大豆効果 カルシウム不足は大豆で補う

カルシウム不足は神経にも影響を及ぼす

カルシウムというと、骨に関係する栄養素ぐらいにしか考えていない人が多いと思います。たしかに、育ち盛りの中学生に最近、骨折が非常に多いということは、明らかにカルシウム不足に大きな原因があります。

今では、日本人の食生活は戦前とは一変してしまい、カレーライス、スパゲッティ、ハンバーグといった手早く、手軽にできる洋風料理が主体になってしまっています。

現代人が必要とするミネラル「カルシウム」「マグネシウム」

昔ながらの野菜の煮つけ、ひじき、わかめ、昆布、小魚といったカルシウムに富んだものはあまり食卓にのぼりません。

カタカナ名前の洋風料理は、一見、栄養豊富そうに見えますが、ことカルシウムになると意外なほど貧弱なものです。

インスタント料理ばかり食べさせられている子供たちに、骨折が多いのは、あながち運動不足のせいばかりではないのです。

そして、カルシウム不足が原因となって起こっているとみられるもう1つの病気としては、神経性の疲労やイライラがあります。

カルシウムで丈夫な骨をつくり、イライラを防ぐ | 100種類のサプリメントの効能と効果
http://more-supplement.info/use/archives/1000

カルシウムには脳神経細胞の興奮を抑える働きがあるのです。

カルシウムが豊富に含まれた食事を取り、脳細胞中にいつも十分カルシウムが蓄えられていられるような人は、多少の精神的ショックを受けても、それほど動揺せず平常心を保っていられるのです。

怒りっぽくなるのはカルシウム不足の症状

ところがカルシウムが足りないような人は、ちょっとしたストレス、刺激にも神経が過敏になってしまい、すぐにイライラしたり、怒りっぽくなったりします。そうならないまでも、神経的な疲労感や倦怠感に悩まされ、絶えずクヨクヨしたり不安がったりするようになってしまいます。

現代は、校内暴力が多発したり、ストレス過重人間が多かったりする時代ですが、その何割かはカルシウム

1日の必要量は600mg

日本人のカルシウムの成人1日当りの所要量は600ミリグラムとされています。それに対し、日本人はカルシウムを平均540ミリグラム程度しか取っていません。このことは国民栄養調査によっても明らかになっています。つまり、日本人のカルシウム摂取量は平均所要量の9割程度にしか達してないという数字もでています。

とくに若い人にはカルシウム不足が目立ち、別のある調査によれば、学生の90%はカルシウム不足で、しかも、カルシウムの摂取量が必要所要量の半分にも満たない学生が35パーセント強もいたということです。

日本人のカルシウム摂取量が、こんなに下がつてしまったわけは、日本の伝統的な食生活が欧米型の食生活に圧倒されて、壊滅状態になってしまったためです。
もちろん、旧来の日本人の食生活が1から10まですべてよかったわけではありませんが、ことカルシウムに関する限り、過去の食生活に軍配をあげないわけにいきません。

カルシウムはたんぱく質と一緒に摂取する

かつては欧米人に「日本人は魚臭い」と言われるほど魚料理を食べていましたし、海藻、野菜類もさまざまの大豆食品といっしょに絶えず取っていました。とくに、たんばく質の豊富な大豆食品(みそ、とうふ、納豆、煮豆、おから、きな粉など) を絶えず食生活に取り入れていたことはカルシウム摂取のためにも大きかったのです。カルシウムはたんばく質といっしょに取り入れるとからだの中への吸収がスムーズにいく性質があるのです。

このことからも、たんばく質とカルシウムの両方を含んでいる大豆は、他のカルシウム食品とともにかなりの相乗効果を発揮していたはずです。

ところで、大豆のカルシウム含有量ですが、100グラム中240ミリグラムあります。比較的カルシウム含有量の多い食品です。大豆食品の中でカルシウムの多いのは、大豆を丸ごと使って作った食品では納豆、煮豆、すりつぶしたものではきな粉、意外と思われるものでは、豆乳のしぽりかすのおからがあります。

とくにおからは豆乳のしぽりかすでありながら、豆乳より多く含まれ、豆乳の倍以上のカルシウムがあります。

きな粉も以前は常時、食卓に置かれていた食品の1つです。また、いろいろな和風菓子にも手を変え晶を変え利用され、そのひなびた風味が愛されたものでした。今では、きな粉はその利用方法すら忘れられ始めているような感じですが、大いに復活してもらいたい食べものの1一つです。

大豆は、単にカルシウム補給補助食品としてのみではなく、その豊富なたんばく質、からだに有益な脂肪、ビタミン類、ミネラル類とともに年中取っていたい食品です。

大豆効果 母乳の代わりになる「豆乳+牛乳」

最近の産院では、生まれてきた赤ちゃんはなるべく母乳で育てるよう指導しています。しかし、今のお母さんがたは家庭にいても何やかやと忙しく、赤ちゃんを抱いておっぱいを含ませるようなことは、いつまでも続けているわけにいかない人が多いようです。

そういった時は、どこの家庭でも、市販の粉ミルクや牛乳などに頼らざるを得ません。

しかし、牛乳は牛の乳です。人間の母乳にはかないません。そのことはすでに世界保健機構(WHO)が、牛乳は育児のための完全食ではないと言い切っていることにもあらわれています。世界保健機構は牛乳には鉄、鋼、亜鉛、マンガンなどのミネラルが母乳に比べ、数分の一の含有量しかないとして、牛乳のミネラルを強化するように声をあげています。

この事実は、赤ちゃんの食事は牛乳でいいぐらいに思い込んでいた人にとってはかなりショックなことです。粉ミルクなども乳児の人工栄養食として、つとめて母乳に近づけるよう、不足する栄養素を加えて調整していますが、まだまだ完全というわけにいきません。

今のところ母乳にもっとも近い食品は、牛乳よりもむしろ豆乳ではないかとされています。牛乳と豆乳は一見似たような飲みものですが、栄養価を比較してみますと違った点がたくさんあります。

牛乳に不足しているといわれたミネラル類は豆乳に豊富ですが、牛乳にあるビタミンA やC 、カルシウム、含硫アミノ酸などは比較的豆乳に少ないのです。

しかし、カルシウムの点だけに関していえば、牛乳の方がカルシウムが多いと単純に言い切るには問題があるのです。

骨や歯は、構造がタンパク質でそのうえにリン酸カルシウムが沈着してできているわけですが、カルシウムをただ摂取していれば、骨は丈夫で太くなると考えるほど単純に生成されているのではないのです。

カルシウムを摂取するときにマグネシウムも摂取しないとカルシウムが骨に沈着する量が少なくなり、必要もない筋肉や血管に浸入して、筋肉の弾力を衰えさせたり、血管を硬くしてしまったりするのです。

牛乳に不足している、マグネシウムなどのミネラル類は、豆乳には豊富に含まれているわけですから、牛乳といっしょに豆乳もあわせて飲むというやり方が、カルシウム摂取のためにもきわめて有効で合理的なのです。

なお、豆乳には催乳作用があるとされています。母乳で赤ちゃんを育てるつもりでいる人はぜひとも試してみるべきです。

大豆効果 大豆は妊娠中毒症にも

妊娠中毒症というのは、男性には緑のない病気です。妊産婦の10%程度はこの病気にかかってしまいます。

症状としては、

  1. むくみ
  2. タンパク尿
  3. 高血圧

3つを大きな特徴としています。

そして視力減退、頭痛、めまい、嘔吐、尿量減少、意識不明、けいれん、子宮出血と付きそっている人がびっくり仰天するような事態を、症状の軽い重いによって差はあるものの、しばしば起こします。

その原因としては、胎盤から出る毒素によって血管、ホルモン、自律神経などに変化が起き、発病するのではないかとされています。

この妊娠中毒症にも大豆食品は効くのです。

妊娠中毒症の人は休養を十分にとり、食事としては塩分をひかえ目にして、ビタミンの多い食品や納豆、とうふ、肉、さかな、牛乳、豆乳などたんばく質の多い食品を取るようにすれば予防できるとされています。

とくに、最近脚光を浴びている豆乳などは、塩の害につながるナトリウムが100グラム中2ミリグラムと少なく、たんばく質やビタミンB1ビタミンB2が多い食食品ですから、絶好のものだといえるわけです。

納豆、とうふなども、豆乳とは成分の違いは多少あるもののかなり有効です。大豆食品は、血管、ホルモン、自律神経の正常な働きを維持するためには、さまざまな面で役立っていますので、この点からもなんらかの有用性があるはずです。

妊娠中毒症にかかると、我が身と胎児を始め周囲の人間まで、いろいろなところに気をつかわなければならなくなってしまいます。健康な赤ちゃんが欲しいのであれば、ふだんから大豆食品をおこたりなく取って予防に務めておくのが賢いでしょう。

大豆効果 妊娠前、妊娠中の栄養補給にも大豆

出産は女性の一大事業です。出産をひかえた女性は、みな我が身の安産を願い、五体満足で丈夫な赤ちゃんを産みたいと念じていることでしょう。
健康で立派な赤ちゃんを願うのであれば、腹帯の中に安産祈願の神社札を入れてただ出産の日を待っていればよいというものではありません。

そういった気休め的な念じ方をしているより食生活の改善に取り組み、バランスよく栄養を取って、お腹の中ですでに育てているという気持ちも大切です。

そのためには、貧血、低血圧、便秘といった女性に多い病気は、出産前にぜひとも治しておくようにしたいものです。

貧血は女性に多い、持病のようなものです。女性の35~40%は貧血症状に悩まされています。そんな慢性的貧血者の原因のほとんどは、スタイルを気にしての極端なダイエット、いわゆる減食からきています。鉄、鋼、亜鉛、マンガンなどのミネラル類の摂取がいつも不足しているのです。

鉄不足の治療 | 健康マニア
http://www.h-mania.info/2015/07/25/%e9%89%84%e4%b8%8d%e8%b6%b3%e3%81%ae%e6%b2%bb%e7%99%82/

減食は健康を維持するための栄養分がいつも不足している状態ですから、栄養失調となって低血圧を誘発してしまいます。

このような栄養不良の女性が妊娠すると、胎児に影響して、さまざまの障害を起こし、一生の不幸を背負いこむことにもなりかねません。

妊娠中のつわりもまた、食生活の栄養バランスが崩れた時に起きる症状です。つわりをなくしたり、少なくしようと思ったら食事の栄養バランスに気を配らなければなりません。

大豆食品は、すこやかな赤ちゃんを産むためにも欠かせない食べものです。

大豆食品には、鉄、嗣、亜鉛、マンガンなどミネラル類を豊富に含み、妊娠中の女性にとってはまたとない栄養供給食品です。

胎児は妊娠初期の1~3ヶ月の間に骨や歯の基礎が形成されるといいます。

その際、妊娠女性が胎児にどの程度栄養分を供給できたかによって、その後の体質に大きく影響します。

妊娠中は栄養バランスに気をつけながら、たんばく質、ビタミンも多い大豆食品(豆乳、とうふ、納豆など) をひんばんに取るように心がけていれば、貧血、低血圧、つわりなどに苦しむことなく、立派な赤ちゃんに恵まれるはずです。

大豆効果 大豆のサポニンは過酸化脂質の害を防ぐ

サポニンという物質があります。サポニンは従来、赤血球の膜を壊すという溶血作用があることから、毒性の植物成分だとされていたのです。また、サポニンには、水や油に溶けやすい親水性、親油性という性質があります。

大豆のサポニンには、親油性、親水性は認められるものの、人間に害を与えるような毒性はほとんどみとめられず、逆にさまざまな効用があることが分かってきたのです。大豆のサポニンは、古くなった脂肪の害、「過酸化脂質」を防ぐのに大きな効果があるとされています。

過酸化脂質は、使い古した食用油の中にあるだけでなく、冷凍魚を始めとした冷凍食品、干物、加工食品にも含まれています。

過酸化脂質のおそろしさは、腹痛を起こすといった軽い書から始まって肝臓障害、高脂血症といったものを誘発するとともに、老化にもつながるといわれています。

大豆のサポニンは、そういった過酸化脂質の害に対して、当然、脂質の過酸化も防止しますが、親油性、親水性を利して脂肪の合成、吸収を抑制したり、脂肪の分解を促したりしますので、肥満も防止するといわれています。過酸化脂質は、新鮮さを欠いた動物、植物の油を取り入れたことによって起きるというわけではありません。

過酸化脂質は反応のしかたによっては、人間自身のからだの中で合成され、発生したりもするのです。

からだには、多量の脂肪が蓄えられていますが、その脂肪の中には不飽和脂肪酸という、過酸化しやすい脂肪もあるのです。このように、体内で起きる過酸化脂質の反応についても、大豆のサポニンは非常によく作用して、人間の老化防止を始めとしたさまざまの過酸化脂質の害を防いでくれるのです。

大豆のサポニンは、大豆を納豆やとうふといった食品に加工しても少しもそこなわれることなく残存していますから、食品につきまとう過酸化脂質の書からまぬがれるためにも、また、からだの中の過酸化脂質の発生を予防したり、抑制したりするためにも、大豆食は大いに取る必要があります。