自律神経のリズムに合った睡眠のとり方

睡眠不足も免疫力低下の原因

みなさんは、1日にどのくらいの睡眠時間をとっているでしょう?睡眠時間については、実にさまざまな説があります。1日5時間くらいの短時間睡眠がいいという人もいれば、いや8時間は必要だという人もいる。

実際のところ、厳密に「何時間が正解」という言い方はあえてしませんが、睡眠不足が身体に悪影響を及ぼすことは事実として、睡眠が不足すると免疫力も低下するという事実を説明したいと思います。

まず、夜はきちんと寝て、昼間はすっきり起きて働く、という人間としての正しい生活リズムを確保することが大切です。前項でも記したように、深夜のコンビニュンスストアのアルバイトなどは、もっとも身体を壊しやすい原因となるわけです。

そもそも人間は夜行性の動物ではないので、夜に起きていること自体、不自然なのです。もちろん夜起きていても日中しっかりと睡眠をとっていれば多少は害が軽減するものの、理想的な状態とはとてもいえません。

人間の身体や脳は、光の中で興奮するようにできているわけで、いかに睡眠をとろうとも健康を維持する、ましてや老けない身体をつくるということでは非常に不利なわけです。

たとえば、同じ芸術家でも、画家と作家ではやはり画家の方が長生きをしている傾向があります。なぜなら作家の場合、夜苦しみながら文章を書くという場合が多く、いっぼうで画家の場合は日中スケッチをしたりして、明るさを表現する場合が多いからです。

さて、こうした昼夜逆転が原因となって睡眠が不足した人は、自律神経の日内リズムである、昼間の交感神経から夜の副交感神経への移行がうまくできず、交感神経優位のままとなり、脳細胞が休息できない状態になります。

さらに、寝ないということは重力から解放されないということでもあり、夜遅くまで働いていたり、パソコンでインターネットなどをしていれば血圧が上がり、免疫力が著しく低下しているのです。

自律神経の昼夜のリズム

人間の身体は、日中は交感神経を活発にし、体温を上げて脳と身体を活動させ、夜は副交感神経を働かせて体温を下げ、脳と身体に休息を与えて疲れた細胞を修復し、内臓機能を高めて消化活動をするように作られていることを知らなくてはなりません。

副交感神経を働かせる睡眠をきちんととらないと、脳も身体も休まることがなく、いずれはオーバーヒートを起こしてしまうのです。

立ちくらみや熱っぼさとふっとういうのは脳が沸騰して悲鳴を上げている状態と考えていいでしょう。このように、人間は正しく昼と夜の訪れを交互に迎え、それをくり返すことによって自律神経をコントロールしています。睡眠が不足すると、自律神経を乱して体調不良を誘発し、その結果、免疫力が正しく機能せずに、さまざまな病気を引き起こすことになるのです。

昭和40年代の日本では、国民の平均就寝時間が10時でした。今の世の中ではちょっとイメージしづらいのではないでしょうか。それは働く大人たちに限ったことでなく、子供たちにしてもしかりです。勉強や、パソコン、テレビやゲームと、さまざまな悪影響を及ぼす現代的なツールとともに、夜更かしするのが当たり前になっています。これは子供たちの健全な発育にとって大きな危険信号と考えて間違いありません。

今の中学生などは、10時に寝る子は珍しいのではないでしょうか。むしろ12時くらいでも早いという風潮があるようです。こんなことは人類の歴史の中でもありえなかったことなのです。それが日中のだるさにつながって、昼間はボーッとして夕方ころからようやくエンジンがかかってくるような子が増えて、全体的にはき「子供たちに覇気が感じられない」ということになるわけです。

こうしたことは、思春期になって突然訪れる現象ではありません。ある意味でしつけは親のしつけの問題でもあるのです。

幼いころからきちんとした睡眠リズムを作るよう、子供を眠らせるのも親の責任の1つです。小学生ならば、遅くとも9時には床につかせたいものです。テレビを見るのもゲームをやるのもきちんと時間を決めて、ダラダラさせない。そして決められた時間になつたら、子供が何を言おうが強制的に寝かしっけることが肝心です。

テンピュール オリジナルネックピローは、独特な形状で世界にテンピュールの名を広めたスタンダードなデザイン。ボリュームのある波形が絶妙のバランスで、理想的な安眠スタイルを生み出します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です