま高校2年の長女が小学6年の秋からでした。当時、中学受験を控えて毎晩0時頃まで勉強していましたが、励ます意味もあって毎日10時頃ココアをいれてあげました。始めはジュースや清涼飲料水をあげていたんですが、なぜか落ち着かず、途中で何度もおかわりに来て、まるで勉強に身が入りません。そのうち塾のお友だちから、あったかいココアだとヤル気がでる、と聞いてきて、「私にもきょうからココアをいれて」というのが、最初でした。

それまで家には買い置きのココアなんてありませんでしたから、あわてて近所のスーパーへ走りましたよ。その頃、ココアの効き目とか、効用などはほとんど知らず、ただ、集中力が増したことだけは確実で、一応、希望の中学に入学できましたし、2年後には長男がやはり中学受験でしたが、この子も夜食の時の飲み物は、ずっとココアで通し、無事に目的校に合格させることができました。私の個人的な意見ですが、ジュースや清涼飲料水よりはココアを飲みながら勉強していたほうが、イライラ、カリカリせず気持ち良さそうに机に向かっていました。

朝、晩1杯ずつのココアはコレステロールをさげる

主人は子どもたちの受験以前は、毎朝必ずコーヒーを飲んでから出勤していました。そのうちすっかりココア党になった子どもたちが、毎朝ココアを飲むようになり、主人も「俺もココアでいいや」というようになり、ここ4年くらいは自然とココア党になりました。そうしたら毎年の定期検診で必ずひつかかっていたコレステロールと中性脂肪が、ここ3年「異常ありません」になったんです。確かにこの数年は主人もダイエットを心掛けてはいましたが、減った体重は75キロが72詔キロで、たったの3 キロだけです。最近、ココアが体に良いと聞き、その記事を読むとステアリン酸という成分が体に良いことを知りました。何も知らずに飲み始めたとはいえ、どうもココアが良かったとわかってからは、現金なもので、朝はもちろんですが、夜、寝る前も飲みはじめています。主人は、「夜のココアは気持ちと体がリラックスしてストレス解消にはもってこいだ」と言っています。

ココアの効能はこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です