朝1杯のココアが胃潰瘍、アトピーも

子供の牛乳嫌いがココアで解消

子どもたちが、朝食でココアを飲むようになってもう3年になります。ココアを飲みはじめたのは、今年小学校3年生になる上の娘が食が細く、しかも牛乳が嫌いなため、体力をつけるためになんとか毎日牛乳を飲ませる方法はないものかと考えたのがきっかけでした。

牛乳だけでは絶村飲もうとしない娘が、グラタンやクリームシチューだと平気なので、それならきっと牛乳に何か風味を加えれば飲めるはずだと思って、思いついたのがココアでした。ミルクを加えて飲むものと言えば、コーヒーや紅茶もありますが、やはり子どもにはカフェインや刺激が気になります。その点ココアは安心して飲ませられるので、早速ミルクココアを作って飲ませてみると、嫌がるどころか喜んで、大のココア好きになってしまいました。

それ以来、朝食で必ずミルクココアを飲ませるようにしたんです。すると、他の兄弟二人もココアを飲むようになり、いつのまにか主人や私もココア党になってしまいました。

朝-杯のココアで胃潰瘍、便秘、アトピーが改善

今まではこうした変化が、本当にココアのせいなのかどうか確信をもてませんでしたが、最近ココアが話題になり、科学的にもその効能が実証されているのを聞いて、ココアの効果をあらためて実感しました。やはり、毎日無理なく続けてこられたからこそ、効果もあったのだと思います。無理な健康法では、どうしても長続きしませんよね。その点ココアは、日常の中で無理なく取り入れられるところがうれしいですね。晴好品と健康食品の両面をあわせもっている点が、ココアの優れている点だと思います。私たち家族にとって朝一杯のココアは、まさに健康の源。これからも、毎日欠かさず飲んでいこうと思います。

不規則な生活をココアでサポート(貧血、化粧ノリ)

ココアが生活をサポート

昨日の帰宅は夜中の2時。今日のスタートは、早朝ロケで6時起きでした。仕事柄、決まった時間に寝起きすることが難しく、寝不足が続くことも少なくありません。当然食事も、3食規則正しくとることはまれで、3食現場でのお弁当ということもめずらしくないのです。

お弁当は、決してまずいわけではないのですが、揚げ物が多く、何日も続くと、炊きたてのごはんにさっぱりした漬け物が食べたいと切望してしまいます。そんな私の悩みは、不規則な生活や寝不足が続くと肌が荒れてしまうこと。

友だちと会えば、どこの化粧品が肌荒れにいいとか、どこのクリームが効くとか、熱心に情報交換をしていました。母親が看護婦なので、疲労にはこのビタミンを、骨を強くするにはカルシウムをと、いろいろ気を遣って送ってくれるので、栄養剤はいつも充実しています。けれども、栄養剤だけでは、肌荒れはすぐに解消しませんでした。

化粧ノリもよくなる

数か月ほど前、知人からココアのことを教えられました。つくり方を聞くと、ココアを温めたミルクでよく溶くだけです。砂糖は一切入れません。これなら、自分でもできそうだと思いまLた。実際つくつてみると、日本茶をいれるよりも簡単です。
ほんのりと苦みがあり心地よく感じました。忙しくても朝食をぬかないようにに心がけ、毎朝必ずココア苦杯飲むようにしました。ココアを3週間以上飲み慶げると、肌荒れに効果が出てくると聞いていましたが、私はココアを飲みはじめに、肌の状態がどんどんよくていましたて1週間後化粧ののりが変化しました。最近友だちに肌がきれいにをなったねと、言われるほどです。まさに、ココアは私にとって、飲むパック剤です。

貧血にも効く

また、私は低血圧で、特にひどいと言うわけではありませんが、寝不足が続いたり、歌手になるためのボイストレーニングで数時間近く発声練習をしているときに、よく軽い貧血をおこしていました。その症状は、倒れるほどではなく、フラっと、からだが浮くような感じになるんです。そのあと少し不安感が続きます。しばらく、じっと座り込んでいると治まるのですが、本番中は、そうもいきません。それが、ココアを飲みはじめてから、貧血をおこさなくなったのです。ココアには鉄分も、たっぷり含まれているんですね。ココアはつくり方も簡単なので、ずっと飲み続けられそうです。

ホットなココアで便秘を解消し、エアロビで脂肪をさらに燃焼させる

長年の便秘をココアで改善

ある雑誌で「ココアには食物繊維が入っている」という記事を読んでから、すぐホットココアを飲むようにしました。食物繊維になぜそこまで敏感になるのかといいますと、実は、私は高校生の頃から便秘症で、薬を服用するということもしばしばあったんです。

スナック菓子を食べて、白いお米を食べないというような食生活をしていると、すぐに便秘になってしまいます。10年間、エアロビクスの指導を行っている関係で栄養学も必要に応じて勉強し、日頃から白いお米や鳥肉、ゆで卵、さつまいも、温野菜などを食べ、食物繊維を多くとるように心掛けてはいたのです。

ココアに食物繊維が入っていると知ってからは、便秘症を治すという意味もあって、ココアにお湯、もしくは無脂肪牛乳を入れて温かいココアを飲むようにしています。飲み始めてから、便通もよくなり、体の調子がよくなりました。また、日頃から、仕事や自分のトレトニングのために体を動かすことが多いので、痩せる職業と思われがちです。でも、仕事が終わるのが夜の10時から10時半頃、その後お腹がすいてご飯を食べていると、痩せるどころか気をつけないと太るし、胃がもたれるんです。ココアを飲むようになってからは、夜の7時前にご飯を食食べ終え、お腹がすいて眠れないときはノンシュガーのココアを飲むようになりました。そうすると朝までもってくれるんです。

ココアで脂肪を燃焼

エアロビクスをやったことのある人はわかると思いますが、エアロビクスは結構ハードなスポーツで、代謝のいい人は10分も体を動かすと汗がだらだらと流れてきます。しかし、これは私の体質でもあるんですが、体温が低く、運動をしてもあまり汗をかかない、代謝の悪い体質なのです。代謝というのは、体に溜まった老廃物を汗や便として体の外に出したり、脂肪を燃焼するという働きです。

人間の体で代謝の働きが活発になるのは、体が温まった時です。
私は、トレーニングの前に温かいものを飲み、軽い運動を長く続ける有酸素運動を行います。脂肪はだいたい運動をし始めて20分してから燃焼します。激しい運動を10分しても脂肪はなくなりませんが、軽い運動を20分以上行うと脂肪は確実に燃焼していきます。その後、トレーニングの後にも脂肪が燃焼するのを持続させるために温かいものを飲むようにしています。
トレーニングは必ずしも器具を使ってする必要はなく、散歩を息が荒くなる程度に行うのでもいいのです。
顔や足がむくみやすかったり、便秘症の人は氷を入れた冷たい飲み物を飲んでいることが多いはずです。でもなるべくなら、温かいココアを飲むように心がけ、夏でも氷を入れず、常温に近い状態で飲む方が体にはいいはずです。

長年の悩みだった便秘がココアで解消

便秘が解消してダイエットにも

ココアを飲みはじめたのは昨年の2月です。冬はホットで、夏はアイスで飲んでいます。我が家では、つくり置きは一切せずに、飲む度に熱湯でココアを溶かし、好みでミルクを加えますが、砂糖はまったく加えていません。朝起きたらすぐ、食事の支度の前に飲むのが私の1日のはじまりです。夜は、夕食後片付けが終わってから、飲みます。

飲み始めの翌日から快便

そのおかげで、悩んでいた便秘からすっかり解消されました。私は、子どもの頃から便秘症で、ふつうでも3、4日、ひどいときには10日近くも便通がありませんでした。これまで食生活に原因があるのではと思い便秘解消に有効だといわれる市販薬や漢方薬などいくつかの方法を試してきました。しかし、市販薬や漢方薬は、おなかが張ったような不快感、軽い腹痛がありました。ところが、ココアを飲みはじめた翌日の朝のことです。薬も飲んでいないのに、腹痛もなく、すっきりとしたお通じがあったのです。こんなこと、何十年ぶりかと、驚きました。しかし、もっと驚かされたのは、ココアパワーによるお通じが1回だけでなく、飲み続けている今日まで続いていることです。
ココアのことは、義妹が教えてくれました。義妹も友達に聞いたといっていましたが、「お姉さんの好きな紅茶のかわりに試してみて」とアドバイスされたのが、きっかけです。義妹の主人も便秘気味で、それがココアを飲みはじめて、すっかり解消したというのです。いま振り返ると、力を入れてもおなかがパンパンに張っているのに、便意がやってこなくて、何時間もトイレでもんもんと過ごした時間がうそのようです。それに、便意をもよおしやすいように、トイレにウォシュレットを取り付けたり、長時間いても冷えないように、ヒーターを設置するといった改築もしたんですよ。

5kgのダイエットにも成功

長年の悩みだった便秘が解消されただけでなく、ココアを飲みはじめてから、1ヶ月後には、特に食事制限をしているわけでもないのに、3kgも体重が落ちて、これまでトータルで5kgもダイエットできました。おかげで、をしても、肩がこらなくなったのもうれしい効果です。これからもココアを飲み続けて、明るく健康的な生活を心がけたいと思っています。

ココアで集中力が増して受験に成功。夫は中性脂肪とコレステロールが下がりました

子供の中学受験を支えたココア

我が家とココアの付き合いは、いま高校2年の長女が小学6年の秋からでした。当時、中学受験を控えて毎晩0時頃まで勉強していましたが、励ます意味もあって毎日10時頃ココアをいれてあげました。始めはジュースや清涼飲料水をあげていたんですが、なぜか落ち着かず、途中で何度もおかわりに来て、まるで勉強に身が入りません。そのうち塾のお友だちから、あったかいココアだとヤル気がでる、と聞いてきて、「私にもきょうからココアをいれて」というのが、最初でした。

それまで家には買い置きのココアなんてありませんでしたから、あわてて近所のスーパーへ走りましたよ。その頃、ココアの効き目とか、効用などはほとんど知らず、ただ、集中力が増したことだけは確実で、一応、希望の中学に入学できましたし、2年後には長男がやはり中学受験でしたが、この子も夜食の時の飲み物は、ずっとココアで通し、無事に目的校に合格させることができました。私の個人的な意見ですが、ジュースや清涼飲料水よりはココアを飲みながら勉強していたほうが、イライラ、カリカリせず気持ち良さそうに机に向かっていました。

朝、晩1杯ずつのココアはコレステロールをさげる

主人は子どもたちの受験以前は、毎朝必ずコーヒーを飲んでから出勤していました。そのうちすっかりココア党になった子どもたちが、毎朝ココアを飲むようになり、主人も「俺もココアでいいや」というようになり、ここ4年くらいは自然とココア党になりました。そうしたら毎年の定期検診で必ずひつかかっていたコレステロールと中性脂肪が、ここ3年「異常ありません」になったんです。確かにこの数年は主人もダイエットを心掛けてはいましたが、減った体重は75キロが72詔キロで、たったの3 キロだけです。最近、ココアが体に良いと聞き、その記事を読むとステアリン酸という成分が体に良いことを知りました。何も知らずに飲み始めたとはいえ、どうもココアが良かったとわかってからは、現金なもので、朝はもちろんですが、夜、寝る前も飲みはじめています。主人は、「夜のココアは気持ちと体がリラックスしてストレス解消にはもってこいだ」と言っています。

ココアの効能はこちらです。