健康のカギを握る抗酸化ミネラル「セレン」

セレンという栄養成分を知っているでしょうか?セレンは、老化やガンの原因となるヒドロキシラジカルという猛毒な活性酸素の生成を防いでくれる、優れた抗酸化力をもつミネラルです。そして、セレンの不足は、ガンを発生させるだけでなく、心臓、肝臓、腎臓などの疾患とも深くかかわってきます。

体の酸化を防ぐ強い力

活性酸素は私たちの体内で自然に発生し、体をさびさせて、老化やガンの誘因となります。体がさびるというのは、例えば、りんごが変色してやがては腐っていくのと同じように、細胞が酸化してしまうことです。活性酸素によって細胞膜が酸化されることで過酸化脂質に変化し、細胞や器官へと連鎖的に広がって、それが老化やガンにつながっていきます。そこで、酸化を阻止するために必要になるのが抗酸化物質の摂取です。

抗酸化物質として一般的によく知られているものにはビタミンEがありますが、これよりもとても強い抗酸化力をもっているのがセレンです。それでは、セレンは私たちの体内でどのような働きをして、老化やガンの抑制とかかわっているのでしょうか。

活性酸素の発生

活性酸素は体内で自然に発生するもので、呼吸のときに吸った酸素の1~2パーセントが活性酸素に変化するといわれています。つまり、呼吸をすると必ず活性酸素が発生するのです。活性酸素には種類がいくつかありますが、呼吸によって体内に入った酸素が一番最初につくり出すのは、スーパーオキシドという活性酸素です。これは、ストレスや、大気中の汚染物質、食品の添加物や残留農薬などによって発生します。また、細胞がエネルギーをつくり出す時や、体内に侵入した細菌を撃退する時にも発生します。

スーパーオキシドに対抗する抗酸化物質は、SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)という酵素です。SODは、スーパーオキシドが発生すると、すぐにくっついて触媒として働き、化学反応を起こし、スーパーオキシドを過酸化水素と酸素に分解します。しかし、この過酸化水素自体が活性酸素のひとつで、細胞内に鉄や銅のイオンが存在すると細胞膜を簡単に通過して、新たな活性酸素のヒドロキシラジカルをつくり出すのです。

最も毒性が強いといわれているヒドロキシラジカルが遺伝子を傷つけることで、細胞が突然変異し、ガンが発生します。また、組織や酵素に傷をつけたり、細胞膜を酸化し続けることによって私たちは老化が進みます。ですから、このヒドロキシラジカルが発生するのを防ぐことがとても重要になるのですが、そのために大切な役割を果たすのが、グルタチオンペルキシターゼとカタラーゼという2つの酵素です。

セレンの働き

そして、このグルタチオンペルキシターゼの主要な成分がセレンです。セレンが体内に多くあると、グルタチオンペルキシターゼが次々に生成され、体内で発生した過酸化水素を無害な水分子に還元します。

セレンには、抗酸化のほかに、免疫力を高めて抗体産出を促す働きや、毒物の分解、解毒作用を高める働きもあります。こういった機能によって、セレンはガンの発生や進行を抑えるだけでなく、発ガン性の物質自体を分解してくれます。

セレンが含まれている食品

セレンは、土壌中に含まれています。日本、タイ、フィリピンなどのアジア地域は、欧米などと比べてセレンレベルが高いといわれています。しかし、その土で育った米や野菜といった農作物を食べると必要なセレンが摂取できるのかというと、そうではありません。

昔、稲の病気を防ぐために使われた水銀の問題や、現在の酸性雨の問題があって、農作物にはセレンが少なくなっているといいます。しかも、穀物の精製過程や野菜の調理でセレンの多くは失われてしまうのです。

セレンは魚介類にも多く含まれているのですが、それらに重金属が含まれていれば、その中和や解毒のためにセレンは消耗されてしまいます。こういったことからも、不足分を補うには、サプリメントを利用するのが良いでしょう。

多く摂り過ぎた場合、中毒症を起こすことがあるので注意が必要ですが、セレンをじゅうぶん摂取することで、免疫系が刺激され、さまざまな病気の予防や改善に役立つと期待されます。

セレンは放射線の害を抑制し、さらに強力な抗酸化作用でアンチエイジングにも効果があります。

「放射線は実年齢よりも老化を早める。セレンなど抗酸化食品は放射線から身を守ると同時に老化も抑える」
http://metaboliz.net/detox/?p=192

鉄不足でめまい・貧血が起こり、集中力や思考力が低下する

鉄欠乏性貧血とは

私たちの体には3.5グラム~4.5グラムほどの鉄があります。このうちの70パーセントくらいがヘモグロビン鉄として機能していて、血液の中の赤血球に存在しています。残りの30パーセントは、肝臓や脾臓(ひぞう)、筋肉、骨髄に貯蔵されていたり、筋肉に酸素を供給してエネルギーを生産する細胞に使われていたり、新陳代謝に必要な鉄酵素にも使われています。

ヘモグロビンというのは、赤血球中の鉄を含む色素とタンパク質が結合してできていて、私たちの血液が赤く見えるのは、ヘモグロビンに含まれる鉄が酸化したためです。ヘモグロビンの役目は、体内の隅々にまで酸素を運ぶという重要なものです。しかし、酸素はヘモグロビンの中の鉄と結合するので、鉄が不足すると酸素を運ぶことができなくなり、それぞれの組織が酸素不足になります。この状態を鉄欠乏性貧血といいます。

食べものから摂取する鉄分が少ないと、まず第一段階として鉄不足を補うために、体内に貯蔵されている鉄が使われます。そして、鉄が補給されないままでいると貯蔵されていた鉄がだんだん減って、第二段階では貯蔵量がゼロになってしまいます。ここまでの段階では血液中のヘモグロビンの濃度が下がらないので、血液検査でもわかりませんが、さらに鉄の補給がない状態が続くと鉄欠乏性貧血に至ります。

鉄欠乏性貧血になると、皮膚への血流が低下するので、初期症状として顔面が青白くなったり、まぶたの内側が白っぽくなります。また、酸素不足による息切れやめまいがしたり、耳鳴り、頭痛、疲れやすい、爪の変形など、さまざまな症状が現れます。自分で感じる症状がないとしても、免疫力が落ちていたり、持久力や集中力が低下していたり、記憶力が減退していたりします。

女性は鉄欠乏性貧血になりやすい

成人女性の3人に1人は鉄の欠乏による貧血だと考えられています。なかでも、貧血になりやすいのは、思春期の少女から成人女性、妊婦、栄養の偏ったダイエットをしている人、また、カップめんや菓子パンといった加工食品を多く食べている人です。同年代の男性が0.2割ほどと少ないのに比べ、月経のある女性なら4割近い人に貧血症状がみられるというデータもあるといいます。

成人女性の場合は月経による出血があるし、妊娠している女性は出産で鉄不足になる可能性が高いので、さらに鉄を摂る必要があります。

若い女性に貧血が多いのは、無理なダイエットをおこない、必要な栄養が不足することによって肝臓や骨髄などに蓄えられる貯蔵鉄が足りなくなるためです。多くの女性が、美しいボディーラインを手にいれたいと思うでしょうが、ダイエットをするなら栄養バランスを考えた食事や運動を組み合わせ、健康的に痩せたいものです。

鉄を摂るなら動物性タンパク質がよい

鉄は野菜や穀物、豆類にも含まれていますが、鉄の供給源としては、赤みの魚や肉類といった動物性タンパク質のほうがおすすめです。それは、私たち人間と同じように、動物は、筋肉中に酸素を取り込むためのミオグロビンという筋肉細胞を持っているからです。ミオグロビンに含まれるヘム鉄は吸収率が良いのですが、植物性食品に含まれる非ヘム鉄は、人体での吸収率が悪いのです。とはいっても、ビタミンCや動物性タンパク質と一緒に摂取すれば、非ヘム鉄でも吸収率がアップします。

乳酸やクエン酸などの有機酸は鉄の吸収率を高めます。反対に、鉄の吸収を妨げるものには、加工食品の添加物などに含まれているリン酸塩やほうれん草に含まれているシュウ酸、お茶やコーヒーに含まれているタンニンなどがあげられます。それから、胃酸の分泌が少ない人は、鉄の吸収が良くないことがわかっています。

鉄分のサプリメントなら、こちらです。

ダイエットミネラル「クロム」

クロムとマンガンは血中のブドウ糖を筋肉細胞に取り込む手助けをする「ダイエットサポートミネラル」です。無理なダイエットを大kナウと体脂肪が増えて筋肉が減り、やせにくい体質になってしまいます。ダイエットしたい人は、クロムを補くじやサプリメントで補うようにするのがおすすめです。

繰り返すダイエットで体脂肪が増加してしまう

TVでも雑誌でもネットでも多くの女性が関心を寄せるのは「ダイエット」に関連すること。10代、20代のとても大事な時期に極端なダイエットで体をおかしくしてしまう人が増えています。

特に食事量を減らすと当然体重は減少しますが、減った体重の中身は他脂肪だけでなく筋肉や骨などの組織も含まれます。体脂肪と筋肉などが減る比率はおよそ半々です。食事を元に戻すと、急激に減った体重が一気に元に戻ることが多いのです。これがリバウンドです。

リバウンドで怖いのは、主に体脂肪だけが増えることです。筋肉や骨は増量に時間がかかるため、リバウンド時にはあまり増えず「脂肪だけが増えてしまうのです。その結果、体調を崩したり、筋肉量が減るために代謝が悪くなり、やせにくい体質になっていくことが少なくないのです。リバウンドするたびに太りにくい体質になるのはそのためです。

ダイエットのポイントは、「質の高い食事」と「適度な運動」の組み合わせであり、生活習慣をあまり変えずに自然にゆっくりと体重が減る方法がもっともよい方法です。ダイエット法としては、間食を減らすのが効果的で、例えば、シュークリーム1個(80g)、クッキー4枚(40g)、塩せんべい3枚(50g)が200kcalに相当します。こうして食事を1日200kcal減らすと、体脂肪は計算上、約26g減るのです。1ヶ月で約800g3カ月で約2.4kgの体脂肪(体重)を減らせることになります。
ただし、普段の食事のまま、単純に食事量(カロリー量)を減らすと、不足しがちな栄養素がさらに欠乏する恐れがあります。ダイエット中は、マルチビタミン・ミネラルやクロムなどのサプリメントで不足分を補うのがベストです。

ヘルシーワン クロム 60カプセルは1カプセルにクロムを200μg配合したサプリメントです。酵母と結びついた天然型組成で、吸収されにくいクロムは酵母由来にしたことで吸収がよくなりました。毎日の健康をサポートします。

ヘルシークロム
ヘルシーワン クロム 60カプセル

甘いものがほしい!

人体に含まれるクロムは6mg以下と少量ですが、ダイエットを成功させたり、糖尿病改善に重要な役割を果すミネラルです。1797年に発見されたクロムは、ステンレスや金属の酸化防止やメッキや電熱器に使われるクロムセ線で知られるものです。

クロムを理解するには、食事で摂取した糖質がどうエネルギーに変わり、脂肪として蓄えられるかを理解することが必要です。まず、消化吸収された糖質は、ブドウ糖の形で血液中に入ります。ブドウ糖は膵臓から分泌されるインスリンの働きで、筋肉細胞か脂肪細胞に取り込まれます。体がエネルギー不足の状態だとブドウ糖は筋肉細胞に取り込まれ、運動エネルギーとして消費されます。

一方、運動不足によりエネルギーが十分足りているとブドウ糖は脂肪細胞にたまります。いわゆる太るということです。細胞膜には、インスリン・レセプター(受容体)がついています。インスリンレセプターに触れると、ブドウ糖が血液から細胞の中に入れます。ところが肥満気味の人やストレスがたまっている人は、このレセプターの感度が鈍く、ブドウ糖を取り込みにくいのです。取り込み能力が極端に落ちて、血液中のブドウ糖濃度(血糖)が高い状態が糖尿病だ。インスリンは、血液中のブドウ糖の量に見合う分を膵臓が分泌します。レゼプター の感度が落ちると血糖は昇します。体はインスリンりないためだと錯覚して、どんどんインスリンを分泌します。これに脳の視床下部が反応して、「もっと食べよ」という傘令を出します。どんなに食べても満腹にならない仕組みです。

一方で、大量のインスリンが分泌されると、ブドウ糖がどんどん、脂肪細胞などに取り込まれていきます。細胞は、ブドウ糖で満たされても血液中に足りないいゆる「低血糖」を引き起こします。
低血糖状態は、体が糖分を欲するため必要以上に糖分がほしくなってしまうのです。

食べたものを筋肉で消費させるクロム

クロムはインスリン・レセプターの感度を高める働きがあります。ブドウ糖を細胞内、それも脂肪ではなく、筋肉細胞に取り込みやすくします。クロムが不足している人は、「耐糖能低下」いう状態になり、血糖値が上昇し、血中のインスリン値も高くなります。

この高血糖状態は、インスリンを多く与えても解消せずに必要量のクロムを与えると下げることが出来ます。耐糖能低下は男女とも40~50歳代の発症が多くⅡ型糖尿病を伴う症状です。

砂糖の過剰摂取=クロム不足に

クロムは土壌中には十分にないため、必要なクロムを食事で摂取することは困難です。たとえプロが考えたバランス食であっても、クロムは50㎍以下しか含まれず、1000mg当たり15㎍程度です。推奨する1日120μgよりはるかに少ないのです。

また、クロムは糖代謝に必要なので、砂糖とでんぷんが多い食事をすると、体内のクロムが消費されてしまいます。ダイエット中の人も、食事量を少なくするためにクロム不足になりやすいのです。激しい、あるいは長期の運動、授乳期や身体的な外傷、アルコール摂取などは、尿からのクロム流出を高めます。特に砂糖の過剰摂取は、24時間でクロム損失のスピードが普段の300%に高まります。

クロム不足であらわれる症状

  • 出生欠陥、骨格の奇形
  • 成長の遅れ、精神発育の遅れ
  • 運動失調、けいれん、無筋力症
  • 歯ぎしり、震え
  • 不眠、もの忘れ、いらいら、うつ、錯乱
  • 風邪やウィルスに対する抵抗力低下
  • 片頭痛、慢性頭痛
  • 低血圧、低体温、手足が冷たい

クロムを多く含む食品

  • 穴子
  • 干しひじき
  • ホタテ貝
  • うるめいわし
  • かぼちゃの種子
  • そば

など

現代人が必要とするミネラル「カルシウム」「マグネシウム」

マグネシウム

マグネシウムが不足すると骨は強くならない

骨粗鬆症などのメディアからの情報はもっぱら「丈夫な骨づくりのための必須栄養素はカルシウム」と言われることが多く、「骨作りにはカルシウム」が定着し、カルシウム摂取に注意して生活している人が増加しています。
ところが、マグネシウム不足は、あまり意識していない人が多く健康を害しています。

骨の形成にはカルシウムだけでなくマグネシウムやビタミンD、ビタミンB6が必要でビタミンB12、ビタミンK、ビタミンC、ホウ酸、ケイ素も同時に摂取することが望ましいとされています。ちなみにビタミンDは、カルシウムの吸収を促進し、ビタミンB6は、マグネシウムの細胞への取り込みを促進するなどの役割を果たします。

マグネシウムが不足すると、カルシウムは骨になりません。骨粗鬆症予防や骨折を早く治す際には、カルシウムだけをたくさん摂っても意味がなく、さらにはマグネシウムに比べてカルシウムばかりを多くとると、様々な弊害が起きやすくなります。筋肉の痙攣やぴくつきはこれらの代表的症状です。

筋肉のけいれんや突然死

筋肉の収縮は筋肉にカルシウムが結合することで起こります。チカラこぶをつくろうと腕の筋肉にチカラを入れると、筋肉のそばにあるカルシウムを貯蔵している袋からからカルシウムが放出されます。そのカルシウムが筋肉と結合することで収縮のスイッチが入り、同時にエネルギーが生産されて筋肉が縮み結果、かたく盛り上がります。

逆に腕を伸ばして筋肉を縮めると、カルシウムはスピーディーに袋に取り込まれ、筋肉は伸びます。カルシウムをためる袋には強力なカルシウム回収ポンプが備わっています。このポンプはマグネシウムが動かします。つまり、カルシウムの働きをマグネシウムが支えているのです。

マグネシウムがカルシウムに比べて相対的に不足すると、細胞にカルシウムが流れ込みすぎてしまいます。このため筋肉の収縮などが正常に機能せずにけいれんや震えなどが生じます。疲労がたまったとき、アルコールを飲み過ぎたときなどにまぶたやほおの筋肉がピクピクとひきつるチックという症状が出ることがあります。

これは、疲労やアルコール摂取でマグネシウムが使われ、体内にマグネシウムが不足した際に起こります。マグネシウム不足によってさらに血管筋けいれんが起こると、狭心症や心筋梗塞を引き起こすこともあります。実際、マグネシウムに比べてカルシウムの摂取量が多いほど、虚血性心疾患による死亡率が高いことも報告されています。

慢性的なマグネシウム不足が続き、さらにストレス、運動不足、睡眠不足でマグネシウムが消耗されると動脈硬化や心臓に異常がなくても心臓発作が起こりやすくなります。

糖尿病には欠かせない

マグネシウムはビタミンB群と一緒に糖分や脂質の代謝やたんぱく質、DNA的にストレス太りしやすいお合成に重要な役割を担っています。

マグネシウムは、インスリンの分泌を促し、血糖の運搬を助けるので、糖尿病の人には欠かせません。糖尿病の人がマグネシウム不足だと、症状が悪化する可能性があるのです。マグネシウム不足→インスリンの分泌低下→インスリンに対する感受性が低下→高脂血症、高血圧、動脈硬化になりやすくなります。

カルシウム不足の症状

  • うつ
  • イライラ、怒りっぽくなる
  • 緊張
  • 興奮しやすい
  • 不眠
  • 記憶障害
  • こむらがえり

マグネシウム不足の症状

  • 疲労
  • 短気
  • 食欲不振
  • 吐き気・嘔吐
  • めまい
  • 神経質
  • 筋肉や舌のけいれんや震え
  • 不整脈
  • 動悸

また、マグネシウムは、一部の片頭痛にも有効です。マグネシウムが欠乏すると、首の自律神経伝達物質と血管、筋肉に影響すると考えられています。マグネシウムを摂ると血小板の結合傾向が解消され、片頭痛が緩和する可能性もあります。
片頭痛の原因はこちらです

ストレスで失われるマグネシウム

ストレスで最も失われやすいミネラルがマグネシウムです。ストレスが強いと声が震えたり、筋肉がひきつってしまったりします。これは、マグネシウムを急速に消耗している証拠です。体は、ストレスに対する防御反応としてノルアドレナリンというホルモンを分泌して、血管を拡張し、全身に血液を運搬します。ストレスや緊張で心臓がどきどきするのはノルアドレナリンが分泌されているのが原因ですが、このときはかなりの量のマグネシウムが消耗されます。

また、ストレスが蓄積されると、副腎がダメージを受けます。副腎機能を助ける大切な栄養素は、ビタミンC、ビタミンB6、亜鉛、パントテン酸、マグネシウムですが、ストレスを感じているときにこれらの栄養素が不足していることが確認されています。意外に盲点なのが亜鉛とマグネシウムです。

特に女性などは、PMSにもマグネシウムが有効です。そしておすすめなのが「にがり」です。

にきび、風邪、糖尿病、老化防止まで、現代人が必要とするミネラル「亜鉛」

現代人に足りないミネラル

現代人はいつも健康に注意をはらいいつも意識しているのに昔のもっともっと原始的な時代の人たちのがほうがエネルギッシュで、パワーがたくさんあったのでは?と感じている人が増えています。どこかで「昔の人のがほうが免疫力が強かった」「現代人は神経質すぎる」「「ストレスが多いから」「複雑な社会構造だから」…何かに責任をなすりつけようとすればいくらでも理由がでてきてしまいます。

たとえば、こんなケースがあります。風邪をひいたらその後、味覚障害が起きて、味を感じなくなってしまったという人がいます。結論から言うと、亜鉛を含む「牡蠣」料理をたくさん食べることで改善したのですが、こんなことがずっと続けば不安になるでしょうし、また「現代人は病んでいる」なんていう情報を耳にしたり目にすれば「やっぱり現代人は不健康」と結びつけてしまうでしょう。
この方は、サプリをいまいち信用していなかったので牡蠣料理で改善できましたが、サプリでも同様の結果になったと思います。

微量栄養素であるミネラルは炭水化物、糖質、たんぱく質、ビタミンと並ぶ5大栄養素のひとつです。日本人は、3大栄養素である炭水化物、脂質、たんぱく質は十分に摂取できていますが、ミネラルやビタミンは不足しがちです。これは、現代人特有の栄養失調という表現が適切かもしれません。

これは、未精製のデンプン質(玄米や全粒粉)や新鮮な野菜や海藻類を食べる機会が少なく、加工されている添加物の多い食品、スナック菓子、清涼飲料水を多く食べる食習慣が原因とされています。ミネラルそのものにカロリーはありませんが、たんぱく質やビタミンとともに体の組織を作ったり、生理作用を調整する重要な役割を果たしています。

人体は主に酸素、炭素、水素、窒素で構成され、全体のおよそ96%を占め、残りの4%がミネラルです。ミネラルと聞いてまずイメージするのは、カルシウムや鉄です。亜鉛と聞いてもピン!と来ない人もいるかもしれません。亜鉛は体重が60kgの成人で2gほどです。この2gが生命活動そのものに深く関係しているのです。ほとんどの亜鉛は、体の中で酸素と結合しており、酸素、体内で化学反応をスムーズにする働きを担っています。

亜鉛が不足した際にあらわれる症状

皮膚炎

  • 荒れ肌
  • にきび
  • 口、肛門、まぶたの湿疹
  • つめや毛の発育不全
  • ふけ、脱毛
  • 陽性肢端皮膚炎

免疫機能低下

  • 胸腺萎縮
  • T細胞減少
  • 風邪などの感染症にかかりやすくなる

傷の治りが遅い

  • 外傷
  • 床ずれ
  • かいよう

性機能不全

  • 性の成熟の遅れ
  • インポテンツ
  • 不妊
  • 早産

精神障害

  • 疲れやすい
  • 不眠
  • ゆううつ
  • 記憶力低下

ビタミンA機能の低下

  • 夜盲症
  • 腺の衰え
  • 催奇性

ホルモン生成低下

  • 男性ホルモン
  • 女性ホルモン
  • インスリン

味覚、きゅう覚が衰える

  • 味覚の衰え
  • 味覚の異常

胎児・小児の成長の遅れ

現在の科学では、亜鉛が不足しているかどうかの判別は難しく困難ですが亜鉛不足が気になる人は亜鉛を多く含む食品やサプリで摂るべきです。
亜鉛は、細胞分裂を促したり、DNAを修復するなど非常に重要な働きを担っています。亜鉛が不足することで老化がすすんだり、ガンになったりするのです。

ストレスが過剰にかかっている場合、亜鉛が不足がちになる

何を食べても味を感じることが出来ずに、口の中に何もないのに苦みを渋みを感じる人は毎年、14万人以上になると言われています。その原因の多くが亜鉛不足です。亜鉛不足の理由はいくつかありますが、やはり食事からの亜鉛不足です。
麺類、パン類などの主食は比較的たくさん食べる傾向にありますが、亜鉛を含む動物性たんぱく質をほとんど食べない食生活(特にダイエット中の若い女性)が亜鉛不足を招き、加工食品に多く含まれる食品添加物(かんすい、膨張剤、ポリリン酸ナトリウム)などが体内に取り込んだミネラルの吸収を抑制してしまうのです。

キレる子供が増加しているのも

昨今、青少年の非行や犯罪が増加し、社会問題となっていますが、子供キレる原因の大きな要因は「カルシウム不足」と言われています。実際、カルシウムが不足すると、神経や脳の正常な機能が維持できなくなり、精神的に落ち着きがなくなる、苛立つ、さらに被害妄想に陥るこもあるのです。

イライラを防止するには、カルシウム補給と同時にカルシウムを体内の必要な場所に運搬する、カルシウム結合たんぱく質合成に必要な亜鉛も十分に摂取する必要があるのです。

亜鉛の過剰摂取

亜鉛の不足ばかりの情報が目につきますが、摂りすぎに悪影響はないのでしょうか?亜鉛は、ミネラルのうちで最も毒性が低く、1日50mgの亜鉛をとり続けると胴の吸収を妨げ、胴欠乏性の貧血を招く可能性があります。
1日50mgの亜鉛というのは、牡蠣でいうと6個分です。牡蠣を毎日6個食べ続けるというのはかなりの量です。

効率よく摂取するには

亜鉛は、しっかり過不足なく摂るにはどうしたらいいでしょうか?やはり普段の食事の中で多く含む食品を意識して摂ることです。具体的には、牡蠣のような貝類、魚、肉がおすすめですが、ナッツもおすすめです。植物性のものよりは動物性のもののほうが吸収がいいので効率がいいのは、動物性です。
白米のご飯1杯150gで亜鉛が0.9mg、食パン1枚90gで0.7mg、うどん1玉250gに0.1mgとご飯党の人のほうが亜鉛をしっかり摂ることが出来ます。また、ご飯も白米よりも胚芽米、分つき米、玄米のほうが亜鉛が多く含まれます。