大豆効果 母乳の代わりになる「豆乳+牛乳」

最近の産院では、生まれてきた赤ちゃんはなるべく母乳で育てるよう指導しています。しかし、今のお母さんがたは家庭にいても何やかやと忙しく、赤ちゃんを抱いておっぱいを含ませるようなことは、いつまでも続けているわけにいかない人が多いようです。

そういった時は、どこの家庭でも、市販の粉ミルクや牛乳などに頼らざるを得ません。

しかし、牛乳は牛の乳です。人間の母乳にはかないません。そのことはすでに世界保健機構(WHO)が、牛乳は育児のための完全食ではないと言い切っていることにもあらわれています。世界保健機構は牛乳には鉄、鋼、亜鉛、マンガンなどのミネラルが母乳に比べ、数分の一の含有量しかないとして、牛乳のミネラルを強化するように声をあげています。

この事実は、赤ちゃんの食事は牛乳でいいぐらいに思い込んでいた人にとってはかなりショックなことです。粉ミルクなども乳児の人工栄養食として、つとめて母乳に近づけるよう、不足する栄養素を加えて調整していますが、まだまだ完全というわけにいきません。

今のところ母乳にもっとも近い食品は、牛乳よりもむしろ豆乳ではないかとされています。牛乳と豆乳は一見似たような飲みものですが、栄養価を比較してみますと違った点がたくさんあります。

牛乳に不足しているといわれたミネラル類は豆乳に豊富ですが、牛乳にあるビタミンA やC 、カルシウム、含硫アミノ酸などは比較的豆乳に少ないのです。

しかし、カルシウムの点だけに関していえば、牛乳の方がカルシウムが多いと単純に言い切るには問題があるのです。

骨や歯は、構造がタンパク質でそのうえにリン酸カルシウムが沈着してできているわけですが、カルシウムをただ摂取していれば、骨は丈夫で太くなると考えるほど単純に生成されているのではないのです。

カルシウムを摂取するときにマグネシウムも摂取しないとカルシウムが骨に沈着する量が少なくなり、必要もない筋肉や血管に浸入して、筋肉の弾力を衰えさせたり、血管を硬くしてしまったりするのです。

牛乳に不足している、マグネシウムなどのミネラル類は、豆乳には豊富に含まれているわけですから、牛乳といっしょに豆乳もあわせて飲むというやり方が、カルシウム摂取のためにもきわめて有効で合理的なのです。

なお、豆乳には催乳作用があるとされています。母乳で赤ちゃんを育てるつもりでいる人はぜひとも試してみるべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です