長時間労働と人間関係が生むストレスの怖さ

家庭内の「ストレスの連鎖」を断つために

本来職場とは、そこに働く人やその家族の健やかな暮らしを維持するための場所であるとともに、自分の人格をさらなる高みへと育み、働くことの喜びを見出す場としてあるべきです。

ところが今の多くの企業は生産性の向上という視点がしい強調され、そこに働く人の個人的な窓意が入り込む余地などないのが実情です。そんな環境に置かれた人は、自分を主張する場所も時間も与えられず、会社の歯車として消耗していくぼかりです。

それと同時に、猛スピードで変化を続ける社会状況に足並みをそろえるべく、働く人々の労働時間は拡大され、それまで培われてきた人間関係までをも破壊します。こうした労働時間の拡大と、希薄になつた人間関係の狭間にあって、人々は孤立し大きなストレスを抱え込むことになるのです。

そしてその個人的なストレスは病気ばかりでなく、ときとして家庭崩壊を引き起こす「負の連鎖」へと発展する場合も少なくありません。

たとえばご主人が40代の働き盛りのエリートで、肩書きも課長、課長補佐という中間管理職という状況に、そのようなケースを多く見ることができます。

朝早く出勤して夜帰宅するのは毎日1時、2時。土日の出社もしばしばある。さらに「次のポストは、今の頑張り次第」などと上司にささやかれれば、いやおうなしに自分の身体にムチ打って働かなくてはならない。

とはいえ40歳を過ぎた身体は正直なもので、疲れもたまれば気持ちにゆとりもなくなります。そんな例は世の中にいくらでもあるわけです。そしてこうした状況に陥った人の家庭は必ずといっていいほど何らかの歪みを抱えています。

身体の疲れというのは精神のいらだちにつながっていき、そのいらだちを一手に引き受けるのが奥さんの役割になってしまう。

とはいえ、ご主人の帰りを待つ奥さんとしても日常生活の中で起こるさまざまな出来事をご主人に相談したいという思いも大いにある。
でも相談できない。これは大きなストレスです。すると今度は、奥さんが抱まえ込んでしまったストレスのはけ口子供になるわけです。「そんなに聞き分けのない子は、お母さんの子供じゃないよ!」などというとんでもない言葉を、知らず知らずのうちに小さな子供に浴びせている。

あとで振り返ると「なんで私、あんなことを言ったんだろう」と思うようなひどいことを言っているのです。それで今度は、子供の方が傷ついてしまう。

自己主張の強い子供であれば弱いものいじめをしてはけ口を求めたり、心の優しい子供であれば不登校になってしまったり。

もう、すべての根はつながっているのです。もともとは父親が会社から持ち帰ってきたストレスであり、長時間労働と歪んだ人間関係が生み出すストレスです。現代社会において多くの場合、家庭崩壊の原因はここにあります。

まずは30分早く帰宅する

身体の疲れというのは、脳のいらだちとしてはね返ります。すると性格のきつい人は誰かに当たりちらしたり、性格の穏やかな人は自分の中に抑圧という形で押し込めてしまうのです。

特に長時間労働という劣悪な環境に加え、歪んだ人間関係に身をさらせば人間の脳は疲弊し、ダイレクトにストレスを感じてしまいます。
高圧的な上司や性格の悪いお客さんと日常的に接していれば、当たり前のように人間は破綻してしまうのです。

また心の状態が不安定であれば、ストレスへの対処方法も極端になりがちで、ストレスはますます大きくなっていくばかりです。たとえば飲酒を例にとってみても、気心の知れた仲間と飲む酒は日常の些細な出来事を忘れさせ、気持ちの切り替えには効果的です。

ところが、日ごろの人間関係やトラブルを忘れるために飲む酒は、決して気分の晴れるものではありません。かえってストレスを大きなものにしてしまいます。

こうした悪循環からの脱却には、まずは仕事時間を減らすことが第一だと私は常々言っています。1時間、2時間が無理ならば、まずは30分でもいい。30分きざみで自分の生き方を調整しましょう、

というのが私の提言です。責任の強いポストを任されていたり、昇進がかかっていたりして仕事時間を減らせないという人もいるでしょうが、たつた30分ならばできるはず。

身体の負担が少なければそれだけ中身で勝負できるはずなのです。それを中身で勝負せずに時間で勝負していれば、身体の負担をいつまでも抱えることになり、結局は家庭に影響したり、過労死や鬱病などを引き起こしかねないのです。仕事とは何のためのものか、誰のためのものかを真剣に考えれば、今のあなたの働き方にはきっと改善の余地があるはず。私はそのように思います。

アーティーチョークエキス入り美容液「アーティーエッセンス」

あらゆるシミ、シワが消えてったるみが改善

美肌特集で紹介した「アーティチョーク美容液」が、美と若さを求める人たちの間で大評判になっています。
この美容液でたるみやシワを撃退し、何歳も若返った人たちからの喜びの声が多数届いています。

最近では、実年齢を感じさせない美と若さを兼ね備えた女性\のことを「美魔女」と呼び、テレビ番組などで話題になっています。
そんな美魔女が、この美容液の使用者の中からも続々と誕生しているのです。

そもそも、アーティチョークとは、イタリア料理などで使われるハーブ野菜の一種です。血中のコレステロールを下げるなど、薬効に優れていることで知られていますが、近年では、その美容効果に注目が集まっています。

肌の潤いや弾力を保つために欠かせない、コラーゲンの減少を抑制する作用が確認されたのです。この美容液には、アーティチョークのエキスのほかにも、ヒアルロン酸やローズマリーといった、肌の弾力や水分保持に役立つ美肌成分も含まれています。そのため、少量でも圧倒的な保湿力と弾力がもたらされ、塗ったとたんに肌が潤い、その場で肌がピンと張るのを実感する人が少なくありません。

「アーティチョーク美容液」の使い方は、とても簡単です。手持ちの化粧水や乳液と組み合わせて、シワやシミ、たるみ、くすみ、乾燥などの気になる部分に1~2滴分を塗り込み、それから顔全体に伸ばすだけ。朝晩に使うのが理想ですが、夜だけの使用でも、翌朝まで保湿効果が持続するという声が多いのです。

また、朝は美容液を塗ってから化粧水を、夜は化粧水を塗ってから美容液を塗るのが効果的です。

「アーティチョーク美容液」を使い、みごとに若返りを果たした人たちの喜びの声です。

アンティーチョーク美容液を実際に使った人の声

77歳の女性は、口の周りのたるみと、梅干しのような細かいシワに悩んでいました。朝晩に「アーティチョーク美容液」を使い始めたら、まず色白になり、ロもとのたるみがすっかり解消したといいます。
また、口の周りのシワも消えて、周囲を驚かせました。
さらに、目もとの深いシワも、溝が浅くなったとのこと。この女性は、「おかげで10歳は若返ることができました。

まず、乾燥ぎみだった肌がしっとりして、朝晩を問わず、潤うようになったのです。また、体に疲れがたまると、肌がカサついたり、くすんだりしていたのが、疲れた後でも、肌の調子が落ち着くようになったと思います。

皮膚の弾力性が向上すると実験で判明

このように、幅広い年齢層に効果を発揮してくれる「アーティチョーク美容液」。その理由を、植物や野菜の健康効果に詳しいフルーツ博士、明治薬科大学理事で元教授の本橋登先生(薬学博士)に伺いました。

「アーティチョークは、肌の衰えをカバーする成分を多彩に含んでいます。その代表が、精油成分のサイナロビクリン(シナロビクリン)です。
この成分が肌に吸収されると、皮膚の奥にある真皮層で、細胞と細胞をつなぐコラーゲンを分解する酵素(マトリックスメタロブロテアーゼ)の働きがおさえられます。

また、紫外線や皮膚の炎症によるコラーゲン不足も補われるので、弾力不足で生じた皮膚のたるみやシワの解消が期待できるでしょう。
こうした作用については、日本のある化粧品メーカーが行った臨床実験でも明らかになりました。アーティチョークの抽出成分であるサイナロビクリンが、コラーゲンを分解する酵素の働きを間接的におさえ、3ヶ月後には、被験者の皮膚の弾力性が向上したことがわかっているのです。

そのほかにも、豊富に含まれる食物繊維が、皮膚の表面に皮膜を張り、たるんだ肌が引き上げられます。また、ビタミンAやビタミンCの抗酸化作用、ビタミンB1やB2による皮膚細胞の代謝を活性化させる作用なども、肌にハリやキメ、潤いをもたらします。これらの有効成分が、継続的に肌へ届くと、老化、紫外線や化粧品のストレスなどで衰えた肌が、健康を取り戻してくれるでしょう。

それが、周囲を驚かせるほどの若返り効果へとつながるのです」

本橋先生によると、特定の植物にアレルギーを起こす人もいるため、事前に、パッチテスト(アレルギーなどの原因物質を調べるための検査。疑いのある物質を腕の内側に塗って反応を見る)を行うのがお勧めということです。

アーティーチョークの葉エキスはコラーゲンの保護や肌の弾力をサポート。
マリンコラーゲン、ヒアルロン酸、ローズマリーエキス入り。
防腐剤不使用。

PC作業は血圧を200mmHGまで上昇させてしまう

身体にダメージを与えるワーストワン

その昔、冷蔵庫、洗濯機、テレビは「三種の神器」と呼ばれ、日本の高度成長を象徴するシンボルとして多くの家庭に入り込んでいきました。

近年、これらの神器に仲間入りしつつあるのがパソコンです。一般家庭においてはまだ縁遠いとおっしゃる方もいるでしょうが、少なくともビジネスの領域においては必要不可欠なツールとなっているのは間違いありません。

社会そのものがIT時代に突入し、その使い勝手は実に多様。便利この上ないものであることには違いありません。とはいえ、このパソコンが人間の身体に多大な悪影響を及ぼすことを知らず、依存症的にパソコンの前に何時間も座り続ける人が増えています。私は、短時間に身体を痛めつけるナンバーワンはパソコンであると思っています。

パソコンが人体に及ぼす悪影響は、実にさまざまなものがあります。まずは眼精疲労。パソコンの点滅する光を見続けることは、目にたいへんな負担がかかります。

その原因は、画面から発せられる電磁波の影響と考えてよいでしょう。パソコンの画面を見るというは、光の点滅を見続けているのと同じこと。実際には静止画に見えるパソコン画面ですが、実は無数の光の点滅によって画像が構成されているのです。

この点滅のひとつつひとつが電磁波を放出し続けているのです。いい方を変えれば、パソコンの画面を見ながら目はショックを受けているということです。

目に優しい生活はこちらです。

テレビにも同じことがいえますが、テレビの場合、画面との距離が離れているため、光の点滅の認識が比較的少ないのです。パソコンをお使いになる方は、日ごろご自分がどの程度画面から顔を離して作業をしているか思い返してみてください。その距離で絶え間なく電磁波を顔に受けていると考えれば、相当な恐怖を感じるはずです。

さて、いま顔に電磁波を受けるといいましたが、ここ最近パソコン使用による顔面発疹の症状を訴える人が増えています。この原因として有力視されているのが静電気です。パソコンの画面には絶え間ほこりなく光の点滅が起こっているため、非常に静電気が起こりやすく、細かい境が吸い寄せられやすくなっています。

これに加え電磁波を受けることで、免疫力が正常に機能せず、アレルギー状態になりやすいことも1つの原因と考えられています。また、電磁波過敏症といって、パソコンの前でつねに仕事をしている人の中には、四六時中体調がすぐれないが、いったん会社を離れると回復するという症状を訴える人も少なくありません。

これもまた電磁波がもたらしている健康障害の1つで、こうした症状を電磁波過敏症といいます。もともと電磁波が免疫力に影響をもたらすということは以前からいわれていましたが、最近では免疫力への影響からさらに、アレルギー反応や過敏症をもたらすのでは、と発展的な考え方に広がりつつあります。

電磁波過敏症は、化学物質過敏症や慢性疲労過敏症と並んで、今後増え続けていくことが予測されています。

60分ごとに10分の休憩をとる

私は以前、パソコンを夜遅くまでやっている人の脈を測ったことがありますが、その方の血圧はなんと200mmHGを超えていました。これはもう、激しい肉体運動をしている人や激怒している人の血圧と同じくらいの数値です。

身体が交感神経緊張の状態に陥り、いわゆる興奮状態にあるのです。こうした状態が続けば眼精疲労やアレルギー症状を超えて、確実に痛を発症するでしょう。

そもそも、電磁波と痛の関係は以前より指摘されていることで、免疫調査研究と並行して電磁波がどのように人体に影響するかが研究されています。

私の知人に、かつて中学校の校長先生だった人がいます。その人は60歳で定年を迎え、今まであまりやっていなかったパソコンに目覚めてしまったわけです。

いざやってみればなかなか面白いもので、ついついのめり込みすぎて、毎晩夜更かしをしてしまったというのです。l時間や2時間などあっという間に過ぎてしまう、60歳になって夜更かししながらつねに交感神経緊張の状態です。

その結果、ガンになってしまいました。こういうかたちで身体を壊す高齢者の方というのが、思いのほか少なくありません。ともあれ、非常に便利で使い方によっては楽しくもあるパソコンですが、過度な使用は健康に悪影響を及ぼす危険なツールであるということを忘れてはなりません。日本産業衛生学会の報告では、1日の使用時間は最大でも4時間まで。連続して使用する場合は1時間おきに10分から15分の休憩をとること、と勧告しています。

たしかに、仕事などで必要にせまられ、断続的な使用では仕事にならないといぅ方もいるでしょう。しかし、その代償の大きさを考えれば、答はおのずと出てくるのではないでしょうか。

タミフル問題からわかったこと

異常行動はこうして起こる

先ごろ、厚生労働省は「10代の人々へのタミフルの投与は原則的に禁止とする」という発表をしましたが、10代の人たちだけでなく、すべての人への投与を禁止すべきだと思います。

マンションから飛び降りたり、自動車の前に飛び出してしまったりという異常行動というのは、そもそもインフルエンザでは起こりえないものです。その原因となっているのがタミフルという薬剤であることが明らかになっているにもかかわらず、なぜ国はその薬の使用を全面的に禁止しないのか。このようなことは、誰が考えても疑問に思うはずです。

実はこの背景には、厚生労働省や研究班の指導もあって、世界中で生産されるタミフルの7割を日本が買い占めてしまったというなんともお粗末な原因があります。

だからこそ厚生労働省は、タミフルの害をなかなか認めることができなかったのでしょう。薬害というのはすべて、厚生労働省と諮問機関の意向によって結局はうやむやになっていきます。

さかのぼれば、水俣病のときにしても「魚に問題がある」とあいまい発表すればよかったものを、「因果関係は現在調査中」などという曖昧な発表をしたものだから、住民たちは疑問を抱きつつも魚を食べ続けてしまった。にもかかわらず「水銀以外でも、こういう症状は出る可能性がある」などと往生際の悪いことばかり言って責任逃れをしていたわけです。いつの時代の有事にあっても、役人の頭の中から「保身」という2文字は消すことができないのです。

タミフルの1件もまさに同じです。あってはならない薬害が、現実に引き起こされているにもかかわらず、そこから手を引こうとしない。これはもう犯罪と言っても過言ではないでしょう。では、なぜタミフルが人間の身体に有害であるかを、ここでくわしく説明しましょう。

タミフルは、インフルエンザウィルスが持つノイラミニターゼというタンパク質の合成を選択的に阻害して、ウィルスの増殖を抑える薬です。
ノイラミニターゼは、ウィルスが宿主細胞から遊離するさいに必要な酵素です。そのためインフルエンザの症状が発生した後48時間以内に投与を行なうと、細胞外へのウィルスの遊離や放出が抑えられ、症状がやわらいで高熱が出るのを1日ほど短縮できる効果があるとされています。

よく、「インフルエンザにかかったら2日以内にタミフルを使わないと効果がない」と言われるのは、こうしたことによるものです。ところがこのノイラミニターゼという酵素は、人間の身体の中でも重要な働きをもっており、脳の神経細胞(グリラ細胞) はこの酵素を必要とする組織なのです。

つまりタミフルを使用するとノイラミニターゼの働きをも阻害することになり、ときとして先に記した異常行動や突然のショック死に至る場合があるのです。

「ニュースから真実を見抜く目」が我が身を守る

こうした現実を知らない人々は、タミフルこそインインフルエンザの特効薬として絶大なる信頼を寄せていました。平成8年あたりから、タミフルが原因ではないかと思われる異常行動がニュースなどで報道されてもまだ、このタミフルには根強いものがあったのです。

そもそもインフルエンザは、ここ数年の病気ではなく、長い間、人類にあらかじめ備わった免疫力によって自然治癒してきた病気です。

免疫力さえ正しく作用していれば、どれほどの高熱が出たとしても、およそ1週間ほどの休養で自然に治るものなのです。タミフルが登場する以前には、非ステロイド系解熱剤によるインフルエンザ脳症も大きな問題となりました。いずれのクスリも、その副作用によって大きな問題を引き起こしているという事実に目を向けなくてはいけません。

こうした事実を知ってもなお、あなたはインフルエンザにかかったときに、タミフルの力を必要とするでしょうか? 我が身を危険にさらしてまで、わずか1日ばかり早く熱を下げたいと思うでしょうか?

「薬信仰国」といわれる日本。今回のタミフル問題は、薬を与える側はもちろんのこと、もらう側にとっても、過剰な薬信仰に警鐘を鳴らすいいきつかけになつたのではないでしょうか。

薬を多用すると免疫力はこうなる

ステロイド、血圧降下剤、抗ガン剤と免疫力

現在の西洋医療で、もっとも広いシーンで活用される薬がステロイドです。このステロイドという薬は、最強の抗炎症薬としてあらゆる場面で使用されています。

ステロイドには活性酸素を無毒化して、細胞の酸化反応を一瞬にして食い止める力があり、大ケガをしたときや、やけどをしたときなど、救急救命医療には欠かせない薬として活躍しています。また、そのおかげで多くの命が救われてきたことは、誰もが否定できない事実です。

こうしたことから、現代のステロイド信仰には非常に根深いものがあります。現行のステロイド投与量では炎症が食い止められなくなつた場合は、さらに強いステロイド剤の投与が行なわれます。そして人間の身体がボロボロになっていくのです。

ステロイドは、交感神経を緊張させる非常に強力な作用を持っているため、使い続けると血圧が上がり、脈が乱れ、不安感が増したり腰痛といった関節痛を引き起こします。

さらには血流障害を起こし、手足は氷のように冷たくなって体温の低下を導きます。

このほかにも、血圧降下剤や抗ガン剤など、現在使われている薬のほとんどは交感神経を刺激する作用をもっています。もちろんこらえきれない痛みや苦しみなど、本当に身体がつらいときに短期間使用するのは自律神経に悪影響を及ぼすものではありませんが、身体を休ませることなく、月単位、年単位で使い続けた場合には、交感神経緊張はまぬがれず、著しい免疫力の低下を招きます。

そしてそこからどんどん体調が悪化していき、降圧剤や精神安定剤、さらには経口糖尿病薬、消炎鎮痛剤と薬の上乗せをされた人は、薬漬けから逃れられなくなっていくのです。

事実、薬漬けの状態にあるお年寄りの多くは、腰痛、ひざの痛みを解消することが目的で、軽い気持ちで薬を飲み始めた人がほとんどです。

また副交感神経の過剰によるアレルギー反応を起こしている人は、本来豊富な畑免疫力の持ち主です。だからこそ、病気が発症した直後から生活習慣を見直して、ながわずら交感神経と副交感神経のバランスをとる生き方さえ実践すれば、長患いせず自然に治癒されるものなのです。

アレルギーが治りにくいホントの原因

こうした背景があるにもかかわらず、アレルギー症状が治りにくいとされている原因はほかでもなく、ステロイドの多用です。ステロイドがストレスとなつて、自律神経のバランスがくずれ、免疫力が低下する。そして交感神経が過度に優位に傾き、病気が治りにくくなつてしまうのです。こうした薬害に対しては、薬を減らすか、使用自体をやめるしか手がありません。もちろんこれまで何年問にもわたって薬に頼ってきた人が、すっぱりと薬から縁を切るというのは大きな不安になるでしょう。

ましてやステロイドのように強い薬は、やめたことによってリバウンドを起こします。しかし、ストレスからの解放なくしてはいかなる病気も決して治ることはない、というのが私の持論です。其の意味で健康を取り戻したければ、勇気をもって薬と縁を切ることが大事です。

非常に乱暴に聞こえるかもしれませんが、歳をとってから降圧剤や抗ガン剤を飲むというのは、人間として「未熟者」だと私は思います。

「70歳を過ぎたら、若者の手本であり、人生の達人であるべきなのに、なぜいちいち薬などを飲んでいるのですか? 」と。

身体は間違っていないのです。むしろ生き方が聞達っているからこそ、病は現れてくるのです。なんらかのいきさつで血圧が上がったくらいで、なぜ薬など飲むのかと私ささいは思います。

そのときの身体の些細な反応を、まるで自分の身体が出来損なっているから、などと考えて薬を飲むことほど愚かなことはありません。
むしろそうしたときこそ、普段の生活を見つめ直してみるべきなのです。それまでの自分の暮らしぶりを思い返して、病に至るような生き方の失敗はなかっただろうかと。そうしたときだからこそ、薬を使って自分の身体を責めるのではなく、いたわる心を持って身体を休ませてあげなくてはならないのです。