胃炎・胃潰瘍を生姜の効果、効能で解消する

胃や十二指腸の病気は、冷え性の人に多い代表的な病気。胃の調子が悪いときにみぞおちをさわってみると、ひんやりと冷たいことからもわかる。
普段から、腹巻きゃ使い捨てカイロ、入浴などでお腹を積極的に温めよう。生妻は体を温める作用のほか、胃腸の内壁の血液循環をよくして胃腸の働きを促し、消化吸収を高める働きがあることが知られている。また、胃潰瘍の原因となるヘリコバクター・ピロリ菌を殺菌する効果も注目されている。日頃から生姜紅茶や生姜湯を積極的に飲むのはもちろん、胃腸病によく効く梅しょう番茶などもおすすめ。

  • 生姜紅茶 や生姜湯を1日3~6杯飲むほか、普段の食事に積極的に生姜を取り入れる
  • 体を温める効果が高く、下痢便秘吐き気など胃腸の不調にもよく効く梅しょう番茶を1日1~2杯飲む。
  • キャベツを積極的に食べる。生キャベツには、ビタミンU( キャベジン) という成分が豊富に含まれていて、胃の粘膜の血行をよくし、傷ついた組織を修復する。加熱するとビタミンU は破壊されてしまうので、生食か、それに近いとり方がいい。キャベツ100グラムをニンジン・リンゴジュースに加えて飲む生ジュースがおすすめ。ニンジン、リンゴ、キャベツを一緒にジューサーにかけて作る。
  • 胃炎や胃潰瘍の人は、42度くらいの少し熟めの風呂に入ると胃酸の分泌が減少して効果的。胃弱や胃下垂の人は、38~40度くらいのぬるめの風呂に入って胃液の分泌を促すといい。

生理痛・生理不順・更年期障害・子宮筋腫を生姜の効果、効能で解消する

冷え性の女性は、へそより上と下では体温が違い、下腹部が格段に冷たい。子宮や卵巣はへそより下にあるので、下腹部の冷えは、子宮や卵巣の血行が悪いことを意味する。
その結果、卵巣でつくられるエストロゲンヤプロゲステロンなどの女性ホルモンの分泌が悪くなり、卵巣の働き自体も弱まる。また、子宮も同様の機能低下が見られるようになる。そのため、生理痛や生理不順、PMS(月経前症候群)、子宮筋腫、子宮内膜症などの婦人病や、のぼせや息苦しさ、イライラや不安などの更年期障害が起こりやすくなる。

  • 毎日、生姜紅茶や生姜湯、梅しょう番茶を飲んで、体を温めておく。更年期障害からくるのぼせには、生姜紅茶に入れる黒糖の代わりに、ハッカ(シソ科) のアメを入れて1日3~4杯飲むと効果的。
  • 生理が近づくとイライラするなど、精神状態が不安定になるPMSには、心の安定をもたらすシソを使ったシソ入り生姜湯を。1日1~2杯飲むとよい。
  • 毎日、入浴後、下腹部に生姜湿布をする。腹巻きや使い捨てカイロなども活用し、下腹部や腰を温める。低温やけどに注意すること。
  • 濃い番茶に、すりつぶした黒ゴマ塩を小さじ1入れて、1日4 ~5杯飲む。生理痛に効果あり。生理の数日前から飲みはじめるといい。

「吐き気・二日酔い」を生姜の効果、効能で解消する

吐き気も二日酔いも、排出されずに胃の中にたまった水分が原因で起こる。嘔吐や下痢などで、余分な水分を体外に出そうとする。
また、腐りかけた食べ物や有害な物質を摂った場合は、それを何とかして薄めようと胃液が大量に分泌され、嘔吐することで体外に排出する。いずれにしても、吐き気があるときは、体を温めて胃の中の余分な水分を血液に吸収し、発汗、排尿を促して余分な水分を排出する。
生姜や梅干し、シソの葉などを活用するほか、サウナや半身浴などで大量の汗をかくことも効果的だ。また、生姜には、船酔いやつわり、抗がん剤による吐き気をおさえる効果があることもわかっている。これらが心配なときは、粉末生姜やチューブ入り生姜を持ち歩くのもいいだろう。

  • 生姜紅茶や生姜湯を1日3~6杯飲む。
  • コップ2杯強の水を入れた鍋に、種を除いた梅干し1個を入れ、水の量が半分になるまで煎じて飲む。梅干しには体を温める作用のほかに、有毒物質を解毒する働きもある。胃腸の働きを活発にするので、胃にたまった水分や有害物を腸に送り、吐き気を改善する。
  • シソ入り生姜湯を飲む。シソの葉4~〜5枚を刻み、水2カップを入れた鍋に入れ、水が半量になるまで煎じる。この煎じた汁にすりおろした生姜通量を入れたもの。シソの葉に含まれる芳香成分には、吐き気をおさえる作用がある。
  • サウナ浴などで体を温め、大量の発汗を促す。二日酔いなど、余分な水分が胃の中にたまって起こる吐き気に効果あり(もちろん、飲酒直後はしないこと)。また、サウナ浴をしてから酒を飲むと、二日酔いしにくくなる。

二日酔いの予防と対策にはウコンも効果的

「下痢」を生姜の効果、効能で解消する

便秘を生姜で解消する方法も紹介しましたが下痢もまた生姜の効果が発揮します。
一般的に、慢性の下痢は、冷えか水分の摂りすぎが原因で起こる。体が冷えると、体内の水分を捨てて、体を温めようとするメカニズムが働く。
つまり、下痢を解消するには、体、特に胃腸を温めること。尿や汗で、余分な水分を排泄することも必要。
生姜は胃腸を温め、利尿や発汗など、水分代謝を促す。また、食中毒を起こす細菌を殺菌する作用や毒素排出作用も知られているので、食中毒などによる急性の下痢にも効果を発揮する。

  • すりおろしたダイコンと生姜で作るダイコン湯を飲む。どんぶりにすりおろしたダイコン大さじ3(2~3cm分)、すりおろした生姜大さじ1/2を入れ、しようゆを、適量で加え、熱い番茶をたっぷり注げばでき上がり。
  • 梅しょう番茶も効果がある。種を除いた梅干し1個を湯飲み茶碗に入れ、果肉をよくつぶし、しようゆ大さじ1 を加えて、よく練る。そこにすりおろした生姜の絞り汁を5~10滴加え、熱い番茶を注ぎ入れ、よくかき混ぜればでき上がり。
  • へそを中心に、生姜湿布をして温める。コンニャク1枚をお湯に入れて煮立て、タオルなどで包んで患部にあてるコンニャク湿布もいい。
  • 体を温める作用のあるニンジン、ジャガイモ、玉ネギなどの根菜を水から煮込み、やはり体を温める塩で味つけした野菜スープを、最低1日1回飲む。

「便秘」を生姜の効果、効能で解消する

便秘解消の方法として「水をたくさん飲む」「生野菜や果物で繊維を摂る」などが紹介されていることが多いが、これらはすべて体を冷やす方法。
水太りで冷えている人にとっては、逆効果になることもある。手のひらを腹部にあてると冷たく感じる人は、大腸や直腸が冷えている証拠。
生姜をたくさん摂って体を温め、大腸や直腸が活発に動くようにすることが、便秘解消の近道。
また、生姜紅茶や生姜湯を飲みながら、豊富な食物繊維や緩下成分を含んだ食べ物を摂ったり、積極的に運動したりすることも心がけたい。

冬の冷えには「金時しょうが」を使って便秘を解消

  • 冷えた大腸や直腸を温める生姜紅茶や生姜湯を1日3~6杯飲むほか、普段の食生活にも生姜をできるだけとり入れる。
  • 食物繊維の多いゴボウやニンジン、サツマイモ、あずきなどをたくさん食べる。あずきには大腸を温める作用もあるので、ゆであずきは特におすすめ。ゆでるのが面倒なら、缶詰を。
  • 緩下作用(ゆるやかに便通を促す作用) にすぐれ、大腸を温める作用もある乾燥プルーンを毎日数個ずつ食べる。
  • 腸の運動を活発にするには、入浴して体が温まっているときの運動が効果的。湯船の中で、息を吸いながらお腹を大きくふくらませたり、息を吐きながら引っ込めたりするのを10回線り返す。また、下腹部に手のひらをあて、時計まわりにマッサージするのもおすすめ。
  • 腹筋運動を習慣にすることで、腸への血行もよくなる。仰向けになって両足をそろえてまっすぐに伸ばし、そのまま上げたり下ろしたりを繰り返す。1日30~50回行うのが理想的。

冷え症の人は便秘と下痢を繰り返すにも書かれているとおり冷え性は腸のトラブルをかかえやすいようです。生姜を活用して中から温めるようにしたいです。