(体験談)夏の間の冷房病を改善できた

毎年、夏が来るのが恐怖だったというMさん。長年、関東にお住まいだが、もともとは北国生まれの北国育ち。若い頃からクーラーが苦手だったが、40代に入った噴から、冷房の効いた部屋に長時間いると、決まってひどい頭痛や肩こりに襲われるようになった。
両肩が、まるで金属の板を入れたようにガチガチに硬くなり、首を左右に振るのもっらい。そうこうしているうちに頭の芯が、キリキリと千枚通しで穴を開けられているかのように痛み出し、いてもたってもいられなくなる。ひどいときは、吐き気にも苦しめられ、トイレから出てこられなくなるという。「そうなるともう、頭痛薬を飲んでも効かないんです。
じっと横になって、嵐のような発作が過ぎるのを待つしかありません。冷房を避けようとしても、仕事をしている以上、職場のエアコンのスイッチを勝手に切るわけにもいかない。家に帰ったら帰ったで、人一倍暑がりのご主人が、リモコンでエアコンの設定温度を低くする。夜中に夫婦の寝室をそっと抜け出し、リビングのソファやフローリングに横たわって、まんじりともせずに朝を迎えることもしばしばだった。
また、体力がなくなるのか、夏風邪にも悩まされた。一度ひくとなかなか治らない。熱は下がっても、鼻水や咳がずっと抜けないのだ。やっと治ったと思ったらまたひき、夏の閉じゅう、ほとんど風邪をひいている年もあった。
「万病の原因は冷えにあり、生姜が体を温める」という主張に、「これこそ、私が求めていたものだ! 」とひらめくものがあり、病院の帰りに本屋さんに寄って、同じ本を買って帰ったという。本を読んで、自分の体が人一倍冷えていると感じたMさんは、生姜紅茶や生姜湯に、くずさらに体を温める葛粉をプラス。毎日、飲むのを日課にした。そのほかにも、朝のみそ汁や、手づくりの料理など、おろし生妻や刻み生妻をどっさり入れて食べた。生姜しょうゆや生姜だれ、生姜ドレッシングなども作ったという。

また、風邪のひきはじめにも、葛粉入り生姜湯やネギ入り生妻湯、生妻酒のお湯割りなどを早めに飲み、温かくしてすぐに布団に入るようにした。こうして生萎を活用し、徹底した温め作戦を半年間実行した結果、昨年の夏は頭痛の発作が1回しか起こらなかったという。それも重いものではなく、熱い葛入り生姜湯を飲んで横になると、すぐにおさまった。夏風邪もひかなかったというから、驚くほどの効果だ。毎年、夏パテがひどくて食欲も落ち、秋口には体重が2~3kg減っていたが、それもなく、自分でも驚くほど元気に過ごせたという。今年の夏も、ぜひとも生妻パワーで乗り切ってほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です