大豆効果 妊娠前、妊娠中の栄養補給にも大豆

出産は女性の一大事業です。出産をひかえた女性は、みな我が身の安産を願い、五体満足で丈夫な赤ちゃんを産みたいと念じていることでしょう。
健康で立派な赤ちゃんを願うのであれば、腹帯の中に安産祈願の神社札を入れてただ出産の日を待っていればよいというものではありません。

そういった気休め的な念じ方をしているより食生活の改善に取り組み、バランスよく栄養を取って、お腹の中ですでに育てているという気持ちも大切です。

そのためには、貧血、低血圧、便秘といった女性に多い病気は、出産前にぜひとも治しておくようにしたいものです。

貧血は女性に多い、持病のようなものです。女性の35~40%は貧血症状に悩まされています。そんな慢性的貧血者の原因のほとんどは、スタイルを気にしての極端なダイエット、いわゆる減食からきています。鉄、鋼、亜鉛、マンガンなどのミネラル類の摂取がいつも不足しているのです。

鉄不足の治療 | 健康マニア
http://www.h-mania.info/2015/07/25/%e9%89%84%e4%b8%8d%e8%b6%b3%e3%81%ae%e6%b2%bb%e7%99%82/

減食は健康を維持するための栄養分がいつも不足している状態ですから、栄養失調となって低血圧を誘発してしまいます。

このような栄養不良の女性が妊娠すると、胎児に影響して、さまざまの障害を起こし、一生の不幸を背負いこむことにもなりかねません。

妊娠中のつわりもまた、食生活の栄養バランスが崩れた時に起きる症状です。つわりをなくしたり、少なくしようと思ったら食事の栄養バランスに気を配らなければなりません。

大豆食品は、すこやかな赤ちゃんを産むためにも欠かせない食べものです。

大豆食品には、鉄、嗣、亜鉛、マンガンなどミネラル類を豊富に含み、妊娠中の女性にとってはまたとない栄養供給食品です。

胎児は妊娠初期の1~3ヶ月の間に骨や歯の基礎が形成されるといいます。

その際、妊娠女性が胎児にどの程度栄養分を供給できたかによって、その後の体質に大きく影響します。

妊娠中は栄養バランスに気をつけながら、たんばく質、ビタミンも多い大豆食品(豆乳、とうふ、納豆など) をひんばんに取るように心がけていれば、貧血、低血圧、つわりなどに苦しむことなく、立派な赤ちゃんに恵まれるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です